絵本の中で旅をする 物語のあるイラスト・雑貨

美術館や絵本や雑貨が好きな
ひとりの時間も大切にする女性へ


テーマ:

絵本の中で旅をする 物語のあるイラスト
遠野かすみです。

羊毛フェルトでオカメインコちゃんをつくってみました。
オカメインコ 

「羊毛フェルトde小鳥図鑑」の宇都宮みわさんの書籍、「羊毛フェルトでつくるかわいい鳥たち」に載っているオカメインコちゃんです。
みわさんの本と一緒に
 裏表紙にも載っているかわいい子ですが。。。

本よりあきらかに顔が大きい。。。大きなおにぎりみたいです。
でも、言い訳するわけではないですが、途中からはわざとですよ!

昔おうちにいたインコのぷくちゃんを思い浮かべていました。
セキセイインコでしたが、よくぷくっと膨らんで、からだをぷるぷるふるわせたりしていた姿が思い出されてきて。。。
まあ、顔までこんなふうにぷっくりしていたか記憶は定かではありませんが。。。

「ブサカワなんて言わないで。」
いやぁ、なんとでも言ってくださいな。
つくった本人には、たまらなくかわいいのですよ。Wハート

購入者キャンペーンのプレゼントで頂いた
<ちょっとしか使わない色の羊毛セット>
ありがたく使わせていただきました!
ちょっとしか使わない色の羊毛セット 
「書籍の中で使用する色で、ほんのひとつまみしか使わないけれど、
この色のおかげで鳥が鳥らしくなるのよ!という色がいくつかあります。
1パック買っちゃうと後の使い道があんまりなかも…という色の羊毛を、
ちょっとずつ、セットにしてプレゼントします。」(みわさんのブログより)

この真ん中の色32番(だいだい)がオカメインコのほっぺの色です。
どうです?これぞオカメインコって感じになったでしょ!
正面 ななめ

できたてほやほや~。
もういいよって言われてしまいそうですが。。。
 
からだに使ったグレーはちょっと明るめだったので、羽のポイントのホワイトは、きらきらする羊毛を使ってみました。(写真ではわかりづらいですが)
羽アップ 
ニードルわたわたでつくったベースに色をつけるように羊毛を巻きつけてニードルで刺していく工程が、なかなか思うようにベースになじんでくれなくて、ずっとおでぶちゃんのままで苦労しました。ひっぱたりしながら根気よくつんつんしていたらなんとかなりました。

本に出てきた地巻ワイヤーもテクノロートもフローラルテープも初めて使うものばかりでとても勉強になりました。
ふ~ん、こんなふうに使えるんだぁといろいろ想像がふくらみます。キラキラ

日が暮れてしまったので、他の「つくレポ」の方のような魅力的な写真は撮れませんでしたが、最後に大好きなお友達のソフィちゃんと一緒に。
オカメインコとソフィちゃん  
まあ、オカメインコちゃんのうれしそうなこと!

写真の勉強もしなきゃなぁ。。。
ブログレッスンでも、写真がダメだって言われちゃったし。

みわさんのブログのような素敵な写真が撮れたらいいな。
見ているだけで幸せな気持ちになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
それではまた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kasumiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります