和美Savvy Cooking

英人夫とミックス犬兄弟2匹と暮らす主婦。
大阪からほぼ毎日海外のお料理を作ってブログ発信中!

~和美Savvy Cookingとは~
和やかさと調和
見た目の美しさと美味
知識を高め理解を深める料理
 
 


 
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ランキングに参加しています。
クリックで順位アップにご協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

 

テーマ:
コストコショッピング途中、ジョンソンビルの生ソーセージが、賞味期限27日までってことで、めっさ安くなっていたの。叫び


私、ジョンソンビルのソーセージは、生も加熱ものも大嫌い!理由は、味はいいんだけれど、コーンシロップを使っているから。コーンシロップ=ブドウ糖!ドクロハインツなどと同様に、アメリカの食品大手メーカーの典型的な原材料。


でも、その価格に負けてしまう、金に汚い大阪のオバハンが、私!(汗x汗)しっかり買って、賞味期限の昨日、コーンシロップという文字は見なかったことにし、晩御飯にこれを作りました。(笑)


トード・イン・ザ・ホール


グラタン皿2枚に細いソーセージを4本ずつ載せ、オーブンで10分くらい焼いてから、ヨークシャプディングの生地を流し入れました。


途中、2、3回トレーを入れ替えながら30分近く焼くと、ほら、こんな風にトード・イン・ザ・ホールが焼きあがりましたよ!クラッカー


ソースはオニオングレービー。たまねぎを飴色になるまで炒め、コンソメやブランディーで味を調えて、小麦粉でとろみをつけました。


たまねぎは塩を振って5、6分してから炒め、少し色づいて来たら砂糖を少々加えると、結構早く飴色たまねぎになりますよん。チョキ


付け合わせはマッシュポテトとジャンボインゲン。


本当は型から抜きたかったのだけれど、ソーセージのコーンシロップのせいで(苦笑)、底がこびりつき取り出せなかったのでグラタン皿のままサーブ。


美味しかったんだけれど、賞味期限満了だったからかなぁ、今朝、旦那も私も、ちょっと食あたり風で気持ち悪かったんだ。(苦笑)


さて、我が家のプリンス二人(二匹!)は、今日からお友達のお家に3週間ちょいホームステイ。わんわんわんわん


実は、旦那と私は明日から3週間ちょい日本を離れます。連れて行って上げたいけれど、飛行機の旅は彼らにはかわいそうだし、また帰国するのにいろいろ問題があるので、お友達のお宅でお留守番することに。


気になるのはいつまでたっても赤ちゃんのシーちゃん!私らが居ても、新しい環境になれるのに2、3日かかる子だから。


でも、案ずるより産むはやすしで、早速お友達が送ってくれた写真を見ると、シーちゃん、自宅でしているのと同じように、横になってすっかりリラックスしている様子。よかった!!!


明日からしばらくブログの更新は途絶えがちになります。ネット環境に入ったら、また旅の様子をアップいたします。

 


いいね!(49)  |  リブログ(0)

テーマ:
今週コストコにお買い物に行きました。そこでモッツァレラが目につき、カプレーゼが無性に食べたくなった私は、でかいモッツァレラが2つで1セットになったパックを買ってしまいました。


1つ450gもある上に、モッツァレラは冷凍保存するとホエイが抜けてパサパサになるので、食べきるのが大変!一昨日はパルミジャーナに使いましたが、まだまだ半分以上残っています。(汗)


と言うことで、昨日もモッツァレラを使うお料理を晩御飯に準備しました。私がモッツァレラを使って作ったのは、日本ではおそらく誰も目にしたことはないであろう、希少価値の高い珍しいピザです!叫び


ピッツァ・マリナーラ・ア・ラ・サルブレード


生地を一口サイズに分け、それぞれモッツァレラを包んでボールに形成し、バジルソースに潜らせてから型に放り込んで焼きます。食べる時にはその1つ1つのボールをちぎり、温かいマリナラソースにディップして食べると言うピザです!


えっ、ピッツァ・マリナーラなんて呼んでいるけれど、アラ、それってただのサル(モンキー)ブレッド


バレましたか?そうです、ピザ風に焼いたモンキーブレッドです!ニコニコだから、皆さまのその疑問を、イタリア語っぽくネーミングにしてみたのですよ!(爆)


前にも私、焼きましたよね、 ピッツァ・マルゲリータ・ア・ラ・マルメターノ (ピッツァマルゲリータを、あら、ただ丸めただけなの?)と言うパロディーもん。あれと同じで、お遊び感覚で作ったモンキーブレッドです。(笑)


いつもブログで言ってますが、アメリカ人の料理は大雑把な上、市販のもので代用できるものは、わざわざ時間と手間かけて手作りしたりしないし、なによりも、味音痴だからどれも大して美味しくない!(笑)


でも、彼らのアイデアの豊富さは料理にも生かされていて、頭の凝り固まっている日本人には絶対に真似できない!合格


昨日、モッツァレラを食べきるのになんかええアイデアはないかいなぁ...とググっていたら、ピザモンキーブレッド ってのに行き着きました。これ見た時、またまた彼らのアイデアのすばらしさに脱帽し、これしかない!!!と思いました。ひらめき電球


それにして、ピザの耳にチーズやウインナーが巻いてある、日本のデリバリーピザの発想を笑いものにする人たちが、自分らは一体なんやねん!人を笑う前に、自分らのしてる事を笑えよ!とも思ったけどね。(爆)


このピザモンキーブレッドのアイデアを、こちら の私のセイボリーなモンキーブレッドのレシピに生かさせてもらいました。


生地の分量は3リットルのクグロフ型の分量と全く同じ。ただし、成形して型に放り込む前にバジルソースに潜らせるので、ガーリックとセージはレシピから省きました。


型は22cmのスポンジケーキの型。薄くオリーブオイルを内側全体に塗り、底にも側面にもクッキングシートを貼っておきます。そして、外側全体にオリーブオイルを塗った直径6cm程度のココットを中心に逆さにしてセットします。


ココットを中心にセットすることで、モンキーブレッドな形のパンが焼きあがり、またこのココットが、出来上がった時にマリナラソースを入れる器にもなります。


一次発酵が済んだ生地をパンチダウンし、2cmほどのボールになる程度に生地を分け、それぞれ中に1cm角のモッツァレラチーズを包みます。


普段ならここで台の上で転がし綺麗なボールに整えますが、モッツァレラの大きさが生地の分量の割りに大きく転がし難いので、それをせずに合わせ目をしっかり指で閉じるだけにしました。


生地の半分をボールに丸めたら、オリーブオイルを適宜加えて緩めたバジルソースに1つずつ潜らせ、とじ目が上になるようにして型にランダムに放り込みます。


パルメジャーノレジャーノを全体にまぶしたら、残りの生地も同様にモッツァレラを包んで合わせ目を閉じ、バジルソースに潜らせ、今度はとじ目が下になるようにして、先に放り込んだ生地の上にランダムに放り込みます。


再度パルメジャーノレジャーノをまぶし、もし、モッツァレラの残りが有ったらそれも型の中に放り込んで、ラップを被せて二次発酵させます。


私はここでうっかりオーブントレーの上に載せて二次発酵させたのですが、型の側面と底面の間から、バジルソースのオイルがトレーに流れ出しますので、必ずアルミフォイルを敷いたトレーに載せて二次発酵させてくださいませ。ガーン


二次発酵が終わった生地は190度で予熱を済ませたオーブンで、25~30分焼きます。途中トレーを1~2回入れ替えると満遍なく綺麗な焼き目がつきますよね。


そうして出来上がったのがこのピザモンキーブレッド。5分くらい粗熱を取ってから上下に返し、ココットは取り出さずそのまま皿に盛ります。


昨日はこのピザモンキーブレッドの付け合わせに、コストコで買ったグリーンサラダと、この前手羽餃子かシュウマイを作った時の残りの肉種を、丸めてボイルし冷凍して置いた肉団子と、チェリートマトの中華風スープを準備しました。


食卓にピザモンキーブレッドをサーブしたら、温めたマリナラソースをココットに注ぎます。後は言うまでもなく、ちぎってソースを付けて食べるだけ!(笑)


モッツァレラは加熱すると納豆の様に糸を引くチーズ。ちぎったパンを2つに割ると、この通り、ビロ~~ンとチーズが美味しそうに糸引きます。叫び


それをマリナラソースにディップして食べると、もう、この世のものとは思えない旨さ!マジ、マジ!!!ラブラブ


フェイスブックのお料理グループに、私がチーズィー・ハービー・ガーリッキー・モンキーブレッドを投稿したら、悪魔の食べ物と呼んだメンバーがいます。(笑)


ハイ、否定いたしません、あれはまさに悪魔の食べ物です!ウエストラインが気になりだしダイエットをしている人まで誘惑してしまう、まさにアダムのリンゴ!(爆)


でも、このピザモンキーブレッドはそれを上回る怖い食べ物です!(爆)


悪魔の長・サタンのみが食せる、魔界の特別食です!にひひ


とは言え、これは大人のパーティーにも、お子さんの誕生日パーティーにも最高の一品です。大好評を得ること間違いなしです。是非お試しくださいませ。チョキ

 


いいね!(42)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう大分前のこと、スーパーにお使いに行った旦那が、ハニーマスタードポークを作るんだと、とんかつ用の豚が6枚入ったお徳用パックを買ってきました。ところが、全然調理する気配がないので、仕方なしに私は6枚全部にパン粉をしました。(苦笑)


2枚はその日の晩御飯で食べ、残りの4枚は冷凍保存。ところが、後日解凍して2枚を揚げカツカレーにしたら、お肉がえらく硬くなっていて、冷凍庫に残った2枚がどうも食べる気がせず、ずっと放置状態になっていました。


しかし、食べないともったいないし、冷凍室のスペースも取る。ってので、昨日はそれを解凍して揚げたのだけれど、もう少しジューシーに柔らかく食べれる方法を考え、こんなイタリアンな、いや正確にはアメリカンイタリアンな料理に変身させました。チョキ


ポークパルミジャーナ


パルミジャーナと言うこのお料理、以前子牛のカツレツで作ってブログでご紹介したことがあります。その時の記事はこちら から...


ロンドン時代、私たち在英日本人が、ピカデリーサーカスをピカサ、ハイストリートケンジントンをハイケンなどと、なんでも短縮して愛称で呼ぶのを、うちの旦那に笑われたことがあります。


けど、こんな風に愛称を使うのは日本人だけじゃなくて、外国人もなんだよね!(笑)


例えばマカロニ&チーズのことを、Mac n Cheese(マックンチーズ)と呼んだり、チキンパルミジャーナを、Chicken Parm(チキンパーム)と呼んだりする。


愛称を使うってのはそれだけ親しみがあるから。チキンパルミジャーナは、マカロニ&チーズ同様に、アメリカ人にとってはとても親しみのある大好きな料理みたい。


カツなんて衣の付け方工夫したって、揚げたらたいして変わりのないもの。(笑)モッツァレラももちろん質の良しあしはあるけれど、加熱し溶けてしまえば所詮モッツァレラ。(笑)


この料理の決め手は、やっぱりマリナラソースと呼ぶトマトソースです。チョキ


これが不味いと食べれたもんじゃないし、これが美味しいと、少々安もんの肉でもチーズでも、とても美味しいごちそうに変身します。


ってことで、昨日はまたまた近所の役立たずスーパーにバジルが売っていなかったので、遠くの店までわざわざ出向き、フレッシュバジルを買って来て丁寧に時間をかけてソースを作りました。


解凍したとんかつは厚めに引いたサラダ油で揚げ焼き。本当はスプレーのオリーブオイルを両面に吹きかけ、オーブンで焼いてみようかなぁと、ヘルシーな調理法を考えたのだけれど、旦那に却下された。(爆)


揚がったとんかつをペーパーの上に取り出してしっかり油切りし、グラタン皿に広げたマリナラソースの上に載せます。


残りのマリナラソースをとんかつにも塗って、モッツァレラチーズを載せ、更にパルメジャーノレジャーノをまぶして、オーブンで20分くらい焼きました。


マリナラソースを少し多めに作ったので、残ったソースでパスタを和え、その上にパルミジャーナを載せようと思っていたのだけれど、旦那がソテードポテトと一緒に食べたいと言うので、急遽変更!ガーン


ソテードポテトと言うのは、皮を剥いたジャガイモを3mm程度の幅で輪切りにし、さっとボイルした後、サラダ油で揚げ焼きにするものです。ポテトチップスの分厚い版で、塩を振って食べると、芋嫌いの私でも美味しく食べれます。合格


溶けたチーズの上に、グラタン皿に残ったソースをかけたら、とんかつってより、なんかオムライスみたいになった。(笑)付け合わせは面倒だから、グリーンサラダのみ!


子牛の肉って言うのは、ちょうど鶏むね肉と豚肉を足して2で割ったような食感。なら、豚でパルミジャーナを作っても、美味しく食べれるのではないかしらん...と考えて作ってみたの。

食べてみると、あの硬かったとんかつが嘘のように柔らかくてジューシー。大正解!合格合格合格


私は海外のレストラン、特にアメリカでは絶対に鶏肉料理を食べないから、アメリカ人が大好きなチキンパルミジャーナを外で食べたことはない。でも、旦那はそんなこと気にしないから、ちょくちょくオーダーしていました。


それらと比べても、このポークパルミジャーナが比較にならないほど美味しかったみたいで、大満足げでした。チョキ


ちょっと作りすぎたマリナラソース。今晩はその残りを使った料理を何か考えねば...(汗)

 


いいね!(51)  |  リブログ(0)