先週の3連休は、日本ヴェーダーンタ協会のリトリートで比叡山 延暦寺~奥琵琶湖に行ってきました!


去年、永平寺のリトリートに初めて参加して、たくさんの気づきを頂いたのですが、1年経つと、日々の生活に飲み込まれて、気づきがなかったようにすってんてんで(´Д`)・・・なので、また振出しに戻るような気持ちで2度目の参加。

定例の勉強会でおなじみの先輩も、1年ぶりに会う方も!

身体も頭も心も沢山使った旅になりました(´∀`艸)

延暦寺は初めて!

僧侶の方やボランティアガイドさんのお話を伺いながら・・・

只今根本中堂工事中!約10年の計画だそうです。

受験生の息子に進学成就のお守りを買いました。

この緑はもみじ。秋はさぞかし・・・(*゚∀゚*)!

そして、バスに揺られて琵琶湖畔へ!
いつも私達を優しく厳しく導いて下さるマハーラージの講話を2泊3日で聴ける大事な機会!

琵琶湖からの景色


今回のリトリートのテーマは

~より高い生き方への「気づき」と「実践」~

バガヴァッド・ギーター 第6章より

第5節

人は自分の心で自分を向上させ、決して下落させてはいけない。何故なら心は自分にとっての親友であり、かつまた同時に仇敵でもあるからだ。

第6節

自我心を克服した人にとって、心は最良の友であるが、それを克服できない人にとっては、心こそ最大の敵となる。

自分をコントロールすることの大切さ

すべては自分の中にあると知ることの大切さ

を繰り返し説いて下さいます。

朝は4時過ぎに起きて、日の出を感じながら湖畔で1時間の瞑想・・・


その後は湖畔YOGA!
お天気も薄曇りでちょうどいい感じ( ´∀`)

今年もU先生の素敵なリードで、ゆ~っくりとブリージング&アイソメトリックアサナ。

瞑想後は、超スローな動きでも身体にしっかりじんわり、波動のように響きます。

U先生、有難うございました!

講話、アラティ(マントラや賛歌を皆で歌う)、聖典の輪読、サットサンガ(皆で自由に話し合う、分かち合う)・・・とにかく盛りだくさん!

だけど、食事中は「沈黙の行」なので、お喋りはしないし、スケジュールの区切りで必ずマントラを唱えるので、慌しいけど、心がざわめくことはありません。

どんどん、どんどん、深い所に潜っていく感じ。

2日目の午後には皆でぶらぶら、お散歩にも出ました。

↑これ、わかりますでしょうか?木のてっぺんに不安定な感じで鳥が止まってゆらゆらしてました。かわいかった!

大きな木陰でマハーラージーを囲んでのティータイムはとても豊かな時間でした。

サフラン色のマハーラージー


後半の講義のエッセンスの1つ


過去も未来もコントロールできない

コントロールできるのは、今、この瞬間だけ

だからこの瞬間を誠実に真摯に生きようと思います!


今年も沢山の学びと気づきを頂きました。

朝から晩まで、志を分かち合える人達との生活は至福でした!

・・・日中眠くなる時もあったケド(+o+)

マハーラージーに感謝。皆さんに感謝。

そして快く送り出してくれて、戻ったら「おかえりー!」と迎えてくれた家族にも大感謝!


すべてにOM ॐ ॐ ॐ



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

明日は先週から2週続きのレッスンです!

先週はいつも以上に動いてみましたよ~その流れで明日もメリハリつけたフローで攻めたいと思います!

1部、2部ともお席ありますよ~(o・∀・)b゙

もちろんラストは気持ち良くシャバアサナで!

急に暑くなって、湿度も高くて、ちょっと動くだけで顎が出ちゃうくらいバテる・・・

でも、暑さも寒さも一時的な感覚。その感覚を理由にしてイラついたり凹むのはちょっと違う気がします。

身体はしんどくても、それはそれ、精神は静謐に志高く保ちたいです。

YOGAのアサナ(=ポーズ・体操)、呼吸法、瞑想、他すべては、自分の奥深くを探求するための手法です。

暑かったり、しんどかったり、イライラしたり・・・そんな風に不快に感じるその奥にはどんな思いがある?

気候や(あるいは他者が)自分をイラつかせていると思うかもしれないけど、同じ環境でもまったく平気で、元気で穏やかな人もいる、それは何故だろう?

そんな風に自分自身をじっくり観察する時間を持つと、気がつけば、腰痛や肩凝りが治まり眉間の皺も消え、姿勢も良くなって・・・(b゚v`*)

何より、頑張っている自分自身を認めて労わろうという気持ちが生まれます。

周りが褒めてくれなくても、自分で褒めることができる。それだけで満足することができる。

すばらしい!

繰り返しになりますが、アサナは、自分自身への探求ツールに過ぎません。

ですので、硬いとか、曲がらない、伸びない、等で萎縮する必要は全然ないのです。

とっかかりとして、イタ気持ち良い感覚を味わって、その後のすっきり感を堪能して下さい。

そこが探求の旅のスタートです!是非ご一緒に.(o´∀`o)゚


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

福岡県北部での大雨被害、ニュースを見る度に心が痛みます。

折しも、この週末、所属する日本ヨーガ療法学会の研究総会が福岡で開催されていました。

私は今年は参加しなかったのですが、行った仲間に聞いてみたら、会期の後半は雨も上がって蒸し暑かったそうです。

ですが、朝倉市と東峰村では大勢の方がなくなり、まだ行方が分からない方もいらっしゃいますね・・・

6日の公民館レッスンでは、瞑想の時、被災地を思い、祈りを送らせて頂きました。

どうか、被害がこれ以上広がりませんように。

さて、春からお声掛けさせて頂いていたランドセル。

集まりましたので、今年もワールドギフトさんへ発送しました!

今回は偶然、男子ばっかり!

でも皆さん、きれいに使ってますよね~まだまだ働けるコばかりです!

海の向こうで役立ってくれますように・・・

託して下さった皆さん、有難うございました!


話は戻りますが、平成29年九州北部豪雨災害への支援について、福岡市HP内に特設サイトが設けられています。

出来る人が、出来る方法で、出来る支援を!と思います。



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd
AD

不定愁訴あれこれ ②

テーマ:

毎回直前のご連絡ですみません!

明日7月6日(木)は上ヶ原公民館レッスンです。1部、2部ともお席ありますが2部の方が比較的ゆったり受けて頂けるかと。

さて、不定愁訴。
最近はだいぶ良い。

単純に、「慣れた」のか、所謂「峠は越えた」のか、あるいは「YOGAの智慧が沁みてきた」のか?

多分全部だと思うんですが!

(それから、尊敬する先生にメールしたら、東京から遠隔ヒーリングをして下さるとお返事があり、そのおかげもあると信じています。実際すごい身体の変化があったし!)

私がつくづく思うのは

「YOGAをやっていて良かった!」ということです。

周りの人に、「更年期障害でしんどくて・・・」と話すと、「ヨガやってるのに?」的なリアクションが来ることもあるのですが、やってなかったらきっと、もっとひどい症状に襲われてたと思う。

元々私は、虚弱で貧血気味で頭痛持ちで、子どももなかなか授からず不妊治療のお世話になりました・・・要は、婦人科系というか身体全体が弱く、更年期障害の大波に思いっきりのみ込まれる可能性が高かったのです。

なので、これくらいで済んだことは本当にYOGAの恩恵だと思っています。

身心の客観視

感情の制御

執着を手放す

これらのことを、パーフェクトには出来なくても、やろうと意識することが、落ち込んだり情緒不安定になりそうな自分を救ってくれました。

まだまだ波が来そうだけれど、ゆっくりと静まり、年相応に「降りていく」自分になれるよう、自身を観察し続けたいと思います。


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

不定愁訴あれこれ ①

テーマ:

不定愁訴 ふていしゅうそ とは・・・

一つの疾患としてまとめられない種々の主観的訴えで、漠然とした身体的愁訴が主体となっていながら他覚的に器質的疾患の裏づけができない場合をいう。たとえば、動悸(どうき)、めまい、頭痛、頭重感、全身倦怠(けんたい)感、胸部圧迫感、下痢、振戦(震え)などのうち、二つまたは三つ以上、あるいはこれらの種々な組合せを訴えるわけで、更年期のときによくみられ、更年期障害を不定愁訴症候群とよぶこともある。(日本大百科全書より)

ということで、要は更年期障害の別称ですね(((ʘ ʘ;)))

で、私は現在50歳で、今年のはじめくらいから、じわじわっと「ん?来たか?」と思うことが増えてきました。

ようやく心身の変化に慣れてきたので、ここでざっくり振り返ってみようと思います。

症状としては

・急に白髪が増える。そして頭皮が過敏になる。

・体重がじわじわ増加し、なかなか戻らない。

・日中とにかく疲れて眠い。仕事や家事が一区切りすると、どっと睡魔が来る。

・以前から頭痛持ちだったが、頻度が高くなり、痛みも激しい。

そしてそして、1番閉口した、というか恐怖だったのが・・・

救いようのない虚無感、というか絶望感に襲われる瞬間があったこと です!


この感覚は、正直、生まれて初めてのものでした。

若い頃しょっちゅう感じていた、「怒り」や「やりきれなさ」みたいなのとはまた違う、沼の底から、にゅううう~っと手が伸びてきて、足首を掴まれて、そのままずぶずぶと引きずりこまれるような恐ろしさ・・・ Σ(゚д゚ )

仕事(=YOGA)がなかったら、そのまま沈んでしまっていたかも!

でもレギュラーのクラスがあるし、以前から申し込んでいた研修会もあったし、犬の散歩だって1日2回行かなきゃ可哀想だし(・x・U)

主人と息子には、備蓄のインスタント麺とかコンビニで何か買ってきて~とか、結構迷惑かけました(犬の散歩も何度か代わってもらった)・・・2人とも嫌な顔せずに、いつも「大丈夫?」と聞いてくれて、おかげで、早く元気になりたいな、と思うことが出来ました。

ト、過去形で書きましたが、そして実際、1番酷い時期はもう抜けたとは思いますが、でも、以前とまったく同じ、という訳ではありません。

加齢なのか、不定愁訴の軽い症状が続いているのか、はたまた両方なのか・・・YOGAをしながら、自分自身をじっくり観察する日々です。

今度「絶望感モード」に突入してしまったら、どう対処しようか?いやそもそも突入しないように何か出来ることはないだろうか?そんなことを、あまりガチガチに考え過ぎず、まったりやわやわと探求中ヾ(´▽`*)

そんな訳なので、同年代の方や、「ん?来たか?」と思われた方は、どうぞお気軽にお声かけください!

心身両面のシェアが出来たら嬉しいです。

この話、もうちょい続きます! ε=ε=ε=o(*’◡͐’)o


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd


私は現在、TVは殆ど見てなくて、ニュースは専ら朝日新聞とTBSラジオのポッドキャストで入手します。

(朝日新聞は、実家でずっととっていたからというだけで深い意味はありません。習慣でとってるだけって感じ。時々、読売新聞の人生相談とか読むと面白い~と思うけど、切り替えようとまでは思わない。)

TBSラジオということは、自然とニュースは毎日新聞系になり、朝日・毎日という、所謂リベラル紙の情報がメインに入ってくる、ということになります。

でも、最近の政治ネタはとにかくうっとおしいくらい賑やかで、もうかたっぽう(保守系)の見方も知りたいな、と思う。

なので、読売や産経を支持する人たちのコメントをYouTubeで音声だけ聴いたり(ニッポン放送はかなり右寄り!)。


すると、1つの事例に対して、よくもこんなに違った解釈ができるな、と思う程、真逆だったりします。

例えば直近の例だと、加計学園問題。

前川前文科事務次官がついこの間、日本記者クラブで行った記者会見。

全編聴きましたけど、非常に理路整然としていて、反省すべきところはきちんと認めて、その上で、身を挺して立ち上がったその姿に感動を覚えました。

何より、非常に真面目で誠実な人だなあ、と。2時間の記者会見で、綻びが見えないのが凄いなって。

(でもまあ出会い系バーってどんなんや、とは思うケド)

URL: youtu.be


で、左派の人達は、前川氏を褒め称えて、安倍首相とそのお友達を徹底追及だ!と息巻く。

右派の人達は、前川氏が現役の時に何故告発しなかったのか?出会い系バーとか行くような人の言うこと信じるんか!と叩く。

同じ会見なのに見てるところがまったく違う。

しかも真っ二つに分かれる、というのではなく、皆それぞれに見立てが違う。

そもそもの思い込みの上に、自分の見立てを乗せることで、各々が見たい「現実」を作り上げてるなあ~と思う。

で、こういうことは、もっともっと小さなレベルで、私達の生活の中でも日常茶飯事で、更に1人1人の内面でも複数の見立てがせめぎ合い(「迷い」とも言いますね)、それが再びもっともっと大きくなって、内閣と国会が何だかしょうもないことでガッタガタになっているような気がします。

内界と外界は合わせ鏡、ってやつです。

つい先日、ある女性議員が秘書にものすごい暴言・暴行を働いたって告発されて、音声が出まくってますよね。

あれとか本当に聴き苦しいけど、単に「ひどすぎる」「信じられない」「いやはやいやはや」みたいな感情で片づけてしまうのも何か違う気がする。

スーパーエリートの闇・・・的な報道もされてて、ゴシップとしては相当「悪趣味故に面白い」案件ではあるんですけど!

加計問題にしろこのパワハラにしろ(森友問題とかもきっとそう)こういうガッタガタな事象を知ると、「良心」とか「善」の存在をどう位置付けるか?を思います・・・。

誰しも持っているけれども、それよりも大事なものがあるのか。

持っていることを忘れてしまっているのか。

最初からそんなものは信じていないのか。

あるいは、そのもののために、一見対極にあるような行動を敢えてとってしまうのか。

などなど。

私なりに思うのは、

誰でも本来は「良心」や「善」を根底に持っているのに、そこから湧き出る気持ちで動くのではなく、

「良心」や「善」を外側に示すことを目的にして動くから

後ろめたいことがあるとそれを隠そうとして

しかし隠すと言っても完全に蓋をするとその感情がぶつぶつと発酵し

逆噴射を起こすのでは?

あとは、「良心」や「善」よりも「金銭」「名声」「権力」の方が価値あるものと思うと、逆噴射起きやすいだろうなあ・・・

識別って大事だな、と思います。

あと、豊田議員は暫く療養したあと、YOGAやったら落ち着くと思います!マジで!


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

直前のご連絡ですが、ご要望を頂きましたので、明日6月22日(木)、10:00~11:30、北名次の自宅スペースにてレッスンあります。ご都合つく方はぜひご参加下さい!


さて、今日は国際ヨーガの日!

大雨の中、上本町まで、日本マタニティ・ヨーガ協会の研修会に行ってきました。

私は現在は、マタニティ・ヨーガのレギュラークラスは持っていないのですが、協会のM先生(男性・産婦人科医)の講義と、インストラクターの先生の実技指導が、毎回めっちゃ勉強になる!ので、出来るだけ研修に参加するようにしています。

今回も、「身体は歳をとるが、心は歳をとらない」というお話から、

ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッドの中の一節

「夫を愛するがゆえに、夫が愛しいのではない。

アートマンを愛するがゆえに、夫が愛しいのである。

妻を愛するがゆえに、妻が愛しいのではない。

アートマンを愛するがゆえに、妻が愛しいのである。

子を愛するがゆえに、子が愛しいのではない。

アートマンを愛するがゆえに、子が愛しいのである。

一切のものを愛するがゆえに、

一切のものが愛しいのではない。

アートマンを愛するがゆえに、一切のものが愛しいのだ。」

(講義では「アートマン」は「自分」に言い換えられていましたが)

を引用されて、識別の重要性を興味深く語って下さいました!

実技もすっごく気持ち良かったです。

マタニティ・ヨーガは、所謂リラックス系のYOGAとは違って、寛ぐばっかりではなく、体操の要素をきちんと取り入れて、なおかつ、おなかの赤ちゃんとの繋がりを意識するため、ゆっくりと、安全に気をつけて動きます。

その意識と注意が、結果的に、丁寧に丁寧に自身を観察することになり、静かな動きでもとても心地よく、終わった後は、感覚がより研ぎ澄まされるような気分・・・

一般のクラスでも十分いけるようなプログラムなので、積極的に取り入れていきたいな、と。

ところで。

今年は、8月の上ヶ原公民館レッスンを、1回開講します。ヨーガニドラ(覚醒のYOGA=寝たまんまYOGA)をメインにした特別プログラムを予定しています!詳細は後日!


その他、夏休み中も、北名次スペースや出張など、出来るだけご要望に応じたレッスンをさせて頂きますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい!






via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

朝の瞑想

テーマ:

今年に入ってから、毎日の瞑想を自分に課していましたが、半年経ってようやく習慣化した気がします!

短い時は10分くらい。時間がある時は40~50分。

マントラ~聖典(何小節か音読したり、以前の講義録を読み直したり)~瞑想、の流れが出来てきました。

体調が悪い時も、以前なら、今日は無理無理~明日はちゃんとやる・・・(+o+)屮
とか自分に言って寝ちゃってたんですが、最近は、5分でも3分でも瞑想しよう!という感じで、ごはんとか歯磨きみたいな感覚( ^-^)

で、ここ数か月の課題は「朝、瞑想したいなあ」というものでした。

去年、ガンジス河の中州で、朝日が昇る時間に瞑想をした時の感動は凄かったです。

夜明け前から目を瞑り、約1時間・・・目覚めた時は、薄曇りでしたがすっかり明るくなっていました。

(このHPのTOPの写真はその時の朝日です)

あの時、瞼の裏に映った巨大なビジョンは、自分の記憶の中でますます大きくなり速くなり、うねるような力強さで、今でも自身を圧倒します。

インド哲学の師匠も「瞑想は朝やるのが1番良い」と仰いました。

夜明けがベスト。それ以降の時間でも、とにかく朝のうち、と。

でも、朝は仕事に出かける準備とか、洗濯物干すとか、その他家のことなんじゃかんじゃ・・・で、そんな時間とてもとれない!

ところが。

夕方~夜の時間帯に瞑想を続けるうちに「明日は朝のうちにやろう」という気持ちが日に日に強くなっていきました。

なぜか?

終わった後の気持ち良さが素晴らしくて!

夕方、疲れていても、目覚めた後こんなにすっきりするんなら、朝やったら、めっちゃ元気にその日1日を過ごせるんじゃなかろうか、と。

で、最近は、思い切って朝の瞑想時間を作っています。

とは言っても、その分朝早く起きるということではなくて、前日に出来ることはしておくとか朝の身支度を早めにするとか、そういったことで、意外なほどあっさりと時間をとれるようになりました。

義務感から頑張る、という訳ではなく、やりたいことを続けてたら自然と・・・という感じです。

で、朝瞑想の効果は?というと・・・

やはり1日の始めに静かな時間を過ごせることは素晴らしい!

お布団の中でゆっくり、とか、朝の一仕事の後のおやつタイム、とかとは(これらも嬉しいケド)、また違う気持ち良さです!

過去の封印していた記憶がどばっと出てきたり、心配事がぐるぐると巡るだけだったり、といった時もあるけど、そんな自分を客観視できる瞬間があったりして、そんな風に瞑想を重ねていくと、静かな時間~心が落ち着く~すっきりする、といった流れからもう少し先に行けるような気がします。

今は「マインドフルネス」ブームで、興味を持つ人も増えてきてますね。

瞑想には、たくさんの種類や手法があるので、本屋さんを覗いたり、ネットで検索かけるのも良いかも。

私の公民館レッスンでも、毎回アサナの後、5~6分の瞑想時間を持っています。

3分でも、1分でも!

目を瞑って肩の力を抜いて静かに過ごす時間は至福です。おすすめ!


via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd

メンターのような存在

テーマ:

まだYOGAに出会う前の、20代の頃「マインドコントロール法」という本に出会いました。


著者は、小池能里子さんという、カウンセラーで、ソシアルダンスやYOGAの講師もやっている方でした。

内容がとても分かりやすかったので、他の本も・・・と探してみたら、当時、この方はたくさん本を出されていて、次々に読んだ記憶があります。

その後、何度も引っ越しをしましたが、上記の本ともう1冊は、20年以上経った今も本棚に。


そして、YOGAの勉強を始めた頃、この先生のブログを発見しました。何だかとても懐かしく思い、自分のYOGAの道筋には、この先生の本の影響もあるのかな・・・と漠然と感じて、東京で行われたセミナーに参加しました。

その後はお会いする機会はないけれど、先生のブログはほぼ毎日更新されているので、いつも楽しみに読ませて頂いてました。

私は、ヨーガ・ニケタン日本支部で学び、聖名も日本で受けました。そして去年、念願のインドに行って、デリーのニケタンでアルタ、ラリナ両師に再会した時、ふと、以前読んだブログに、お若い頃の両師と能里子先生が一緒に写っている写真がUPされていたことを思い出しました。

不思議なご縁を感じて、帰国後、両師の写真と旅の感想を先生にメールしたところ、とても喜んで下さって、それを機に、時折メールをやりとりさせて頂くようになったのですが、ここ2か月ほど、ブログの更新がなくちょっと心配で・・・


そうしたら、ついこの間「読売新聞の投稿欄に載りますので見て下さい」というメールが届きました。

先生お元気なんだ!良かった~、と思い、ブログ更新されてないんで心配してました、とお返事したら

「ブログ一日も休んでません。急にお引越ししました・・・」というお答えが!


慌てて検索かけ直したら、確かに。

先生は別のURLで、ず~っとブログを書き続けていらっしゃいました。

2か月分を次々と読みながら、能里子先生のバイタリティと、柔らかな感性をいっぺんに受け取って、自分の中の可能性がほんの少し見えてきたような気がしました。


実は私は、去年の冬あたりから、更年期なのか、心身共にしんどい日が続いて、仕事も家事も、ふわふわというかあっぷあっぷというか・・・なんとも心もとない時間を過ごしていました(この話はまた後日少しずつ書きます_| ̄|○)。

でも、先生の
すべての根本は自分を好きになることです

という言葉を改めて読んで、ぐいっと腕を引っ張ってもらえたような気持ちに・・・!

能里子先生は、現在81歳。私の母よりも年上ですが、ブログの中の先生は本当に可愛らしく活動的で、認知症7年目のご主人様ととても仲良く過ごしていらっしゃるようです。

何より、毎日ブログ更新というのが本当に凄い・・・尊敬します!


1度しかお会いしたことはないけど、私にとってはメンターのような存在。



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd


西脇や加古川で「スーリヤヨガ」を主宰されている、お友達のリーみずほさんにお声掛け頂いて、今年もワークショップをやらせて頂きました。

5時間近い長丁場で、しかも!その前の時間にみずほ先生のアサナのクラスもされてたんで、ご参加の皆さんは、丸1日がっつりYOGA漬け!

頭も身体もたくさん使った1日だったと思います。本当にお疲れ様でした!


前回同様、YOGA哲学の基本「パンチャ・コーシャ(人間五蔵説)」「アシュタンガ(八支則)」をさらった後・・・

今回のテーマは「カルマ・ヨーガ」。

「カルマ」とは?「カルマ・ヨーガ」とは?

その違いとは?それらの本来の意味とは?

それらを実生活でどう意識するか?

休憩中もランチの時もYOGA話・・・ღ˘◡˘ற


午後からは、聖典「バガヴァッド・ギーター」のカルマヨーガの章(第3章)を輪読。

そしてアサナの時間は、後半、ゆったりとヨガニドラ(寝たまんまYOGA)を!

ラストは、カルマヨーガをテーマに、30分間のシュラバナ(聴聞)・マナナ(熟考)瞑想。

30分の瞑想は、初めて、久しぶり、という方もいらっしゃいましたが、大きくて静かな氣の満ちる、素晴らしい時間でした。

YOGAはアサナだけじゃない。

八支則の中のニヤマにも、Svadhyaya(スヴァディアーヤ)=「聖典学習」が謳われています。

学んで動いて人生に生かすのがYOGAの智慧です!

自分もまだまだ勉強中の身ですが、皆さん本当に熱心に聴いて下さいました。

素敵なサットサンガの時間が持てたことを、とても嬉しく有難く思いました。


全体を通して、時間配分が上手く行かなかったことが悔やまれます。次回はもっとポイントを絞ってゆったりディスカッション出来たら!

ご参加下さった皆さんと、勉強の場を下さったリーみずほ先生に感謝です。

本当に有難うございました! ॐॐॐ



via ゆとりらYOGA
Your own website,
Ameba Ownd