テーマ:つれづれ
2008年09月28日(日)

芸術の秋

随分と涼しくなりました。そろそろ、あちらこちらで紅葉の季節ですね~ウサギ


さてさて、先週、ちょっとおもしろいWorkShop に参加してきました。

ビジュアルアートのWSだったのですが、木曜日の夜、3時間。

9名の参加者が集まり、テーブルを囲んだのでした。


はじめに説明があって、その後、Kuniさんというアーティストが描いた絵を鑑賞します。

この絵は抽象画なのですが、パステルやアクリルで描かれた絵です。

色調が綺麗で、抽象画といえども、なんとなく伝わるものがある絵です。


ポストイットにその絵から感じることを何でも書き出します。

そして、それぞれのコメントをみんなでシェアする、というのがStep1.

その後、自分達で絵を描きます。

毎回、テーマが決まっていて、今回は”衝動” というテーマでありました。

初めてパステルで絵を描いたのですが、説明を聞いてると簡単そうなのに、

これがなかなか難しい・・。

思ったような絵はかけなかったけど、自分なりの”衝動”の絵を描きました。

これがSTEP2.


その後、各自が描いた絵を鑑賞し、またポストイットに感じたところを書き出します。

そして、それを紹介し、絵を描いた人が少し絵の話をして終了です。


このWS、驚いたことに、男性参加者が8割。また、費用も結構かかるのにも関わらず、

リピーターが半分くらいいるんです・・。びっくりしちゃったよ。

でも、無心になって絵を描くなんて、大人になるとなかなかないから、

なんとなく惹かれる人も多いのかもしれませんね。


皆さんも、ご興味あればいかがでしょ?


WhiteShip   ウサギ


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
テーマ:
2008年09月23日(火)

立山・黒部アルペンルート

さてさて、旅の続きです。ウサギ


大観峰からは地下のケーブルで黒部湖まで降ります。ケーブルだけあって、凄い角度で下っていきます。写真を撮りたかったけど、ちょっと難しかった・・。

黒部湖に辿り着き、ダムの上?を反対側まで歩きます。徒歩で約15分ほど。

黒部ダムの説明資料がいろいろとあったり、放水を見る場所が作ってあったり・・と

散策する場所はいくつかあるけれど、どうだろ・・やっぱり室堂の景色にはかなわないかも。


放水


黒部ダムは真保裕一原作の”ホワイトアウト” のロケ地となったので、この映画をみると見ることのできないダムの内側がわかり、水力発電の仕組みもちょっとはわかりやすいかも。

こんな山奥にダムを作ったわけですから、人の犠牲者も多かったとのことで、記念碑がありました。


記念碑


黒部ダム駅からはサイトのトロリーバスで赤沢岳の山中を反対側の扇沢まで走ります。

扇沢についたら、なんと、またまた雨でした。

今回の旅はお天気がちょっと心配でしたが、行き、帰りに降られましたが、旅の中心では雨にも見舞われず、とってもラッキーでした!

ここからは1日目からお世話になってる観光バスで大町を抜け、長野新幹線の駅まで送ってもらい、後は新幹線で東京駅まで戻ったのでした。


今頃はそろそろ紅葉が始まるのでしょうか・・。また行ってみたい場所です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:
2008年09月19日(金)

立山・黒部アルペンルート

さてさて、今日は旅の報告の続き・・ウサギ


室堂は去りがたい山々の美しさでしたが、次へ進みます・・

室堂からトロリーバスで一山縦断です。約10分ほど、バスに揺られます。

こんな山の中にトンネル掘るなんて、ほんとに凄い!!

大観峰という場所に到着です。こちらからは黒部ダムを臨めます。


黒部ダム



室堂の方が景色は素晴らしい・・と思ったのでした。

ここからロープウェイで下っていきます。

このロープウェイは支柱が無いのが特徴です。距離は1.7キロ。この間に支柱がないのですから

凄いですよねえ・・。ちょっと恐ろしくもある・・。


ロープウェイ


ロープウェイの客車(っていうのかな??)はとても大きくて、”こんなに乗れる??”と思ってた

乗客が全員見事に乗れました。凄いもんだ(^^Y

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:
2008年09月08日(月)

黒部・立山アルペンルート

さて、2日目のその後を本日は・・・ウサギ


高原バスは美女平から室堂まで。標高約1000メートルから2450メートルへ登っていきます。

何百年と生きている木々たちに圧倒されます。

視界が悪かったのですが、室堂につくあたりでは、空も晴れてきて(雲の上にでたのか?)青空となりました。

信じられない天気です(^^Y

室堂の景色は素晴らしいものでした。

ツアーに万が一、入る方がいれば、ご忠告! ツアーでは、集合時に室堂でのランチの予約を受け付けています。室堂にはほとんど何もないので、予約しておいたほうが無難・・と言われて予約しましたが、これだけは大失敗でした。値段の割りにたいした食事ではなかったし、売店がたくさんあるので、おやきやおにぎりみたいなものを買って外で食べる方が気持ち良さそうでした。もちろん、雨などの場合は別かもしれませんが。いずれにしろ、立ち食いですがそばやもあったし、ツアーのオプションで申し込む必要はありません。


室堂は結構、みどころがあるし、散策もできます。

我々は、ミクリガ池の周りを1周してみました。(ぶらぶらと歩いて約1時間程度)

角度が変わるたびに山の景色も変わり、これは是非お奨めです!

温泉もあるのですが、さすがに温泉に入る時間はないですね(^^;

2~3日、ここのホテルに泊まってゆっくりするのは良いかも、と思いました。



山

ミクリガ池

山の緑、黄緑、青のコントラストが素晴らしい!! ほんとに見飽きない風景です。日本もいいところありますね~。ちなみに、韓国からの観光客がたくさんいました。

今日はここまで!ウサギ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:ゴルフ
2008年09月05日(金)

東筑波CC

今日はゴルフに出かけたのでした。ウサギ

あー、でも、またまたデジカメ持って行くの忘れちゃったのだ。


今日、でかけた東筑波CCもなかなか趣きのあるクラブハウスで、リゾート気分を味わえました。

女性のロッカールームはあまり広くはないけれど、まあ、不満をいうほどでもなく。

何しろ嬉しいのは平日のレディースサービス。

朝のモーニングコーヒー、練習場のボール1ケース、ランチ時の飲み物、コースの前半、後半での茶屋での

飲み物、終了後のデザート と6枚ものサービス券があるのです。

その上、平日なので、昼食付きのパック料金は1万円以下。

絶対お得! 今日、一緒に行った2人の女性は”また、平日に来たい!” と口を揃えてもうしておりました。

(もちろん、ウサギもです。)


コースは正式web を見てくださいませ。

池はあまり気になるような場所にはありませんでしたが、ラフが結構、厳しかったですね~。

グリーンの状態があまり良くないかな、という感じでしたが、現在、改修工事は行われているようですね。

(北コース 9ホール目は芝の入れ替えで、このホールだけ高麗グリーンでした。)


クラブハウスの写真が全然掲載されていないのが残念ですが、男性はまあ、そういうところに着目するかは??ですが、女性としては、やはり居心地のよい空間がある、というのも得点は高いですよね。


食事も充実しているし、スタッフも感じのよい方ばかりでした。

是非、機会があればプレイしてみてくださいね。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:
2008年09月02日(火)

黒部・立山アルペンルート

今日は福田総理の突然の辞任にビックリでしたね~。ウサギ 日本はどこへ行くのでしょう・・・


さて、旅の続きを・・。

ツアーの2日目は朝風呂で始まりです(^^Y 温泉はほんといいですよねえ~。

すっきり目覚めて、朝ごはんへ。朝はビュッフェ形式でした。なかなかおいしい朝ごはんでした。


8時にはホテル出発!

立山駅へ向かいます。


立山駅


ここから1番目の乗り物。ケーブルカーに乗ります。天気はあいにくの曇空。雨が降らないとよいのだけれど・・と

祈る気持ちです。

ケーブルは約7分。ほとんどがツアーなので、すごい人数です。

こんなに乗れるのか???

ここでわがままお母さんに遭遇。ケーブルカーは非常に狭く、満員電車のようになります。私達は最初の方に乗り込んだので、一人くらいは座れそうだったのですが、席に座ったお母さん(横にはお父さん)がその前の二席をつれのために荷物を置いて取っているのです。普通の電車ではないんだし、まったくもってマナーが悪いお母さんです。こういうところで育ちがわかりますね。


ちょっと気分を害したけれど、この家族とはケーブルカーを降りたところでお別れしたので、気を取り直し・・。

次は高原バスです。約60分。ほとんど関係車両以外は通れない山道です。樹齢何百年の杉の木が堂々と立ち並んでいます。凄い凄い! 山の上の方なので、あいにく霧が濃くなってきました。さて、お天気はどうなるのか??

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。