銀座のクリスマス

テーマ:

コスモちゃんの介護タクシー日記-銀座のクリスマス


コスモちゃんの介護タクシー日記-銀座のクリスマス2

リピーターさんの病院通院&プレゼントお買いもので銀座へ行ってきました。

外は寒いですが、銀座のクリスマスツリークリスマスイルミネーションを見ていると、

少しばかりブルブル寒さを忘れることができます。ニコニコ

AD

去年より暑かった9月・・・晴れ汗

いつもだったらお彼岸の頃に咲く“曼珠沙華”(彼岸花)


今年はやっと見頃になりました。


曼珠沙華といえば、ふつう“赤”ですが、

白い曼珠沙華もあるのを知っていますか?



コスモちゃんの介護タクシー日記-白い曼珠沙華


昨年の9月、

肺炎をおこして3週間の病院入院生活を終えて帰宅した実家の父。

家に帰ると父が丹精を込めて手入れをしていた庭に白い曼珠沙華が咲いていました。

「お父さん、曼珠沙華が咲いているよ!」

「ああ~」


あの時、父の寝室から覗くと見えていた曼珠沙華、

ベッドの上で、在宅酸素の生活になった父、

本当に見たのかどうかは今となってはわかりません。


あれから、2か月もしないうちに

あっという間に父は旅立ってしまいました。


父が旅立ってから早いもので、もうすぐ一年が経ちます。


今年の始めには母が持病を悪化させて緊急入院、手術・・・

半年の施設でのリハビリ生活を終えてやっと自宅に帰った母を

今度はこの花が出迎えてくれました。ニコニコ


曼珠沙華は思いでの花になりました。


赤い曼珠沙華はこちらをクリック

     ダウン

『ウィル介護タクシー埼玉グループの最新ニュース』より

幸手権現堂の曼珠沙華


女の子妻のひとり言より


AD

越谷梅林公園

テーマ:

ようやく、春の足音が耳聞こえてきました。


ここ、埼玉県南部も梅1梅の花が見頃を向かえました。


越谷市にある“梅林公園”は白やピンクなどの梅が見頃です。

なかでもピンクの枝垂れ梅はとっても綺麗音譜

公園の中は梅の花の香りでいっぱいです。


公園内は車椅子車いすの方でも、散策できます。



コスモちゃんの介護タクシー日記-梅林公園2012-1



コスモちゃんの介護タクシー日記-梅林公園2012-2



コスモちゃんの介護タクシー日記-梅林公園2012-3

コスモちゃんの介護タクシー日記-梅林公園2012-4


今年の冬はとても長かった・・・。


今度は桜桜の開花が待ち遠しいです。ニコニコ

AD

見沼田んぼはその昔、東京湾の入り江だったそうです。

目そう、埼玉県には海があったのです。ビックリマーク


その証拠に縄文時代の貝塚が数多く発見されているそうです。

目旧浦和市の3分の2は海底だったそうです。ビックリマーク


また、見沼田んぼには3つの鳥居神社があり、

一直線に並んでいます。

これも海に対する信仰の形だそうです。



その中の一つ、

“氷川女體神社”へお参りしました。



コスモちゃんの介護タクシー成長日記-鳥居

コスモちゃんの介護タクシー成長日記-氷川

     アップ     

 “氷川女體神社”


急な階段を上った先に境内がありますが、

脇に車で上がれる道があり、

事前の下見で神社に許可をもらって

上まで登りました。


ここでは

可愛い巫女人形を買うことができます。


願いが叶ったら、洋服を着せて、神社に奉納します。

花嫁ウエディングドレスを着た巫女人形もありました。

きっと、幸せな結婚ができたのでしょうね。。。ラブラブ



最後に“合併記念見沼公園”を散策。

四季折々の豊かな自然に囲まれた里山風景を堪能し、

大宮の夜の街高層ビルを眺めながら、

さいたま市小旅行は終了しました。(^-^)/



コスモちゃんの介護タクシー成長日記-見沼の秋桜」
アップ
“見沼の秋桜”

          今、このあたりはコスモス秋桜がたくさん咲いています。



コスモちゃんの介護タクシー成長日記-高層ビルを望む
アップ
大宮の高層ビル群

今回は車いすのお客様だったので、

すべての行程を介護タクシーで回りましたが、

気候が良い時期には

地図とカメラカメラを片手にリュックリュックをしょって歩いて回る人達も

多くいます。


また、見沼田んぼの東側には

日韓ワールドカップサッカーが行われたサッカーボール『埼玉スタジアム』
西側には電車『鉄道博物館』もあります。


最後に

『見沼』という地名から、このあたりの昔の地形を学び、

どうして、都心から近いここだけが、こんなにも自然が残されているのか、

また、私たちの祖先はこの地形を利用してどんな生活を営んでいたのか、

さいたま市の自然と歴史を学ぶ良い機会を与えてくださったご利用者様に

感謝致します。ニコニコ


見沼田んぼのホームページ

アップ

興味のある方はこちらをクリッククリック



晴れヒマワリ夏真っ盛りの8月のある日、

埼玉県さいたま市と川口市にまたがる大規模緑地空間

“見沼田んぼへお客様をご案内しました。


見沼田んぼは大宮の高層ビルを望みならがも

埼玉の自然を堪能できる広大な癒しスポットです。


まずは

JR武蔵野線東浦和駅近くにある通船堀公園へ・・・。


“通船堀”はあの有名なパナマ運河よりも古く、

江戸時代に作られた世界最古のミニ運河で、

当時は江戸へ年貢米を運ぶ重要な交通網だったそうです。

東浦和駅前の県道から1本入った道路は

車1台がやっと通れる位の細い道で、

左手に通船堀を見ながら木漏れ日の中をゆっくり進みます。

すると、目の前に神秘的な竹竹林が出現します。目



コスモちゃんの介護タクシー成長日記-通船堀の竹林










   アップコスモちゃんの介護タクシー成長日記-竹林の遊歩道
“通船堀の竹林” 










                                             

  竹林には遊歩道が整備されていました。

  夏でもここは涼しく、別世界です。



次に車は古民家の博物館へ向かいました。


“浦和くらしの博物館”はさいたま市内にあるいくつかの古民家を

移築して作られた古民家の博物館です。

昔の人々の生活を想像するのもロマン溢れる楽しい一時です。音譜

7月には古代蓮蓮を見ることができるそうです。


“浦和くらしの博物館”

   ダウン
コスモちゃんの介護タクシー成長日記-古民家1

コスモちゃんの介護タクシー成長日記-古民家2



コスモちゃんの介護タクシー成長日記-古民家3











美味しいお蕎麦。手打ち蕎麦の昼食をご馳走になり、

車は見沼田んぼの西側へ向かいました。


つづく・・・。手