「ヒキコモリ漂流記」読感

テーマ:

去年の夏に出版された、芸人・山田ルイ53世氏の著作。図書館にリクエストかけたらすっごい人気で、やっと回ってきました・・・

私、髭男爵ってほとんど見たことなくて、タモリ倶楽部で1度「ワイングラスの値段でワインの味は変わるのか」みたいな企画に出てたのを見ました。そしたら高いグラスをちーん、ってする時にビビってたり、相方の人がお酒弱いらしく本番中に半分寝てたり、とかなり残念な展開で・・・案の定、その後タモリ倶楽部では見かけませんヽ(´A`)ノ

でも、この本出た時に結構話題になったので、読みたいと思ってたんですよね~。

この方は小学校の頃から出来が良くて、晴れて神戸の六甲中という有名男子校に合格するんですが、中2で引き籠りになり、そこからタイトル通り、大人になるまで漂流しまくるという、ヒリヒリするような半生・・・

読感としては、この人、文章上手いなあ!に尽きます。内容も相当ヘビーなんだけど、何より表現力がすごい。笑わされたり、じん、とさせられるのに「盛ってる」感じがしないです。東海林さだお氏のエッセイのような面白さ。

構成のクレジットとかないから、本人が書いたと信じたい。


それから、とにかく勉強頭(べんきょうあたま)が良い!出来が違う!進学塾行かずに有名中学入るし、引き籠ってるのに独学で大検通って、地方の国立大に入れちゃう。

もちろん、実際は相当な努力をしてるんだろうけど、もう持ってるモノが違うんだなあ~とため息が出ました。

そして凄いのは、その勉強頭の良さを、現実社会で殆ど活かすことなく今がある、というとこ。もったいなさすぎヾ(ω` )/

それは、ちょいちょい出てくる、家族を含めた、この人の出自というか生育歴に深い関係がありそうです。


良い学校、良い会社、入りたくても入れない人が多い。入れてもそれが幸せに繋がっていくとは限らない。むしろ入れたことで、そこから降りることが出来ず苦しむ様が、すごい推進力のある文章で綴られています。

何しろこの人はいいとこ入っちゃあ降りる、の繰り返しなんで、いい加減学べばいいのに、と読みながらハラハラするんですけど・・・

良いとこ入ることで、囚われちゃう、縛られちゃう人生って結構あると思う。

あと、頑張れば叶う、とか、夢を諦めない、とかのワードは、ゴールをどこに置いてるかでぜんっぜん意味が変わってきますね。

思いっきりやってイケたかコケたかの経験値を持つ人は、こういう言葉の無意味さを知ってるような気がします。

この本は、そういう安易な言葉がなくて、とにかくはっきりしてる。情景も心中も描写が具体的でとても好きです。



まだ私の後に待ってる人がたくさんいるみたいなんで、早く返さないと!




via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

YOGAご参加の皆さんにお声掛けさせて頂いてた、使用済みランドセルの寄付のお願いですが。

この度7つ(プラス、スクールバッグや古着)集まりましたので、とりあえず一旦締め切らせて頂きますね。

ご協力頂いた皆さん、本当に有難うございました!


今回も、国際社会支援推進会(ワールドギフト・World Gift)に送ります。

発展途上国では日本のランドセルは、色に関係なく大人気で、多少修理が必要なものであっても歓迎され、大事に使ってもらえるそうです。

最初は、我が家の息子のランドセル1つがきっかけだったのですが、お友達に声をかけたら、じゃあ一緒に、と言ってくれる人が何人も現れて、今回で2度目の発送となりました。

次回は未定ですが、ある程度個数がまとまったらその都度発送しようと思いますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい!






via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

バクティーヨガとキールタン

テーマ:

先週の東京、YOGA哲学講座は「バクティヨガとキールタン」の授業でした。

4時間キールタンの練習!

ずっとずっと歌ってました。

キールタンは頭のてっぺんが開くんですって!そしてエネルギーの通りが良くなるので疲れないんだそうです。

確かに歌っているうちに段々トランス状態というか、自分なりのゾーンに入るというか・・・

大声で歌うとか(例えばカラオケ)10年以上ご無沙汰なんで、大きく喉や頭が開く感じは本当に久しぶりでした!気持ち良かった!



さて、今回は親友のNちゃんのお家に押しかけました~!

アイアンガーYOGAをやってるNちゃんと、久しぶりにたくさんYOGA話して、おうちの周りを一緒に散策。

表参道歩いたの何年ぶりだろ・・・実は私このあたりで結婚式あげてるんですけどね。まったく覚えてないんで当然見つけられませんでした・・・


通りがかったお店がとても良い感じ!早めのランチしました。美味しかった!


また今回も、インド大使館でのバガヴァッド・ギーター勉強会に参加しました。

東京の勉強会は今回2度目でしたが、たくさんの参加者で、皆さんとても熱い。というか

スワミ・メダーサーナンダジが熱いので、全体的な雰囲気は静かなんだけど、奥の方でメラ

メラ燃えてるような感じ。

今回はもう終盤の18章1~10節を、13章に立ち戻っての講義でした。

自分の中や、ごく近しい周りに調和がないと、もっと大きな範囲の調和はない

というお話。

自分の内と外は合わせ鏡

という考えとも共通することですね。

いつも自分の心に置いておきたいです。調和、バランスって大事!

インド大使館は千鳥ヶ淵のすぐ傍です。お堀が水連でびっしりでした!




via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

先日観た、森達也監督作「FAKE」の余韻が去らなくて、すぐにこれを借りて一気読み(順番逆ですがヾ(´ε `;)ゝ)。

当時、週刊文春でこの疑惑をすっぱ抜いた、神山典士氏の著作です。

こちらは、もやもや感は一切ない。佐村河内氏はペテン師の悪党ってことで、彼がのし上がって慢心して挫かれるまでが、周りの証言やメールのやり取りなどで詳細に描かれています。

映画とは逆、というのではなく、視点が全く違う作品。

面白かったです!


さて、ドキュメンタリー映画が続くんですが

これも良かったですよ!

たくさんの人(著名人から市井の人まで)が、憲法について語る映画。


頷ける意見の人もいれば、「???」の人もいるけど、私はこれを観て、憲法について云々よりも、憲法に表れている「この国の理想」と、実際の現実との大きな隔たりを改めて感じました。

そもそも解釈次第でどうにでもなる憲法ってなんなん?とも思いますし、逆に憲法を解釈で読み替える怖さも同時に湧いてきます。

あと、政治や宗教の話が、普段の生活の中でなんとなくタブー視されているのも鬱陶しい気が。


この映画の中で、ある若い男性が、「例えば2時間の飲み会の中で、10分だけ、当たり前みたいに政治の話が出来たら世の中ずいぶん変わると思う」って意味の発言をされてて、ああ、気負ってなくて良いなあ、って感心しました。

宗教観だって、今や、与党に公明党がどん!といる訳だし、日本会議だって生長の家が中枢らしいし、ホントにもう政教分離って概念がダブルスタンダード・・・。

「私はこう思う」と、必ず自分を主語にして意見を述べれば「ああ、そうなんだね」って返せて誰も不愉快な思いしないと思うんだけどな。
そこで妙に過敏になって後からひそひそ・・・ってなるからきっと飲み会じゃ話せないのかヾ(ω` )/。

でも、違う思想を持ってる人がいるのは当たり前だしね。それが個性でしょう。


7/10の参院選の前に観るのがおすすめで~す!


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

映画「FAKE」を観ました!

テーマ:

話題騒然のドキュメンタリー映画。

森達也監督の久々の新作です。やっと大阪に来てくれました~!

2014年にゴーストライター騒動で日本中の注目を集めた佐村河内守をとらえたドキュメンタリー。(略)聴覚に障害を抱えながら「交響曲第1番 HIROSHIMA」などの作品を手がけたとし、「現代のベートーベン」と称された佐村河内。しかし音楽家の新垣隆が18年間にわたってゴーストライターを務めていたことや、佐村河内の耳が聞こえていることを暴露。(略)本作では佐村河内の自宅で撮影を行ない、その素顔に迫るとともに、取材を申し込みに来るメディア関係者や外国人ジャーナリストらの姿も映し出す。(「映画.com」より)



私は、15年前、森監督の「A」「A2」をリアルタイムで観て(当時の渋谷アップリンクはめっちゃ狭い小劇場みたいなとこでした・・・)
自分が当時からもやもやと抱えていた、「マスコミが伝える『事実』の雑さ」への違和感がはっきりして、ちょっとだけ安心した記憶があるんですよね。


「A」シリーズは、当時超ヒールだった(今もか)、オウム真理教の内側を撮った作品としてものすごく面白かったわけですが、今回のターゲットは、例の「佐村河内さん」。

でも私、当時の騒動ほとんど知らなくて、なんか、聞こえてんのに聞こえてませんって言って作曲してた人がゴーストライターに謀反起こされて、結果ごめんなさいした事件、ってことぐらいしかヾ(゚д゚)ノ゛

なので、映画を観終わった今、当時の事件を追ってる状態ヾ(´ω`)ノ

この映画のチラシには、ラスト12分は誰にも言わないでください、というかなりベタな煽りコピーが踊ってまして、勿論観てるこっちはその12分間思いっきり力入りました!


で、ネタバレなしで書きますけど、この作品のタイトル「FAKE」は、

・巷でうそつきと責められた佐村河内氏(と楽曲)

・作品に登場する、とあるTV制作会社に象徴される、マスメディアの在り方

・この作品を撮っている森監督の映像の切り取り方(つまりはこの作品)

これらすべてにかかっているんじゃないか、と思います。


じゃあ、FAKEの反対であるREAL?GENUINE?って何だろう・・・と思うと、上記の中に部分的に散りばめられているんだと、私はそう解釈しました。

世間から「ウソ」「ダメ」「詐欺」と誹謗されている人物や事例を、別の角度から見てみると、そう言われるに至った理由や、或いは当事者の言い分というものが必ずある。それはただの言い訳とか妄想と言われるかもしれないけど、でもその言い分を本人が本当に信じていれば、それは真実なのだと思います。

だけどその真実は、あくまでもその人限定の概念だから、世間の人には響いていかない。世間はもっと分かりやすくて茶化しやすくて「因果応報」を絵にかいたような展開が大好きなので(BッキーとかSョーンKとかM添さんとか)。

この映画の中で、佐村河内氏がシロかクロかっていうのはあんまり重要じゃなくて・・・というか、当時彼自身が謝罪会見してるそうなんでまあクロなんでしょう・・・でもクロと認めてすべてを失った彼の「真実」を信じる人が、当人以外にもう1人いまして。

それは奥さんです。

彼女は、彼の仕事のことも新垣氏とのやりとりも全く知らなかったと言っています。そして、彼女だけが佐村河内氏のことを無条件で信じている(ように映画では見えます)。

そこには確かに2人の間に揺るぎないものがある(ように映画では見えます)。


・・・という具合に、どうもはっきりした書き方が出来ないのですが、つまり、この作品は、どんなに感動的なシーン、微笑ましいシーンがあっても

「いやいやひょっとしたらこれもFAKEなんじゃないの・・・?」と観てるこっちがゆらんゆらんする、不思議な作品なんです。

このFAKEは佐村河内氏がやらかしたことという意味とは別に、今観せられている映像そのものが超演出(ヤラセ)なんじゃないの?という疑念です。

実際、この作品には森監督自身も出演していまして、佐村河内夫妻を、割とはっきりと誘導するような質問や、敢えて、な言葉を投げかけます。

で、これじゃドキュメンタリーではなくフィクションに近いんじゃないか、と思う瞬間の直後に「・・・!こういう質問をした時にこう答える2人を撮っているんだから、やっぱりこれはドキュメンタリーなのか・・・」と。

つまりはこんなふうにゆらんゆらん。

そんな中、飼われているねこがめっちゃいい味出してます!体型も表情も最高です!

ラスト12分については、確かに「!?!?!?」な気持ちになりますが、その中でも大ラス、エンドロール後の本当に最後の数秒間。

思わず「マジか・・・!」とつぶやいてしまいました。

この映像が語るのは、真実か、それともFAKEか。


大阪では、この作品の公開記念として、「A」「A2」がリバイバル上映されます。

行かねば!


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

明日、6/16(木)は、上ヶ原公民館でのYOGAレッスンです。

1部(9:10~10:20)、2部(10:35~11:45)ともに、10名前後のご予約ですので、まだ若干空きあります!当日のご連絡でも結構ですよ~。

湿度が高くて、何となく心身がもやっとしてる方、呼吸に意識を向けるだけで頭がすっきりしますよ。続けることで、気分すっきり!だけではなく身体もすっきりしてくるのがYOGAのすごいところです。何かを始めてみたい方もぜひ!

さて、今週日曜日の6月19日は、大阪城の西の丸庭園で「1000人YOGA」があります!

これは去年制定された「国際YOGA DAY」のイベントの1つで、この日は世界中でYOGAYOGAYOGA・・・!特別な日になりそうです。

大阪城西の丸庭園は、普段は200円の入園料がかかるそうなんですが、この日は無料!

朝10時から行われる1000人YOGAも無料で参加できますヾ(・∀・)ノ

私も行ってみるつもり~ヾ(^▽^ヾ)

ご興味ある方はぜひこちら↓

今日の夕方の空。何だか秋の鰯雲みたいでした。でも綺麗だった!



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

先週末、神戸で、うちこさんという方のYOGAレッスンがあったので参加してきました。

うちこさんは東京の方で、長くブログをやってらして、私このブログが大好きでヾ(・∀・`*)

とにかく知識量、読書量、勉強量がすごい!真面目なんだけどおもしろい!
ご本人はふまじめと言ってますが超真面目でそんな自分を面白がれちゃう人なんだと思う。

(うちこさんのブログは、YOGAやってる人なら1度はのぞいたことがあるんじゃないかな~と思います。ご興味ある方は検索してみて下さい。)




数年前から神戸に遠征に来て下さるようになって、私は今回で3回目の参加でした。

今まではアサナ中心のレッスンにだけ出ていたのですが、今回は興味津々の

バガヴァッド・ギーターをうなりながらタテノリで読む会

に参加しました!


事前に、バガヴァッド・ギーター(以下B.G)の中で印象に残った節とその理由をあげる、という課題が出てまして(ギリッギリに提出したヾ(´ε `;)ゝ)、当日は参加者が順にそれについて発言しながら学ぶ・・・というスタイルでした。

10人前後の参加者が、机を囲んで、読んで話して聴いて・・・おもしろい!

一人ひとりの選んだ章・節とその理由が、本当にまちまちで、読書会の面白さって、この多角性だよなあ、と改めて実感しました!

B.Gの奥深さも、逆につるんと読んじゃう怖さも、同時に感じたりして、やっぱ繰り返し読む必要のある聖典なんだと。

うちこさんの解説も縦横無尽に湧き出て、心地よく、湧き出る泉をごくごく頂く感じ!

B.Gがますます好きになったし、他の聖典もきちんと読み込んでいきたいな、と思いました。

この日は、その後ハタ・ヨーガのクラスと、補講として、YOGAの歴史と種類(国別の比較)も受講しました。こっちも他のところではなかなか受けられない授業でめっちゃ楽しかった!自分なりに復習して咀嚼して、自分のレッスンにも活かしたいです!

レッスン場所はいつも、神戸の「コミスタこうべ」というところで、阪急春日野道駅からちょっと歩く。で、途中にある市場がすっごくイイ味!何でもあるし、安い!外国人さん多い!

行きも帰りもまっすぐ歩けません・・・ついふらふら~っとあれこれ欲しくなります。で、帰りは野菜やお肉をどっさり買って電車に乗るというヽ(´∀`。)ノ


ところでこの日、ドキュメンタリー映画「永遠のヨギー」の話が出ました。東京では4月に公開されて、うちこさんはもう観られたそうなんですが、関西はこれからなんですよね~ネタバレなしで感想教えて頂いたんですが、うん、やっぱ観たいな。


うちこさんは、ジョージ・ハリスンのドキュメンタリー「Living In The Material World」がおすすめ!って言ってて、これは私封切時に観てて、確かにyogi、yoginiは必見、と思います!

私の当時の感想はこちら↓


レッスン後、帰ってから、思わずまたDVDで観ちゃった。

5年ぶりに観たら、また刺さるところが違いました・・・彼は58歳で逝ったその瞬間、すべてのものを手放せたのかな・・・とか。

おすすめです!



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

日本赤十字社から、熊本地震災害義援金の受領証とお礼状が届きました。

YOGAにご参加の皆さん、ご寄付頂いた皆さん、本当に有難うございました!

(2015年度の寄付金は、実際には6万円ほどでしたが、そのうち上記の金額を熊本地震の緊急支援に充てさせて頂きました。残りはチラシやネットでの記載通り、東日本大震災への義援金として寄付させて頂き、そちらも現在受領証待ちです。)

熊本地震への緊急支援寄付は、とりあえず今月末に一旦まとめてまた送金するつもりでいますので、引き続き宜しくお願い致します。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

映画「或る終焉」

テーマ:

この映画、何の予備知識もなく、ティム・ロス主演だ!なら映画館で観たい!という気持ちだけで観てきたんですが・・・とてもとても良かったです!

死期が迫った患者の看護師として働くデビッド。息子の死をきっかけに元妻や娘と疎遠になった彼は、患者の在宅看護とエクササイズに励むだけの寂しい日々を送っており、患者たちとの親密な関係が心の拠りどころとなっていた。そんなある日、デビッドは末期がん患者のマーサから、安楽死を手伝ってほしいと頼まれる。(「映画.com」より)



T.ロス扮する看護師と患者の対話や、患者を世話する時の所作が、ものすごく自然で(あと、患者役の俳優さん達が皆本当に「終末期」って感じでリアル・・・)、観ながら本当にいろいろ考えてしまいました。

というのも、この映画、音楽がほとんどなくて、会話も少ない。生活音や自然音は入るけど、全編とても静かで、映像も「解りやすい描写」があまりないのです。かといって、話を追うのが大変、という訳でもなく、心地良いけれども、訴えかけてくるメッセージはかなりきつい・・・という щ(゚Д゚щ)

主役のT.ロスの、謎めいていて何とも不安定な感じにどんどん引き込まれていって、引き込まれながらも、自分や肉親の終末期を想像したりして、逝く側や看取る側、それぞれの思いを考えたりして、そんな風に考えながらも、心の中は少しずつ静まっていって・・・

すごく不思議な魅力のある作品でした。

観る側に委ねられるものが大きな作品だな、と思いました。


原題は「chronic」。慢性の、とか、長患い、という意味だそうです。
でも「或る終焉」っていう邦題、良いな、と思います。

第68回カンヌ国際映画祭・脚本賞受賞作品。



で、今回のT.ロスすごく素敵だったんですが。

若い頃のも良いよね!



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

今年4月からポレポレ東中野で封切られてるドキュメンタリー映画。やっと、大阪のナナゲイに来てくれたので観に行ってきました!



私はリアル赤塚世代で、少女マンガ(というか少女向けTVアニメ)の原体験がアッコちゃんだったりします。今回この映画を観てて改めて思いだしたのは、自分の中の“女子力”は、アッコちゃんを観てた頃がピークだったってこと・・・コンパクト買ってもらったしね!

・・・調べたら3歳位の時でしたヽ(´∀`。)ノ


ア太郎とかバカボンとかもTVで観て、その後原作漫画に触れて、それがあまりにぶっ飛んでたんで、夜、悪夢を見たりしました・・・原作漫画は何ともブラックで絵が怖い時があったんですよ・・・

その後、タモリとか山本晋也カントクとか高平哲郎とかと変なコトしてたり、猫の菊千代とTV出たりと、漫画家というより「いつも酔っぱらっててへらへら楽しそうにしてるおじさん」的なキャラになって、気づいたら、この世からいなくなっていた・・・もう亡くなって8年になるんですね。


赤塚不二夫という人は、「笑わせたい」というより「笑われたい」一心でエロやナンセンスに走ったようで、このドキュメンタリーのコピーが「笑ってくれれば死んでもいい!!」でした。そして、そのエネルギーは漫画だけでは収まりきれなかったみたいです。


この映画では、「没法子(メイファーズ)」という中国語がキーワードとして出てきます。

これは、仕方ない、とか、どうしようもない、という、意味だそうですが、これが、中国で生まれた赤塚氏の座右の銘であり、例の「これでいいのだ」に繋がってると知って、この人の作品群も人生もこの言葉に裏打ちされたものだったんだな・・・改めて、赤塚先生ありがとう!って思いました。

思えば私の世代は、手塚治虫氏も赤塚不二夫氏も藤子不二雄氏もリアルタイムで読めたわけで、つくづく幸せだなあ、と思います。

で、エンディングテーマをタモリが歌ってて、しかも「ラーガ・バガヴァッド」って曲で、赤塚先生インドラ神みたいになってました!すごい・・・生前はある意味yogiだったんですね!

(お酒と女性には執着しまくりだけど、お金には全く執着しなかったって。莫大な収入があったはずなのに、スタッフに横領されたり、お店やビジネスを次々潰したり・・・亡くなった時は全部使い切っちゃってたらしい)


↑30秒しか聴けなくて残念・・・


おまけ

このドキュメンタリーは、関係者が次々出てきてトキワ荘時代やフジオ・プロ時代を偲ぶんですが、水野英子や土田よしこ、田村セツ子が出てきたのはびっくり!なんか伝説の漫画家ってイメージが強いので。

あと天才アラーキーが昔のイメージそのままで出てきて(髪は白くなってたけど)元気いっぱいにコメントしてたのに感動しました!













via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd