たった6年で2,000万円貯めた確実な方法

私の長女は、保育園の頃から私立中学に行きたいと言っていました。
学費を調べると、とても貯金だけの貯蓄では間に合わないと感じ、金融商品の勉強を始めました。そして、たった6年で2,000万円とアパート1棟持つことができました!!!

NEW !
テーマ:

とうとう開示するのか!

このニュースに驚きました。


大手銀行5社 年明けに保険手数料開示へ


投資信託と違って、保険の販売手数料は
開示の義務がありませんでした。

銀行で、豪ドル建ての保険や変額保険を
ススメられたことはありませんか?


変額保険とは、保険料の一部を株や債券などで運用し、
その運用実績によって保険金や解約返戻金の金額が
増減する保険です。

投資信託とあまり変わらない仕組みですが
銀行が受ける販売手数料は公開されてきませんでした。

ちなみに、投資信託の販売手数料は
0〜3.24%です。

ところが保険の場合は、販売手数料が8〜9%と
噂されてきました。


特に豪ドルが円に対して下落してから
銀行での販売が上昇してています。

ところが、なかなか手数料の開示は進まなかったのです。

1ヶ月くらい前には、こんなニュースもありました。

金融庁、保険の販売手数料開示を
延期 地銀の理解進まず=関係筋


なので、このニュースにはビックリしたワケです。

保険には、販売手数料だけでなく
保険会社の経費も保険料の中に含まれていますが
これは、開示の義務はありません。

投資信託の場合は、決まっている手数料は
販売する時に必ず読まなければいけない
「目論見書(もくろみしょ)」に記載されています。

金融庁では、手数料が明記している投資信託が
あまり販売されておらず

外貨建ての保険が銀行の窓口で飛ぶように売られて
いる実態をみて、開示を催促してきました。

銀行も営利団体ですから、手数料が高い金融商品を
勧めるのは当然と言えば当然ですが…

消費者は、知識武装しないと
目に見えない手数料を支払うことになるのです。


★コチラの記事もご参考に!

お金で不幸は解決しない


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

投資信託の目論見書で見ておくべきポイントを
ご紹介します。

昔と違って、交付目論見書は読みやすくなりました。

10ページほどなので、
購入前に必ず目を通すようにしましょう。


まずは、純資産総額が減っていないかどうかを
チェックしましょう。


海外の資産に投資する投資信託では、
為替の影響を受けるので、一概には言えませんが

純資産総額が減っている投資信託は、
投資家が逃げ出している証拠です。


私は目論見書を見るのが大好きです。

特に見ていて楽しいのは、ファンドの特色。

アクティブ型のファンドは、
独自の投資方針が書かれています。

また、ひとつだけでなく複数の投資信託の目論見書と
比較することも勉強になります。

私はとってもワクワクしながら比較しています。


最初はよくわからなくても、数を見ていくことが大事。

最近は、難しい言葉や金融用語には、注釈があります。



アクティブ型の投資信託の場合
かならず出てきて、わかりにくい言葉が

「トップダウンアプローチ」と「ボトムアップアプローチ」。

トップダウンアプローチとは、
物価指数などの経済指数から分析して
組み入れの比率を決定します。

最後に組み入れる株式の銘柄を決めていく手法です。

ボトムアップアプローチとは、
まず銘柄を選択します。

企業訪問や独自のリサーチ方法により、
魅力的な銘柄を発掘します。


全体の業種の比率は、
結果的に決まっていくスタイルです。


両方の利点を活かした投資スタイルもあります。

アクティブ型の投資信託を選ぶ際は、
よく吟味しましょう!


買い物と同じで、投資信託を選ぶのが
楽しくなります♪

★コチラの記事もご参考に!

購入時の半額以下になってしまった投資信託



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

投資信託で大きく損を出してしまう方の
パターンは大抵決まっています。

●その1 同じ資産に分類される投資信託ばかりを買ってしまう。
●その2 100万円単位で一括購入してしまう。
●その3 現在のリターンが良い投資信託を選んでしまう。

実は、私もこの手の失敗、しました(笑)

ですから

この逆のことをすれば良いワケです。


例えば

●その1 同じ資産ばかり買ってしまう。

資産は必ず分散してください。
最初、よく分からなかったら

国内債券、国内株式、海外債券、海外株式、
国内・海外不動産投資(リート)の資産に、
分けておくことです。

債券と株式、不動産はそれぞれ違う動きをしますので
分けて持つことで、資産の目減りを防ぎます。


●その2 最初は、定期預金をする感覚で
一括購入してしまいがち。

毎日価格が違うのですから、安いときに買って
高いときに売れば、利益がでます。

ですが、未来の価格がわかる人は誰もいません。

毎月一定額を購入すれば、安いときに
買いそびれることはありません。


●その3 いまオススメは、コレです!
先月と比べて20%も伸びています。

な〜んて、言われると
つい、買ってしまいそうです。

その2でも述べたように、安いときに購入することが大事なのです。

いま伸びている投資信託は、すでに高値なんです。

オススメに惑わされず、全体の資産バランスをよく考えて
購入することを心がけてください。

「安いときに買って、高いときに売る」

投資で儲けるのは、コレしかありません。

★コチラの記事もご参考に!

お金持ちは、なぜお金持ちなのか?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。