映画「まなぶ」を観ました。

テーマ:

大阪・シアターセブンで「まなぶ」というドキュメンタリー映画を観てきました。

現在、日本には通信課程の中学校は2校しかないらしいです。夜間中学はもっとたくさんあるようですが。

いずれも、戦前、戦中(戦後の場合も!)に小学校を卒業して中学に進学できなかった人を対象に開かれています。

ですので、この作品に登場する生徒は70歳以上の人達。それぞれが、戦後の混乱期を必死で生き抜いてこられた方ばかり。

カメラは、そんな人達の授業風景や(通信制は、月2回登校授業があるらしい)、中には自宅や、若い頃の思い出の場所にまでついて行き、当時と今の心情を映し出します。

1人1人に壮絶なドラマがあり、小学校卒業後、学べなかった辛い事情がある。

でも皆さん、間に合った~!という感じで、生き生きと、本当に楽しそうに学んでいる。

観ながら「まなぶ」という言葉の本当の意味をずっと考えていました。

映画の後半、無事中学校を卒業した男性が、勉強の意味を聞かれて

「心が豊かになるよね」と答えていたシーンが胸に沁みました。

この男性は、小学校卒業後、奉公先から中学に行かせてやる、と言われた約束も反故にされて、ずっと安いお給料で働き通しだったそうです。いろんな技術を身につけても、中学を出ていないということで免許をとれないことも多く、若い頃は荒れた生活をしていたとも。

でも、70歳を過ぎて、年上の奥さんの介護をしながら、中学校に通って、先生と語り合う。

この方が卒業式で答辞を読んでいる時、彼よりずっと若い先生方は、感動で涙をこらえている。

学びたくて学びたくて仕方なかったのに、学べないまま社会に放り出されて、晩年の今、学べる喜びを感じている人と、

学びの意味を知ることのないまま、保護者に言われていやいや勉強せざるを得ない今の子ども。

どっちが幸せだろうか。

今を生きる幸せを享受できているのはどちらだろうか。

私は学校大嫌いだったので、学生だった当時は「まなぶ」ことの意味を全く見いだせませんでした。

でも、興味のある本だけをずっと読み続けたり、好きなことを好きなように書き散らす楽しさは知っていて、実はそのことは逆説的に、学校教育という、自分には全く合わない場所から自分を守るために探し当てることができたんじゃないか、と、思ったり。

そして、この映画に出てくる方々の足元にも及ばないけれど、私も、ずっと学び続けたい、と思います。

心が豊かになる、という言葉を心の中で反芻しながら、帰途につきました。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

去る28日に順延開催された「ひろたのいち イロドリ」。この日も1日冷たい雨が降ったりやんだりで( >д<)

結局、青空チャリティーYOGAは中止とさせて頂きました。

ご参加予定の方には事前に連絡がつきましたが、当日参加を考えていた方には申し訳ありませんでした。またの機会を待ちたいと思います!

先週のことになりますが、神奈川県逗子市の、日本ヴェーダーンタ協会で行われた、インドの儀式「カーリー・プージャ」に今年も参加してきました。


2日ほど前に上京して、埼玉の実家で過ごしてから、東京を超えて逗子に向かいました。

関西も寒かったけど、関東はさらに寒かった!

特に、逗子駅から協会に向かう時は冷たい雨も降っていて・・・

でも、やっと協会に着いて、礼拝の準備のお手伝いをしている間に、心も身体もゆったりと静かに温まってきました。

神さまの近くに来た感じ!

カーリー・プージャとは、インドの近代聖人、シュリ・ラーマクリシュナが最も敬慕していたと言われる「カーリー大母神」を礼拝する儀式。

キルタン(神様への讃歌)や、ホーマ(日本でいう護摩供養)に参加して、最後には、マハーラージから、ホーマの灰を額にビンディーのようにつけて頂いて・・・

寒くて冷たい夜でしたが、胸熱な時間でした!

プラサードの食事もそこそこに、横浜から夜行バスに乗って翌朝梅田に。

さすがにしんどかったけれど、荘厳な儀式を間近で見られた昂揚感からか、あまり疲れを感じず、何とか無事に帰ってこられました。

風邪もひかず、その日からすぐ日常に戻れたことに感謝です。すべてに感謝!


例えば・・・

家でキャンドルの炎を見つめながら、小さく「OM(オーム)」と唱えて、静かな時間を過ごす・・・これも立派なアラティ~浄化の儀式~。

YOGAの精神を日常生活の中に少しずつ取り込んでいくことで、より深い内側への探求の時間を持てるようになります。

アサナ(=ポーズ)だけではない、心の奥底に響くYOGAの智慧を、いつも意識して生きていきたいと思っています。





via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

10月21日(土)に予定されていた、ひろたのいち イロドリ は、台風の為中止となってしまいましたので、今週末、28日(土)に順延です!

青空チャリティーYOGAも同じく順延!28日の11時から行います!


参道を進み、そこから西奥(本殿と反対方向)に行くと樹々に囲まれた広いスペースがあります。

静謐な「氣」を感じながら気持ち良くYOGAしましょう!

参加費¥500は、全額、東日本大震災や熊本地震等、被災地への寄付金とさせて頂きます。


参道にはたくさんの可愛いお店が並びます。10時から3時までの楽しい市です。

どうぞ遊びにいらして下さい~!


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

今週の土曜日、21日は、廣田神社にて「第15回 ひろたのいち イロドリ」が開催されます。

そして今回も、境内で、11時~11時45分、青空チャリティーYOGAをやらせて頂きます!


参道を進み、そこから西奥(本殿と反対方向)に行くと樹々に囲まれた広いスペースがあります。

静謐な「氣」を感じながら気持ち良くYOGAしましょう!

参加費¥500は、全額、東日本大震災や熊本地震等、被災地への寄付金とさせて頂きます。

今回のイロドリのフライヤー、我が家の息子(中3)が描かせて頂きました。

主催のシロフォンさんからお声掛け頂いて、締切ギリギリに数点のペン画をお渡ししたところ、どーんと大きく、こんな素敵なデザインのチラシにして下さいました!

息子も家族も、良い記念になりました~有難うございます(*≧∀≦)ノ゙

青空チャリティーYOGAの詳細はTOPページをご覧ください。
ご予約、お問合せはどうぞお気軽に、こちらもTOPページからどうぞ!

さて、私は今週は上京しまして、逗子市の日本ヴェーダーンタ協会(ラーマ・クリシュナミッション日本支部)の「カーリー・プージャ」に参加してきます。

カーリー・プージャとは、インドの女神さまの一人、カーリー聖母神を礼拝する儀式。

自分の中の真理を掘り起し、少しでも自我(エゴ)を手放せるよう、少しでも神の足元に近づけるよう祈ってきます!



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

「ハイジ」を観て読みました。

テーマ:

少し前ですが、シネリーブル梅田で、映画「ハイジ アルプスの物語」を観ました。


小学生の頃、児童書で初めてハイジに出会いました。その後アニメ。

アニメも好きで、リアルタイムで観てましたけど、細かいとこまでは憶えてない。

本の方が好きで、繰り返し読みました。

(記憶では、原作者の名前は「シュピリ」ではなく当時は「スピリ」と表記されてたと思う・・・)

映画は、風景がとても美しくて、ハイジは原作通り、細身でちっちゃくて黒いちぢれっ毛で、アルムのおじいさんもまた、アニメよりも原作のイメージに近い荒くれキャラ。

ちなみにおじいさんを演じるのは、「ヒトラー~最後の12日間~」主演のブルーノ・ガンツ!振り幅大きすぎ(((ʘ ʘ;)))

実写版映画には、ヨーゼフは出てこないし、大きなブランコもないんですけど!

でもアニメを彷彿とさせるような描写もあって(クララの服がブルーとか)、じんわり懐かしく鑑賞。


帰ってすぐに図書館で原作本を借りました!

子どもの頃読んだ本はもう手元にないので、訳者も出版社もわからない。児童文学シリーズものの1冊で、きっと抄訳だったんだと思います。なぜなら今回再読した福音館古典童話シリーズ(訳は矢川澄子先生)は凄く分厚い長編だから。

一気に読んで、激しく感動!

ハイジが何かあると跳ねたり踊ったりしててめっちゃ可愛い。

その音は、きくものの耳に、胸に、いかにもやさしくしみわたり、きいているうちにハイジはすっかりたのしくなってきて、よほどうれしいことでもあったみたいに、木の下をぴょんぴょんはねまわりはじめました。(P33)

ハイジは、そうっとかたっぽのやぎをなで、それからもう一ぴきをなで、まわりをとびまわって二ひきをまた反対側からもなでてやりました。やぎたちがかわいくて、うれしくてたまらなかったのです。(P34)

ハイジはいうことをきき、それから、おじいさんのあとについて、こおどりしながら小屋に入って行きました。(P259)

ハイジはハイジでそのそばを歩きながら、とめどもなくこおどりしつづけていました。おばあの今後のことを考えると、うれしくて、ついつい一歩ごとにとび上がってしまうのでした。(P495)

改めて読んで、登場人物たちのそばには、いつも敬虔な信仰心があるのだと気づきました。昔読んだ抄訳には、このあたりの描写が略されていたのではないかなと思います。

ハイジは、お祈りするという行為をクララのおばあさまによって教えられ、アルムのおじいさんは、ずっと遠ざけていた信仰を、ハイジによって取り戻します。


おじいさんは、ハイジが現われるまで、孤独に山の上で1人暮らしていたのですが、その過程はアニメでは描かれていたのかしら・・・原作ではおじいさんの過去の過ちや、牧師さんとの和解の描写があります。

それから、この作品には、子どもが(というより人が)必ず通る、様々な経験や感情の波がストーリーに組み込まれていて、それが普遍的な面白さに繋がっているんだな、と感じました。

大人から受ける愛情とか、友情とか、自然への感謝や憧憬とか、奉仕とか、教育の大切さとか、ある種の諦観とか、嫉妬とか、その他いっぱい!

矢川澄子先生の訳も素晴らしいです。

もう1種類、岩波少年文庫版も読んでみたけど、福音館の方が、おじいさんやクララのおばあさまの台詞に人間味があるというか。

とにかく全編通して、格調高くて温かい!

例えば後半のこんな描写。

 こうして夕方になって、ハイジはふたたび山をのぼって行きましたが、おりから星が一つ、また一つと頭上にまたたきはじめ、きらきらとあかるいひかりを投げかけてきました。何かこう、どの星もハイジの胸にあらためて大きなよろこびをそそぎこもうとしているようで、ハイジは一足ごとに立ちどまって、空を見上げずにはいられませんでした。そして満天の星がいよいよあかるく、たのしげにこちらを見おろしているさまに、思わず大声を上げて呼びかけたのです。

 「そうよ、あたしにはわかってるのよ。どうすればよくなるかは、神さまがちゃんとごぞんじですものね。だからこそ、こんなにたのしく、安心していられるんだわ!(P398)


今回、久しぶりに読み返してみて、小さい頃に読んだ他の作品も改めて読みたくなりました。

「若草物語」や「小公女」や「秘密の花園」などなど。

今読んだら、当時とは全く違う視点で感じるところがあると思います。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

先日、近所の幼稚園のPTAからご依頼を頂き、保護者の方向けのYOGAレッスンをさせて頂きました。

集会所の広い和室で、ゆったりのびのび、皆さんと気持ち良く動きました!

私は、単発レッスンの時はいつも、最初に皆さんにYOGAのご経験の有無を伺い、それから「YOGAとは何か?」という非常に壮大で根本的な話を、超ざっくりとお伝えしています。

話したいことは山ほどあるけど、とりあえず

・周りと比べないこと

・自分の内側と対話すること

をお話し、レッスン中は、これに加えて

・呼吸を止めないこと

を常に意識して頂くようにしています。

だからアサナを作っている時も、しつこいくらいこの3つを繰り返しお話します(б´∀`)б

幼稚園児のお子さんをお持ちの若いママは、きっと普段はお子ちゃんやご家族のためにいっぱいいっぱいで、自身のメンテナンスは後回しになってしまいがちな立場。

多少腰が痛くても、背中や肩が凝っても、まだ我慢できるから・・・と頑張らざるを得ない立場。

でも、ご自分の身体と心の声を聴き、痛みや辛さをきちんと受け止めて早い時期に手当てをしないと、自分の手に負えなくなってしまうかも!

YOGAは、取っ掛かりとしては、肩凝りや腰痛の緩和(あるいは冷え取り、あるいはダイエット、などいろいろ)を目指してやってみる、ってことで全然OK!

けれども、少し続けていくと「身体に良いと思って始めてみたら、いつのまにか心も落ち着いてきた」という方がすごく多いです。

それは、上記に書いた

・周りと比べないこと

・自分の内側と対話すること

この動きは、自分の中のどこが気持ち良くてどこが痛いのか?

アサナの形を周りの人と競うのではなく、この形を作っている時、自分自身はどう感じるのか?

を、ゆっくりとアサナを作ることによって意識するようになるから。

その結果、自分自身を冷静に観察する癖がつき、イライラしたり、腹が立ったり、というような突発的な感情もコントロールできるようになります。

身体からのアプローチが、気がつけば精神面まで向上している喜び!これがYOGAです。

今回ご参加の皆さん、とても熱心に取り組んで下さり、伝え手冥利に尽きる90分間でした!

これをきっかけに、YOGAというツールを使って、ご自分との対話を楽しんで頂けたらと思います。

本当に有難うございました。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

3連休の最終日、9月18日(月・祝)は北名次スペースでの大人レッスン、行います。

平日はご参加が難しい方、この機会に是非YOGAを体験しにいらして下さい~

初めての方、お久しぶりの方、大歓迎です!


夏の暑さがやっと一段落したと思ったら・・・秋になるの速過ぎ・・・(๑ʘ∆ʘ๑)

でも嬉しい!アサナの時、身体に纏いつく空気が一気に気持ち良くなっています!


最近、練習を再開したシルシャアサナ(頭で立つ逆転ポーズ)。


「王様のポーズ」とも言われるシルシャアサナ。

難しそうに見えますが、練習すれば誰でも出来ます!

バランス感覚や、腕の力、よりもむしろ、「“恐怖心”に打ち克つこと」で、一気に成功に向かうポーズ(*☌ᴗ☌)。*゚

勿論、最初はインストラクターの元でチャレンジする方が良いです(特に首や背中が弱いという自覚のある方は要注意)。

ですが・・・

このように、足が持ち上げられたら、あとは自己練習ですぐにまっすぐ伸ばせるようになります!

怖ければ壁を使ってねd(´∀`*)

でも、ひっくり返ってしまっても大したことはないので、大丈夫、大丈夫、こけても大丈夫!と自分に言い聞かせることがすっごく大事!

思い込みが身体を縛ってしまっているだけなので、その思いを溶かしてあげて下さい。

あとは一気に伸ばそうとしないこと。ゆっくり、じわじわ、です。バランスが崩れそうになったら、心の中で「お腹!背中!お腹!背中!」と表と裏に交互に意識を向けると・・・気づいたらするっと伸びてますよ。



シルシャアサナは、全身を大きく逆転させることで、体液をリフレッシュさせる効果があると言われます。

見た目ほど頭と首の力は使いません。二の腕と肩に体重が乗る感じ。


実は私は平素、結構な頭痛持ちで、更年期に入ってから特にそれが顕著になってきました。

ですが、このポーズを毎日やるようになってからは症状が激減!

背中と方が鍛えられて、結果、首の負担が減ってきたからだと思います。

あと、このポーズは眼精疲労にも良いので、きっと相当に眼や顔周りも疲れているんだと。

要は身体という容器をさかさまにして体液をぐるん!と動かすことで、停滞やへばり付きをなくすイメージ(σ´∀`)
とにかくすっきりします!


出来た時の達成感もすごいよ。

まだまだ自分いけるじゃん!って気持ちになれます。

でも出来なくても問題なしです。

出来ても、出来なくても、どっちでもいい。

やりたかったら、やればいい。

アサナだけじゃなく、生き方全部に繋がりますね。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

2017年 寄付金振込みのご報告

テーマ:


ゆとりらYOGAでは、2011年の4月から1レッスンにつき¥100の寄付金を皆さんにお願いしています。今年で7年目に入りました。

金額がある程度まとまりましたら、半年ないし1年に1回のペースで、各種団体に送金を行っています。

去る9月5日、下記の4団体に振込みを行いました。



集計金額、¥52,300(2016年7月1日~2017年6月30日)

☆東日本大震災ふくしまこども寄附金 に ¥20,000


☆うつくしまふくしま子ども未来応援プロジェクト(NPO法人ビーンズふくしま) に ¥10,000   


☆はちみつ會 に ¥10,000  

※↑以上3団体は、東日本大震災関連団体



☆日本赤十字社・平成28年熊本地震災害義援金 に ¥12,300 


上記のうち「うつくしまふくしま子ども未来応援プロジェクト」さんと「はちみつ會」さんは、YOGAを通じてご縁がありましたので、初めて寄付させて頂きました!

特に、はちみつ會さんは、東京の町田市で、福島の子ども達の保養をメインに活動されている団体で、最近は特に、障害を持つお子さんに参加してもらうことに力を入れていらっしゃるそうです。

各地でこのような団体が様々な取り組みをされているんですね。

私たちも、出来ることを出来る形で!


被災地の皆さんが、YOGAの智慧で、1日も早く心身の静寂を取り戻してくださいますよう・・・

そして、引き続き、皆さんに同じ形でご寄付をお願いしたいと思います。

各地の災害被害を風化させないために・・・細く長く皆さんのご賛同を得られますように!

また、YOGAレッスンに参加されない方でも、寄付金お預かりさせて頂きます。どうぞお気軽にお声かけ下さい。



昨日の上ヶ原公民館レッスン。

沢山の方にご参加頂きました。

日常生活の中でも、「今」「ここにある」「心と身体」を意識すると、日々の過ごし方や疲労の度合いが、ぐん!と変わってきます。

今から1か月くらいはとっても気持ち良く過ごせる季節ですので、意識も向けやすい!

YOGAを始めるにはとっても良い時季です~初めての方もお久しぶりの方も、是非((´∀`*))



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

どちらも現在公開中の映画。

どちらも詩人が主人公の映画。

エミリ・ディキンスンのことは名前だけしか知らず、詩は読んだことがなかった。

でも、この映画を観てすぐに岩波文庫の詩集を買ってしまいました!

詩はもちろん泣けるくらい素晴らしい。

そして亀田俊介氏の翻訳がまた素晴らしい!

対訳形式で、注釈がたくさんついているので、この詩人の言葉をより近くで読んでいるような気持ちになれます。



「パターソン」は私達世代のカリスマ、ジム・ジャームッシュ監督の最新作。

URL: youtu.be

永瀬正敏も出てます!大御所感あり!

ジム・ジャームッシュ監督作品は、い~い感じにかったるくて、今回も劇場で何度か寝落ちしそうになったのですが・・・でもつまらないのではなくて、終わってからじわじわ効いてきて、今もしみじみと「面白かったなあ」といろんな場面を脳内反芻・・・!


エミリ・ディキンスンは1830年に生まれ、人生の後半は、ほぼ隠遁生活を送った実在の女性。

パターソンは、現代のニュージャージー州でバスドライバーをしている創作上の人物。

この2つの作品の主人公は、どちらも、判で押したような日々を送りながら、心の中はいつも、瑞々しい感性で溢れています。

行動範囲も狭く、慎ましく暮らしの中に、感動や思索の種を見つける様子が胸に迫ります。

彼等は、YOGAの八支則を生活と詩作で実践しているYogiのようで、だから外の者とは戦わないし、外に刺激を求めようともしない。

人間の葛藤や歓喜の根本は内側にある、と知っているのでしょう。


「パターソン」の中で、臨時収入の入った主人公夫婦が「今日は贅沢しましょう」って言って、モノクロの怪奇物のクラシック映画を観に行くシーンがあって、素敵だなって思いました。こういう贅沢大好き!

勤勉であること。質素であること。

その中に、美と喜びを見出すことが出来る人になりたい。

どちらも静かで厳しくて、そして優しい作品です。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

8月24日(木)

上ヶ原公民館にて、特別プログラム

「Yoga Nidra(ヨガ ニドラ)」を行います!


Yoga Nidra(ヨガ ニドラ)とは・・・

いわゆる「寝たまま」で行う(動かない)YOGAの技法。

身体の部位に、順々に意識を集中させていき、順番に力を抜いて行ってリラックスさせていき・・・そして最終的に、内観を伴う深いリラクゼーションに入っていきます。

1時間の練習で4時間の睡眠に値するほどの、高いリラクゼーション効果があると言われており、「覚醒のYOGA」とも言われます。


私が初めてYoga Nidraを受けたのは、今から15年以上前・・・。当時はYOGAを学ぶ前でしたし、多分、Yoga Nidraという名称は日本ではまだ使われていなかったと思います。

寝落ちとも違う、ただじっとしているだけとも違う、不思議な感覚にただただ驚いたことを覚えています。

数年前にはこんなアプリやCDが登場して

ディープリラクゼーション ヨガニドラー(ヨガニードラ) 寝たまんまヨガで簡単瞑想
ヨガニドラーとは、体と感情の不調和を整える究極のリラクゼーション。 自律神経のバランスを整え、短い時間で効果的な回復をもたらす、寝たまま行うヨガ瞑想です。 けがや高齢でヨガが難しい方にも、心の病を抱えた方にもおすすめです。 リラクゼーション音楽とともに日本語のナレーションでやさしくガイドします。 ::CONTENS DISC1:68分50秒 1、ディープリラクゼーション ショート 01:イントロダクション 02:イメージ ヴィジュアリゼーション 2、ディープリラクゼーション ロング DISC2:60分24秒 1、チャクラ・メディテーション 2、プラーナ・リラクゼーション 無意識下に隠れて...

体験した方もいらっしゃるかも!
体は疲れてるけど頭が冴えちゃって眠れない・・・なんて言う時は一発で眠れますよ!(本来の使い方からは離れてるケド(-ε-〃)


2012年に、当時インド・カイヴァルヤダーマヨーガ大学の名誉教授でいらっしゃったBhole先生のワークショップで理論と実践を学びました。

ゆったりと沈み込んでいく感覚。

身体は溶けてしまい、意識だけがすっきりと形づくられ、その意識の更に奥にあるものまでも、心の目で見えそうな、しーーん、という音までが聴こえるような、そんなイメージ。


私たちは、人間関係や情報社会の中で神経を使い、絶えずさまざまな刺激に晒されています。

慢性的なストレスや緊張や疲労でくったり・・・(。-_-。)


Yoga Nidraは、心身を、「本来ある姿」に返していく練習です。

夏休みも終盤。

子どもだけじゃなく、親だって相当疲れてる!

疲れた心身を回復するための特別プログラムです。

上ヶ原公民館での通常レッスンと同じ時間、お値段で行います。

ご都合つく方、ご興味ある方、どうぞお気軽にお問合せ下さい!




via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd