Black Swan - 国際人養成所

日本が嫌になってきているあなた、当養成所に入所して国際人に生まれ変わりましょう!

みんなと同じ生き方に飽きてるなら、Black Swanに突然変異して一緒に世界を飛び回りませんか?

洋楽の英文フレーズ解説、英語上達のヒミツなど、国際人になるための情報満載!


テーマ:
意気込んで始めたテーマでしたが、一回の記事を書くために調べる量が半端じゃないのですっかり筆が遠のいてしまっていた「英文ライティング」で久々の更新です。実を言うと、移住により息子がこれから英文でアカデミックライティングを必然的に習っていくことになるので、早めにまとめておかないと、というプレッシャーが少しあるんですよね。ガーン

前々回のコロン前回のセミコロンと来たので当然次は「カンマ」が自然な流れだったんですが、あまりに書くことがまとまらないので挫折しました・・・
_| ̄|○

まー、実際引用符(Quotation Marks)の方が日本人にとってトリッキーな部分もあって、読み物としては面白いと思います。カンマネタは今後のためにゆっくり暖めておきます。(笑


【使い方】
まずは引用符の基本的な使い方を確認しておきましょう。
1発言、格言などの引用
これは文字通りの使い方です。小説や新聞の記事などが直接話法で書かれているのを読む機会は多いですが、アカデミックな論文やビジネス文章のライティングで自分が直接話法を使って人の発言を引用することはあまりないと思います。が、読書感想文(book report)などでは必要とされるword数を増やす重要なテクニックですね。にひひ

2特殊な意味を持つ単語やフレーズを目立たせる
引用符で囲まれた単語やフレーズは様々な目的で読者の注意を引くために用いられます。

例)She ran around with a bunch of 'intellectuals'.

ただ、この「目的」の中でも皮肉や反語として使われることがかなり多いので、単に強調したいだけの時に引用符を使うと読み手に混乱させてしまうリスクも伴います。Chicago Manual of Styleでは強調はイタリック太字で修飾することを推奨しているようですが、個人的にはフォント修飾ってHTMLでもワープロでも面倒だし、もう相当数の「強調引用符」が世の中に存在してるので、今更用途を限定的にするのは難しいんじゃないかと感じています。
ただ、このテーマの最初の記事でも書いたように各学校、会社、業界のスタイルが全てに優先する世界なので、長いものには巻かれておいてください。にひひ

また、この強調引用符をジェスチャーで表す「Air Quotes(またはFinger Quotes)」なるものが欧米には存在します。ピースサインした両手を目の高さまで上げて、強調したい単語を話す時に「クイッ、クイッ」って指を二回曲げるアレです。外国人がやるのを見たことあるけど、何の意味かわからなかった、って人結構いるんじゃないでしょうか?
こちらは書き言葉ではないので、まだ従来通りの「皮肉や反語」として単語を使うタイミングでクイクイします。逆にコメディーなどでは全然関係ない単語のところでAir Quotesを使うことでウケを狙ったりします(コレとかコレ)。


【種類】
次に引用符の形自体のバリエーションです。
1Single Quotation Marks vs. Double Quotation Marks
Single: 'xxx'
Double: "xxx"
違いは完全に「アメリカ式かイギリス式か?」だけです。これについては詳しく後述しますが、自分がニュージーランドに移住したのでこのブログでは今後「イギリス式」を採用することにします。

2Curly Quotation Marks vs. Straight Quotation Marks
Straight: "xxx"  'xxx'
Curly: xxx”  xxx
上記のような引用符、書籍やWebでどちらも見たことありますよね?意味は同じでも見栄えは当然openとcloseが上下反対を向いている「Curly」の方が断然いいんですが、この問題は結構奥が深いんです。

まずコンピュータ上ではこの「Straight」と「Curly」、文字コードのレベルで違うものとして扱われています。が、キーボードからの入力は「Straight」しか行えません(日本語キーボードだと"=Shift+2、'=Shift+7)。
MS-Wordのようなワープロソフトであれば「引用符の自動変換(Smart Quote)」の設定ができるようになっていて(デフォルトはON)、勝手に「Straight」から「Curly」に変換してくれます。

が、Webページを記述するHTMLはちょっとクセがあり、Curlyで表示するには「‚」のようなオマジナイを書かないといけないんです。ということで、編集が面倒だからというだけの理由でこのブログでは以降「Straight」だけに統一させていただきます。
m(_ _ )m


さて、ここまでが前振りです(←長っ!)。
引用符の使い方はアメリカ英語とイギリス英語で大きく異なるため、次にその二つを対比する形でご説明することにします。


【British English】
イギリス英語ではQuotation Marksのことを「inverted commas(引っくり返ったカンマ)」とも呼びます。
1引用符の種類
Single Quotation Marksが使われます。
引用内に更に引用がある、いわゆる入れ子(nest)の場合は入れ子の方でDoubleを使います。更にその中にも引用がある場合はまたSingleを使い・・・(以下無限ループ)。

例)'His first words', said John, 'were "Have a seat."'

2カンマ/ピリオドの位置
カンマ/ピリオドが引用文に属している場合は後ろの引用符の中に、そうでない場合は外に出します。

例)Maria said to me, 'You're such a gentleman.'
例)She ran around with a bunch of 'intellectuals'.

最初の例の直接話法のように、引用する方とされる方でピリオドが重複しても

~gentleman.'.

両方のピリオドを残すことは決してありません


【American English】
1引用符の種類
Double Quotation Marksが使われます。
イギリス英語と逆なので、入れ子(nest)の場合はSingle→Double→Single・・・と続いていきます。

例)"His first words," said John, "were 'Have a seat.'"

2カンマ/ピリオドの位置
引用した文章に属するカンマ/ピリオドかどうかに関わらず、常に後ろの引用符の中に入れます。
直接話法でピリオド2つで終わらないのはイギリス英語と同様です。

例)Maria said to me, "You're such a gentleman."
例)She ran around with a bunch of "intellectuals."


【AmE、BrE共通】
1ハテナマークとビックリマーク
?!のことですが、これはアメリカ英語でも上記イギリス英語の考え方に従い、それらのマークが引用文に属しているかどうかによって変わります。

例)Maria said to me, "Are you serious?"
  ×Maria said to me, "Are you serious"?
例)Did Maria said, "You can't be serious"?
  ×Did Maria said, "You can't be serious?"

下の方の例では引用している文が疑問文、されている文が平叙文ですが、ハテナマークとピリオドではハテナマークが優先されます(ビックリマークも同じくピリオドに優先)。

2ナレーションに先行する引用文のピリオド
ピリオドで終わる引用文の後に「he said / she said」などのナレーションが続く場合、引用文の最後のピリオドはカンマに変更されます。

例)I will tell you what to do. It is quite easy.
右矢印'I will tell you what to do,' said a young mouse. 'It is quite easy.'

3引用文をナレーションが分割する時のカンマ
引用文の間にナレーションが割り込んでくる場合、始めの引用の最後にカンマを追加し、後の引用の最初の単語は小文字のままにしておきます。ただし、このカンマは引用文に属するものとは考えないので、イギリス英語とアメリカ英語で引用符の内か外かが変わってきます

例:His first words were not clear.
右矢印BrE)'His first words', said John, 'were not clear.'
右矢印AmE)"His first words," said John, "were not clear."


とりあえずこれで全部です。。。書き始めた時は重要なところに絞って、と考えていたんですが、いつも通り書いてる途中で「あれやこれも」になってほぼ全てを網羅しまいました。
せっかくなので是非英語で小説か何か書いて有効活用してやってください。
(。-人-。)


やっと英文ライティング復活、是非応援のポチを!
右矢印ブログランキング

こちらも引き続きよろしく!
右矢印にほんブログ村 英語ブログ 英語学習
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

wannabe(ワナビー)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。