ねむいぞ。

テーマ:

みごと起こされました。

週末だというのに。


朝からずっとガリガリ、くんくん。

そのうちえらそうに「ワンっ」だって。

まだちゃんと吠えられないくせに。

ソファーから飛び降りたらうまく着地できなくてひっくりかえってるくせに

ドックフードだってふやかさないと食べれないくせに。

30分は耐えたけど、結局8時前にはギブアップ。


しってるよ、毎朝そのくらいの時間には起きてるもんね。

朝ごはん食べたいんだよね。


あぁぁぁ、きみのせいで寝不足なのに

週末も自由にしてくれないなんて。


しばらくは規則正しい生活ができそうです。

AD

オレてきにはぁ

テーマ:


こういうヒモみたいなもんがすきなわけ。

かみごたえあるでしょ。

おもいきりひっぱってもほどけないしさぁ。

でもさぁ、どうきょにんははんたいみたいなんよね。

オレのこういうしゅみ。

riku3

そういうのさぁ、ちょっとちがうんだよね、オレてきには。

ガムとか。

そんなこどもだましみたいにくつのかたちにされてもさ。

でも、ま、どうしてもっていうなら、ちょっとかんでやってもいいけど。

AD

アンゴラ戦

テーマ:

寝ちゃいました、最後に。

ビール500ml飲んだら。

じゃ、松井がゴールしてた・・・がーん、見れなかった。


勝ったのはよかったですね。

しかも、松井初ゴール。やっぱり、ノッてる若人は違うねぇ。

それに比して、高原、柳沢。

WC本番を考えると、非常に不安。


私的に今日の見所は、ヒデ、イナ、しゅんすけ勢ぞろいの中盤。

黄金の中盤支持者の私としては(単にミーハーなだけ)、もうウハウハなかんじ。

小野がいないのは残念だけど、やっぱりよいよなぁ、この人達そろうと。

でも、今日観戦しててフト気がついた。

そっか、このメンバーで見れるのも後半年とちょっとなんだ。

来年のドイツ後にはジーコもいない。

ヒデもいないらしい。

他のメンバーにしたって、次の4年後に誰が残ってるのかなんてわからない。

と思うと急に寂しくなった。


私がサッカーファンになってまだたったの2年と少しなのに

サッカーの世界ではあっという間に時代が変わるんだなぁ。

ドッグイヤーとかマウスイヤー以上かもしれない。


ま、でも、できることは来年までちゃんと応援すること。

そしてその後も応援し続けること。


せっかく勝ったのに、なんだかしんみりです。

AD

同居人初公開

テーマ:

riku2


ポスターを破壊する新しい同居人(生後2ヶ月と2週間)、名前はりく。

すべての静物は噛み付いてぼろぼろにするために存在するものと理解している模様。


riku1


カメラ目線でしかもちょっと自慢げな同居人。


基本、あばれてます。

じっとしていることはほとんどありません。

ひざのうえにスヤスヤと眠る愛犬。なんて日々は遠そうです。

写真をとっても常に動いているので、ほとんどがピンボケ。


子犬を育てるというのは、半端な気持ちじゃできません。

育児休暇もないので(←あたりまえ)毎日くたくたです。

さてさて again

テーマ:

またしばらく間があいてしまったようで。

そしてまたここしばらくのアップデート。

・二人暮らしになりました
今のところは大きなケンカもなくなんとかうまくやってます。平日は仕事が忙しくてほとんど会わないのがうまくやってくコツ・・・?

そして・・・ BIG NEWS !!

・二人と一匹暮らしになりました

犬を飼いました。もちろん二人とも仕事で日中(どころか夜も)家にいないわけで、そして子犬を飼えば先々いろいろあるわけで、大きな決断でした。大きな病気でもかかったらどちらかが仕事を休まないといけないだろうし、もちろん経済的にも負担は大きいですから。
そんなこんなもいろいろ考えたうえで、彼が「どうしても」というので、「じゃあ」ってことになりました。安易といえば安易。でもね、リスクばっかり見てたって仕方ないですからね。きっとそれより大きな何かをもたらしてくれると思うのです。
そんな環境で飼ったら「犬がかわいそう」とか言う人もいるようです。えぇ、おっしゃるとおり利己主義ですね。ひとりぼっちでの毎日長時間のお留守番はかわいそうです。でも、だから「飼うな」って言い切ってるヒトには、ちょっと違うんじゃないかなぁと思います。もちろんアクセサリー感覚で、簡単に買って、いらなくなったら捨てて。なんてことは問題外ですが、子供じゃなくて犬ですからね。もちろん生き物であることは承知ですが、所詮はお金出して買ってる愛玩動物ですからね。自分のためではなく「犬のため」だけを思って何十万も出して犬を飼うヒトいないですよね。慈善事業じゃありませんから。ちなみに実家では小さい頃から都合6匹の犬と長年生活をともにしてきた私も、正式な飼い主としてすべての責任を負うのはこれがはじめて(正式には彼が購入したので、彼の犬ですが)。ちゃんと飼い主として責任を持って育てていきたいと思います。

二人と一匹がなるべく協調して助け合って生きていければよいなと思います。彼は彼、私は私、犬は犬。それぞれの気持ちがあって、それぞれの役割があって、そしていつまで続くかは分かりませんが今のところはみんなで幸せで。

新しい同居人は近日公開!