卒婚をキッカケに人生が好転!! ~自分らしく生きるヒント~

- Be yourself -
本来の自分に還り 自分らしく生きる為のヒントを
お伝えしています。

NEW !
テーマ:

こんばんは。

青木ゆかです星

 



"【彼の為にもならないことを、どう変えてあげたら良いか分かりません】"

というご質問をいただいた時に、


「彼を変えるのではなく
嫌に感じる自分の心を掘り下げていくと
問題に感じることが減って
きます。」

とお答えした記事を書きました。



「彼の為にもならないことを、どう変えていってあげたら良いかわかりません」

記事はこちら
https://ameblo.jp/cosmos-photo-beauty/entry-12353018307.html



その具体例を、私自身の経験を元に
書いています。




【思い込みを変えて幸せな日々を送れるようになった経緯シリーズ】
1.離婚問題に発展するきっかけとなった出来事。

2."がんばっているのに認められない" からの気づき


*******************************************

 

【ありのままの自分を自分が愛していなかった】



当時は思い出したくもなかった

「ありのままの キミなんて、愛せない」

発言・笑


※その記事はこちら



ようやく、ここに取り組めるようになりました。





はじめは、辛すぎて

あまりここを見たくなかったようで

辛い、嫌だという感覚すら

失っていた
ので

取り組むことができなかったのです。





でも、段々と

このこと、めちゃくちゃショックだったな

認識できはじめてから、

取り組めるようになってきました。






そして、その時の感情・感覚をリアルに

感じてみると・・・





存在を全否定された感覚になり

希望とか行動とか成長とか

前に進める力の全てが失われた気持ちになりました。





胸のあたりにぽっかりと深い底の見えない

ブラックホールのような穴が空いた感覚。


お腹が締め付けられキリキリと痛む感覚。


死の淵に立たされたような恐怖で心臓が早くなる感覚。





そんな感覚がありました。




そして、ひとつひとつまた記憶を辿っていくと

愛されていないと感じる記憶や

幼少の頃に読んでもらっていた

ミヒャエル・エンデの果てしない物語で

"虚無"という何もない

存在も全て消えてしまう闇に

世界が飲み込まれていくシーンを

思い出したりしました。

その物語も"愛"がテーマでした。




あぁそうか。

私は愛されたいと求めるあまり

愛が失われることが

存在が消えて何もなくなるような

恐怖として捉えていたんだ。




だから、愛をもらっていたことよりも

愛をもらえなくなったら どうしようという恐怖

にフォーカスして生きてきたんだ。




でも。

その時には心や意識がどうこの世界を創っているのか

という仕組みも理解できていましたし

自分を自分で愛してあげることができる。

ということも知りました。





愛は与えるもらうという動詞だけでなく

名詞としての愛

つまり

愛が私の中に在る

と捉えることもでき

もしも私自体が愛であれば、失われることもない

と頭で理解している最中でした。






そして、愛が私の中に溢れている感覚

腑に落としこんでいくと・・・

※やり方はこちらの記事参照
https://ameblo.jp/cosmos-photo-beauty/entry-12348170844.html



生きている歓びに繋がったのです。








さらに深めていくと

私自身の体の境界線が溶けてなくなり

宇宙と一体となった感覚になり

自分自身が光のような

無形の存在である感覚になりました。




そうして、この光のようなものを

愛と捉えることもできるなら

私自身が愛で光なのだ

という感覚を味わうことができました。




そうして、私の中に愛がある。

それは、私そのものだから失われることはない

人から愛をもらわなくても

自らを愛することもできる。





と腑に落ちて感じることができたのです。










その状態になって

物凄く私は愛されてきたんだ。

と感動したことを覚えています。






すると、突然

彼の態度が変わったように感じました。




「オレも一生懸命、ゆかについて考えていて、

帰ってきたら抱きしめようと思った。」




と言ってくれるようになったのです。




そしてしばらくは平和に過ぎました。
 

 

 

→つづきはこちら

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

青木ゆかです星

 

昨日、すごかったですね~!!!!

 

オリンピックでの

フィギュアスケート。

 

羽生選手 金
宇野選手 銀
    

本当におめでとうございます!!!
フィギュアでは日本人が同時に表彰台に立つのは
はじめてらしいです。

 

 

 

{4504EDB6-9309-49B6-99CE-8570ECE9ED07}

 

 

 

 

 

 

そして その後、

将棋界でも最年少優勝、

中学生で初六段になるという快挙を成し遂げた

藤井聡太六段。

 

途中から釘付けになって

しまいました・笑

 

 

 

 

 

 

今日は、業界のトップを走り続ける彼らから

 

少しでもその精神力の源を

 

探る お話をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

以前、スポーツドクターの辻秀一さん


とお仕事をさせていただいたことがあります。



スポーツの観点から
いかに精神力を身につけ
常にフロー状態でいられるかを
海外で学び

日本にもってきた第一人者です。



それらをスポーツのみならず
成果を出すために企業研修に取り入れたり
個人が日々幸せに過ごす為の方法にまで
広げて伝えていらっしゃいます。


「スラムダンクの勝利学」から
一瞬で心を「切り替える」技術。
フロー・カンパニー
さよなら、ストレス
自分を「ごきげん」にする方法

など著書は多岐にわたっています。


伝えている根本は全て同じなので
ご自身の状況と興味に合わせて
是非読んでみてください爆  笑





ちょうど、私も離婚をした後で、
心理学を勉強した後だったので
辻先生のおっしゃっていることの本質を理解でき、
仕事でご一緒させていただきました。



その時に
ソチの時の羽生選手に触れていました。

当時も
世間から金メダルを期待されていました。

そこで、彼が試合に臨む前のインタビューで

「金メダルには囚われずに・・・」
と言った後に「囚われてますよね・笑」

と言っていたことを
辻先生は取り上げていました。





フロー状態、すなわち無心・ニュートラルな状態であることが


一番自らの力を引き出しやすく、結果が出やすい状態です。





逆に、何かに囚われ、執着をしている


ノン・フロー状態になり
 

パワーが出ない状態になってしまうのです。






だから、羽生選手も
「金メダルに囚われずに・・・」
という表現をしたのだと思います。




しかし、
もしも本当に囚われていなかったら
金メダルという言葉は出てこないはずなのです。

例えば、
病気になってはじめて、健康でいたいと
思いますよね。

物凄く健康で元気である子どもの内は、
特に「健康」はあまり意識しなかったと思います。





「金メダルに囚われずに・・・」
と話している時点で、
「金メダル」を意識しているということなのです。




羽生選手がすごいのは
「囚われてますよね・笑」
とそこに気付けた所


執着や囚われに気付くことが
できることで、ほぼ手放せている
と辻先生は語ります。





囚われているのだと認識し、


事実と自分の心を切り離すことで
 

自分の心を良い方向に持っていく作業に転換すれば良い。




辻先生の言葉を借りれば


出来事と心の接着に気づいて、ごきげんになること

それがフロー状態でいられる秘訣なのです。






私は、離婚問題の時に


出来事



嫌に感じること(心)

を切り離す練習をしてきました。






スポーツの世界や日々忙しい中では

その瞬間、瞬間で感じた接着を外していくことが重要です。


例えば、ミスをしてしまった。

そこで ミスをした自分を責めるのではなく

ミスをした(事実)と

しまった!(心)を分けて

しまった!と感じているなぁと、まず気づくこと。




でも、その出来事自体は変わらないのだから

自分の心をノン・フロー状態にしていてもしょうがない。



そこで、自分が"ごきげん"でいられる良い状態をイメージして

自分の心をまず戻していく

そして、今この瞬間、最大限にできることだけにフォーカスしていく。





そうすることで、ミスをカバーするだけでなく

ミスがミスでなくなってしまうような最高の結果を得られることもある。


その繰り返しが出来れば、ノン・フロー状態で

スポーツや仕事もこなしていけます。





しかし、私は離婚問題という

心と事実の接着をこじらせすぎて起きた問題に取り組んでいたので・笑



接着を外す所を細かく取り組みました。


出来事



嫌に感じること(心)

を切り離し、まずそう感じていると気づきます。




それから、なぜ嫌に感じるのか

嫌に感じる原因、そして嫌に感じる元となったきっかけ
まで

さぐっていきます。




嫌に感じるということは、

自分自身の中に勝手なルールや思い込みがあるので

それを細かく見ていってあげました。



そして、いらないルールや思い込みを手放して

嫌だなと感じなくてもいいんだ


と接着を外せる状態になって、

接着を外すことをしてきました。




その後は、自分自身が本当に欲しい感情を体感していき

今、この瞬間をどう選ぶかにフォーカスしていくので




辻先生のおっしゃっている流れと

ほぼ同じことを離婚の時に体験したのだと

さらに理解できました。





だからこそ、

大きな勇気になったんです。




それは、世界の第一線で活躍しているスポーツ選手も

人間なのだということ。



それまでは、ただ凄いなぁ

と見ていただけでしたが



同じ人間として

私も同じように取り組んでいくことで

自分自身の人生の金メダルが

とれるということ。








オリンピックに出る選手は

みんな口を揃えていいますよね。


「自分の演技をしたい。

自分に勝ちたい。」

 

{FE07247D-CBE5-46BA-8A0A-A19B1D94BBC9}

 

 


見ているのは他人ではないんです。



競技という、一見比較だらけの世界にいながら

お互いをたたえ合い、誰を恨むこともねたむこともなく

居られるのは

「常に一瞬前の自分よりも成長していたい」

ただその想いだけなんですよね。



例え競技相手であっても

それはもう自分を超えるという想いを持つ「同士」



だから、お互いを讃え合えるのだと思っています。

 

 

 

 

{535B1278-DBD0-4159-8840-1411583F3079}

 

 

 

 


私たちも、そういう風に生きられるということ。




事実と心の接着を外して

フロー状態で今この瞬間 どう生きるか

ただそれを"ごきげん"に選べば。

どんどん自分らしく

最高のパフォーマンスで

今という舞台で金をとることができるんです。







フリーの演技が終わって、

「羽生選手は"自分は精神的に弱い方だ"

と言っていましたが、

この舞台でこの演技ができるのは強いですよね。」
     
と解説者が言っていました。





     
きっと"精神的に弱い"と自覚があったから

その部分にもしっかり取り組んでいるのだと思います。





今日の演技後のインタビューでは

「右足に感謝しかないです。

スケートだけでなく、

これまで羽生結弦をつくってきてくれた

全てのことに感謝です。」

と言っていました。




    
常に「今在ること」だけを意識しているからこそ

スケートリンクに対しても

怪我をした右足に対しても

怪我をして受けたサポートについても

応援してくれる人たちにも

生きてきた全てのことに

感謝できるのだと感じました。





羽生選手、宇野選手、田中選手、
オリンピックに出ている全ての選手。

そして藤井六段や将棋界にも勇気をもらった一日。




私たちも今日から

自分の人生で金メダルを目指して

生きていきましょう~!!爆  笑

(いいこといった!・笑)

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんばんは。

青木ゆかです星

 



"【彼の為にもならないことを、どう変えてあげたら良いか分かりません】"

というご質問をいただいた時に、


「彼を変えるのではなく
嫌に感じる自分の心を掘り下げていく
問題に感じることが減ってきます。」

とお答えした記事を書きました。



「彼の為にもならないことを、どう変えていってあげたら良いかわかりません」

記事はこちら
https://ameblo.jp/cosmos-photo-beauty/entry-12353018307.html



その具体例を、私自身の経験を元に
書いています。




【思い込みを変えて幸せな日々を送れるようになった経緯シリーズ】
1.離婚問題に発展するきっかけとなった出来事。




*******************************************

【"がんばっているのに認められない" からの気づき】





相手ではなく、自分の中に

嫌に感じる原因がある
と知って

ある程度コツがつかめて

何をしているのか本質的な部分が

わかるようになった時






「結婚して随分経つのに

料理が全然上達していない。

成長を感じられない。」




と言われた時の嫌な感覚に取り組みました。






その時の感情としては

"こんなにがんばっているのに

認めてもらえていない"




という気持ちが一番強かったのです。



その感情をしっかりと味わっていくと

胸が苦しくなって、肩が重くなる感覚でした。




最初は、この感覚のきっかけになった出来事を

思い出せなかったのですが、

毎日毎日、繰り返し繰り返していくと

だんだん昔の

"がんばってるのに

認めてもらえない"想い出が

蘇ってきました。




そして、行きついたのが

「母親が "がんばって" 父や祖母や私に

尽くしてくれていたから

幸せがあるんだ」


と思い込んでいたことに気づきました。




だから、私も大切な人には

自分を犠牲にしてでも"がんばって"

尽くさなければ幸せになれない



と思い込んでいたのです。




ところが、母が "がんばって" いたように見えたのは

私の思い込みです。

本当は楽しんでいたんじゃないかな。

それが好きだから、やっていたんだ。



母と私は違う人間。



母がやりたくてやることが

必ずしも、私が喜んでできることと一致しているとは

限らない。



そう捉えられるようになりました。



実際、母に昔のことを聞くと

「私が好きだからやっていた」

と言っていました。




勿論、大変なことや苦労も沢山あったのでしょうが

母なりに自分が楽しくできるように工夫して

乗り越えていました。



そうか。私は私のやり方でやればいいんだ。



それから、

がんばって尽くさなくても

私の方法で大切な人を幸せにできる




という意識に変わっていきました。






ここに至るまでに

毎日自分を掘り下げ続けて

色々な手法を試して

約3カ月かかりました・笑





でも、毎日毎日、何かに気づくんです。

だから、少しずつでも前に進んでいる実感を得られましたし

嫌に感じることが自分を変える大きな宝物に

なってい
ると感じられただけで希望が持てたのです。





ひとつひとつ丁寧に自分と向き合ってあげることで

自分を大切にできている感覚になりました。




→つづきはこちら
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


前回、

 

"【彼の為にもならないことを、どう変えてあげたら良いか分かりません】"

 

というご質問をいただいた時に、

 

「彼を変えるのではなく
嫌に感じる自分の心を掘り下げていく
問題に感じることが減ってきます。」

とお答えした記事を書きました。





今日は、私が卒婚(離婚)をした時の

お話からその具体例を書いていきたいと

思います。





一番最初に私が嫌に感じたのは



「結婚して随分経つのに
 

料理が全然上達していない。
 

成長を感じられない。」



と言われるようになった時でした。






私なりに苦手ながらも

お弁当をつくったり、

がんばって料理をつくっていたので

かなりショックでした。






そして、

もっとがんばらなきゃ。

もっと、彼が求めている料理をつくらなきゃ。

でも、できない。





できない自分を責める。


彼に何を言われても自分を責めるようになり・・・




の繰り返しで、うつ気味になり


無気力になりました。





そして、お互いどうして良いのか

わからなくなり、

毎日言い争いをするようになっていました。





そして、ついに

「俺はお互いが成長できると思ったから結婚した。

成長してない、ゆかなんて愛せないよ。

ありのままの ゆかなんて、愛せない」



と言われました。





勿論、売り言葉に買い言葉の部分もあるのですが

これは、人生が終わったと思うほど

ショックでした・笑



完全にアイデンティティどころか

存在を否定された気持ちになりました。



いやもう、今だから 笑えますけど

当時は うつになったし 言い争うたび過呼吸になるし

大変でしたよ・笑




でも、こんなことを言われても、

私は離婚したいとは、まだ思わなかったんです。




だから、余計に苦しかった。

こちらはこんなに愛しているのに

全く愛されない。

でも、離れたくない。



そんなどうしようもない状態でした。






でも、それがあったから

この方法を知れたのです。


本当に人生終わると思ったから必死でした。





これなら現状を変えられるかもしれないと

思ったセミナーに行き、

ある程度、理解してやり方を毎日実践できるようになったら

また別のセミナーで今度は理論を学び

別のセミナーでは角度を変えた手法を学び・・・





とにかく、少しでも分からないことがあったり

実践できない部分があると

それをしっかり自分のものにできるまで聴き、

そこで伝えている本質が分かり

実践できるようになったら

別の場所での教え方を学ぶ・・・





それらからまた導き出される

本質部分をすくいとり、

本を読んだり人から聴いたことも

そこと照らし合わせて腑に落としこんでいく。




一つの場所ではなく

様々な角度からアプローチできるように

学び、より効果的な実践方法を探ってきました。




そこで、色々なことをやり

手法を合わせて自分がやりやすいように変え、

私が一番、効果が高く毎日できる

掘り下げ方を自分なりにつくり実践してきたのです。



【最終的に日々取り組んでいた方法はこちら】

https://ameblo.jp/cosmos-photo-beauty/entry-12348170844.html



長くなったので、記事を分けていきます。

 

 

 

 

次の記事では、

 

この嫌に感じた出来事から

どのように自分の心を見ていったのか

 

書いていきますね。




かなり詳細に書いていくので

 

もし、何か現状問題を抱えている方の

 

何らかの気づきになれたら嬉しいです星



つづきはこちら

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんばんは。

青木ゆかです。

 



前回の、パートナーに対して不安を感じるという方の
続きです。


②彼に他の女性ができるのではないかという
ただならぬ不安感。
を拭い去る2つの方法はこちら





今日は、
彼女が、疑問をもったことが
確かに、疑問をもちやすいことだなと
感じたので、その部分について
書いていきますね~!!


彼女の疑問は、こんな風に質問してくれました。



"
彼との問題で、彼の為にならないと
思うことは、どう変えていったらいいですか?

例えば、
居酒屋で朝まで働いて、そのままお店で寝たり
車の中で寝たりするのは、彼の為にもならないと思うんです

"


確かに、パートナーシップって

二人のものなので、自分がこれはないんじゃないかなと

思うことや、彼の問題なんじゃないか

と思うことは、よくあります。




思考で一般的に対処するとしたら

お互いの妥協点を探していく。

価値観が違うから、価値観が同じ人を探す。



などになるのでしょうが、



心理学では、自分自身の問題

彼との問題を切り分けて考えましょう。



と捉えます。




人は、自分の問題しか解決出来ません。

他人の問題は、本人しか解決できないので、

彼の問題はこちらがどうにかできるものではないのです。




でも、なんか嫌に感じることもありますよね??

それだと、心配。とか

愛がないんじゃないか。

とか。



もっとお互いにとって重要なことだと

それじゃあ、自分の心が許せないと感じたり

いつまで経っても不安や恐怖がなくならないと

感じたりするでしょう。




で、ここからが重要なのですが、

このザワザワの方が"あなたの問題"なんです。





例えば、

彼が

夜遅くまで呑んで帰ってきたら

嫌に思う人もいると思います。



でも、嫌に思わない人もいるんです。

時と場合によって違う方もいます。



先週は別に平気だったけど、

今日は、むっちゃ嫌だな。

とか。



その理由も様々なはずで、

例えば

私が寂しい想いをしているのに、夜遅くまで呑んでくるのが

信じられない



という人もいれば、


明日も仕事が大変なのに、遅くまで飲んで

明日に響かないか心配



という人もいます。




先週の飲み会は先輩に誘われて仕事だったから良いけど

今日は、断れるはずの同僚との飲み会だからモヤモヤする。


という場合もあったりします。



ここでとる行動としては、

彼にその行動を指摘して変えてもらうことでも

彼と価値観について話し合って、お互いの妥協案を出すでもなく




"なぜ自分が嫌に感じたか"

を掘り下げることをオススメします。



私が寂しい想いをしているのに、夜遅くまで呑んでくるのが

信じられない


という人は、

"私が寂しい想いをしたくない"

孤独になりたくない


という恐怖から、彼の行動に反応しています。




先週の飲み会は先輩に誘われて仕事だったから良いけど

今日は、断れるはずの同僚との飲み会だからモヤモヤする。


という人も、

"私が最優先されるべき"

というルールの上で、彼の行動に反応しています。

もっと掘り下げると

"愛しているならば、私を最優先すべき"

と捉えている可能性が高く

であるならば、"私を最優先にしない時は愛されていない"

と苦しくなってしまいます。





明日も仕事が大変なのに、遅くまで飲んで

明日に響かないか心配


これは一見、彼の為を想って心から心配していそうです。



でも、じゃあなぜ明日に響くと"あなた"が嫌に感じるの??

と問いかけると

見え方は変わってくるのではないでしょうか。



明日に響くと朝起こすのが大変。

仕事してくれなきゃ、生活費が心配。

体を壊したら、私の仕事が増える。



"彼が働かないと生きていけない"

と思い込んでいるかもしれません。





ここで出てきた、ルールや思い込みをつくるきっかけ

なった出来事を思い返します。


そして、その時に感じた恐怖や

嫌な感情をしっかりと受け容れてあげて

本当はどうしたかったか。

本当は、どんな風にしてほしかったか。

本来の自分はどうしたいのか。


その時の自分ときちんと向き合ってあげます。



そうして、その時の感情・感覚を手放して感謝に変えていきます。




そうすれば、問題に感じるもととなるルールや思い込みが

なくなる
ので、

問題だと思っていた出来事が、問題に感じなくなってきます。





つまり、その問題に対して、

自分が反応する部分だけを取り扱えるということ。




ひたすらに、自分が反応して問題だと感じる部分だけを

掘り下げていけば、

問題が減ったように感じていき、

本来感じたいワクワクや楽しい、幸せという感情の方に

シフトしていきます。





これは、問題に直面していないことではありません。

 

そもそも、問題に感じることは

 

全て自分の思い込みが創り出しています。

 

 

ですから、最も根本的な解決になっていきます。





本来は、彼自身が問題だと感じていないことは

特に変える必要はないのです。





しかし、本当に命に関わることや

健康に関することなどは

心配もするでしょう。



それは、当たり前です。




でも、その奥に

彼が健康じゃなくなったら

一緒に楽しい時間を過ごせない

彼が居なくなったら

一人になってしまう

その不安や恐怖も奥にあることに

気づいているかいないかで

その問題にどう向き合うかの幅がひろがってきます。




さらに、多くの場合、

健康を害するようなことを自ら行う人は

ストレスが溜まっていますよね。




あなたが、彼に対して反応的になる部分を

どんどん外して

自由に自分らしく楽しく生きていれば

近くにいる彼は、

必ず影響を受けます。




一緒に居る時間が心から楽しく癒される時間になるかもしれない。

自分も楽しく生きようと思うかもしれない。




だから、もっと

あなた自身から自由になっていいんです。




彼がどうするかは、彼が選ぶことなのでわかりませんが、

少なくとも、あなたは今よりも幸せに生活することができます。




問題そのものではなく、

"なぜ、問題だと感じるのか"

"なぜ、自分がその問題を嫌に感じるのか"


そこを掘り下げるクセを是非つけてみてくださいね星

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは。

青木ゆかです星


前回、仕事でもプライベートでも
中々うまくいかない・・・

とご相談くれた方の続きです♪


上司や同僚とうまくいかなかった部分
紐解いた前回はこちら



image
今日は、

②彼に他の女性ができるのではないかという
ただならぬ不安感。


の部分について書いていきます。


彼女にとっては、こっちの方が
根が深かった・・・!!






「私が欲しい愛をもらえていない気がしちゃって。
もっと愛を表現してよ!!って言っちゃうんですけど
"してるよ、LINE読み返してみな"って言われて・・・
でもそれって私が欲しい愛とは違う気がしていて。」



からはじまり



「彼は年齢にしてはチャラい恰好な気がするから
女慣れしてるんじゃないかとか・・・」




「居酒屋で働いているから帰りが遅くなることもあって
そういう時は、お店の中や車で寝てしまうんです。
でも、遠距離だから本当にそうしてるのか分からなくて・・・
誰か連れ込んでいないか心配で・・・」




挙句、




「付き合った時に、"オレには妹みたいな子がいるから・・・"って言われたんですよ。

普通は、もっと信頼してから言うことだと思うので、

そんなに早く言うって何かあるとしか思えなくて・・・」






最初は、共感する方、結構いると思うんです。
「自分が欲しい愛と相手がくれる愛が違うと感じる」

 

 

 


でも、後半にいくにつれ、
いやいや、そんなことないだろ。
むしろ真面目で誠実なんじゃん?

 

とか思う方もでてくるはず。





でも、彼女にとっては そう見えるんですよ。

思い込み、価値観ってこんな感じなんです。






自分自身が過去に無意識につくった
設定
がまるで映画のフィルムのように
脳に組み込まれていて。



現実は、ただその設定通りの映画を
忠実に再現しているだけ。






だったら、その 設定を変えちゃえば 良いんです。






まず、その設定をつくった最初の場面を
思い出します。




思考で中々思い出せない時は
嫌だな~不安だな~と
感じる感情を感じてあげる
体のどこかが何か反応してきます。



その反応に意識を向けると
不思議と忘れかけていた記憶が
ふっと出てくることがあります。



その記憶を思い出してみましょう。







彼女の場合はお母さんがしっかりと
話を聴いてくれない場面。


もっと話を聴いてよ。
本音で向き合って欲しい。



そんな思いが溢れてきました。







そして、本当は欲しかった安心感
感じます。


「もし、欲しい安心感を得られたとしたら
どんな感情になる?」


「その時の体の感覚は?」


これをしっかりと感じてあげます。




そして、6回ほど同じ質問を繰り返していくと
かなり、感情が定着します。
※やりかた参照






本当は、涙が溢れたり
抑えきれない感情が出てくるまで
しっかりとやると

かなり現状の不安感は減ります。

 

 





ただ、カフェで話していたこともあって
深いセッションまではできなかったし



根深いものだと、何度も何度も、より深く掘って
いく必要があります。



設定は層になっていて、
一枚上をはがすと、それまで見えなかった所が
見えるようになる。

 


それをまたどんどん剥がしていくと・・・
本当に求めていたことが隠れていることがあります。




だから、一度自分の設定を変えること
(囚われを外していく、手放していくこと)の
楽しさに目覚めてしまうと


ついついやり切りたくなるんだけど。





ある程度の所で、もうそれも手放す必要があります。






大切なことは、
今、どう行動するか。


それが選べたら、OKなのです。








どういうことかというと、

この後、彼女が腑に落ちたことが
凄く重要だと感じたので
書いていきますね。






彼女も鏡の法則や自己啓発を知っていて。

"目の前の人は自分の鏡"
"自分主体で生きる"ということなど
実践していて凄いなと感じました。




それは、彼に対してもそうで。

「あなたはそう感じたのね。」
と受け容れてあげられる所や

「私はこう思った。でも鏡だから
私もこうしようと思う。」

と彼に伝えられる所など
本当に凄いと感じました。





でも、彼女の中でそれだけでは
根本的に変わらない何かがある。

と感じて、おそらく私の所に来てくれたのでしょう。







彼女がしているのは
相手や出来事に対して 自分の反応をどう選ぶかという
こと。


それが出来ることも充分、素晴らしいのだけど
もしもそれでも、うまくいかないことがあれば
それは、その先の



「自分自身の設定を選択する」

という所を知りたかったのかもしれません。


 

 






最初の彼女は
「不安がある世界」を見ています。


今、目の前に"赤いもの"はいくつありますか?

と言われると、途端に赤いものが目につくように。

常に「不安」が目につく世界を選んで生きています。




でも。

じゃあ今度は、"青いもの"はいくつありますか?

と聴かれると、青いものが目につくようになります。

だから、「充分に愛されている世界」を選んでもいいんです。








最初の内はね。

不安感は自分だけの嫌なことで済むんです。

でも、そればっかり選んでいると

どんどん増幅して、一人では抑えきれなくなる

そして、彼に対してその不安をぶつけてしまうようになる。

そしたら、

何もしていないのに疑われて信じてもらえない彼は

どうなると思いますか??



寂しいですよね。

もしかすると、本当に他の人の所にいってしまうかもしれない。

つまり、その世界で生きると選択した結果、

思考が現実化しやすくなってしまうんです。




だから。

早めに気づきましょう。



今、愛されていると知りましょう。

彼と一緒にいる時間、充分に愛し愛されていると
感じましょう

その時間を思いっきり楽しみましょう。





一回、「あぁ、愛されている」と感じられると

どんどんそう感じる瞬間が目につきはじめてきます。

そして、どんどんその感情も増幅していきます。

そしたら、彼も居心地がさらに良くなっていきます。

彼も愛されている安心感を感じて充分にエネルギーが充電され

仕事もがんばろうと思えたり、幸せを感じる瞬間が増えたりするかもしれません。




あなたが自分の設定を選んで幸せになること

大切な人の幸せの為でもあるんです。



 



だから、どんどん嫌に感じる現象から
設定を変えて幸せになっていきましょう!!!!




過去に囚われすぎなくても大丈夫。

一度自分を縛っている設定に気付けたら

それを少しずつ変えていけば良いだけ。



全ては選択次第のです。





あなたが幸せになること

周りも幸せにすることです。








もういい加減、幸せを選んでもいいんだよ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは。

青木ゆかです星

 


先日、物凄く久々のお友達から連絡がありました。

私の卒婚blogを読んで、物凄く共感し
自分が抱えている悩みの何か解決が見つかるんじゃないか
ピンときて、連絡をくれました。


「わたしも好きなことを仕事にしているのですが、
ゆかさんみたいにキラキラしたいのです!
プライベートも仕事も上手くいかなくて。。」



私がキラキラしているかは置いておいて・笑

 

{9B305953-5748-4196-B1DD-688BC04AD7A4}

 


話をゆっくり聴いていくと、

ずっとやりたかったことを仕事にしたけれど
職場の上司や同僚から嫌な事を言われたり
本音で話せない環境でストレスを抱え

独立をしたけれども、
請け負いばかりで、思ったようにお客さんがつかない

パートナーは過去の恋愛で長く付き合ったことがない人で
飲食業もやっているし、見た目も若い感じなので
他に女性が出来ないか不安

そんな状態でした。




一通り話を聴いた後に
気になったことは、



①なぜか彼女だけ上司にひどい言葉を向けられる。
他の同僚と本音で向き合えない
だから、今もなんとなくお客さんに合わせてしまっている
所がある。

②彼に他の女性ができるのではないかという
ただならぬ不安感


ここに彼女だけの価値観が物凄く大きく存在しているなと
感じました。





そこで、
「小さい頃のご両親との関係はどうたった?」
と聴きました。




すると、
お母さんから上司と殆ど同じ言葉で
ひどい言葉
を言われていました。

さらに、もっと衝撃的な一言も言われていたとのこと。

だから、本音で話し合えなかった気がした。
もっと、しっかりと向き合って本音で話し合いたかった

と。





過去、ショックだった出来事と
同じことを繰り返して
います。



もしも同じように今
中々抜けられない悩みがある場合は
過去の記憶を辿ってみてください。



まったく同じ出来事でなくても
似たような感情を感じた嫌な記憶
もしかすると残っているかもしれません。







彼女の場合は
「ひどい言葉を言われる自分。」
「本音で話し合うことができない自分。」


という自己イメージをその時に無意識につくってしまいました。





ただ、このことが悪いというわけではありません




その時は、疑問を持ちながらも
どうすることもできない状況だった。



それを受け容れることで
お母さんも自分も守っていたので
とてもよく頑張った
んです。






だけど。

今ならもう違う選択もできる。





そして、そうしなくても愛されて分かってもらえると
知っているからこそ今、


その自己イメージにもう一度向き合う時がきただけです。






過去、ひどい言葉を言われた時。
本音で向き合えないと感じた時の

感情をしっかりと感じてあげる。






その時の自分が一番言いたかったこと。


本当はどうして欲しかったのか。
 

全部、全部、聴いてあげる。







そして、しっかりとその時の自分を抱きしめてあげて


本当はして欲しかったことを、今のあなたがしてあげる

 

 



充分に感情を感じて全ての感情を出し切ったら


その出来事に「感謝」を伝える









それから、
「ひどい言葉を言われなくても愛されていた自分」
「本音で話し合うことができている自分」

だったらどんな感情が湧いてくるか
イメージして、感覚を感じていきます。





その"感覚"が本当に欲しいもの

 

 

 

 

 

今、その感覚を味わえたのなら
別に条件付けをしなくても、味わえるんです。








だから、
「愛されている自分」
「本音で話し合うことができている自分」


という自己イメージをつくってもOK





「愛されている自分」
「本音で話し合うことができている自分」


だったら、こんな感覚を味わえるんだ~




ということを知っていたら
その感覚を毎日感じながら、イメージしながら
生活してみましょう♪

※無理にじゃなくて。やりたい時にね。





そうすると、心に余裕ができて

「愛されている自分」
「本音で話し合うことができている自分」


として振舞うことができるので
自然とそういう自分として扱われていくようになります。







もしも、現状で似たような嫌な事が続いている場合は
是非、過去を探ってみてくださいね。




長くなったので②については

次回に載せます~!!

 

 

 

今日も読んでくださって、ありがとうございますラブラブ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

青木ゆかです星

私の卒婚blogを読んでくださった方が
facebookに申請してくださり、


「私ももっと自分らしく生きたい!
自分の使命を生きたいと思いました!!」


とご連絡くださいました。




とても嬉しかったので、連絡をとり
どうしてその様に思うようになったのか
お話を伺っていました。


すると、
長年勤めてきた会社で疲弊したこと
長く付き合ってきた彼と結婚の話も出ていたけれど
自分に向き合うほどに、"違う"と分かりお別れしたこと



そして、
このままでいいのかな?
すぐに起業したいわけではないけれど
一生会社員で、私が活かせないままでいいのかな?

と疑問がずっとある
とお話くださいました。



これ、多くの女性が抱えている悩みだと
思ったんです。

「特に、やりたいこともないけど
ずっと不安と疑問を持っている。」


そして、「とりわけ人と違う技術や才能が
あるわけでもないから、起業なんてできるかわからない。」

とおっしゃっていました。



でも、話を聞いていくと
女性にしては珍しい業界で中間管理職まで
いかれたとのこと。

私からするとめっっっっちゃ凄いんですよ!!!




人の才能って、自分では分からないことの方が多い。
だって、当たり前に出来てしまうことだから、
凄いなんて思わないんですよ。




で。

重要なのはここからで。

本当に何かをやりたいと思ったら
「自分の才能を見つける」とか
「技術を身に着ける」とかはやりたくなるものです。


だから、もしもそこまで情熱がわかないということは
本心は別の何かを求めているということ。


話をどんどん聞いていくと
「イメージが湧かない」

という所に辿り着きました。

もっと自分らしく生きたいけど
自分らしく生きているイメージが湧かない

だから、どうして良いのか
最初の一歩って何をしていいのか
全くわからない

とおっしゃっていました。



そこで、彼女の憧れの人をあげてもらい、

その方のどこに憧れるかを伺いました。

その後、じゃあ、そういう方になれたら・・・

と具体的に目の前にその未来が現れるように
イメージ
をしてもらいました。

そして、体の感覚でそのイメージを感じるように
サポートしていきました。



彼女が浮かんできたイメージは
とても日常に近いもの。

その中で、幸せそうにパートナーと働く姿が
出てきました。


物凄くキラキラした顔で
「すごくスッキリしました!!」
とおっしゃってくださいました。



まずは、この感覚を知っていることが重要。

この欲しい未来の感覚
本当に感じたいあなただけの感覚

それを日々意識して感じるようにしてあげるだけで
随分と心地よく過ごせます。


この感覚で生きたいんだよ
ということを、体に覚えさせてあげるのです。


それを続けていると、
その感覚に見合った出来事が起こるように
なってきます。


それは、自分の心が
その自分を受け容れてあげ、
その自分として振舞うようになったから。

そういう人に相応しい出来事
目につくようになってくるのです。


もっと怪しい話をすると・笑
その感情の周波数が共鳴する
同じ周波数のものが呼応します。

なので、丁度ラジオの周波数を合わせて
電波を拾うように、自然にその未来に近い情報が目につくようになってきます。


ひとつだけ、注意すること
"こんなことをやっても意味がない。
結局、今の現状は変わらない。理想とギャップがある"

と思いながらしてはいけません。

注意すべきは、無意識にでも
そう感じながらやると、
"こんなことをやっても意味がない。
結局、今の現状は変わらない。理想とギャップがある"

という状態が今後もずっと続くことになります。


だから、もしも心がスネてしまっている時
落ち込んでいる時
無理にする必要はありません。

それよりも、そのスネたり落ち込んでる心の方を
大切にすること
が重要です。




さらにね。
彼女の未来を一緒に体験させていただいた時に
なるほど。と感じたんです。


自分の中の何かに抑圧を感じていて。
それをもっと開放したいのかな。


と。

きっと、彼女は本質的に
「自分らしく生きたい」を捉えていて。

無意識ながらも自分の中の囚われを
もっと手放したいのかな

と感じたんです。



結局は、どんなに行動しても

自分の中の囚われが外れなければ

ずっと不自由
なので。


まずは自分の中にある、不要なルールや
嫌な思い込みを感覚ごと手放していく。


それから、行動をして
また囚われを外していく・・・


人はある程度、経験をつむと
"こうでなくては生きていけない"
"こういう時はこうすることが正しい"
など色々なルールを無意識につくりだしています。

それを、一つ一つ整理して、
不要なものを手放していくこと。


その方法を知ると
途端に生きやすくなります。


一定の囚われを外した後には
今まででは考えられなかったような
物凄く自由な発想やワクワク感

突然やってきます。


物凄く抽象的な話をしていますが・笑

このブログを読んでくださってる方は
なんとなく分かってくださる方だと信じています・笑


もしも、
自分らしく生きたい!!

長年ずっと思っているけれども
具体的にどうしたら良いのか
わからない


という方は

是非facebookでメッセージくださいね♪

青木ゆかのfacebook

 

 

{77F870A1-6CEC-4A83-8C05-C19AAF8848F2}

 

{0098584F-41D8-48EF-961D-C78C0EAB3790}

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんばんは。

青木ゆかです星



1月31日の スーパー ブルー ブラッドムーン

一カ月に2回目の珍しい満月、
月が赤く染まる皆既月食、
満月の中でも大きく見える月。

そんな珍しい日だったので
はりきって、写真を撮りました・笑

※青木ゆかは 2010年からカメラマンとしても
活動しております。


image

image

image

image

image

 


facebookにその様子をUPしたところ、
めちゃくちゃ沢山の嬉しい反響が!!!!
 

{B0BAFA5F-00B6-4153-8F02-B41CC5746120}
 
 
 
{9E8357FE-4458-4E8A-B5EA-71073922F2E6}
 
{CAE4FDA1-6CD4-44DE-BD64-D32CD4F4120E}

 

{9284357E-CC09-457D-9C59-BA1A98211112}

 

 

 

 


で、中でも写真使いたいと
ご連絡がありました。

どんな風に使うのかな~と
思ってたら・・・


facebookカバー写真!!!

 

 

 
{BE5C475D-AD90-4626-B6D5-86E53138C078}




PCデスクトップ!!!!
 
 
{7E608D51-D64A-4FB2-A462-0DF9BDDB9326}
 
 
{FCA6E0E3-F700-4825-AF8B-A6BC221D553E}

 


なるほど~!!!!!!


確かに、カッコいい!!!!




そして、思い出しました。

パワースポットの写真は
後からその写真を見るだけでも効果があるから

 


ご神木やパワーがある場所の
写真をすぐ見れるようにしておこう

って、神社について書かれている本で
読んだんです。






◎満月について

満月はエネルギーが一番高まります。

お財布フリフリなど、運気UPにも良い時。



◎月食について

浄化のパワーがあります。

要らないものを手放すのに良いエネルギーです。







31日の満月はパワーがあるから

私もデスクトップの背景にしよう!!

と思って、しちゃいました爆  笑




ピッタリのサイズにできなかったので

ちょっとだけ設定の仕方を工夫しました。



windows版ですが、やり方載せたので

是非 参考にしてみてください~ニコニコ






blogからだと写真がとれないと思うので

facebookから、保存してみてください♪


下矢印



【スーパー ブルー ブラッドムーンの写真】

{03AE6607-A615-4046-89FE-6D6EED167BDC}


https://www.facebook.com/yuka.aoki.94/posts/1564979430254116

※facebookのアカウントがないと
見れないかもしれません。



もし、写真を使われる場合には
一言コメントいただけると嬉しいです爆  笑

※特に、SNSやblogに載せる場合には、
お願いします(^^♪



◎デスクトップ用写真

https://www.facebook.com/yuka.aoki.94/posts/1566033220148737

※facebookのアカウントがないと
見れないかもしれません。






【デスクトップ背景にする方法】


1.メニューバーから設定を開く

 

2.「個人用設定」を開く

 


3.「背景」を開く


 

 

4.「画像を選んでください」の下の参照をクリックして
保存した場所から画像を選択。



5.「調整方法を選ぶ」のタブを
「画面のサイズに合わせる」に変更



 

6.「背景色の選択」を黒にすると
カッコよく、配置されます。






使ってくださって、ありがとうございます爆  笑

 

他にも、素敵な使い方を思いついたら是非

教えてくださいね~ラブラブ

みなさんにも美しい月のパワーが降り注ぎますように・・・💛

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。