客観と模索とYOGA

テーマ:

2017年の公民館レッスンは、先週から始まっています!

明日も、9:10~と10:35~の2回、レッスンあります。

どちらも若干お席ありますよ。

年末年始で、身体が重くなった・・・硬くなった・・・首や肩が凝ってる・・・等々、自覚ある方はぜひどうぞ!

また、今年も引き続き、短い時間ですが瞑想を行っていきます。今年の希望や誓いを心で唱えながら、静寂の時間を過ごしましょう。



ところで、

去年末に某ラジオで某パーソナリティが言っていた言葉が響きました・・・

「客観っていう概念が本当にあるのか(略)

客観っていうのは実はフィクションで、世の中46億人分の主観があるだけって感じ?」

※多分この方は地球の年齢と人口を勘違いしているんだと思うんですが、意味はわかりますよね。


私はこれを聴いた時、東日本大震災の後、北野武氏がインタビューで語ったという言葉を思い出しました。


「この震災を『2万人が死んだ一つの事件』と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。(略)

そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。」

私達は、「客観」「一般的」「普通は」等の言葉で、いろんな事例をまとめてしまいがちだけど、一人ひとりの出自も環境もすべて違う。同じ人生はない。

そう考えると、自分の人生も、他者の人生もすべてハンドメイドのオリジナルということになり、多勢に寄っていくような生き方が良いわけではない、ということに気づきます。

(ここで大事なのは、良しと思って生きていたらそれは多勢側だった、ということと、多勢だから良しと思って寄って生きていくのはまったく違うということ)

YOGAをしていると(特にYOGA哲学を学んでいくと)、自分にとって本当に大切なものは何か、その答えの片鱗が、少しずつ少しずつ見えてくるような気がします。

肉体的な強さや美しさも、物質的な豊かさも、勿論無視はできないけれど、でも、それらがなくても幸せに生きる方法はあるのです。

そして、その方法を模索し続けるのが人生なのではないかと思います。

YOGAのアサナ(=ポーズ)は、痩せるためや体力増強のためにあるのではありません。それらは練習する間にもたらされる「おまけ」に過ぎません。すっごく嬉しいおまけですけどね!

身体や物質から自分自身を引き離して「ほんとうのほんとう」を探るのがYOGAです。

アサナはそのための1つの手法です。

今年もゆっくり、ほんとうのほんとう を探っていきましょう。






via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

終戦直後のデンマークを舞台に、地雷撤去を強制される敗残ドイツ軍の少年兵たちの過酷な運命を、史実に基づいて描いた。第2次世界大戦後、デンマークの海岸沿いに残された無数の地雷を撤去するため、元ナチス・ドイツの少年兵たちが連れて来られる。彼らを指揮するデンマーク人軍曹はナチスに激しい憎しみを抱きながらも、無垢な少年たちが次々と命を落とすのを見て良心の呵責にさいなまれるようになっていく。(「映画.com」より)

今年1本目の映画がこれ。すっごく重くて、観ている間の緊張感の持続もきつくて、体力使いました・・・

去年観た「この世界の片隅に」は、戦争前~戦時下の市井の人達の小さな出来事が描かれた映画だったんですが、スタイルはまったく違っても、この作品もまた、戦争によって、肉体だけではなく精神的にも理不尽な仕打ちを受ける、末端の兵士たちが登場します。

言われるままに戦って、味方の武器で命を落とす悲劇
敵方に情が湧く自分自身を憎む悲劇
誰も責任をとれない世界に生きて、誰に怒りをぶつけても、その傷が癒えることのない悲劇

・・・これは相当にきっつい・・・

地雷といえば

もう10年近く前ですが、YOGAの師匠から、雑談の中で聴いた話があまりに衝撃で今でも忘れられません。

「地雷は、敵を殺すのではなく、片足だけを飛ばすように、あえて火薬の量を減らしてある。
1人の兵士が片足を失うと、その兵士を2~3人の兵士が助けなければならない。
結果的に、兵士3~4人分の戦力を奪うのと同じこと。1人殺すより、その方が効率的だから。
地雷というのはそれだけ残酷な武器である。」

人はとんでもなく惨いことを考えるものなんですね。

この映画、地雷で吹き飛ぶシーンも出てくるのですが、その描き方が素晴らしい(というのも変だけど)。
ただただ残酷ということではなく、こちらの胸に、がっちりと鍵針を引っかけてくるような物凄い描写。

戦争の悲劇のもう少し先を見せてくれるような作品です。

テアトル梅田、ほぼ満員でした。おすすめです!


東京国際映画祭で上映された時は仮タイトルで「地雷と少年兵」だったそうです。こっちの方が良いなあ・・・。




via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

去年末に、レイア姫でおなじみのキャリー・フィッシャーが亡くなりましたね・・・若すぎる死に驚きましたが、更に驚いたのは、翌日にお母さんのデビー・レイノルズも亡くなってしまったこと!

デビー・レイノルズといえば、やっぱり

トシいってからの「That's Entertainment!」「That's Entertainment! Ⅲ」ではナビゲーターで出てて、私はこのシリーズが大好きです。


で、娘のキャリー・フィッシャーは、レイア姫以外だと「ブルース・ブラザース」で、ジョン・ベルーシの彼女役が有名・・・不気味なダメダメ女が妙にはまってました。


この人は、SWシリーズやブルース・ブラザースあたりから、お酒やドラッグに溺れて、当時かなり荒れた生活をしていたと本人が告白しています。

(ちなみに亡くなるちょっと前に、SWの撮影中ハリソン・フォードと付き合ってたと暴露?してましたが、ブルース・ブラザース撮影中はダン・エイクロイドと付き合ってたらしい・・・だからそういうヒトなんだと思いますヾ(・ε・。)


で、彼女は女優だけでなく、脚本も書くようになり、1990年には「ハリウッドにくちづけ」という映画になりました。

この作品は、自伝的な要素がかなり強いと当時から言われていて、人気歌手の母とダメ娘の物語を、なんとシャーリー・マクレーンとメリル・ストリープが演じています。当時でも今でも超豪華キャストですね!

原題は「崖っぷちからのハガキ」という意味・・・意味深・・・

更に、この映画の撮影エピソードは、母親役のシャーリー・マクレーンが自身の著作で克明に描いています。



映画は、有名人の子どもに生まれたことで、自分の人生を生きられないと自暴自棄になる娘と、パフォーマーと母親という立場を両立させようともがく母の物語。

そして、本は、そんな母を演じるシャーリー・マクレーン自身の、母や娘との確執から和解の物語。

すべてが何らかの形で繋がって、捻じれたり入れ子になっているような不思議な関係・・・

どの作品もみんな好きなので、2人立て続けに逝ってしまったことは本当にショックでした。

これらの映画や本に初めて接したのはずいぶん昔のことで、当時の自分の記憶も戻ってきたりして。どんな時も、映画と本はいつもそばにいてくれたなあ、と。


レイア姫は、今年12月にエピソード8が公開されて、それが遺作だそうです。

その前に「ローグ・ワン」観ないと!










via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

新年に読む「神の詩」

テーマ:



年末、敬愛するSwami Medhasananda師より、「ギーターの2章の3節を読んで下さい」というメッセージを頂きました。

バガヴァッド・ギーターの翻訳は何冊か出ていますが、私が持っているのは以下の4冊。


そして、最近1番親しんでいるのが、最後の「神の詩 バガヴァッド・ギーター」です。


文体が高貴で、それでいて解り易くて、音読する時に、舌も耳も心地いい~!

瞑想の前に、適当にページを開いて飛び込んできた文章を音読するのが日課になりつつあります。

たとえ短い時間でも毎日行うのが、今年の目標の1つです。


YOGAマット、ブランケット、シンギングボウル、バガヴァッド・ギーターが

今の私の瞑想4点セット。


さてギーターの2章の3節とは・・・

「プリター妃の息子(アルジュナ)よ!そんな態度は男らしくもないし、まったく君にはふさわしくない。さあ、弱気を捨てて立ち上がりなさい。敵を撃破する勇者(アルジュナ)よ!」

というもので、

要は「くよくよするな。逃げずに立ち向かえ!」と鼓舞する言葉なのですね。

これは何も、ケンカ売りなさい、とか、単純に相手をやっつけろ、とか言う意味ではなく・・・

自分の前にある障壁や苦しみから逃げず、真っ向から受け止めなさい、ということなのだと思います。

一見、受動的に見える態度であっても、「受け止める」という行動をとっている時点で、戦っているのです。

そんな風に、日々、心穏やかに慎重に戦うというのが、誠実な生き方であると思います。

まず、自身に対して誠実でありたい。そしてその誠実さを家族や近しい人たちに。そして全ての人達に。


見ない振りやなかったことにするのではなく、受け止めること!

今年は、いつもきちんと受け止めて、戦うことを拒否しない生き方をしたいです。





via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

あけました

テーマ:

2017年もどうぞ宜しくお願い致します!

今年のレッスン初めは、北名次スペースにて4日(水)となります。

また、今年は、今まで以上に定例以外のレッスンも承ろうと思っています。

午後や夜間の北名次レッスンや、出張レッスン等、お気軽にご相談頂ければ!


今年の初詣は、北の戎である、越木岩神社に詣でました。

私は、いつも神社仏閣にお参りするとき、お願い事を事前に思い描くことはあまりなくて、お賽銭を入れて手を合わせた瞬間に心に言葉が浮かんでくる感覚。

で、今日は

「未来を信じ続けることのできる自分でいられますように」

という言葉が自然に出てきました。

自分自身の未来も、家族の未来も、

二次元的に、明るいとか暗いとかってことではなくて、

どんな未来も、現在の続きで、今これを打っている瞬間も、たゆみなく未来は現在に変わる。

ということは、今、自分なりに最良の行動をとれば、今に続く未来は同じく最良の道を進む。

そのことを信じよう。

なんてことを元旦に思いました。



越木岩神社の御神体。ぐるりを周りを歩いて静かな氣を感じてきました。

皆様もどうぞ幸せなお正月をお過ごし下さい。

そして本当の幸せは、おせちや福袋の中にではなく、自分の心の奥の奥にあるものです。

物ではなく魂の中にある幸せ。

そのことを忘れず生きることが、今年の私の課題です。




via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

もうおおみそか!

テーマ:

ブログご無沙汰してしまいました~・・・

気がつけば2016年最終日です!

そういえば今月初め、東京は池袋演芸場で笑ってきたんでした。

ここは入れ替えがないので、その気になれば12時半から21時半までず~っといられる。

そんな感じのおじさんいたし!

都内の定席のなかで、地下にあるのはこの池袋演芸場だけです。

客席も少ないし、アングラ感というか背徳感がじんわり・・・

でもそんな空気の中で笑うのが楽しい!

良い寄席納めでした。


映画納めは、昨日テアトル梅田で観てきた「ヒッチコック/トリュフォー」。

フランソワ・トリュフォーによるアルフレッド・ヒッチコックへのインタビューを収録し、「映画の教科書」として長年にわたって読み継がれている「定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー」を題材にしたドキュメンタリー。インタビューが行われた1962年当時のヒッチコックとトリュフォーの貴重な音声テープをはじめ、マーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャー、黒沢清、ウェス・アンダーソン、リチャード・リンクレイターらヒッチコックを敬愛する10人の名監督たちにインタビューを敢行し、時代を超越したヒッチコックの映画術を新たな視点でひも解いていく。(映画.comより)


通訳を介して、ヒッチコックとトリュフォーの対話する肉声が聴ける!
あの、超分厚い傑作「定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー」の台詞そのままのこと言ってる!
それだけでうるっときちゃうんですが、映画の名シーンが、ばば~ん、と大画面で観られるっていうのがもう感動!「めまい」とか「サイコ」とか「鳥」とかその他いろいろ・・・


若い頃はヒッチコック映画って、そんなに好きじゃなかった(というか、キレイキレイで何だか暗いと思ってた)けど、今観ると、ああ、美しいなあ、と感じます。

美しさや恐ろしさが、話の不可解さを軽く凌駕するのがヒッチ作品!


さて、仕事のYOGAについて。

今年は、YOGA哲学と聖典を追いかけた1年でした。

アサナ(=ポーズ)は年齢と共に難しくなってきても、知識と思考は深め続けることが出来る・・・と自分に言い聞かせて少しずつ歩んだ1年でした。

そして、振り返ってみると、2月にインドに行ったのも、7月に永平寺に行ったのも、10月に逗子のカーリー・プージャに行ったのも、今、目の前にあるものから逃げずに立ち向かうための布石でありリザーブであったのだ、と気づきます。

聖典をこつこつ読んでいて本当に良かった。

でもまだまだ難しくて理解できない文章だらけなので、来年も細く長く諦めずに学びたいです。


今年もたくさんの方と出会えて、たくさんの方にお世話になりました。

今日の続きが明日であることに感謝して、1つの区切りとして、この年末年始を静謐に過ごしたいと思います。

よいお年を!











via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

東京・庭園美術館で開催中の

「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち」

を見てきました。

ボルタンスキーといえば・・・

2年前、豊島の「心臓音のアーカイブ」に行って、とっても不思議で面白い体験をしたので(私と息子は自分の心臓音を録音してきました!)。


今回の庭園美術館でも、心臓音アートあった!思い出してこっちの心臓もどっきどきした!

あと、庭園美術館は旧朝香宮邸で、すごく素敵な内装がそのまま残されているんだけど、そのお部屋の中に、音声と光のアートが繰り広げられてて、それがすごくしっくりきてて、ボルタンスキーさんすごいな、って思いました。なんか、とことんフリーダム(で、ちょっと暗い)。

この展示は12月25日までです。東京近郊の方、ぜひ!

新館につながる渡り廊下。おひさまがガラスに射して不思議な景色に。


今は紅葉もきれいです!


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

師走ですね

テーマ:

先週末、東京で、KRISHNA GURUJI の YOGA哲学講座の最終講義を受けてきました。

最終とはいっても、本当の最終はこの1週前だったんですが、私は授業を2回振替えてもらって(´д`、)

なので、同期より遅れての卒業になりました。

1年12回の講義は思ったより長かったです・・・でもなんとかゴールしました。

ヨーガ・スートラを読み込んだり、カルマとカルマ・ヨーガの関係をじっくり教えていただいたり、しんどかったけど実り多い1年でした。KRISHNA GURUJI に感謝です。

そして、久しぶりにインド大使館でのBhagavad Gita勉強会にも参加できました。

Gitaの勉強も本当に難しいんですけど・・・ゆっくりじっくり、途切れないように学び続けるしかないんでしょうね。いつも心にGitaを携えて生きたい。


今回は空き時間にふらふらといろんなところを歩きました。

今年1年のお礼を言いに、豪徳寺再訪。

相変わらずの迫力で迎えて下さいました。

奉納所がいっぱいになっていて新しい台も作られてました!ここもすぐいっぱいになってしまいそうですが(人´v`)


紅葉とってもきれいでした。豪徳寺界隈はしっとりした雰囲気でいつも落ち着きます



今月は北名次スペースは、いつも以上にゆったりレッスンです。

ヨガニドラという、寝たままで数十分過ごす「覚醒のYOGA」もやりますよ~寝てるだけなのに心身の澱が気持ちよく洗い流される感覚をぜひ体感してみて下さい。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd


勤労感謝の日の23日(水)、北名次スペースでレッスンあります!

平日お仕事のある方、休日の方が都合が良いという方にはチャンスです~(*≧∀≦)ノ゙

是非お越し下さい!


ところで。

最近、でんぱ組の最上もがサンがネットTVで、がっつり1時間、YOGAにチャレンジしていました。


ここで教えてくれてたインストラクターの方が、親しみやすくて素敵なインストラクションでした。

呼吸の解りやすい説明から準備運動~太陽礼拝の簡易版、そして短時間で(台本にはなかったらしいですが)シルシャアサナ=逆立ちのポーズまで!

参考になりました~!

放送はもう終わっちゃったんですが・・・某動画サイトに上がってるかも・・・

ご興味ある方は、「もがマガ 20161114」で検索すると観られるかも・・・


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd



前評判がとっても高くて、上映館のTwitter観ても、いつも満員御礼ってつぶやいてて(・∀・。)

私が観た回もほぼ満員でした!

第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。
(映画.comより)


ほわっと可愛らしい絵で、主役の声があまちゃんの人だったので、とにかく入り口がひろ~い感じ。ああ~かわいいなあ、と牧歌的な気持ちになって観ていると、お話はどんどん戦争に向かって行きます。

戦争中も、市井の人達の生活はきっとこんな風だったんだろうな・・・あからさまに反対できる空気ではなく、流れていく戦時風に吹かれながら食べていくことに一生懸命だったんだろうな・・・

主人公のすずさんという女性は、当時の常識やしきたりに従順で、そんな中でしんどいことはあっても、自分の居場所はどこで、自分がどう動くべきか、ということを、頭ではなく潜在意識の部分でちゃんと解ってる(だから計算、打算がない)、すごく賢い人だなあ、と思いました。

この雰囲気の柔らかさと、内面のぶっとい芯のバランス、欲しい!


この映画の中では、反戦メッセージ的なことは何も語られておらず、それなのに、観た人の心には違う形できちんと届くように作られていると感じました。

声高な感じが一切しない、とっても優しげな態で、実はすごく硬派な映画。


あと、ちょい空想というか妄想的なシーンもあって、観ながら、童話「いやいやえん」の中の「くじらとり」を思い出したり。



それから、映画の後半に、例の「玉音放送」が出てきます。

今年の夏、TBSラジオのこの番組で、

「終戦の日を目前に控えて送る、『トホホな大本営発表』特集by辻田真佐憲さん(文筆家・軍歌研究家)」

というのをやってまして、これすっごく面白いやら驚くやらで・・・↓

当時のめちゃくちゃでトチ狂った空気を想像するだけで震えがきます・・・


「この世界の片隅に」は、テアトル系で上映中。

大ヒットしてるので、拡大するかも。ロングランになるかも!


URL: youtu.be

この映画を昭和16年と18年生まれの両親と一緒に観たいな、と思いました。

私とはまったく違う感性と経験値で語ってくれそうな気がします。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd