和美Savvy Cooking

英人夫とミックス犬兄弟2匹と暮らす主婦。
大阪からほぼ毎日海外のお料理を作ってブログ発信中!

~和美Savvy Cookingとは~
和やかさと調和
見た目の美しさと美味
知識を高め理解を深める料理
 
 


 
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ランキングに参加しています。
クリックで順位アップにご協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

 

テーマ:
ずいぶんお久しぶりのブログアップです。(汗x汗)


一昨日、アメリカから戻ってきました!現地時間の6月20日午後2時半にシアトルタコマ航空をアシアナ航空の飛行機で発ち、11時間かけてインチョンまで行き、1時間半の乗り継ぎで、更に1時間半ほどのフライトで関空へ。


自宅についたらあと10分で日付が変わる時間だったから、ほぼ3日かけての帰国!(滝汗)疲れたけれど、好きなことして遊んできたんだから、しんどいって愚痴れないよね。(笑)


今回のキャンピングカーはおニューってだけあって、2年前に借りたものよりはちとましだったけれど、それでもアメリカはどこもかしこも荒野の上に、15リットル級の巨大エンジン搭載トラックがビュンビュン追い越してくれるもんで、吹き飛ばされて、本当、怖かった!(滝汗)


そんな中、連日130キロくらいの猛スピードで高速道路を走りながらも、大きな事故もなく(小さい事故は実はあたのだ!後程...)、最終的に5000キロをドライブし、無事に帰って来れて、本当、良かった!ε-(´∀`*)ホッ。


シカゴを出た私たちがまず向かったのはアイオワ州。


今回のドライブルートに、マディソンって町があったの。その名前を見て即思い出したのが、本にもなったし、クリントイーストウッドとメリルストリープ主演で映画にもなった、『マディソン郡の橋』。


でも、調べてみると、その町はあのストーリーとは全然無関係の町でした。が、しかし、ほんの1時間間足らず迂回すれば、そのマディソン郡に行けることも発見!


私は古い呼び方で自分を表現するなら、ミーハーなオバチャン!(笑)それが分かると、どうしてもあの本でも映画でも見た橋が見たくなり、行ってきましたよ。これがその橋です!


赤い囲いにはちゃんとした理由があり、頑丈で高価な橋に使う板が、雨風でだめになりしょっちゅう取り換えなくても良いように、安い板で作ったこの赤い囲いで保護しているのだそうです。


この橋が架かっている町はウインターセットと言い、あの往年の名優ジョンウェインの生まれた町でもあるらしい。ジョンウェインの生家がミュージアムになってました。私は全然興味がなかったので写真も撮ってないけれど、ジョンウェイン通りなんて道路もあったよ。


この日、この橋を観に行く前に、ウインターセットのカフェでサラダなランチを食べました。私たち同様観光客が、そのカフェのバーカウンターに座って写真を撮っていたの。意味も分からず、私もバーの写真だけとりあえず撮って来た。(笑)


2、3回観た映画だけれど、もう何年も前のことで全然記憶にない。後で調べたら、このカフェは映画のロケに使われたようで、メリルストリーフ演じるフランチェスカに駆け落ちを断れたロバートキンケイドことクリントイーストウッドが、塞ぎ込んでいたのがこのカフェなんですって。


その後私たちは車をサウスダコタ州へと向けて走らせました。この日は朝から7時間くらいに及ぶロングドライブ。旅程中、最も長時間運転をし、旦那も私も疲れ切った日でした。


サウスダコタ州での目的は、バッドランド国立公園。


似たような景色は、前回のキャンピングカーツアーでグランドキャニオンやブライスキャニオンで観ましたが、私的にはこのバッドランド国立公園が、その中でも一番好き!


マカロニウェスタンな映画に出て来そうな景色が、凄く綺麗だった!ガラガラヘビに注意なんて標識が各所に見られ、ますます西部劇のロケ現場を連想させました。すごくきれいだったよ!


その後、次の目的地に移動中、デビルズタワーと言う国立公園に立ち寄りました。


この辺りに数日滞在するなともかく、ほんの1、2時間観光するのに高価な入園料払うのが馬鹿らしくて、行ったけれど、公園の外から写真を撮っただけ。ランチブレイクにして次に移動することに。


で、この写真をFBにアップしたら、お友達の一人が、これって映画『未知との遭遇』のロケ現場じゃない?とコメントしてくれた。調べてみると、そうなんだよ!びっくり。


旅程中に2つも映画のロケ現場に立ち寄れるなんて、ミーハーなオバチャン、後からめさ盛り上がりました。(爆)実は、正確には旅の最後3泊したインは、カイルマクラクラン主演のツインピークスのロケに使われたところなので、3か所訪れたことになるの!(嬉)


デビルズタワーの後キャンピングカーは、私がアメリカでもっとも行ってみたかったところに向かいました。これよ、これ!!!4人の大統領の顔が岩山に彫られた、マウントラシュモー。


夏季にはほんの30分ほどですが、夜、ライトアップされるのです。電気のスイッチオンする前にセレモニー風のものが30分あって、その後全員起立で国歌斉唱。アメリカだわねぇ~~~。(笑)


不謹慎なジャップのお上りさんは、みんなが感動しながら歌っている最中に、シャッターをパチパチ。(爆)


次の日も結構長時間ドライブし、今回の旅行の主目的の1つである、イエローストーン国立公園に到着。


イエローストーン国立公園って、ワイオミング、モンタナ、アイダホの3州に渡る巨大な国立公園。そしてここは世界で初めて国立公園と認定されたところ。


1周しようと思うと300キロを超えるの!(驚)だからここではちょっとゆっくり停泊したくて、旅のはじめに頑張って毎日長時間運転しました。そのおかげで3泊できましたよん。


この公園の一番の見どころは、なんと言ってもオールドフェイスフルと言う間欠泉。日本にも別府温泉にあったよね、血の池地獄だったけ?あれの大規模版!


約2時間に1回湯を吹き、その高さは最長50メートルを記録したこともあるとか。間欠泉の周りには見学用のベンチが並んでいて、沢山の観光客が、いまかいまかと何十分も間欠泉が湯を吹くのを待っていました。


このイエローストーン国立公園はまた、自然のサファリパーク。いろんな自然の動物を目の当たりにすることが出来ます。


アメリカ時代、ちょっと酔っぱらって犬達を連れて車で近所のスーパーに買い物に行き、帰宅して、「シドニー、あいつまだ降ろしてないのに、なんでガレージの前に立ってんねん!」と不審に思ったら、シーちゃんじゃなく熊で驚いたことがあった!(笑)


その熊とも、たった3日の間に4回も遭遇!(驚)


動物園と同じように思っている阿呆な人間。バイソンや熊に接近して写真を撮ってるの。(苦笑)私は怖くて車の中からしか写真が撮れなかったよ。走り出したら時速60キロくらいで突進してくるよ。あっという間に殺されちゃう。(怖)


イエローストーンを後に、向かったのはモンタナ州。ボーズマンと言う町で旦那の元同僚夫婦と朝食をし、同じ日のランチに、ミズーラと言う町で私のお友達夫婦とランチを食べました。


その移動の途中、若き頃スキーに没頭していた私が、一度行ってみたいと思っていたビッグスカイに立ち寄りました。


実はここに行くまで、私、Big Skyをビッグスキーだとばかり思っていて、何十年も経って初めて、スキーじゃなくスカイだと知り、自分の英語力にマジ落ち込んでしまいました。(爆)


モンタナ州を出てからはアイダホ州のクーダレーンへ。クーダレーンって湖があってすごく美しい町なの。アメリカで私の好きな町の1つ。本当はここでゆっくり1日過ごすつもりが、あいにくの雨!


仕方なく予定を変更し、ワシントン州のヤキマを経由してオレゴン州・コロンビア渓谷へ。


カスケードロックに架かる『神々の橋』。神秘的なネイティブアメリカンの伝説の橋。私の大好きなスポットの1つです。


爺さんと婆さんがアメリカに来てくれた時、コロンビア渓谷に連れて行こうと計画し、グルポンで、この橋を渡ったワシントン州側のリゾートホテルの割引クーポンを買ったの。ところが、爺さんがオレゴンまで行く自信がないと言い出し、結局そのクーポンは無駄に...


ところが今回旅の途中、旦那が「クーポンとしてはすでに無効でも、キャッシュバリューは依然有効なはず!」と言い出し、そのホテルに電話をしてお問い合わせ。


旦那の言う通りキャッシュバリューは有効で、たった35ドルの追加金で、高級リゾートホテルに1泊出来ました。


FBに橋の写真とホテルに泊まることを投稿したら、お友達が、「これはお父さんからのギフトだよ!」ってコメントしてくれました。前夜、めっさ寒くてなかなか寝付けなかった私。父が一晩でも温かいベッドで眠らせてやろうと仕組んでくれたことだと感謝したのでした。


今回は外食をなるべく避け、キャンピングカーの中で料理したり、キャンプ場のBBQでお肉を焼いて食べることが多かったのですが、その晩は父からのギフトで泊まったホテルのレストランで、ちょっとごちそうを食べて旅の疲れを癒しました。


さて、冒頭で触れた小さい事故ですが、実はこのコロンビア渓谷で起きました!(苦笑)


コロンビア渓谷と言うと、私の大好きな滝巡り。私にとって神秘的な意味のあるマルトノマの滝は、また今回も別世界の美を見せてくれました。


ところが、これらの滝は旧街道に並んでいます。その旧街道ってのが、舗装された綺麗な道なんだけれど、乗用車でもちょっと大きいと交代し難いほど細いの。


私ら夫婦の誤算!キャンピングカーの幅を完全に忘れてその旧街道に入ったもんで、路肩ぎりぎりに通行しても、対向車と交代出来ないほど狭いの。(滝汗)


路肩に滑り落ちない様に、ボディーをこすらない様にと、細心の注意を払って運転したんだけれど、次の瞬間、道路標識に右側のサイドミラーをぶつけてしまった私!(冷汗)


肝冷やしながら運転を続けていたら、今度は左側のミラーを対向車のミラーにぶつけてしまいました!(激汗)


幸い、どちらのミラーも傷は殆ど目立たず、標識も壊さなかったし、対向車のドライバーもノープロブレムでなんとか窮地を免れました。ε-(´∀`*)ホッ。


でも、落ち込んじゃってさぁ、旦那に運転を代わってもらいました。したら、今度旦那は、車のサイドに数センチ出てるエグゾーストを、2回も岩にこすってしまったの。(汗x汗)


予定ではめぼしい滝を全部めぐるつもりだったんですが、マルトノマの滝だけで断念!(涙)


コロンビア渓谷を出た私たちはポートランドへと向かいました。ここでの目的は、9年前に食べてすごく美味しかった和食をもう一度食べるため。私たちが行きたかったレストランはこちら、こうじ大阪屋さんです。


9年前初めてポートランドに行った時、ホテル近くのこのレストランで旦那はとんかつ定食を食べました。そのとんかつと一緒に登場したソースが、甘すぎるブルドッグではなく、我が家好みのイカリソースだったのです。


お味噌汁も海外の和食レストランでおなじみの砂糖入りではなく、お出汁の効いたとっても美味しい日本の家庭の味。以降、ポートランドに行く度、こうじ大阪屋さんで食べようねと決めながら、タイミングを逃して9年ぶりの訪店となりました。


日本を出てから2週間ぶりの和食。旦那はキリンビール、私はアサヒビールを飲みながら、旦那は天ぷら定食...


私は塩鯖とヒレカツのコンボ定食を食べました。


今回も美味しくいただきましたが、お店の人が空になったソースのボトルを補充しているのをちらっと見たら、どうもブルドッグソース風だったのが、ちょっと残念だった。


その晩もホテルに宿泊。コロンビア渓谷やポートランドって、キャンピングカーが止められるキャンプ場が少なくて、車を停泊させるところに困りました。


町の中心から離れたところに停めると、結局はタクシーを利用して町まで行かないといけない。いっそまた今晩もホテルに...ってことで、前から一度泊まってみたかったケネディースクールに宿泊したのです。


ここはその名の通り昔は学校だったところ。それをマックメナミンと言うチェーンのブルワリーパブが買取り、ホテルに改装した施設です。


部屋に入ると黒板にチョークで書かれたウェルカム!


書棚にはたくさん本が並んでいて、お飾りだけじゃなく、ちゃんと扉を開けて読書することもできます。


写真はないけれど、ローマスタイルの温水プールもあり、朝からジェットバスで旅の疲れを癒しました。


当初は4000キロを予定していた旅程。何度も迂回しながら移動していたら、結局、2週間で5000キロもドライブすることになりました。


それでも大きな事故にも遭わず、無事にシアトルまでたどり着き車を返却。最後の5日間は小型の乗用車をレントし、懐かしい町・シアトルや、2年前まで住んで居た町の周辺を、思い出に浸りながらぶらつきましたよん。(笑)


そうそう、シアトルの町でティンティン像を発見!


こんなの以前はなかったのに...で調べてみると、どうやらこの春に立てられたものらしい。


ティンティン丸出しのこの男性像の名前はアダム!(笑)シアトルの不動産会社のビルの前で、その一物を露わにして立っています。(体の割りに小さい一物は立ってなかったけどね...爆)


なんでも今、アダムのパートナー・イブの像も製作されているそうです。このティンティンをおさわりする観光客(多分女性!?)が多いそうで、イブの像がシアトルに登場すると、今度はおティティをおさわりする男性観光客が続出しそう。(笑)


旅の終わり、アメリカ時代に住んで居た家を見に行って来ました。


夏の暑い日に、旦那と二人で必死に植えた50本くらいのラベンダーの苗。大きくなっているかなぁ...と期待して行ったら、新しい住民に全部抜かれてしまってました。ちょっと悲しかったねぇ...(涙)


家の裏のキティーGuyオヤジはいまだに暴走している風で、調べてみると、私たちから購入した住民は、改装に多額のお金を費やしながら、たった2年足らずで退去。この春にまた新しい家族がこの家に越して来たようです。


2年前アメリカを去った時、もう2度と行くことはあるまいと思っていたのが、たった2年でまた渡米。


今年54になる私の年齢を考えると、キャンピングカーでアメリカを横断するなんてワイルドな旅は、もうこれがギリギリ限界ですが、また別の形でアメリカを旅行することもあるかもしれない。


でも、とりあえずはこれが最後の最後のライブなアメリカだと思って、後悔のないよう、しっかりとこの目に焼き付けてきました。


各所で懐かしいアメリカ時代のお友達とも出会い、食事やドリンクをごちそうになりました。みんな、本当にありがとう!2年経っても私たち夫婦のことを忘れずにいてくれて、快くウェルカムバックしてくれたことに、心より感謝しております。

 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
数日ブログの更新が途絶えました。私、5月29日に日本を発ち、再びアメリカに来ております!今回は初めての町・シカゴ。


関空からアシアナ航空・インチョン経由で飛ぶ予定だったのが、空港に行くと、機材繰りのため1時間10分出発が遅れると...(苦笑)


インチョンでの乗り継ぎが立った1時間半しかなかったので、当然、間に合いません。どうなるんだろうと思っていたら、ユナイテッド航空サンフランシスコ経由で飛んでほしいとのこと。


アメリカ国内で乗り継ぐと、最初に到着した空港で入管手続きを済まさないといけない。それが嫌でソウル経由便を選んだのに、めさショック!


当然、大阪のオバチャンは空港カウンターでぶっちぎれ!(笑)けど、諸事情でどうしても29日にはアメリカに到着しなくてはいけなかったので、仕方なくサンフランシスコ経由で飛行時間トータル13時間、自宅をでてから24時間かけてやってきました。(汗)


到着した日はホテルにチェックインするとすでに午後10時近い時間。飛行機の中で殆ど寝てなかったので、軽く夕飯を済ませてベッドに入りました。


翌日はメモリアルデーで、シカゴの町はどこへ行っても人、人、人の観光客だらけ!


若い頃、在米時代を合わせ、私もアメリカの都市はかなりたくさん訪れましたが、シカゴはこれまでみたどの都市とも全然違う雰囲気の町です。


海外旅行が初めての日本人がやって来たら、怖いと言う印象をうけるだろうなと思いました。これまで訪れたどの都市よりも、ラフで、都会なんだけれど生活臭が漂っている感じの町。


いつか行ってみたいと思っていた都市は、私の想像通りでとても気に入りました。


ミシガン湖はさすが世界地図でも確認できるだけあって、海の様に大きな湖。ドーバー海峡でさえ、イギリス側からフランスが見えるのに、ミシガンは水平線のかなたに何もない。


好天で、汗ばむような暑い日だったのだけれど、ミシガン湖畔を歩くと肌寒い。冬になると連日マイナス10度以下になり、豪雪をシカゴにもたらす訳がよく分かりました。


シカゴ観光で私が絶対に行ってみたかったのがウィルスタワー。110階建てのビルの103階にスカイデッキがあり、シカゴの町を360度展望できるのです。


このビルはシアーズと言うデパートの本社として建てられ、旦那が私と結婚する前に出張で行った頃はまだシアーズタワーと呼ばれていたらしい。その後売却されて、近年名前がウィルスタワーと変わったのだそうです。


この展望台にレッジと呼ぶ、全面がガラス張りになった箇所がいくつかあるのです。そこに立って記念写真を撮るのがシカゴ観光の1つ。それを私もやってみたかったの。


高所恐怖症じゃない人でも、ここに立つと恐怖を感じる。でも、私はこのレッジより、メルボルンの高層ビル88階にある、エッジと言う似たような展望台の方が恐怖を感じた。ちなみにエッジの写真を参考までに。


このスカイデッキで危うく夫婦喧嘩になるところだったの。(汗)


日本を発つ前から私はこのスカイデッキをすごく楽しみにしてたの。10分くらい並んでやっとそこに立って写真が撮れる順番が来、旦那に数枚撮ってもらいました。それが、全部、ピンボケ!ボケてないのは私が目をつぶっている。(苦笑)


なんかさぁ、いっぺんに私は落胆しちゃって、もう一回並んで写真を撮る気もしないし、「どっちみち、最初からこうなるのは分かっててん。あんた写真撮るの、めさヘタやし!」ってはっきり言っちゃったの。


その一言がかなり旦那を傷つけたみたいで、体が固まってしまい、怒りをこらえているのが分かった。やべぇ~旅行中なのに...と、口走った私も冷汗もんだった。(笑)


なんとか大事には至らず、その後はブルースのライブを聴きながら夕飯。


シカゴと言えばブルースのふるさと。私、これまでパブとかで生演奏を聴いてエンジョイしたこと一度もないんだよね。騒音でしかなくて、静かに飲ませてくれよ!っていつも思うの。(笑)


でも、ハウス・オブ・ブルースで聴いたライブは、旦那も私も大満足だった。初めて、大きな音の歌声や演奏が騒音ではなく音楽としてエンジョイ出来たワン。


記念にブルースブラザーズと一緒にお写真。(笑)やはり旦那の撮った写真なので、ピントが...(笑)


私たち夫婦のシカゴ滞在はたった2泊3日でおしまい!実は、2年前アリゾナからユタ、アイダホ、モンタナを経由してシアトルまでキャンピングカーツアーに出かけましたが、今回の旅の目的も、またそれなのです。


今回はシカゴからシアトルまで(途中オレゴンに迂回)、東西4000キロのキャンピングカーツアーをします。


29日にどうしても到着したかったのは、海外からの利用者は、アメリカ到着後24時間以上経っていないと貸してくれないからなのです。


昨日その車をピックしました。前回は整備済みの車で、ハンドルが取られて苦労しながらアメリカを北上しましたが、今回は新車!ハンドルの心配もないし...と期待していたら、あんまり大きな差がなくて、ちょっと落胆。(笑)


昨日は初日なので2時間ほどドライブした地点で停泊。今日からが本格的なツアーの始まりです。

 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
コストコショッピング途中、ジョンソンビルの生ソーセージが、賞味期限27日までってことで、めっさ安くなっていたの。叫び


私、ジョンソンビルのソーセージは、生も加熱ものも大嫌い!理由は、味はいいんだけれど、コーンシロップを使っているから。コーンシロップ=ブドウ糖!ドクロハインツなどと同様に、アメリカの食品大手メーカーの典型的な原材料。


でも、その価格に負けてしまう、金に汚い大阪のオバハンが、私!(汗x汗)しっかり買って、賞味期限の昨日、コーンシロップという文字は見なかったことにし、晩御飯にこれを作りました。(笑)


トード・イン・ザ・ホール


グラタン皿2枚に細いソーセージを4本ずつ載せ、オーブンで10分くらい焼いてから、ヨークシャプディングの生地を流し入れました。


途中、2、3回トレーを入れ替えながら30分近く焼くと、ほら、こんな風にトード・イン・ザ・ホールが焼きあがりましたよ!クラッカー


ソースはオニオングレービー。たまねぎを飴色になるまで炒め、コンソメやブランディーで味を調えて、小麦粉でとろみをつけました。


たまねぎは塩を振って5、6分してから炒め、少し色づいて来たら砂糖を少々加えると、結構早く飴色たまねぎになりますよん。チョキ


付け合わせはマッシュポテトとジャンボインゲン。


本当は型から抜きたかったのだけれど、ソーセージのコーンシロップのせいで(苦笑)、底がこびりつき取り出せなかったのでグラタン皿のままサーブ。


美味しかったんだけれど、賞味期限満了だったからかなぁ、今朝、旦那も私も、ちょっと食あたり風で気持ち悪かったんだ。(苦笑)


さて、我が家のプリンス二人(二匹!)は、今日からお友達のお家に3週間ちょいホームステイ。わんわんわんわん


実は、旦那と私は明日から3週間ちょい日本を離れます。連れて行って上げたいけれど、飛行機の旅は彼らにはかわいそうだし、また帰国するのにいろいろ問題があるので、お友達のお宅でお留守番することに。


気になるのはいつまでたっても赤ちゃんのシーちゃん!私らが居ても、新しい環境になれるのに2、3日かかる子だから。


でも、案ずるより産むはやすしで、早速お友達が送ってくれた写真を見ると、シーちゃん、自宅でしているのと同じように、横になってすっかりリラックスしている様子。よかった!!!


明日からしばらくブログの更新は途絶えがちになります。ネット環境に入ったら、また旅の様子をアップいたします。

 


いいね!した人  |  リブログ(0)