蝉しぐれ

テーマ:
というと聞こえはいいんだけど・・・
あぁ、もういいかげんにしてぇ!ゆるしてー!!

何を隠そう(誰にも隠してないが)、私はすべての虫という虫が大の苦手である。そういう意味では
もっとも自然界から遠い場所に生きたい切に願っている人間である。
もう自然の猛威があっちこっちで暴れまくるこの季節は、ほんとうに毎日生きているだけで寿命が縮まる思いをしている。「何を大げさ」なと思うヒトもいるかもしれないが、それが事実であることは私の行動を一度見てもらえれば分かる。かわい子ぶってるとかでは決してない。なぜなら私がそれを怖がる様子はかわいいどころか、かえって気持ち悪い、もしくは恐ろしくらいだからだ。とくに夜道をどれほどビクビクしながら歩いているかというようなこと。黒くて動く物体は全部怖い。黒い影がひゅっと動いただけでビクっとふるえる。そしてよける(ひとりシャドーボクシングをイメージするとよい)。たまに声なんかもあげてみる(夜道で枯葉が飛んだだけで「ひゃー」とか奇声を放つ)。もちろん全部そうしたいからしているわけではない。とにかく、もう自分ではどうしようもないのである。

そして、今一番の大敵がセミ。
彼らはデカイ。そしてかなり頭が悪い。
実は、今も、このBlogを書いているすぐ隣のベランダから時折バタバタバタッとはばたきが聞こえている。そのたびに背筋が凍るような思いをする。バカなやつらは常に電気のついている部屋に向かって飛んできて、そして窓にぶつかってベランダに落ちる。ひとたび腹を見せる形で落ちると、自力で飛び立つのは彼らにとって非常に難しい。運良く飛びたてた場合にも、どうせまた電気に向かって飛んで行き、同じような目にあう。ベランダで死なれるとその後の処理に困るので、助けたいと思うのだが、助け起こした瞬間に彼らは闇雲に目的を定めず飛んでくる。かなりの確立でこちらに向かって飛んできて、さらに私を恐ろしい状況に落としいれることは間違いない。彼らは何がお互いにとって幸せかなんてことちっとも考えちゃいないからだ。というわけで、そう簡単に助けることもかなわない。彼らが8年の時を経てやっと地上に出でたものの1週間の命しかないことに同情はするが、どうしようもない。

セミがこれほど私の生活に影響を与えるのは、自宅の前の公園の緑が深いことに原因がある。毎年夏になるとかなりの数のセミがそこから生まれ育つ(5年間観察し続けているから間違いない)。そしてこの5年でその数は間違いなく増えている。自然の生き物が失われつつあるこのご時世になんと奇特なことか。昼夜(朝も)を問わずやつらはミンミンミン、ジージージージーとなき続け、そして夜になると明るいマンションに向かって襲い掛かってくるのである。マンションのエレベータを降りると毎晩かならず廊下の電気にまとわりついて暴れているセミと出会う。そうでなければ、すでに暴れ疲れて息絶えているセミを見ることになる。毎晩毎晩繰り返しである。いったいひと夏の間にマンションのこの階だけで何匹のセミが命を落としていることだろう。そして、それは私の部屋のベランダでも同じことである。毎晩、エレベータを降りた私は右左をドキドキしながら見回し、やつらがいないことを確認し、自分の部屋まで駆け抜ける。そしてすでに手に用意されている鍵をすばやくあけて、少しあけた隙間から体を中にすべりこませ、すぐにドアを閉めるのである。まるで盗人のようだ。やつらが廊下で暴れていた場合には、ひや汗を書きながら1分は硬直状態におちいり、なんとか覚悟を決めてさらにすごいスピードで廊下をとおりぬけることになる。

はい。
長い間書いてないなぁ、と思ったらどうも力が入りすぎたようです。
実はこんなこと書いてるだけでちょっと気分悪くなってるんですが。
こんなこと力説しても誰の役にも立たないですが、ま、そんなヒトもいるってこと理解していただければと。
あの、高所恐怖症とか、閉所恐怖症とかそういうのと同じで、ホントどうしようもないんですわ。

ってことで、次こそはもうちょっと楽しい話題にしますね。

AD
金曜日の夜は会社の女の子数人でフォーシーズンズ 椿山荘でバイキング。20:30終了というお子ちゃま時間だったので、会社を18:30に出た私たちは 着いた時点ですでに残り時間が1時間半を切っている。男性なら余裕かもですが、女性には厳しい時間制限!ま、それでもおなかがいっぱいになるまではもちろ ん食べたんだけど。
思ったよりこじんまりしたかんじではあったけど、お料理はたいへんおいしかった。6500円で飲み放題・食べ放題であのお味であればコ ストパフォーマンスはよい方じゃないかと。ま、私たちはお酒もそんなに飲まないので、元はとれてないと思うけど、実際に食べた量がどうこうではなく、好き なものを好きなだけ食べれるというシチュエーションが重要なんですな。とくに女性にとっては。

週末はこれといったこともなく。外に出れば暑いし、虫がいるし、で、食料の買出し、図書館、アトリエ以外は家でおとなしく。結局買ってしまった五嶋龍くんのCD聞きながら本読んでました。

そして、終戦のローレライ読了。
福井 晴敏
終戦のローレライ (4)

最初はちょっと読みにくいなぁと思いながら読み進めていたものの、トータルとしてはなかなかよいエンターテイメント。ただ、やっぱり分からない言葉(潜水艦用語?)が多く て、読んだ言葉をそのまま頭に映像として描けないところが多々あったので、映像で見るともっと物語に入れたのかなぁと思う。でも、実際 に映画化されたものはかなりストーリーが圧縮されているようなので(厳密には映画に肉付けをして本になったようですが)、物語を堪能するにはやはり本で読 んだ方がよいようね。

しかし、今年は戦後60年ということもあり、TVで戦争モノ多いね。ドラマとかドキュメンタリーとか。ドラマになるというのは、意識を喚起するという意味 では意義のあることだと思うけど、やっぱりTVの向こうの出来事になってしまう感はぬぐえない。私が生まれたときには、すでに戦争が終わってもう何十年 も経っていたわけだけど、今ほど遠いイメージはなかったような気がする。みんなの中でそれは手の届く過去としてあり、私たちもそれを身近な 過去として感じ育ってきたような。でも、それからまた何十年かが経ち、すっかり歴史の教科書の中の出来事になってしまったなぁと感じる。「大化の改新」とか「関が原の合戦」とかと同じ。今育ち行く子 供には本当に映画の中の話と変わらないんだろうなぁと。だから何が言いたいんだって言われると、自分でもよく分からないんだけど、とにかくドラマ化された りすることで「TVの中のこと」になるのがちょっと気になった。

そんなこんなで、また月曜日が来て新しい1週間が始った。
「海老名のうた」を聞いて朝から涙する。そんな週の始まり。
朝っぱらから出演者がオンエア中に涙を流し、スタッフ全員がせつなく哀悼の唄をうたい、視聴者(←私)はそれにつられて出勤前だというのに目を真っ赤に腫らす。そんな音楽情報娯楽番組他にはないよな。
AD

サッカーも忘れさせるような夜

テーマ:
昨夜9時過ぎてから彼から電話。
「何してる?」って。
「えっ、イラン戦のビデオ見ながらビール飲んでる。」
「あとで、ちょっと行くよ。」

これだけ聞くと仲良さげなカップの会話みたい。
しかし、実態は・・・

実は、7/31から出張に行ってた彼と会うのはほぼ3週間ぶり。
帰ってきたのは先週半ばのはずなのに、音沙汰はなし。
もちろん、電話でキレてみる。
「なんで連絡しないのよー!!」
「連絡したでしょ、メールで。」
って、「無事帰りました」ってメールのこと?
そんなの事務連絡じゃん。

そしてさらにキレたところで会話は続く
「えっ、来るってなんで?」
「あの、お土産とかあるし。」
「なんで、今からよ。」
「えっ?だって、明日からアメリカだから・・・。」

おーい。
ちょっとー、それも聞いてないんだけど。
いや、過去に聞いたかもしれない。
しかし、そんなこと覚えちゃいない。
「ちょっとー、なによ、それ。私が今日いなかったらどうしてたのよー」
「いたじゃない。」
「そういう問題じゃないでしょー!」
くそぉ、サッカーがある日は家にいる。と読まれている。

「言わないで行く気だったの?」
「えっと、居なかったらメールした。」
って、また1ヶ月も会わないつもりだったのぉーーー!?

というようなイタイかんじの関係。

早くも9年目に入ります。
よく続いていると、自分でも感心。
AD

あいかわらず

テーマ:
本ばっか読んでます。
現実逃避。
楽しい話ができなくてつまんないけど、
それでもBlogを見に来てくれてる人はいて、
それだけはちょっと申し訳ないかんじ。

いろんなことでちょっとダウンなかんじの日々ですが、
また楽しい話題提供できる日もくるんじゃないかと(←ひとごと)。

落ち込むときはどん底まで落ち込むことにしてるので
もう少しジメジメっとしときます。
折りしも季節は大嫌いな夏だしね。

明日はイラン戦。
このところなんかぼーっとしてたからか、遅い時間にミーティングいれちゃいました。
大事なサッカーも忘れさせるような落ち具合。
オトナになってありがたいのは、つらいときはお酒に逃げれることかなぁ。

先週のBook Review

テーマ:
先週土曜日に試験勉強から解放され、やっと良心の呵責なしに好きなことができるようになった(もちろんポイントは「良心の呵責」で、実際に勉強をしていたわけではない)。で、その反動か、1週間で5冊も本を読んだ。以下私の読書感想文(そーいえば、夏休み宿題といえばコレだった。私はいつもズルして本を読むのではなく名作ものの映画を見て書いてたけど)。

京極 夏彦
魍魎の匣
とにかく本が厚いので家での読書用。先週の土曜日から読み始めて、木曜日に読了。うん、やっぱりすごいわ、京極夏彦氏。ほんとストーリーの着想、構成が見事!しかし、基本的にホラーやスプラッタに弱い私には、今回の事件はちょっと凄惨すぎる。そして、何よりもつらいのが、絡み合ういくつものストーリーのどこにも救いがないこと。読み終わった後(夜中2時ごろ)、なんだか寒くなって自分の部屋を見回しちゃいましたよ。それでも読み進められたのは、やはり京極堂の安定感と、榎木津の力の抜け方、あと今回登場した雑誌社編集の鳥口の存在かな。しかし、魍魎についての解説長すぎないか?ま、それが京極氏の書きたいことなら仕方ないけど。着いていくのが難しい・・・。

小川 洋子
博士の愛した数式
あっさり読めた。月曜日にお借りして、次の日にはお返しできました。私は結構好きかな、これ。博士のおかれた特殊な状況の哀しさに胸が痛いものの、それでも博士のまっすぐな思考・感情が心地よい。基本的に、「おじいちゃんもの」に弱い私。主人公がおじいちゃんなだけで、コロっといっちゃいます。
以下、全国の「おじいちゃんもの」ファンの方に(←そんなジャンルないけど)、私のお勧めをご紹介。
湯本 香樹実
夏の庭―The Friends

テリー ケイ, Terry Kay, 兼武 進
白い犬とワルツを

ポニーキャニオン
ストレイト・ストーリー
ちなみに、私が見たストレイト・ストーリーはDVDですが、書籍にもなっているようです。

福井 晴敏
終戦のローレライ 上
これはまだ途中です。文庫本で4冊組みなのですが、まだ2冊目が終わったところ。時節柄、戦争ものが熱いので、その波にのり読み進めてます。知らない言葉が多くて、ちゃんと全部理解できているのか自分でも不安。日本の歴史ってちゃんと勉強しなかったので、こういう本はフィクションとはいえ学ぶところも多い。

角田 光代
対岸の彼女
これが「直木賞」?ほんと、人の好みっていうか、受け止め方っていろいろなんだなぁと思う。これも昨日の夕方読み始めてその日のうちに読み終わったんだけど、つまらなかった。ストーリー自体は飽きることなく流して読めたんだけど、なんか登場人物の誰も好きになれないかんじ。女性を描いた話で、ま、ところどころ共感、というか事実として当てはまるところはあるんだけど、何しろ主人公が幼稚。高校生の話と30半ばの現在の話が交互に描かれてるんだけど、オトナになってもまったく成長がない。30半ばになって仲間に入れないとか、自分から行動をおこさなきゃ何も変わらないとか、人に出会うために生きているとか、「え、今ごろ何言ってんの?」ってかんじ。ま、それでもamazonのレビューとかを見ると、痛く共感し、考えさせられたとか、大好きな1冊とか言ってる方もいらっしゃるので、その辺は個人の趣味ということで。私には、「いい年して甘えたことばっかり言ってんじゃないよ」という一冊でした。

ちなみに、私が本を「お借りして」るのは、会社の読書仲間たち。本好きな人が、各自が読み終わった本を回し読みしてます(デスクの横に小さなライブラリができつつあり、そこから持ち出し自由!)。本を読んでいるときは向かい合ってるのは自分だけなので、他の人の感想を聞くのは楽しいです。