YMOとかPerfumeとかテクノ系?

音楽全般、てきとうに

 

テーマ:
「ビデオ・ゲーム・ミュージック」発売当時の
細野さんのゼビウスの腕前は?
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今回のサマソニ07大阪にはもうひとつ、興味深いトピックが伴っていた。
ダンスステージのオープニングアクトにPerfumeが起用されているという点である。
このグループをアイドルとして捉えるか、ダンス・ユニットとして解釈するかはさておき、
テクノとアイドルの融合がそのテーマであることは間違いないし、
オリコンチャートでの健闘(昨年発売の「Complete Best」が最高24位を記録)、
全国各地での活躍ぶりについてはもはや見事と言うしかない。
世界を視野に入れながらの活動展開をしている国産アイドルは
今やめずらしくないが、そんななかで誰よりも大きな成果を上げているのが
このグループだという事実には、疑う余地がないのだ。

この記事はあくまでサマソニのリポートであり、
Perfumeの音楽性やコンセプトについて語るべきではないと思うので
その点についてあれこれと論じることは控えておきたい。
ただとにかく重要なのは、日本のアイドルグループが、
サマソニのダンスステージのオープニングアクトを務めるのは今回が
初だということである。
これもまた事件だ。
本誌としてもその現場を見届けないわけにはいかないだろう。

僕がジェイムズとラーズのインタビューを終えて客席に足を踏み込んだのは、
午前9時40分をすこしばかり過ぎた頃のこと。
危なかった。
バックステージに張り出されていたタイムテーブルによれば
Perfumeの開始時刻は10時。
ラーズのお喋りが例によって止まらずにいたならば、
僕は彼女達の雄姿を見逃すことになっていたかもしれない。
定刻どおり、10時に場内BGMがフェードアウト。
その時点で、会場内の人口密度はもさほど濃くはない。
が、その最前列エリアだけは、興奮状態になりつつある。

嬌声が上がる。
客観的にみて、そこにはいくぶん冷やかしのような声も混じっていたように思う。
やや異常に思えたのは、地蔵の割合の高さだ。
サマソニでのアイドルが見たい、そんな願望を持っているのは、
真性のファンではなく興味本位の観客のほうではないかという気もするが。

最前列のファンの熱狂に導かれて3人の女神達が姿を現すと、
熱っぽい声援も冷やかすような嬌声もいっそう大きくなった。
1曲目は「エレクトロ・ワールド」。
会場最前方はかなりの盛り上がりになっているが、僕が立っている
中央あたりには、冷ややかな視線を送っている観客も目立つ。
狂喜している者もいれば、はしゃいで振付を真似している者も、
無関心そうに眺めている者もいるという状況だ。
が、徐々に曲にあわせてリズムをとる観客の輪が広がっていった事実は記しておきたい。

そして重要なのは、Perfumeがこの日もあくまでPerfume然としたステージを
完遂したことだろう。
あ~ちゃんは最後、 「Tシャツは、ちゃんと洗濯するんだよ!」 と
観衆を煽っていた。
少なくとも僕の視界の範囲内にモッシュの出現は見受けられなかったが
そうしたMCでの扇動ぶりなども含め、
彼女達のパフォーマンスは実に堂に入ったものだった。
若いからこその吸収の早さというのもあるはずだが、近年の国内での
さまざまな経験がこのグループを一回りも二回りも大きなものに
しているのを実感させられた次第だ。
全6曲、約25分という非常にコンパクトなステージではあったが、
クロージング曲の「チョコレイト・ディスコ」の頃には
確実に味方を増やしていたと言っていい。
サマソニの選出基準についてジェイムズとラーズがインタビュー時に語っていたのは
「ルールのようなものがあるわけではないが、可能性のある若いアイドルには
機会を与えたい。」ということ。
教科書通りの答えではあるし、Perfumeの起用については
「プロモーターの推薦があった」とも認めていたが、
彼らがPerfumeに何らかの将来的可能性を感じているのは間違いないだろう。
彼女達の活躍や注目度の高まりによってアイドルそのものの可能性が
高まることもできるーそんな見方をしているのかもしれない。

http://ameblo.jp/cosmic2111/entry-10199734195.html
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
http://ameblo.jp/cosmic2111/entry-10967062861.html

これを、ふと思い出して、YOU TUBEで検索したら、いい動画が。

アレンジは教授。
(というのも、エンドクレジットに、ちゃんと教授の名前も。)
すばらしいです。
あとピーターバラカンさんも、英語詞で。

ドラム演奏は教授?
シンセドラムの音も初期YMOぽくて、これまたたまりません。

日本語のオーエスオーエスバージョンも、もちろんいいのですが、
こちらも負けてないなと思います。

矢野&坂本コンビが、最強のころですね。

https://www.youtube.com/watch?v=aTmD8FQKHmY

 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。