PERU day by day..

ペルーのニュースなどをつらつらと書き綴っています。
趣味はランニングとペルーの国民舞踊、マリネラ・ノルテーニャ。


テーマ:

一般の観光客の間ではあまり知られていないが、インティライミ祭はクスコ市の祭事局が主催するものであって、祭の主要会場となるサクサイワマン遺跡を保護する役割を負うのは文化省である。

文化省は場所の使用を許しているが、遺跡の保護に細心の注意を払うよう。

毎年インティラミ後の清掃で出たゴミの重量が発表されるが、清掃を行うのは文化省の役割、祭事会社は行わないのだろうか?

またクスコ市は文化省に清掃代を払っているのだろうか?

毎度のことながら、清掃ででるゴミのトン数に驚嘆するのである。

 

RPP webより

http://rpp.pe/peru/cusco/recogen-mas-de-45-toneladas-de-residuos-en-saqsaywaman-tras-inti-raymi-noticia-1060068

 

クスコ分権文化局によると、インカ時代の建築に影響は見られず、観光客は制限区域を尊重した。

クスコ分権文化局の職員250人が、クスコのサクサイワマン国立考古学公園で45トンを超える固形廃棄物を回収した。先週土曜日にこの場所はインティライミの舞台となっていた。

遺跡の清掃は日曜日午前まで続き、ボランティア170名と集落の住民や土産物行商人の支援を受けた。回収されたゴミはクスコ市役所のゴミ圧縮車で持ち出された。

インティライミの最中に、給与アップを要求してストライキ中の教員のグループが見られたが、安全対策がとられてインカの儀式は滞りなく行われたうえ、建築に影響はなく、見学者は制限区域を尊重した。

クスコ分権文化局が、伝統的なインティライミの前、最中、後に、例年通り遺跡の監視、保護、維持、清掃に関する絶対的な責任を再び負ったと考古学公園のコーディネータ、フレディ・セガラはと述べた。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ペルー情報へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kayoquinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。