フェラーリ・ジャパンは5月29日、30日の2日間、富士スピードウェイにおいてフェラーリオーナーを対象としたイベント「フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010」を開催した。

【拡大写真や他の紹介写真】

 フェラーリ・フェスティバル・ジャパンは、アジアを代表するオーナーズイベントだ。2日間合わせ、600台余りの跳ね馬たちが富士スピードウェイを埋め尽くした。

 2010年のフェラーリ・フェスティバル・ジャパンでは、V8ミッドシップの「458イタリア」、そして限定モデル「599GTO」という2台のニューモデルの日本初公開が行われたほか、貴重なクラシックフェラーリ、そして国内ディーラーによる現行全モデルの展示などによって会場が華やかに彩られた。

 世界的にも有名な富士スピードウェイを舞台とする同イベントのメインは、やはりサーキットイベントだ。中でも最も注目を浴びたのが、F1マシン、FXX、そして2009年の同フェスティバルで国内初披露が行なわれた599XXによるデモンストレーションラン。

 サーキットを走るためだけに生み出された3種のマシンの走行シーン、そして珠玉のフェラーリエンジンが奏でる美しくも獰猛(どうもう)なエキゾーストノートは、会場に訪れたすべてのフェラーリ愛好家たちを魅了していた。そのほかにもエキシビジョンレース「フェラーリトロフィー」や一般フェラーリオーナー体験型走行の「スポーツラン」「アクティビティラン」などが実施された。

 フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010の開催にあたりフェラーリ・ジャパン プレジデント&CEOのエドウィン・フェネック氏は「フェラーリのレーシングスピリットを存分に味わっていただけるイベントでありますが、それだけがフェスティバルの楽しみではありません。フェラーリのライフスタイルそのものを感じていただくことができるでしょう」と語ったが、まさにその言葉どおりフェラーリのDNAを存分に味わうことのできるイベントとなった。

 待望の新型V8ミッドシップ「458イタリア」の導入はもちろんだが、小雨が降りしきる悪天候にも関わらず大変な活気を見せた同イベントの様子を見れば、昨年に引き続き今年も国内フェラーリ市場の活況が予想される。【日岐まほろ,エキサイトイズム】

Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【関連記事】
専用iPhoneアプリ「エキサイトイズム」を高速化
鏡面仕上げステンレスの美しいボールペン
長山智美のムームー日記SP「ホームセンタースタイル」2
日本初公開「フェラーリ 458イタリア」
フォトギャラリー:フェラーリ 458イタリア

樽床氏「衆院定数80削減を」 代表選出馬会見 (産経新聞)
<横浜・弁護士殺害>凶器、刃渡り20センチ超 強い殺意?(毎日新聞)
<詐欺罪>山内議員元秘書、詐取1件認める 東京地裁初公判(毎日新聞)
51歳男、痴漢で猶予中にまた…(読売新聞)
「菅首相」午後誕生へ=新内閣、今夜にも発足―幹事長に仙谷、岡田氏浮上(時事通信)
AD