東京都足立区で2004年、小出亜紀子さん=当時(24)=の遺体が段ボール箱に入って見つかった事件で、警視庁は10日、遺族が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決を不服として、都が上告したと発表した。
 遺族は適切に捜査していれば殺害を防げたと主張。東京高裁は2月、捜査怠慢と殺害の因果関係を認めた上で、一審より賠償額を減額し、都に計1000万円を支払うように命じていた。 

【関連ニュース】
乳幼児殺傷、懲役22年確定へ=犯行時心神耗弱
殺人容疑で夫を再逮捕=おので妻切り付ける
千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕へ
別の強盗致傷事件で再逮捕へ=千葉大生殺害、10日起訴
「別れさせ屋」に懲役15年=離婚させた交際相手殺害

政治団体の不動産保有、陸山会突出…9億円超(読売新聞)
中2男子首つり自殺、学校調査で「いじめ」証言(読売新聞)
民主、「議員政策研」新設へ=政調復活論に配慮(時事通信)
官房長官も「トラスト・ミー」、駐日米大使に(読売新聞)
<横浜国際総合競技場>命名権で日産と横浜市が再契約(毎日新聞)
AD