書き進めた記事が途中で消える、というあるあるから立ち直りつつ、かつ今更感満載ですが、行きます。

先月のことになってしまうのですが、ナマステ.インディアとスリランカフェスティバルに出かけて来ました。

 

以前は会場が同じだったこともあり、去年までは被らない日程だったのに、ついに離れた場所で同日にぶつかってしまいましたね……

それでもいずれも2日間開催なので、一日ずつゆっくり楽しむことも出来るのですが、あいにく初日の9月24日土曜は、ひたすら雨。

雨の日に出かけるのが億劫だったため、晴れた日曜に2つをはしごすることになりました。

 

まずは、代々木公園のナマステ.インディアから。

例年活躍する象たち。右側の子は積年の疲れがたまっているようで、心配です。

 

 

 

 

インドは紅茶の主要産出国でありながら、このイベントではほとんど紅茶を見ないので、紅茶を期待するならば、スリランカフェスティバルだけで十分だと思います。

唯一の紅茶専門のブースは、シャンティ紅茶ですが、どうも食指が動かず、例年パスしてしまいます。

お茶系だとトゥルシーというハーブティーのブースもありますが、紅茶とはまったく別物ですね。

他は、食料品店のブースで、タージマハルというブランドのCTCが置いてあるぐらいかな。

 

 

 

 

今年、私が今までのナマステと比べても一番感動し、来て良かった!と思えたのは、サロードとタブラの生演奏が聴けたこと。

インド土産にコルカタで、ウスタッド・アリ・アクバル・カーンとザキール・フセインのデュオのCDを買ったのですが、その演奏にすっかり魅せられまして。

同編成の楽器で生演奏をたまたま聴くことができ、あまりの素晴らしさに鳥肌がたちそうでした。

 

演奏、サロードはディプトニル・バッタチャルジー、タブラは指原一登。

あまりに素晴らしかったので、後で調べましたら、バッタチャルジーはウスタッド・カーンの弟子、そして指原一登はU-zhaanに師事したことがあるので、ザキール・フセインの孫弟子にあたりますね。

奇しくも、インド土産CDの演奏者の弟子と孫弟子デュオの演奏を堪能できたわけでした。

先日、ザキール・フセインも来日公演していたのですが、知らなかったので聴き逃してしまいました…

 

 

 

 

そして、大好きなメヘンディを、最高のアーティストの方に入れていただきました。

これほど優美で繊細な線を見事に描ける方を、私は他に知りません。

写真は、別の方にドライヤーで乾かしていただいている時のものです。

去年はティーポット、今年はティーカップをリクエスト。

来年はどうしようかな。ティースプーン……茶こし……うーん。

 

 

 

 

朝から何も食べていなかったので、ブランチをいただきました。

名前を忘れていますが、右下のもの。

食パンで、サモサの中身と同じような、ジャガイモと玉ねぎをスパイスで炒めたらしき具を挟み、カレーっぽい衣で揚げたスナック。

私は初めて見ましたが、美味しくて腹持ちが良く、すっかりお気に入りです。

 

 

 

 

時折、インドではなくネパールのものが混ざっています。

こちらでネパール製のストラップを購入。

インド食器の専門店では、お目当てのスパイスケースをお買い上げです。

 

 

 

 

用事がすべて済み、すっかり満足してインドの祭りに別れを告げ、次はスリランカの祭りへと向かうのでした。

 

砂のオブジェ、ガングリーさん。名前と原材料以外はほぼ謎です。

 

 

 

Corpse Reviver のオンラインショップはこちらです。


にほんブログ村

AD