福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂のブログ

福岡市天神の時計屋さん 福岡天賞堂です!
時計の販売から修理、取り扱い方など。
ご質問、ご相談があればお気軽にお尋ね下さい。
【デンワ】092-721-8449
【ファックス】092-781-2191

NEW !
テーマ:

はい!おはよございます!

福岡天賞堂の甲斐です。

 

先日のブログ、【TISSOTアカデミー国内コンテストで優勝しました!】でご紹介した“BALLADE POWERMATIC 80 COSC”について、もっと詳しくご説明したいなーと思いましたので、本日は第二弾ということで再度ご紹介していきます!(前回のブログと合わせてご覧いただくと、より魅力を感じていただけると思います!!)

 

さてさて、より詳しく説明したいということはそれだけ素晴らしい時計だということ。

今回は、前回のブログで少しだけご紹介した「シリコン製ひげゼンマイ」「COSC認定クロノメーター」「80時間パワーリザーブ」、この3ワードについて、より詳しく説明していこうと思います。

 

 

さて、まずは「シリコン製ひげゼンマイ」

上の写真が、バラードに搭載されている“POWERMATIC 80.811”。このムーブメントはTISSOTのC07.111をさらに改良したムーブメントです。

 

現代社会の中ではありとあらゆる場所、物が磁気を発しています。スマートフォンやパソコン、冷蔵庫やスピーカーなどから発せられる磁場は、このひげゼンマイ(鉄、ニッケル、クロムを原料とする)に影響を及ぼし、磁気を帯びた時計は正常な時間を刻めなくなります

 

その中でも、時計の調整装置(精度にかかわる重要な部分)は非常に磁気の影響を受けやすいパーツで、さらに時計の核となる“ひげゼンマイ”は磁気に対し非常に敏感な部品なんです。

 

そのひげゼンマイを磁気の影響を受けないシリコン製にすることで、「磁気の影響を受けづらく」「温度変化の影響を受けず」「腐食に対する優れた耐性」をもった実用性に優れた調整装置を生み出すことに成功しました。

 

とは言っても、このシリコン製ひげゼンマイはコストが高く、パテックフィリップ社やブレゲ社、オメガ社などの限られたハイブランドのみが扱う高級パーツでした。しかし、革新的な技術を生み出してきたTISSOTはこれを10万円前半で達成するという偉業を、今年の新作で成し遂げたんです!!

 

 

次に「COSC認定クロノメータ」

機械式の時計は、1日に-10~+30秒の間で誤差が生じます。このCOSC認定クロノメーターは、許容誤差-4~+6秒という高い精度を誇り、かつ15日間に及ぶテストに合格したもので、実際に合格するムーブメントはスイス時計全体の5%ほどしかないと言われています。

 

テストは、ジュネーブ、ル・ロックル、またはビエンヌの試験所で行われます。5つの姿勢差と3つの温度差で、15日間にわたりムーブメントの精度が検査されます。

 

< テスト項目>

テスト項目 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9
測定姿勢
温度 23℃ 23℃ 23℃ 23℃ 23℃ 8℃ 23℃ 38℃ 23℃
機関 2日 2日 2日 2日 2日 1日 1日 1日 2日

 

TISSOTに関しては2014年度COSC認定数でROLEX,OMEGAに次いで3位にランクインし、翌年も4位という好成績をおさめ、他ハイブランドに並ぶ時計製造技術で世界を席巻しています。

 

 

さて、最後に「POWERMATIC 80」です。

これがバラードに搭載されている“POWERMATIC 80.811”の元になったCal.2824-2。数えきれないほどのブランド、時計に搭載されてきた名機で、8振動の3針デイト、約40時間のリザーブを備える自動巻ムーブメントです。これをロービート化、ゼンマイを長くすることで80時間のリザーブを達成したのが、C07.111。それをシリコン製ひげゼンマイにしたのが“POWERMATIC 80.811”です。

 

パワーリザーブが80Hに伸びると、何がいいのか・・・。答えを単純に申し上げると、‟止まらない”ということでしょうね。もちろんフルで巻かれていることが前提ですが、その状態から80時間、つまり3日と8時間止まらないということになります。

 

これって素晴らしい。機械式の面倒なところの一つとして挙げられるのは、時間と日付の合わせでしょう。これが使用環境によっては必要なくなるわけですからね!(パーペチュアルや年次ではないので、月初めのカレンダー合わせは必要です。)

 

とにかく、実用性を考えれば圧倒的なこの3つの特徴。現行の機械式時計アンダー30万で考えれば、確実に一線を画すモデルになってます。TISSOTに至っては、歴史や技術、世界的な知名度は圧倒的。「本物の時計が欲しい」という方には心からおすすめできるモデルですね!!

 

あ。ちなみに黒ダイヤル革ベルト以外にも、シルバー色のモデルとPGコンビのモデルが!

 

 

さらに近々黒ダイヤルにSSベルトのモデルも発売予定です!!

ぜひお好みのバラードを探してみてください!

 

というわけで今回はここまで。

掲載のモデルはすべて、天神コア1F 福岡天賞堂店舗にてご覧いただけます。

お電話での注文、楽天市場店での購入も可能です。

 

それでは、福岡天賞堂 CWCの甲斐でした!

(明日のブログはお休みです。次回は、明後日の更新となります。)

 

=========================================================
福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-11-11 天神コア1F
Tel:092-721-8449
基本定休日なし(天神コア休館日はお休みをいただいております。)

 

 

e-mail:info@core-tenshodo.com
自社サイト:http://www.core-tenshodo.com/
instagram:最新情報はこちらから[instagram.com/fukuokatenshodo]

=========================================================

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!!!

福岡天賞堂 ウォッチコーディネーターの甲斐です。

 

大変お待たせしました…。ハミルトンの新作第一弾が入荷です。

とりあえず本日入荷分2本分をご紹介します!

 

一本目は、KHAKI AVIATION PILOT AUTO(H64715545 \103,000+TAX)

でかい!!!でかいぞ!!

46㎜というケース径はかなり大きめですね。

 

ブルーダイヤルに、ターコイズグリーンの夜光が施されたインデックスと針が実に特徴的です。1940年代の空軍時計をモチーフにしたこのモデルは、パイロットウォッチならではのダイナミックなデザインが特徴。

 

搭載するのはH-30。パワーリザーブ80時間を達成し、デイデイト機能を備えるムーブメントです。裏はトランスパレント化されていますので、その精巧な動きを見て楽しめます。

 

これだけケース径が大きいのに、厚みは抑えてあるのが素晴らしいですね。さらに20気圧防水で実用性も申し分なし。しっかりと主張してくれる時計ですね!

 

 

はい次!!

 

 

二本目は、KHAKI NAVY SCUBA AUTO(H82335131 \94,000+TAX)

 

サイズがいい!!現代のダイバーズに比べれば、40㎜というケース径は小さめですが、絶妙なサイズ感はスーツに合わせてもよし、カジュアルな服に合わせてもよし、とオンオフ問わずお使いいただけます。

 

なんといってもかっこいいですしね!これを革ベルトとか、NATOベルトにしてもかっこいいだろうな・・・。

 

もちろんベゼルは逆回転防止ベゼル。80HパワーリザーブのH-10搭載で、10気圧防水を備えます。裏はトランスパレント化されておらず、刻印がされたスクリューバック式の裏蓋です。

 

あ、ちなみにこのモデルはよりスポーティーな色使いのモデルもあります。近日中に入荷予定ですので、入荷したらお伝えしますね!

 

さて、この2本は新作のほんの一部。これから少しずつ入荷してきますので、入荷次第ブログでご紹介していきます。

 

また、この2本に関しては検品をクリアしましたので、本日から店頭に展示しております。より詳しいご説明も可能ですので、お気軽に天神コア1F 福岡天賞堂店舗までお越しください(^^♪

 

それでは、今日はここまで。

また明日お会いしましょう!

(明日はTISSOTをご紹介予定!12:00頃掲載します!)

 

=========================================================
福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-11-11 天神コア1F
Tel:092-721-8449
基本定休日なし(天神コア休館日はお休みをいただいております。)

 

 

e-mail:info@core-tenshodo.com
自社サイト:http://www.core-tenshodo.com/
instagram:最新情報はこちらから[instagram.com/fukuokatenshodo]

=========================================================

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

福岡天賞堂の甲斐です。

 

今日も暑いですね…。

今日は時計の紹介でなく、ちょっとしたコラムという形で書いてみます。(^^♪

 

あくまでも個人的な考えですので、参考程度にご覧ください!

僭越ながら書かせていただきます!

 

最近考えることがあって、何に対しても‟先入観”を持つこと、‟知らない”ことってもったいないなー、と。

それこそ時計だってそうですよね。「みんな持ってるから」とか「ETAポンだ」とか「ブランド力がない」だとか…。

 

もっと突き詰めていけば、その先入観を覆す歴史や魅力が詰まっているのになーと。

 

みんなが持っているってことは、それだけの魅力があるということですし、みんなが持ってるブランドでも、その中にみんなが持っていないモデルはあります。

 

ETAポンだということは、ETAがそれだけ優れているということです。IWCだって、パネライだってそうだったんですから。ETAの部品供給が現在も続いていれば、そのまま使い続けていたでしょう。修理を考えても、今後部品がなくなる心配もないので、本当に一生使えるムーブメントだと言えます。

 

ブランド力がないということは、まだ世間が知らないだけだということです。調べていけば、素晴らしい歴史や魅力を持っているでしょうし、自分の好みストライクな時計がほぼ確実に出てくるでしょう。

 

自分自身、ブログを書くにあたりそのモデルやブランドに関して徹底的に調べます。時計は好きですし、これまで数千本の時計に触れてきましたからある程度の知識は持っているつもりです。しかし、調べるたびに新しい発見があり、驚きの事実を知る。自分の知識が氷山の一角であることを再認識させられます。

 

100円でも買えて、億を超える価格のものもあるのは時計くらいですよね。でも、その100円の時計と1億円の時計が刻む‟時間”は全く一緒なんです。だからこそロマンがあって、憧れがあって、夢がある。そして、一人一人に拘りがある。

 

その多種多様なニーズにお応えすべく、私は尽力していきます。売れることも大事ですが、それ以上に本当に大事にしていただける一本を見つけたい。

 

ですから、当店扱い以外のブランドのご相談もお受けします。もちろんフェアな目線でご提案できると思います。

 

はい。

 

というわけでちょっと真面目な話をしてしまいました|д゚)

 

カジュアルウォッチでも本格的な時計でも、なんでもご相談ください!!

もちろん「かっこいいから」「かわいいから」という直観は大事です。そこに+αで、“意味”や語れる何かを付け加えられたらもっと愛着が湧くと思います。

 

 

以上、福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂 甲斐でした!!

(明日のブログはお休みです!次回は明後日の掲載となります!)

 

=========================================================
 

福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-11-11 天神コア1F
Tel:092-721-8449
基本定休日なし(天神コア休館日はお休みをいただいております。)

 

e-mail:info@core-tenshodo.com
自社サイト:http://www.core-tenshodo.com/
instagram:最新情報はこちらから[instagram.com/fukuokatenshodo]

=========================================================

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

※ワールドタイムの夜光は‟スーパールミノバ”でした!となると、‟T-SWISS MADE-T”の表記が気になりますね・・・。復刻ということで、当時のデザインをできるだけ引き継いだ結果、その表記が使われたのかもしれません!!!

 

こんにちは!

福岡天賞堂 ウォッチコーディネーターの甲斐です。

 

今年のバーゼルフェア、皆さんは気になるモデルがありましたでしょうか。

私的にはオメガのマスター3兄弟復刻‟1957 トリロジー リミテッド エディション”が、鳥肌ものでしたね。オメガは当店では取り扱っていないブランドですが、ちょっとだけご紹介を。

 

1957年に発表されたシーマスター 300レイルマスタースピードマスターのプロウォッチを復刻したこのモデルはそれぞれ3,557本の世界限定。付属する特別ボックスは、蓋にシーホース、ヴィンテージなロゴ、赤いコーデュロイ素材の中敷きなど、1957年当時のパッケージにインスパイアされたデザインを採用しているということで、オメガマニアだけでなくアンティークウォッチに精通する方にもたまらない復刻になりました。

 

あー。個人的にはシーマスター300が欲しい。

 

 

さてさて、復刻と言えば1930年に経営統合しオメガの経営不振を救ったティソも素晴らしい復刻を出していますね!!今日はその歴史的名作をご紹介! 

TISSOT/ティソ HERITAGE NAVIGATOR AUTOMATIC 160TH ANNIVERSARY COSC(T078.641.16.037.00)

 

ティソを知ってる方なら一度は見たことがあるであろうこのモデル。1953年(創業後100年)に発売されたワールドタイムを復刻したこのモデルは、驚くほどオリジナルに忠実なモデルです。

 

ティソの復刻で素晴らしい点は、オリジナルのデザインにほとんど手を加えず、そこに最先端の時計技術を融合させることで、まるでタイムマシンに乗って来たかのような懐かしさと革新を感じる点でしょうか。もちろんこのヘリテージもオリジナルに非常に忠実です。

 

これがオリジナル。ベゼルの12時間表記ダイヤルの24時間表記、針のデザインやワールドタイムディスクのデザインまでほぼ一緒。パッと見たときに気づいた違いは、選ばれた24都市が違うということ。時代に合わせて、主要都市を選び直してあります。ほかにも二時位置のプッシャーやサイズ違いはありますが、ほぼ当時のままというのは復刻として高く評価したいポイントですね。

 

さて、この復刻モデルは、42mmのケースにETA社のCal.2893-3を搭載しています。このムーブメントはIWCやブライトリング、オメガ社も使用していたCal.2892-A2を元に、ワールドタイム機能を搭載したムーブメントです。実際、今回のTISSOTに搭載されているCal.2893-3は、ボーム&メルシエのクリフトンGMTやベルロスのBR0193-GMTにも搭載されているムーブですから、それだけ完成度が高いムーブだということで間違いありません。

 

ちなみに、ティソはそれでは飽き足らずこのCal.2893-3を独自にチューニングし、COSC認定クロノメーターに仕上げました。安定性に加え、精度も極めたこのワールドタイムは‟本物”を求める方にお勧めしたい1本です。

 

ワールドタイムディスクと外周のダイヤルは若干仕上げが異なり、光の当たり方で多様な表情を見せてくれます。ブルースチールの針がシンプルなダイヤルにワンポイントで光り、上品な印象を受けますね。うん、かっこいい。

 

もうひとつ。これは、確定ではないんですが、夜光部分に違和感がありますね。6時位置を見てみると‟T-SWISS MADE-T”の表記が・・・。もしやトリチウムか!!??と思い調べましたが、確定的な証拠は見つかりませんでした…。週明け、TISSOTに確認してみます!

 

素晴らしい点がもう一つ。このワールドタイムとは思えない薄さ!着用したときに重さもさほど感じず、着用感がいいのはこの薄さのおかげだと思います。

 

ベルトは旧ロゴを刻印したDバックル。皮を痛めにくく、ベルトの剣先が内側に入るタイプですので、遊革も定革もなく、非常に統一感がある見た目になります。

 

いやー素晴らしい復刻モデル!!ぜひ気になった方は福岡天賞堂までお越しください!

 

それでは、今日はここまで。

また明日お会いしましょう!ウォッチコーディネーターの甲斐でした。

 

=========================================================
 

福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-11-11 天神コア1F
Tel:092-721-8449
基本定休日なし(天神コア休館日はお休みをいただいております。)

 

e-mail:info@core-tenshodo.com
自社サイト:http://www.core-tenshodo.com/
instagram:最新情報はこちらから[instagram.com/fukuokatenshodo]

=========================================================

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こんにちは!

福岡天賞堂のウォッチコーディネーター 甲斐です。

 

昨日、天神でハミルトンの新作展示会がありました。

どれも素晴らしい出来でしたが、今年の新作最大の特徴は”発信力”の強さですね。一つ一つが非常に強い個性を持っていて、お店に並ぶのがとても楽しみになりました!新作は、今月末から半年かけて少しずつ入荷してきます。入荷次第、しっかりご紹介していきますのでお楽しみに!!

 

 

さて、本日ご紹介するのはタイトル通り”近代建築”に深いかかわりを持つこの時計です。

HAMILTON/ハミルトン LLOYD CHRONO QUARTZ(H19412733 ¥95,040)

※生産終了が決定したという噂もあり、これから手に入らなくなるであろうモデルです。

 

さて、特徴的なスクエア型のこのロイドは、近代建築の巨匠”フランク・ロイド・ライト”に賛辞をささげたモデルとして、1955年に初登場した時計の復刻モデルです。

 

彼がフランク・ロイド・ライト。

特別な意味が込められたモデルですから、時計の話をする前に彼について簡単にご紹介しておきます。

 

近代建築の三大巨匠として名が知られているのは‟ル・コルビュジエ”‟ミース・ファン・デル・ローエ”、そして‟フランク・ロイド・ライト”。彼らの作品は現代建築の基礎となり、後の建築界に大きな影響を与えました。さて、フランク・ロイド・ライトの作品のほとんどはアメリカにあるんですが、実は日本にも数点あるんです。その一つが‟旧帝国ホテル(ライト館)”

 

世界的に価値がある建築作品ですね。 現在は、愛知県犬山市の明治村にその玄関部分だけ移築されています。ハミルトンのロイドを着けて、フランク・ロイドの作品を見る…そんなことをしてみたいと思うのは私だけですかね…。

 

さて、このロイドが生み出した作品は「プレイリースタイル」と呼ばれます。特徴としては、屋根裏や地下室を廃し、建物の高さを抑えたこと水平線を強調したデザイン部屋同士を完全に区切らずに一つの空間として緩やかにつなぐといった点が挙げられます。当時としては、ヨーロッパを起源とする新古典主義が全盛でしたから、このプレイリースタイルは新しい建築様式として評価を受けていたようです。

 

さて、今回ご紹介のロイドを再度見てみましょう。

フランク・ロイド・ライトに賛辞をささげるこのモデルは、もちろん彼の建築にインスピレーションを受けたデザインに仕上げてあります。彼が建物の高さを抑えたように、厚みを抑え平たいケースにしていたり、角を持たせながらも丸みを感じるデザインは彼の建築に非常に近い印象を受けます。

 

横から見ると、ケースから風防までを完全に区切らずに緩やかなカーブを描いており、ロイド建築の特徴である空間を完全に区切らないという特徴を垣間見ることができます。

 

ダイヤルに施された縦のラインや、八角形のインダイヤル、アルファでもバーでもない針や特徴的なフォントのアラビア数字など挙げればキリがないデザインは、まさにロイドに賛辞を贈るモデルとして素晴らしい仕上がりだと自信をもっておすすめできますね!

 

さてこのロイド、先ほども申し上げました通り、生産終了が決まったという話を聞きました。公式発表かどうか確認が取れ次第ご報告しますが、そうなれば国内在庫のみの販売です。気に入った方はお急ぎください!!

 

それでは、今日はここまで。

また明日お会いしましょう!ウォッチコーディネーターの甲斐でした。

 

=========================================================
 

福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-11-11 天神コア1F
Tel:092-721-8449
基本定休日なし(天神コア休館日はお休みをいただいております。)

 

e-mail:info@core-tenshodo.com
自社サイト:http://www.core-tenshodo.com/
instagram:最新情報はこちらから[instagram.com/fukuokatenshodo]

=========================================================

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。