絵本の中で旅をする 物語のあるイラスト・雑貨

美術館や絵本や雑貨が好きな
ひとりの時間も大切にする女性へ


テーマ:

絵本の中で旅をする 物語のあるイラスト・雑貨
kotokoto*cottontail (コトコトコットンテイル) の kasumi (かすみ)です。

 

このあいだの5/7は新月。

(あれ?ずいぶん日が経ってるけど忘れてたの?って声が聞こえてきそうですが、そんなことはないですよ。)

 

新月の日は、新しい計画を立てたり、願い事をしたりするといいそうですが、みなさんはどのように過ごされましたか?

 

その前の新月は、4/7
「さがしもの、みつかりましたか?」

 

私にとっての絵本の存在の大きさを改めて実感していました。

 

そして今、絵本や物語と同じように旅も、私にとっては大きな存在だなと感じています。

 

そんなわけで、旅で思い浮かんだ一冊を、今回も私の本棚から。

 

童話に絵が添えられた物語絵本で、とても美しい一冊です。

宮沢賢治童話集

『銀河鉄道の夜』

画=東逸子 くもん出版

ホントに美しくて幻想的な世界で、絵と文章の響きあう感覚が心地良く、うっとりと見入ってしまいます。

 

今年は宮沢賢治生誕120年なのですね。

生誕100年の夏に、私は岩手を一人旅したことを思い出します。

宮沢賢治が想像し、創造したイーハトーブという世界をじっくりと全身で感じてきた旅でした。

 

北上川沿いを星空を眺めながら歩いたっけ。

あれからもう20年かぁ。。。

 

こうして自分の足で歩いて、身をもって体験し感じてきたことって、自分の一部となっていくのでしょうね。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それではまた。

 

***


*** 電子書籍のご案内 ***

電子書籍2冊

 詩画集「月あかりの贈り物」: ひとりの時間に寄り添うメロディー
http://www.amazon.co.jp/dp/B01C6HLT8Q/

 詩画集「扉を開けて」: 新しい物語の主人公になるために
http://www.amazon.co.jp/dp/B01C6HLTPE/

電子書籍を読むためにはこちらのアプリが必要です。
興味のある方はぜひダウンロードしてみて下さいね。

 kindle無料アプリ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kasumiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります