テーマ:

先日、我愛娘と愛息の参観日がありました。其の昔、自分達の頃は参観日と言うと、某日の何時間目と決まっており、また其の時間が近づいて来ると独特の緊張感が漂い出し、教鞭を振るっておられる先生方も何処か余所行きで、何とも言えない空気になったモノである。然し、最近の参観日と言うと、其の日丸々文字通り参観日で、何時訪れて、何時立ち去っても良いシステムで、其の方が急に我父兄がやって来るので緊張感がありそうなのだが、そうでは無く、常に教室は解放されており、廊下なんかにも親達がワラワラと居たりするので、昔ほどの空気では無く、ざっくばらんと言うか、何かこう非日常感は薄れているのであります。 但し、そんな中、やはり其処は参観日とインフォメーションしているだけあって何も無い訳では無く、授業も普段無いような発表形式の物を取り入れて、参観日を盛り上げようとしているのは明らかで、其の部分は何故か余所行きなのだが、此方としては其れは期待しておらず、出来れば普段通りの授業で良いのだけれども学校側も大人の事情と言うか体裁があるだろうし、そう行った感じになっておるのも手に取るようにわかるので、敢えて今回の件は前回に引き続き目を瞑りま す。

AD