昨日11月23日に公開初日を迎えた「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」、早速初日に観てきました。

半年ぐらい前から楽しみで仕方なかったのですが、期待を上回る面白さ。

ローリング女史自ら脚本を担当しただけあって、ストーリーも見事ですし、映像も圧巻だし、登場人物のキャラクター、魔法生物の造形、すべてに惹きつけられました。

とにかくワクワク、そして最後はホロリとなって、最高の映画体験でした。

 

写真は吉祥寺キラリナで開催中の展示。

パネルの他、撮影で実際に使われた衣装がありました。

ハリー・ポッターのもありますよ!

クリスマスあたりまで、こちらで見ることが出来るようです。

 

 

 

 

が、一つ重大な問題が。

紅茶ファンを震撼させる、非常におぞましいシーンがあるのです……

これからご覧になる方のために、あまりネタバレになってはいけないのですが、言わずにいられない。

まったく知りたくない方は、この先は読むのをお控え下さいね。

 

逃げ出した魔法生物を捕まえるために、ティーポットを使う場面が出てきます。

その中にまず、紅茶ではなく、ビーストをおびきよせるためのエサとして、私がこの世で最も忌み嫌う、あの虫をイン。

それを手で捕まえ、放り投げ、ドアップでアレとティーポットとが交互に描かれ、そしてドッキングするという、絶対にあってはならない展開にのけぞりました。

この世で最も好きなものの一つと、最もおぞましいものの一つが合体する、未知なる体験。

まあ、ティーポットってこんな便利な使い方もあったのね。斬新❤

って、違うでしょ!と全力で突っ込みたくなりました。

 

意外とみんな、スクリーンで見るより体格良いかも?

 

 

そのティーポットは私の眼には、ヘレンドのアポニーグリーンに似て見えました。

違うとは思いますが、本当にそうだとしたら、私がヘレンドの職員ならフルフルしてしまうところ。

ブルーレイ出たら、買ってよく見よう。

しかしあのアレのアップと交互に出てくるジレンマ(´Д`)

もし自分のティーポットがあんな目に遭ったら……

どんなにお気に入りでも、もう二度と使えませんこと必定なのです。

 

まあそれはそれとして、映画は本当に面白くて、主人公はじめ主要登場人物が大人だからか、私はハリー・ポッターよりもこちらが好みです。

全5部作になるそうで、次作には若きダンブルドアが登場するようですし、英雄と呼ばれるニュートの兄の存在も気になるし、続きが早くも楽しみ🎵

 

 

Corpse Reviver のオンラインショップはこちらです。


にほんブログ村

AD