• 13 Mar
    • 日本人と引き寄せの法則の関係性。

      で、引き寄せの法則ってなに?   精神世界、スピリチュアルな世界を 勉強することは 自分のステージを上げる という意味でも 必要なことだと思うし オススメです。   とかく日本人は 「空気を読む」 という言葉でわかるように 思考に頼りがちです。   金山君もeBookの中で語っていますが (詳細はこちら→「引き寄せの法則、改めて」) そうして環境によって作られる思考と 自分の本当の望み(真我、潜在意識) は相違があることが多く、 うまくいかない! と感じる場合にはほとんどが その状態(自我と真我が一致していない状態)なのです。   「普通、こうだよね」 「こうであるべきだよね」 「みんな、こう思うよね」 というのは後天的に環境から学習している  『思考』であって   自分が本来望んでいるものではない! ことの方が多いようです。   乱暴な言い方をすれば   『思考』(自我)こそが この世で異質なもの。 自分の成長にとって邪魔なもの。 とも言える。   もういっこ、深く考える。 物事の本質は何か?を常に、考える。   そこに自分が本当に望んでいるものがあるものです。     金山くんのeBookについてはこちらを見てね。 「引き寄せの法則、改めて」 思考の整理、 物事の本質と自分の本当の望みを知りたい人には とても役にたつと思います。   自分の状況や境遇によって 感じ取れる内容が変わるのも、また不思議。    

      15
      テーマ:
  • 09 Mar
    • 引き寄せの法則とわたしのルーツ

        とにかく現実的に思われがちなわたしですが 意外とスピリチュアルな世界にも生きています。   ルーツは母にあって。 母は、彼女の兄(わたしの叔父)が自殺したところから 精神世界に興味を持ちました。   わたしがまだ保育園に通っている頃だったと思います。   わたしが物心ついた時には 母の本棚はそんな本ばかり   『引き寄せの法則』 『思考は現実化する』 『宗教観』   などなど。 キリストや仏教の本もあって、 本棚に近寄るのが怖いと感じるほどでした。   母は宗教にハマる、ってことはなかったけど まんべんなく 宗教のことも学んでいたようでした。     きっと、  叔父がなぜそんな精神状態になってしまったのか どうやったら助けられたのか を追求したかったのだと思います。   彼女もまた49歳に肺ガンで亡くなるのですが その世界にコミットしすぎて フォーカスしすぎた為に 病気を引き寄せてしまったのではないか?   と個人的には 思ってしまうほど そんな本ばかり読んでいました。     わたしは両親の死を経験して たぶんまだ全然乗り越えられていないのだけど   左脳が全力でつじつま合わせをしながら 右脳では受け入れられているような そんな感覚です。   本質的にどうしようもないことだと認識しながらも どうしてこうなってしまったのか? という理由を探している感覚です。 (うまく説明できているかな?)   母も含めて何度も家族を亡くしてきたので 少し時間がかかることはよくわかっている。   それで彼の本を読み返しました。 詳しくはこちらのブログで。 ↓↓↓ http://katohatoko.hatenablog.com/entry/2017/03/09/004755  

      18
      テーマ:
    • 引き寄せの法則。

      父の死のどさくさに紛れて 色々思う事がありました。   自分の思考をリセットしたくて 読み返した本があります。   引き寄せの法則の解説書!   eBookですが、 尊敬する友人、金山慶允(かなやまよしのぶ)君 が書き下ろしたもの。 みなさんにぜひご紹介したいです。 こちらでご紹介してみました。 ↓↓↓ http://katohatoko.hatenablog.com/entry/2017/03/09/004755     母を49歳で亡くし、 父も67歳で亡くなりました。   弟も遠くにいってしまったし、 義母ひとりが実家に残されました。 (父は母の死後に再婚しています。)   どうしてこうなってしまったんだろう、と 父を責める気持ちの時もあったし 娘として、姉として もっとできる事があったんじゃないかと 自分を責める気持ちは今でもあります。   少しスピリチュアルや 引き寄せの法則を学んだ人が陥りがちなのですが   そう この悲劇的な状況も わたしが引き寄せてることなのかな… という負のスパイラルに陥ってしまっていて。   それで、折に触れて読み返している 彼の本を少し時間を作って読み返しました。 ↓↓↓ http://katohatoko.hatenablog.com/entry/2017/03/09/004755   状況が変わると、 内容の理解も変わるものですね。   この続きはまた次回。        

      テーマ:
  • 06 Mar
    • 父が、亡くなりました。

        しばらくぶりのブログ更新となりました。 2月は本当にあっという間で、 特に後半はほとんど記憶がない…   2月の終盤、お正月ぶりにお休みできるかと 思った矢先に父が亡くなりました。   ここ2年ほどは仕事もセーブして 入退院を繰り返していたし 昨年の夏あたりからは いつどうなってもおかしくない状態だったので 覚悟はできていたつもりだったのですが   わたしは母も早く亡くしているので、 自分の両親がこの世からふたりとも居なくなる、 というのはかなりの衝撃です。   昔、たまたま見てもらった手相で 「親との縁が薄いね」 って言われたことがありました。 その通りかもね。   もっと一緒に過ごしたかったな。 孫の成長だって見せたいし (というか、孫の世話をしてほしかった!!!)   あんなに長く闘病して、 父には相当振り回されたけど 最後はあっけなく。   葬儀が終わるまでは 「本当に死んでるのかな?この人」 って感じでした。   めんどくさいことは ぜーんぶ わたしに置いていってくれたので これから実家のあれやこれや 大変です。 土地とかさ、仕事の整理とかさ。。。     とにかくバタバタして心身共に どっと疲れが出ておりますが 今日から少しずつ復活しています。   あまり無理せずにブログも復活したいと思います。  

      8
      テーマ:
  • 16 Feb
    • お金のブロック。ってなに?

      前回のブログの続き。 ざっくり言うと 日本人 =サービスが無料がスタンダード =頑張らずにお金を得ることが罪だと思っている =お金のブロック という話でした。 ・・・ざっくり過ぎる上に余計な情報も入ってますね(笑) ポイントは 『がんばらずにお金を得ることが罪』 というところです。 よく、テレビで セレブ妻なる人が出てきて特集されることありますよね。 番組のゲストの人たちや効果音(?) だいたい否定的だと思うんですけど・・・ どうでしょう? ”楽して儲けて生活している” というイメージなんでしょうね。 でもね、でもね、 楽して儲けちゃ・・・ダメなのかな? ずっとモノづくりの現場にいますが 「商品」を作る時 原価を3割以内に抑える、というのが大抵のセオリーです。 ”3割以内”には当然理由があって、 その7割の利益の中には 人件費や送料、広告費など見えないお金が入っているのですが 別に法律で決まっているわけじゃないので 原価が2割だろうと、1割だろうと、 1%だろうと何の罪にもならないのです。 それなのに「原価を知っているから、そんなに高い金額で売れない・・・」 という人が何て多いことか!!!! 利益を得ることが罪だと思っている その精神こそが 『お金のブロック』です。 その考え方、思い込みのせいで あなたにお金が入ってこない。 そう思って間違いないです。 もっと言えば その「利益」のおかげであなたの生活もなりたっているのですよ。 今のお給料が「時給」だとしても「税金から」(公務員とかで) だとしても それもすべて所属する会社や団体が 生み出している『利益』がなければ お給料は発生しない。 自分が働いていなくても ご主人の会社がもっと『利益』を出せなければ いつまでもボーナスが出ないのです。 ボーナスこそ、利益率ありき、ですからね! 人の気持ちって伝染するし そうして思い込みや行動が繋がっていくことによって 世の中が出来上がっています。 今、どうして日本がこうなっているのか? なんとなく、少しわかりませんか?  

      10
      テーマ:
  • 15 Feb
    • お客様の声とお金のブロック。

      「お客様は神様です」という言葉があります。 三波春夫さん(新潟県出身)の代名詞でもありますよね。 さて、 お客様は神様なのか?? ということについて、今日は少し。 例えばフランスでは 19時までのショップがあったとします。 19時ジャストにそのお店に着いたとします。 100% 入れてもらえません。 たとえまだ、スタッフが残っていようとも。 たとえまだ、他のお客様(18時59分までに入ったお客様)がいようとも。 「私たちの仕事は19時までです!」 という『権利』が徹底されています。 実際、これは私が経験したこと。 それもパリの”レペット”です。 ”レペット”といえば・・・ バレエシューズでおなじみ。 バレエグッズでは世界的に有名。 そんなブランドの本店ですから 世界中から観光客も来るわけですが 19時2分に辿り着いた私たちには そのドアを開けてくれませんでした。 19時前に入店したお客さんが中にいるのに。 「日本からせっかく来たのにね、じゃあどうぞ」 とはいかないのです。 「また今度、来てね〜」 といわんばかりにスタッフ達は中で歌っている… (ように見えた) これが日本だったら!と思っちゃいますが 『働く人の権利』が徹底しているヨーロッパでは これが当たり前です。 日本では「おもてなし」という言葉に言い換えられて 働く人の権利が曖昧なまま 流されてしまっている と個人的にはおもっています。 そう、 年明けからの「電通の東大出身キラキラ女子社員まつりちゃん」の 自殺問題にも通じますよね。 広告代理店という職業は特に 派手に思われがちですが 本当に、地味で気を使うことばかりで どこよりもスピード感を求められて 下請け感バリバリの業界です。 昨日までのコンセプトが 今日変わったら、 明日の朝までにHPを全変更! なんてこともあり得ます。 お客様が全て。 だって何億も払ってくれている。 お客様は、神様なのです。 最近のわたしの口癖。 「日本のスタンダードは、世界の少数派」 お金のやり取りって、もっとwinwinなはずだと思うのです。 「サービス残業」 って言いますけど 世界のスタンダードは 『サービス=無料』 ではありません。 アメリカで、ヨーロッパでチップ払いませんか? ホテルでもベッドメイクで1ドル〜5ドル レストランでも10%以上。 日本だけです。 『おもてなし』という言葉に言い換えられて わたし達の大切な時間と感覚、意識が 無料で使われているのです。 そういうことに もっともっと敏感になってもいいのにな、 と思っています。 スピリチュアル的に言ったら これこそが『お金のブロック』の根本です。 『心のブロック』 に対してわたし達は すべて自分の責任だ!と思いがちですが そんなことありません。 社会の責任も多いにあると、わたしは思っています。 ところで 「お金のブロックってなに?」 っていう方もいるかもしれませんね。 それについては、また次回。  

      3
      テーマ:
  • 14 Feb
    • 水瓶座の新月に起こったこと

      1月28日、水瓶座で新月でした。   ・・・ってそれから2週間経って 次の満月も過ぎちゃったけど(笑) わたし自身が水瓶座である、ってこともあって とってもパワフルな新月だったので その時の話を。   現実的で目に見えるものしか信じてないと思われがちなわたしですが 気がつくと 目に見えないものに動かされていた、 と思うことも多いので 昨日のブログもそんな話でした。 →二子玉にいます。 実は結構気にしています。 この新月の時期。 旧正月の始まりの一ヶ月でもあり、 占星術では本来の一年の始まりは春分の日と言われますので それまでの準備期間でもあります。 水瓶座は革新、革命の象徴です。 そんな水瓶座で起こった今回の新月 乗らない手はない! 意識したわけではないですが 新月前に 髪を切って 財布を新調して 図らずも3日間お酒を飲まない(笑) という状況がありました。 こうしてちょっとしたデトックスが 新月後の爆発に繋がっていたのだな、 と思うほどの ミラクルが次々と起こりました。 ・4月から2年間の新しいお仕事の話がきた ・パズルがカチッとはまるようにスケジュール変更が起こった ・思いもよらない形で応援してくれる人が現れた (というか、実はとっても近くにいたことに気がついた) ・タイミングがぴたっ!と合って、久し振りの人と会えることに などなど。 詳しく話せない事も多いですが 奇跡的としか思えないスケジュール変更が ピタッ!とハマった時には 心底、目に見えない力を感じました。 きっと 知識がなければ 「なんか、ラッキーだったな!」 くらいの出来事なのでしょうが こうして知識を手に入れることで それを上手に活かせたり 次に繋げられたりするようになりました。 目に見えない力にも 現実の周りの人たちにも たくさんの人にいつも助けられています。  

      3
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 二子玉にいます。

      二子玉にいます。 玉川髙島屋さんで、Cotoriの2週間の期間限定ショップを開催させていただきました。 今日は最終日前日。ひとり打ち上げをしています。ホテルの近くのスペインバル。 隣では2人組の30代女子(推定)が恋バナの真っ最中。でもひとりがずっと話し続けていて、もうひとりは若干うんざり感出てきた(笑) 恋愛遍歴を赤裸々に・・・家族のある教授に恋をした不倫話になってる。一線は越えてない!って言い切ってるけど絶対嘘だとおもう。。。(全部聞いてるわたし 笑)  実はわたしのブログはまとめて書いて投稿予約、ということも多いのですが気分で今日はライブです(笑)  さてさて、本題に。 明日、無事最終日を迎えられることに本当に感謝!何に感謝していいかわからないほどとにかく全てに感謝の気持ちでいっぱいです。  自分で営業しておいてこの開催が決まった時に他人事のように「できるのかな?」と思ったのが遠い昔に・・・ 準備期間2ヶ月ほどその間に本当に色んなことがありました。 決定がいつも締め切りギリギリで担当の齋藤バイヤーには助けられっぱなし。物量が足りないんだよな…と思っていれば お世話になっている工場の社長から商品提供のお話が。 ダメ元で声をかけたラリュバンの彩さんも本当に頑張ってくれて売り上げ、本当に助けられた!  さすがに14日家を空けるのは怖いな、と思っていたら心強い助っ人が新潟から来てくれることになって。わたしと入れ替わりでお店に立ってくれました。 わたしがひとりでやるよりもこうして他の人のパワーや知識が入ることでこれから先の展開を様々な方向から検討できる結果に。  実は初日の数日前に長く入院している義母が危篤状態に。家族で順番に病院に付き添う自体になりわたしも一晩泊まりました。 義母の体調も戻りこうして無事に期間限定ショップを乗り切れた訳ですが そのおかげでわたしの出張が義父や義姉兄達に知れることになり思いがけず従兄弟が玉川髙島屋の社員であることがわかり(!)義父が連絡を取ってくれたり義姉が東京のお友達に宣伝してくれたり 少なからず家族を犠牲にしてしまっていることに罪悪感があったわたしにとってこれほど心強いことはなかったのです。 本当に嬉しかった! 義母が身体をはって教えてくれたのでは?と思ってしまうほどタイミングがバッチリだったんです。他にも義母の体調を理由にお断りした約束がいくつかあったのだけど、おかげで少し時間と体力に余裕ができた上にその空いた時間に本当に思いがけない人からのお呼び出しがあり、とっても名誉な仕事が舞い込んできて、4月から新しいお仕事ができました。 プレッシャーと共にワクワクしているのと、4月から敏腕社員をひとり雇うことになっているのでこれで彼女の給料の心配がなくなった… そしてそして開催期間中は次々と東京のお友達が来てくれてたくさん宣伝もしてもらったし次に繋がる仕事の案件もいくつか。新しく関わる事業に繋がるお話もあってタイミングがバッチリ。  こうして大きな大きな見えない力とたくさんの人の協力のおかげでこの14日間がありました。 ギリギリのところで綱渡りしている状態のままよくわからないうちにやれちゃっている。 なので、何に感謝したらいいのかわからないのです。物理的にも精神的にもたくさんの人に助けられた。 そしてずっとひとりでやって来たと思い込んでいたわたしですがもうひとりじゃないなー、と。たくさんの人が応援してくれているんだなー、と。 そう思えた二子玉の夜を一生忘れないと思います。  そして、これはいつもの事なんだけどこうしてひとつ大きな事が終わろうという時に次のお仕事の話がいくつかポンポン入ってきます。 会社が潰れないということはもう少し頑張りなさい、ってことなんでしょうね。 今まで出会ってくれたすべての人に。本当にありがとうございます。        

      5
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 中国人と春節

      久しぶりに海外の話を。   ニュースで盛んに 中国からの観光客の方を取り上げていましたので ご覧になった方も多いでしょうね。 この時期、中国では『春節』といって 太陽歴以前に用いられていた太陽太陰暦(旧暦) に基づいたお正月のことです。 「旧正月」とも言われていますが 古代から伝わってきた暦の考え方なので 神秘的ですね。 この時期、中国は欧米のクリスマス並みに お休み期間となります。 海外旅行に行かれる方も多いし、 日本にいる中国のお友達は逆に ご実家に帰っています。 中国では家族と過ごす大切な時です。 中国人というと ガサツで裏切り者、というイメージの方が 未だに多いようなのですが 実際は一度お友達になると とことん面倒見が良くて、 見返りを求めずに尽くしてくれます。 総じて考え方もグローバルな人が多く 生きる事に一生懸命だな、って思います。 そのたくましさは 絶対に日本人が学ぶべきところだと思います。 「爆買い」のイメージが強いと思うのですが 中国でもモノは溢れているので、 そろそろサービスにシフトしてきたようです。 買い物だけじゃなく温泉も楽しみたい。 買い物もするけど、スキーをしてみたい。 買い物は最終日に東京で、 それまでは少し地方でゆっくりしたい。 東京と大阪は中国人ばっかりだから行きたくない(笑) ニュースでやっていて 面白いこと言うなー! って思いましたが、ちょっとわかりますね。 わたしもハワイでは ワイキキより日本人の少ない反対側の海に行きたい方です。  

      3
      テーマ:
    • 自意識過剰

      髪を切りました。 という話をしました。 http://ameblo.jp/cotori-japan/entry-12241166061.html   30㎝も切ったのに… 本当に周りの反応が薄っ!!   そこで気がつきました。 「さほど、みんな わたしの事は気にしてないんだな」 と(笑)。   いや、決してマイナスな意味ではなく。 「じゃあ、もっと自由にやっていいじゃん!」 と。   周りの目を意識してやれてない事が 実際色々あるんだけど、 そっか、気にしてたのはわたしだけか! という気づきでした(笑)。   それにより、益々気持ちが自由になったのは事実。 それだけ目に見えないもの もっと言えば 自分の思い込みで やれなかった事、やっていなかった事があったということ。   なんて自意識過剰だったんだ!!!   ・・・なんて、自意識過剰だったんだ・・・ (2回言いましたけど)   そんな自意識過剰な自分に気がついた 新月の始まり。 わたしは水瓶座でもあるので  新しい一年の始まりにワクワクしています。        

      2
      テーマ:
  • 30 Jan
    • わたし達がいかに言葉に頼って生きているか?

      先日0.5期の塾の日に グローバルの話をしました。 その中で、 「いかに日本人は言葉に頼って生きているか」 という話をしました。 日本に住んでいると、 なかなかこれに気がつく人はいないと思います。 参考1 楽天 と アマゾン 参考2 facebook と mixi 参考2 TwitterとInstagram 比べながら、よーく考えてみてください。     塾生のひとりは、こんな感想を持ってくれました。 わたしは今日42歳になりますが、 グローバル人材には今からでもなれます!  

      2
      テーマ:
    • 思い込みと、視野の広げ方。

      わたし達は、思ってる以上に思い込みの中で 生きているのだと思います。    デザインの仕事をしていると、 想像力って結局 どれだけ視野を広げてインプットしたか、 要は『引き出しの多さ』 の問題だと実感しています。   ”アイディアは移動距離に比例する”   と高城剛さんがおっしゃっていました。 あちこち行くようになって、 本当にそう思うし、 たくさんの活躍している友人達を見ていても そう思います。   あちこちに行かないと視野が広がらないなら 私の環境では無理ね。。。 って思う方もたくさんいると思います。   でも、今わたしたちには インターネットがある。   インターネットが凄いのはわかるけど、 何が凄いのか、よくわからない! っていう質問もよくあります。   これはわたしの見解ですが わかりやすく言えば   『人の頭を簡単に使えるようになった』 ことだと思います。     アメリカのある小学校では、 授業中にインターネット利用をオッケーにしています。   それもかなり偏差値レベルの高い学校です。 それってどういうことか?   今までの学習→いかに自分の頭に知識を詰め込むか これからの学習→いかに適切な情報を集めて、咀嚼するか   インターネットによって 情報リテラシー(情報活用能力)が問われる時代になった、ということです。   今までは繋がりや図書からしか得れなかった情報。 知っている!と思っても 実は偏った情報だった、ってことも。   インターネットによってあらゆる角度から その情報を検証し、自分なりの意見を出せる時代です。   『自分なりの意見』というのがポイントで パラレルに情報を得るということは プラスもマイナスもわかる、ということ。 その上で自分の意見を出すことが大事、なのです。   結果 あちこちで言われているように これからの時代は 『個と繋がりの時代』 です。 自分の意見を出すことを怖がらないで!               かとうはとこの塾 数字とマインドの両面からあなたの夢への『仕組みづくり』をする3ヶ月です。 詳細はこちらから↓↓↓ 「さいごの自分さがし塾」やります。 - 社会派女子量産計画 グループセッション第1期は募集終了しました。 第2期は2月末〜の予定です。   ♪読者さん増えてます♪ かとうはとこのメールレター。   「1週間で起業家マインドになる!〜夢ある主婦のススメ〜 https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv       かとうはとこ ディレクション 高品質な子供用ドレス専門ブランド「Cotori」          

      テーマ:
  • 27 Jan
    • 仕事を好きになることと、好きなことを仕事にすること

      先日群馬でとあるセミナーに参加してきました。 高崎、前橋はとってもご縁があって 最近ちょこちょこ通っています。 マーケティングの専門であり 大手企業や官公庁とも仕事をしている方の 個人的なセミナーです。 実際に現役で自分のビジネスもされているので 説得力もあり、 わたし達に目線も下げてくれて わかりやすくて 自分の成長を実感しながら課題も見えて とっても良い時間でした。 何よりも彼の姿勢と熱意が一番勉強になりました。 「なんとか理解できるように」 「自分の足で歩いていけるように」 という意思が伝わってきて。 でも、具体的なことは何ひとつ教えてくれるわけじゃない。 自分で考えてねー。 自分でやってみてねー。 彼が3時間言い続けていたのは、 「とにかく自分の仕事を好きなりましょう!!」 ということでした。 好きであればどんな時でも考える。 好きになれば 何をしていても、仕事につながる アイディアにつながる。 好きになれば何も苦にならない。 そういうことでした。 「好きなことを仕事にしましょう」 というより、 「今やっている事をとことん好きになりましょう」 と、わたしには聞えました。 「好きなことを仕事にしましょう!」 という言葉だけが ひとり歩きしている 今日この頃ですが まずは自分を好きになる事から、なのだと思います。  

      4
      テーマ:
  • 26 Jan
    • リアクションにまどわされない。

      わたしはリアクションが悪いので、 実はとっても誤解されます。 決してバカにしているわけではないのに 上から見ているように思われるみたいです。 それは常に相手の言っていることを 『自分ごと』 としてとらえて自分の引き出しに入れちゃおう! とする癖があるんだな、 と気がつきました。 なので その間 アタマがフル稼動しているので 相手を気遣う余裕などなく 「こいつ、話聞いてる??」 「なんか、バカにしてる??」 って状態になるようです。 特にセミナーやコンサルの方と話している時などは 顕著で… 聞いてますよ! それも、最大級のリスペクトを持って 聞いてますよ!! 確かに。いきなり感想を求められても うまく言えないし 欲しい答えを言える 都合の良い生徒じゃないですが わたしの中の引き出しストックは増えているし ちゃんと自分の糧にできる子です(笑)。 そんなわたしなので 身をもって言います。 リアクションには惑わされないで!! リアクションには『言葉』も含まれます。 いかに わたし達が言葉に頼っているか、 それについてはまた次回。  

      2
      テーマ:
  • 25 Jan
    • さて、塾の話をします。

      0.5期に続いて1期も始まりました。 先日はプレセミナーを行いました。 6人の会なので、 自己紹介も兼ねて。 これから 何を学び合って、 どのように成長していくのか とっても楽しみです。 一応カリキュラムはありますが その時の会のメンバーの 雰囲気や現状などを考えて 毎回テーマを決めていこうと思っています。 0.5期の第一回は お金の話をガッツリとしました。 ・世の中のお金がまわる仕組み ・そもそも、お金って何なのか ・利益を得るってどういうことか ・時給の概念 具体例からみんなどのくらい稼いでいるのか? を算出してみたり、 実際 私がいただく仕事を例に出して この仕事で利益を出すにはどうしたらいいか? を考えたりしました。 『利益を出す』 ということに対して無意識レベルで罪悪感がある人が多いのですが 世の中のお金の流れや仕組みを知ることで ずいぶん考えが変わります! ですが、1期の第一回は別のテーマで行こうと思っています! さて、1期も始まったばかりですが2期の募集について。 2月中旬頃からの募集を考えています! お問い合わせはいつでも受け付けていますので 何かご質問などあれば フォームからお問い合わせください。  

      4
      テーマ:
  • 24 Jan
    • 髪を切ったことと、手放すタイミングの話。

      髪を切りました。 30センチくらい、ばっさりと。 中学生以来のロングヘア 結構大人っぽくなって、私っぽい!って理由で 気に入っていたのですが ふとした思いつき、気の迷いで 去年の邪念をすべて捨てる勢いで(笑) しかし、30㎝も切ったのに 周りの反応が薄い(笑) 会う人会う人に 「何か私に言うことない??』 と無理やり意見を求めている ウザいおばちゃんになっています。。。 女性は失恋すると髪を切る、 って誰が言い始めたんでしょうね。 他にも決意の表れとして髪を切ったり、 それだけ髪って特別なもの なのでしょうね。 霊は髪に宿る、とも言いますし 邪気を切り落とす といった意味も昔はあったのかもしれません。 たしかに、 気持ちがとっても晴れやかになって 余裕が出てきた気がします。 ここ数年間 種まきしてきたものが 一気に12月頃から芽吹いています。 使っていない畑はやはり時間をかけて耕す必要があるのだな、 と実感しています。 どんなに自分が焦っていても 変えられるタイミングと、待つしかないタイミング があるものですね。 そしてその時その時で必要な人が ちゃーんと表れて助けてくれる。 それは、たとえ離れる時が来たとしても 「ありがとう!」 って言える自分でありたいな と思います。 人って、離れるタイミングの時に 理由をつけなければダメな生き物だな って思います。 わざわざ 揉め事を起こしたり、 嫌いになってみたり 戦いを挑んだり。 中学校を卒業して別々の高校に行くのと 変わらないのに、 いちいち卒業に理由をつけたがります。 タイミングだよねー? でいいじゃんね。 今日のブログを 今、パートナーに裏切られてアタマ真っ白になっている 友人に贈ります。 彼女はきっとこれでまた強くなって たくさんの人を助けられる人に成長するんだろうな。  

      2
      テーマ:
  • 18 Jan
    • そうだ、愛が足りないのだ!

      連日の雪攻撃にすっかり身も心もやられています。。。何度も言いますが これだけ雪が積もっても一切スケジュール変更されないんですよ。。。気温が30度を超えるとドイツなんて学校が休みになるっていうのに。  ドイツの合理主義については以前書いてました。→こちら  そんな中、気がついたことがありました。 「そうか、わたしには愛が足りないのだ」 これたぶん、がんばる主婦やママ達の共感を呼ぶと思います。 こんなに天候が悪いのに、通常の生活を送らなくてはいけないというのは絶対どこかに無理が出るはずです。 子供の送り迎えの必要が出てきたり。いつもより早く出る家族に合わせて早起きして、お弁当を作ったり朝食の用意をしたり。洗濯を前夜にしたり。 わたしだって移動時間がいつもの倍かかっているのに足元の悪い中でもいつものように買い物に行き冬は灯油を買ってくる、という仕事が増え、こたつで眠ってしまった子供を起こすという心配事も増える。 合わせて洗濯物は増えるし雪かき、という大仕事も。 それなのに掃除の手を抜けばわたしのせい。夕食の時間が遅くなれば文句が出る。洗濯物が乾いていない愚痴を嫌味のように聞かされる。  そうだ、やっぱりわたしには愛が足りないのだ。 雪で辛いのは家族全員一緒。でも、家族がその中でもいつもの生活を送れるように物理的にも精神的にも 常に守っているのは、わたし。  家族は当たり前のようにわたしに甘えて愛を求めてくるけど。わたしだって、愛がほしい。わたしが満たされてないのにどうやって愛を与えられるというのだ! そんな事にハッと気づいてドヤ顔で夫に言ったら「はとちゃんは、やっぱりジャイアンだね!」って明るく言われましたが。  ジャイアンかなぁ。。。               

      4
      テーマ:
  • 17 Jan
    • キラキラの人。続き。

      前回の続き。 そんなキラキラ経歴の女子たちに混ざって あぁ眩しいなぁ。ホンモノが目の前で喋ってるよ!!・・・みたいなミーハー心でとっても楽しかった、わたしです。 そんなメンバーにわたしの事やCotoriの話、これからの課題や困りごとなどを聞いてもらってたくさん話して たくさん話を聞いて。一緒に考えてもらった時間でした。 これだけの知能指数のメンバーですので、とにかく問題がサクサクと解決していく!これからも頼りにしていきたい、ほんとにご縁に感謝!!!!!    ところで。「キラキラであるべきかどうか」というテーマ。 この会議でも出たのですが最近あちこちでこの話題になります。 塾のみんなも「FBがめんどくさい」「ブログでのアピールに疲れた」「ネタが続かない」など、キラキラアピールにお疲れの様子。  少し前から、マーケティングといえば生産者ややっている人が顔を出してそれによってお仕事を取っていく、というのが主流です。 もちろん、顔を出す事は消費者への安心感につながるし士業やコンサルタントなど自分自身が商品であるお仕事にとっては必要なことだと思います。  でも、わたしはモノづくりをしているので必ずしもわたしが有名になる必要はない、と思っています。 もちろん、自分を売った先に商品がある場合もありますので一概には言えないところですが、 「わたし」を売っているわけではなく「モノ」を売っている。 最終的にはモノの力がなければブランドは育たないのでここから目を背けるわけにはいかないのです。  そのモノ(ブランド)に育つ力を与えるエッセンスのひとつとしてわたしがキラキラになる必要があるなら、不本意ですが(というか苦手分野ですが)キラキラ、顔出しもやりましょう! ブランド立ち上げから3年目ですので、もうしばらくはお母さん、頑張ります。それは創業者の使命だと思うので。 でもわたしが売っているのは「こども達とその家族が笑顔になれるドレス」であって「わたしが作ったドレス」ではない。 わたしがキラキラに見える写真を見せるよりもたくさんの子供たちや、その家族がCotoriのドレスで笑顔になっている姿を見せた方が何百倍も伝わる、と思っています。  実は去年一年は、「わたしがキラキラであるべきか」というより「わたしをキラキラに見せるべきか」という問いかけをずっと自分にしてきました。 でも先日のこのTHE 本物キラキラメンバーとの会議で色々なことが吹っ切れました。キラキラに見せる必要はないと。 当たり前だけど本物は、何をしてもキラキラしているのだな、と。福山雅治はきっと、ゴミ捨てをしていてもカッコイイ。・・・みたいな感じです。  やはり根っこは「自分がどうありたいか」であって、小手先のマーケティングの理論に振り回されていた自分を反省しました。 誰とお付き合いするか、って本当に大事。     かとうはとこの塾数字とマインドの両面からあなたの夢への『仕組みづくり』をする3ヶ月です。詳細はこちらから↓↓↓「さいごの自分さがし塾」やります。 - 社会派女子量産計画グループセッション第1期は募集終了しました。第2期は2月末〜の予定です。 ♪読者さん増えてます♪ かとうはとこのメールレター。 「1週間で起業家マインドになる!〜夢ある主婦のススメ〜https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv   かとうはとこ ディレクション高品質な子供用ドレス専門ブランド「Cotori」           

      3
      テーマ:
    • キラキラの人。

      先日、東京で真面目な女子会ミーティングを行いました。 それぞれ起業していたり、起業準備中だったりと前向きなメンバーでの真面目に商売を考える会、でした。  それが、すごいメンバーで… 東大を蹴って九州大→大企業バリバリ営業職。料理研究家(テレビ出演もされてます)。宝塚で男役→早稲田→キャリアカウンセラー。女医。海外経験豊富なスパイス料理家。 そして、わたし。頭もキレるし、1話すと100になるしとてもとても有意義な時間でした。このメンバーで何かしたいな。  わたしの経験も少なからずみなさんのお役に立てたようでよかった。これだけのメンバーの中でお話できたことでまた少し自信がつきました。 キリスト教の話のながれで。聖書の中で好きな言葉 「求めよ、さらば与えられん」 まぁざっくり言って「引き寄せの法則」みたいなものだと思います。ざっくりすぎ!(笑)  新しい物事に触れたり、何かがやって来た時に「あ!そういえば、これ欲しかったやつじゃん!」て思うことがあります。 それこそが「求めよ、さらば与えられん」の世界なのかな、と。 うん、深い。  あっ!題名と内容が全然違う。話が脱線しました。続きは、次回に。   かとうはとこの塾数字とマインドの両面からあなたの夢への『仕組みづくり』をする3ヶ月です。詳細はこちらから↓↓↓「さいごの自分さがし塾」やります。 - 社会派女子量産計画グループセッション第1期は募集終了しました。第2期は2月末〜の予定です。 ♪読者さん増えてます♪ かとうはとこのメールレター。 「1週間で起業家マインドになる!〜夢ある主婦のススメ〜https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv   かとうはとこ ディレクション高品質な子供用ドレス専門ブランド「Cotori」         

      3
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 宗教観を持つことについて。

      久しぶりにブログを落としてしまいました。 新潟はいよいよ雪模様。雪は好きですが、雪が降ると予定が1時間単位で狂ってくるんですよね… 雪が降ろうが、電車が止まろうが、車がハマろうが、天候を理由にしても許してもらえない雪国の辛さ(笑) そんなわけで通常40分の三条⇄新潟 の行き来に70分。それだけで往復1時間、車内に拘束されるわけですから。  まぁ、それは言い訳ですが雪国の冬は、本当に疲れます。早く春が来ないかな!!   さて、先日の質問「キリスト教についてどう思いますか。」 わたしなりの、答えです。   我が家は、義父の方針で毎月菩提寺である本成寺にお参りに行きます。法華宗の総本山である本成寺の檀家総代を義父は何年も務めています。 夫はもちろん、わたしも子供達もそれが当たり前で育って来ていますので我が家は仏教を信仰しています。 そしてもちろん、神棚もありますし折に触れて神社へも行きます。 また、わたしは日本国外にも友人がいます。パリ、ドイツ、中国、アメリカ、韓国、スリランカ、フィリピン、ベトナム。。。 海外の友人達と関わる中で思うのは『宗教観がある』というのは自分のマインドを整える上で、とっても重要だということです。 キリスト教、イスラム教、ヒンズー教・・・世界で一番読まれている本は『聖書』です。 ホテルに行くと聖書が置いてあるところも珍しくありませんよね。 それだけ、人々の心の拠り所として宗教があることが一般的だ、ということです。そして、友人達を見ていて思うのは 心の拠り所がある人って、強い。 人の意見に無意味に左右されることなく自分の欲求に正直でたとえ想定外の事が起こったとしても、神が与えたギフトである、と受け止める心の余裕と強さがある。  そして、キリスト教は、世界の3割の信者がいます。民族、地理といった物理的要素を超えてそれだけの方に指示されています。文化的にも社会的にも影響を及ぼしているということは世界経済にも大きな影響を与えているということです。 キリスト教に触れて、世界を学ぶ機会をいただく事で息子はグローバルな視野で物事が見れるようになると思います。彼にとってとても有意義な時間になると思いますし夫もわたしも親として望んでいる事です。 わたしは、そのようにキリスト教について考えています。      0.5期は順調に進行中!第1期は一旦締め切りました。第2期の募集を近々予定しています!かとうはとこの塾数字とマインドの両面からあなたの夢への『仕組みづくり』をする3ヶ月です。詳細はこちらから↓↓↓「さいごの自分さがし塾」やります。 - 社会派女子量産計画グループセッション第1期は募集終了しました。第2期は2月末〜の予定です。 ♪読者さん増えてます♪ かとうはとこのメールレター。 「1週間で起業家マインドになる!〜夢ある主婦のススメ〜https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv   かとうはとこ ディレクション高品質な子供用ドレス専門ブランド「Cotori」            

      3
      テーマ:

プロフィール

商品プランナー/かとうはとこ

自己紹介:
こんにちは、商品プランナーの かとうはとこ です。 『商品プランナー』とは、 新商品...

続きを見る >

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
214134 位
総合月間
178558 位
ハッピーライフ
5851 位
働くママ
3641 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。