今日は旦那のリクエストで、明日のお弁当用(+夜食)にサンドイッチを作りました。サンドイッチのフィリングは旦那の大好きなエッグマヨネーズ。半分は焼いたベーコンを加えたベーコンエッグマヨネーズです。


サンドイッチのフィリングは普通の食パンではなく、久しぶりに動かしたホームベーカリーで焼いたこのパンに詰めました。


ホームベーカリーで作るコルネのエッグマヨサンドイッチ

私、中学1年生の夏ごろから2年生になるまでの10ヶ月足らずの間に、なんと身長が、14~15cmも一気に伸びたんです!毎晩、高いところから落っこちる夢を見ては、地面に到達する寸前に目を覚まし、あぁ、気持ちいぃ~~~!って思っていました。


人間は骨が伸びる時、高いところから落ちる夢を見るそうです。旦那に言わせると、それは完全嘘っぱちってことですが...(笑)


短期間にこれだけ大きくなった私。その頃の私の食欲は半端ではありませんでした!


母がお弁当を作れなかった日は学校で菓子パンを買ってお昼にしていたんですが、その食べる菓子パンの量と言ったら、今思い出すと恐ろしい!


必ず3つ買って食べていたんです。一番高価なハンバーグパンにバタークリームとグラッセチェリーの入った揚げパン。そしてもう1つがチョココルネでした。これは私のお決まりで、売店に行くと黙っていてもおばちゃんはこの3つのパンを手渡してくれたほど。


そしてこの3つの菓子パンにジュースを買って飲むんですが、それも半端じゃない量。200ml程度入った三角形のテトラパックのコーヒー牛乳、オレンジジュース、レモンジュースの3つを必ず1つずつ買って飲んでいたんだから。私は化け物か!(爆)


175cmの身長が若い頃からのコンプレックスだった私は、大人になってから、中学時代にあのパンとジュースのバカ食い、バカ飲みをどんだけ後悔したことか。なんな無茶をしていなかったら、化け物みたいに大きくならんで済んだのにと...と。(苦笑)


この前、欲しいものをネットでサーチしていた時、欲しいものは見つからないのにコルネのホーンが出てきました。


ベーカリーでパンを買ってもプレーンなパンか調理パンしか買わない私は、中学生の頃以来、コルネなんて食べたこともなければ見たことさえありません。なんか急に昔が懐かしくなり、コルネを焼いてみたくなってその型を12個も買ってしまったのです。


<材料 約10cmの小さいコルネ型12個分>

(コルネ生地)
強力粉...150g
薄力粉...150g
塩...小さじ1
砂糖...大さじ2
バター...30g
卵...1個
牛乳...150ml
ドライイースト...小さじ1.5

(その他)
卵黄+牛乳大さじ1
エッグマヨネーズフィリング...適宜
パセリのみじん切り...適宜


<作り方>

1.機種の指示する順番に従って、コルネ生地の材料をホームベーカリーの容器に入れ生地コースをセット。

2.コースが終了したら生地を容器から取り出し、パンチダウンし12等分して丸め、濡れぶきんをかぶせて15分程度ベンチタイム。

3.ベンチタイムの終わった生地を1つずつ27~28cmの長さに延ばし、コルネホーンの先端の方から巻き付けてゆく。巻き終わりを軽く指で閉じておく。閉じた部分が下になるようにしてオーブン皿に並べ、30~40分二次発酵させる。

和・美・Savvy Cooking

4.牛乳を混ぜた卵黄を刷毛で生地に塗り、180度で予熱を済ませたオーブンで14~15分焼く。

和・美・Savvy Cooking

5.焼きあがったコルネは型を抜き、ワイヤーラックの上で完全に冷ます。

和・美・Savvy Cooking

昔と違い、今の私は甘いものが嫌い。旦那は自称甘いもの嫌いな人ですが、実はあれば甘いものでも遠慮なく食べる人。(笑)、でも、旦那の為だけじゃなく自分もコルネが食べたいので、そこで、チョコクリームの代わりにエッグマヨを詰めました。


実を言うと、チョコクリーム作るのが面倒だっただけで、エッグマヨにしたのは私の言い訳。(汗)


もう1枚オーブン皿を準備しようかと思いつつ、洗い物を増やしたくない一心で1つのプレートに無理して載せて焼いたら、お隣通し仲良くっついてオーブンから出てきました。(滝汗)


パセリを散らしたのはスタンダードなエッグマヨ。そしてデビルドエッグ風にパプリカでおめかししたのは、焼いたベーコンを加えたベーコンエッグマヨを詰めたものです。

和・美・Savvy Cooking

明日の旦那のお弁当に持って行かせたいんですが、夕方帰宅し、大好きなエッグマヨが詰まったコルネを見て、旦那は大興奮し、既に12個の内3個も食ってしまいました。(驚)明日の朝まで残っているかどうか心配...


ちなみに、コルネパンとは日本で生まれたものだそうで、この型も、実はパン用ではなくパフペイストリーで作るクリームホーンのもののようです。


どうりでちょっと短すぎ巻きにくくって、出来上がったのは先端が全部詰まってしまっています。(笑)


でも、美味しいです、めちゃ!

各国料理(レシピ)へ

AD