講座ではいつも他愛ないおしゃべりをしながら、笑いながら、


ゆったりとした時間を楽しんでいただいています。



そんな時間は、みなさんの普段のこともたくさん教えてもらえます。



今日はいすに座った姿勢の変化について。


いつも、体操では


【坐骨で座る】ことをお伝えします。



すると、ある方が突然


わんわん「これが楽なんよね~」


ウサギ「???」



わんわん「いつもはだらっとして背もたれにもたれると、腰が痛くなるんよ。


でも、坐骨で座ったら腰が痛くないんよ」


ウサギ「すごいことに気づかれましたね~」



わんわん「この前、映画を観にいって、いつもならもたれるけど


【坐骨で座る】をしたら翌日、腰が痛くならなかったんよ~


2時間、ずっと【坐骨で座れた】


すごいな~、これだけのことなのに」


ウサギ「え~っ!!2時間も!!すごい!!」



すると、あちこちから出てくる出てくる。


お葬式で1時間半とか。


法事でとか。



みなさんの年齢は60歳代半ばから80歳。


年齢を重ねても、現状維持どころか、機能向上しています。



からだの体操がメインですが、お口の体操もたくさん。


しゃべりだすとよく脱線しますが、それも楽しい。



みなさんのうれしい出来事はたくさんの人を幸せにしてくれます。


勇気と元気をもらえる方がたくさんいるはず。




からだもこころも喜びがあふれることが、健康の源。


みなさんが持っている健康の源に気づいてもらえることが、私の元気の素です。





AD

JCCA (財)日本コアコンディショニング協会認定

『リアライメントセミナー』



コアコンディショニングの入り口、

コアリラクゼーションのエクササイズの習得です。


お客様の「○○したい」に対し、何を提示して、要望を叶えていくか。

トレーナーの一方的な指導では、お客様は満足されませんね。


「○○したい」を深く掘り下げてみると、

お客様自身が気づいていなかったことが整理できます。


目標が明確になれば、優先順に進めていくだけ。

「○○したい」はすぐ目の前です。




『・・・★ 健康が一番 ★・・・』



コアリラクゼーションでは、小さな動きで、

関節の位置を調えます。


なかなか力が抜けない自分に気づいたり、

左右差による感覚に違いがあったり。


さっきまでやりにくかったことが、

ポジショニングによって「あっ!ここ!」とバッチリはまります。


姿勢をブロックで見ると、全体のイメージがつきやすいですね。

コアリラクゼーションのエクササイズによって、

全体のブロックがきれいな位置に変化しました。


何年もカチカチ・コチコチのからだでは

あちこちに不具合が出てくるのはあたりまえ。

動きにくいところをどこかが代償して、

さらにアライメントは変化します。


本来の自然で心地よい状態は、

私たちのからだがちゃんと持っていますね。

まだ、出合っていない自分に会えるのは近いですよ。



AD

『・・・★ 健康が一番 ★・・・』-20110616-1



岡山市のお隣、倉敷市備南東地区の体育教諭研修会にお招きいただきました。

午前2時間、午後3時間の5時間の研修会です。


始まる前にひとりの先生が私に近づいてきて・・・

「福本先生ですよね。M中学校にいたTです。」

「あ~~~!!T先生!!いつごろでしたっけ??」

「平成16・17年です」

「懐かしいですね~~」


研修会の案内で講師の私の名前を見て、

「あっ!福本先生だ!」と気づかれたそうです。

うれしいな~~


M中学校は平成14年度から8年間、特別非常勤講師として

体育の授業をしていました。

2時間の授業のうち、1時間はエアロビクス。

体育の先生が一番張り切っていたのを思い出しました。


「先生、変わってない~」

7年前にタイムスリップしました。

M中学校は岡山市ですが、今日の研修会は倉敷市。

そしてT先生は倉敷市のお隣の総社市の中学校にいらっしゃるそうです。

なんだか不思議なつながり、縁を感じました。



ダンスの研修会ですが、今日の内容は「ヒトの基本機能」

講義では発発のお話。

中学校の現場で見てきたこと、私の視点で感じたことを

発発に絡めて先生に理解していただきました。


実技は、「坐骨で座る」こと、

ストレッチポールで「脱力~スタビ」、

私が中学校の授業で実際に生徒に教えていたこと。




モニタリングの度に、

「うわ~!!まっすぐ~!」

「らく~」

「軽い!」

「安定した!」

など、さすが体育の先生、体感がクリアです。

リアクションもいいし、動きは中学生よりも高レベル!



『・・・★ 健康が一番 ★・・・』-20110616-2




『・・・★ 健康が一番 ★・・・』-20110616-3




授業でやっていたことはお土産としてお持ちかえりいただきました。


「単元に関係なく授業の始まりや部活のアップで使います!」と

うれしい反応です。

ひとりひとりの先生が中学校に持ち帰り、

全校生徒に指導していただくことで数千人の中学生のからだが変わります。

先生自身のからだにも目を向けるきっかけになったようです。


『・・・★ 健康が一番 ★・・・』-20110616-4



長時間の研修会でしたが、とっても楽しい1日でした。

研修会の機会をいただいたS先生、ありがとうございました。

会場を提供していただいた中学校のW校長先生、

とっても素敵なお話を聞かせていただきまして、ありがとうございました。






AD

平均年齢アップ!

テーマ:

月2回の教室に新たな参加者がおひとり。


この教室は保健師さんと看護師さんが体調のチェックをしてから


体操を行う『活き活きアップ教室』です。


様々な疾患や後遺症があり、何種類もの薬を服用されています。



体調チェックの際は、保健師さんや看護師さんとの会話に耳をダンボにしています。



「今朝、ムカムカしたんよ」 (えー!!!大丈夫かな???)


「歩いてくる途中、ちょっと息苦しいから休み休み来た」 (えー!!! この方、心臓の手術歴があったはず・・・)


「今朝、血圧の薬飲むのを忘れてきたわ~」 (えー!!! 今の血圧は???)



毎回、ドキドキしながらみなさんの体調を私なりに把握して体操を組み立てたり、組みなおしたり。



今日、初参加の女性は87歳。


「家族には止められているけど、内緒で久しぶりに自転車に乗ってきた!」


(うわっ! 内緒なんて・・)


しっかりされている方です。


何事もありませんように。



70歳代は「若いな~」と言われるこの教室。


ほとんど皆勤の最高齢の方は90歳。


今日の平均年齢は83歳でした。


小さな地域の教室ですが、超高齢社会を肌で感じます。




5月22日(日) 北ふれあいセンターにてJCCA認定セミナーを開催しました。


《ベーシックセブン》


『・・・★ 健康が一番 ★・・・』-20110522-1


ポールを持っていても、ポールを使ったことがあっても、

セミナーを受けると

「今までやっていたのとは違う!!!」と感じますね~




《ソラコン》


『・・・★ 健康が一番 ★・・・』-20110522-2


胸郭のコンディショニングです。

背骨もだけど、胸郭はたくさんの関節がある分、

リアライメントは見た目だけでなく、

スタビリティ向上のためにも重要ですね~