ラムチョップリゾット

こちらのブログではこれが新年初の記事です。皆様、明けましておめでとうございます!


昨年12月、クッキングリッシュの会は無事1周年を迎えました。この調子で本年も会を継続させてゆきたいと思っております。どうぞ皆様よろしくお引き立てくださいますようお願い申し上げます。


さて、お正月を大阪の実家で両親と過ごした旦那と私。渋滞を避け昨夜8時半に大阪を発ち、今朝方2時半に東京の自宅に帰宅いたしました。


お正月は例年通り楽しかったです。80を超えた両親が健在で、今年も一緒に新年を迎えることが出来たと言う事実が、私ら夫婦にとっては何よりの幸せでした!


でも夫婦水入らずの新年の晩ご飯は今晩が初めて。ここのところ年寄りの味覚と季節柄、和な献立が続いていたので、今晩は我が家らしくバター臭い夕飯で、二人だけのささやかなハッピーニューイヤーなディナーを楽しみました。


ラムチョップリゾット

クッキングリッシュの会

写真の写りがあんまりよくありませんが、このリゾットこそ、私がリゾットの王様と呼ぶ激旨リゾットです!オッソブッコ with リゾットアラミラネーゼ の羊版とでも呼べばよいのか、おもてなしの一品として最適な贅沢リゾットです。


前回作った時の写真の方がおもてなし料理らしいので、参考までにその写真もアップしておきます。下の写真がそうです。

クッキングリッシュの会

ラム好きにはたまらなラムチョップリゾット。これをこのブログの2010年初のレシピに選びました。是非是非試してみてちょっ!


<材料 3~4人分>

オリーブオイル...適宜
ラムチョップ...2本/人x人数分
ペコロス、皮を剥く...2個/人x人数分
ピーマン、種を抜き縦に6~8等分...2個
にんにく、みじん切り...2かけ
唐辛子、みじん切り...適宜
バジル、粗みじん切り...S&Bプラスチックケース入り1パック分
ワイン...1/4ボトルサイズ1本(187.5ml)
ワインビネガー...60ml
水...80~100ml
塩こしょう...適宜
味の素...適宜
チェリートマト...2個/人x人数分
バター...40~50g
たまねぎ、みじん切り...中1/2個
米(洗わない!)...2合
コンソメスープ、固形コンソメ3個を湯に溶いたもの...1.1リットル
パルメザンチーズ、おろしたてのもの...50~60g

クッキングリッシュの会

<作り方>

1.鍋にオリーブオイルを熱しラムチョップを焼く。両面に焼きめがついたら一旦皿に取り上げる。

2.1の鍋に(必要ならオリーブオイルを足し)ペコロス、ピーマン、にんにく、唐辛子、バジルを入れ2~3分炒める。ワイン120mlとワインビネガーを加え水分が半分になるまで煮詰める。

クッキングリッシュの会

3.2に水を加え調味料で軽く味付けし1のラムを戻す。沸騰したら火を弱め蓋をして約15分煮る。

4.コンソメスープを火にかけ、沸騰したら弱火にし温度が下がらないように保温する。別の鍋にバターの半量を熱したまねぎを2~3分炒める。米を加え、米の色が透明になるまで更に1~2分炒める。ワインの残りを加え水分を米に完全に吸い取らせる。

クッキングリッシュの会

5.4にコンソメスープをたまじゃくで1杯ずつ加え、米が水分を完全に吸い取ったら次の1杯を加える。スープがなくなるまで繰り返す。

6.3を15分煮たらトマトを加え更に蓋をして15分煮る。水分が多いようならば、終わりの6~7分は蓋を取って煮詰めるとよい。

クッキングリッシュの会

7.リゾットが出来上がったら火からおろし、残りのバターとパルメザンチーズを加え混ぜ合わせる。蓋をして約2分蒸らす。


皿にリゾットを盛り、その上にラムチョップ、野菜、煮汁を少々かけて盛りつける。

クッキングリッシュの会

冷蔵庫の中にシャンペンがあると思っていたのに冷やしてなかった。残念!そこで私ら夫婦の好きなイタリアン白ワイン・ピノグリジョを開けました。


ラムに白ワインってのも不向きと言われそうですが、このリゾット、ワインビネガーとトマトの酸味で結構さっぱりとした味なので、赤よりも白ワインの方がよく合います。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ


AD

コメント(2)