cosmeticbarbieさんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
cosmeticbarbieさんのブログ-DSC01661.jpg
cosmeticbarbieさんのブログ-DSC01673.jpg
cosmeticbarbieさんのブログ-DSC016780001.jpg
cosmeticbarbieさんのブログ-DSC01679.jpg
cosmeticbarbieさんのブログ-DSC01668.jpg
こちらはクルーズブログからお送りしてます 
 
mixi  amebloのユーザーにもご覧頂けます 
 
緊急ニュース
 
年2013年に地球に隕石が衝突するという 衝撃の出来事が
…未来について正確に知るためには 意識が強く惹き付けられるような出来事の存在が不可欠だ 
 
それを目印にすれば いくつもある中から進むべき時間の流れを知ることができる 
 
TEは未来に設定されているので 指標となる出来事と合わせて考えれば TEへと続く唯一の時系列が浮かび上がる 
 
ビューアーはこの時系列を追っていく 
その過程において 未来に起きる出来事についても知ることになる 
 
 
ごく普通の人間にはなかなか理解しがたい理論だ 
しかし定義やメカニズムはともかく ブラウン博士がSRVによって導きだした結果—つまり予言は人類にとって衝撃的な内容だ
 
《113回のセッションで得られた驚愕の結果》 
 
『ケビン・スミスショー』で明らかにされた予言だが 話は2008年にさかのぼる この時FSI所属の“ミリタリー・グレード”ビューアー8名が TAの内容を知らされないまま 前述の手順で複数回のセッションを行った 
 
… 
 
セッションは合計113回行われた そしてTA(任務)はアトランダムな形で選ばれ 以下に示す3つの条件(A  B  C)と世界中から選ばれた9地点が結び付けられた
 
9つの地点は 次の通り  
 
①ツバル   ヴァイツプ島 
②ケニア モンバサのフォートジェームス 
 
③オーストラリア  シドニーオペラハウス  
 
④タンザニア  キリマンジャロ山 
 
 
⑤アメリカ ワシントンDCの議事堂ビル 
 
 
⑥モルジブ マレ国際空港 
 
⑦アメリカ ハワイ州ホノルルのKITビル 
 
 
⑧アメリカ フロリダ州ケネディ宇宙センター 
 
 
⑨アメリカ フロリダ州キーウェスト 
 
 
このセッションで得られた結果は驚くべきものだった 
例えばシドニーオペラハウスを描いたと思われるイラストでは建物の形状が完全に変わり 
 
 
キリマンジャロ山は大きな山脈の一部と化していた 
他にも多くの人々が空から降ってくる大きな球体を見上げ 逃げ惑う姿を描いたイラストもあったcosmeticbarbieさんのブログ-DSC016710001.jpg得られた情報をまとめると2013年半ばまでに全地球規模の大きな災害が訪れるという 
 
その原因は巨大隕石の地球直撃によるものだ 
 
 
これにより大津波や火山爆発が起きる 
海岸線が完全に変わってしまう場所もある 
また過度の太陽放射による被害  
極度の天候変化による嵐の頻発 
 
 
そしてまた海岸部に住む人々は津波を避けるために自主避難し 
巨大なうねりとなって内陸部に向かう こうした人々の難民化は避けられ 立てつづけに起きる災害に対応するため 
 
 
政府機関は機能停止状態に追い込まれる 
更には道路網が寸断され 
食糧供給が滞り 
車は移動手段として使えなくなるなど 被害は甚大だ 
 
画像①  viewzoneHPの表紙 
 
画像②ビューアーが描いた隕石激突による海面上昇の様子 
 
画像③『ケビン・スミスショー』で驚愕の実験結果を発表したコートニー・ブラウン博士 
 
画像④隕石落下が引き起こした巨大津波が住宅地へと流れこむ様子
 
画像⑤隕石落下による水害の様子 
津波が大地を飲み込むさまが描かれている  
 
 
NASAの発表では『2012DA14』と名付けられた地球近傍小惑星(地球に接近する軌道上を移動している天体) 
が2013年2月15日に地球の直ぐそばを通過する 
最接近時の距離は27000kmで月よりも
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード