テーマ:スペイン旅行記
2007年11月24日(土)

いよいよバルセロナへ!

さて、セビリアでは、教会の後、昔の豪富豪の家、”ピカートの家”なるものに行ってきました。マカレナ教会から徒歩で15分~20分くらいでしょうか。イスラムの香り漂う素敵なお屋敷です。ここは1階は自由に見学できるのですが、1階はツアーで見学するようになっています。2階を見学する場合は入場料が8ユーロでした。見学ツアーは30分毎と決まっているので、時間を確認してから1階を見学するのがお勧め。2階は住居になっていて、英語で説明してくれる素敵なお兄さんもいて、なかなか良いです。ウサギちゃんは実は、時間の制約もあるので、あまり最初は乗り気でなかったのだけれど、これは、行っておいてよかった!と思えるツアーでした。これから行かれる方は是非、2階も見学してくださいね。

さて、ここからホテルに戻り、チェックアウトぎりぎりの12時にチェックアウトし、タクシーを呼んでもらって空港まで行きました。バルセロナまでの飛行機は、日本で事前にWEBで予約したのですが、すごく迷いました。Vuelingという航空会社もすごく安い
vuelingのだけれど、何しろ新興の会社なので、安全度がわからず・・○十年前にスペインへ行った時には添乗員さんから、イベリア航空は事故が多い! と言われていたし・・最後まで迷って、結局はSPANAIRにしたのだけれど、Vueling もなかなか飛行機は綺麗そう。それに、空港にもちゃんとブースがあるし、心配は要らないようです。もちろん、SPANAIR も飛行機も綺麗だし、椅子もゆったりしていて、快適なフライトでした(^^Y いずれにしろ、早めの方が値段が安いようですので、予約される方はお早めに。


セビリア空港もチェックインの際のチェックは厳しく、おいしいジュースをバックに入れていたのをすっかり忘れてゲートを入ったら、しっかと捉まり、おいしいジュースを没収されてしまいました(^^;とっても残念。バルセロナよりアンダルシア地方の方が、ジュースはおいしい気がします。

さて、快適なフライトで、いよいよ最後の街、バルセロナです。バルセロナの空港はさすがに広く、多くの人が行き交っていましたが、わかりやすいので、街までのバスもすぐに見つかりました。4ユーロで空港から街まで行けます。約30分くらいでした。カタルーニャ広場が終点で、ここで降りてホテルを探します。バスの便を考えてホテルを選んだので、近いはずですが、位置がわからず、だいぶ探しました。結果的には、広場から徒歩で8分程度のところだったのですが・・

さて、バルセロナの街、続きはまた!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:スペイン旅行記
2007年11月17日(土)

セビリア パート4

たくさんの人が見に来てくれて、嬉しい!ウサギ

どんな人が見に来てくれてるんでしょ?お時間あれば、コメントくださいね~。


さて、セビリアの第4弾。(といっても、旅行ではたった1泊だったのだけれど・・)

アルカーサを出た後、セビリアで一番高級なホテルを探索しに行きました。Alfonso XIII HOTEL  です。

1泊4~5万円はするのかなあ・・。とても泊まれないホテルですけど、ロビーや1Fの中庭にあるレストランなど、ほんとに素晴らしいホテルでした。きっと、お部屋も素敵なんでしょうね。我々、ここで誓ったのでした。3年後(なぜ、3年後かというと、今回一緒に旅行したEBIちゃんとは、3年前にイタリア旅行に行ったので、次はまた3年後・・)までに、○○○万円貯金して、飛行機はビジネス、ホテルは一流というリッチな旅行をしよう!と。ユーロがもう少し安ければ・・・・(^^;;;

とりあえず、お写真だけ、とってきました。
アルフォンソ13世  
                         おしゃれなレストラン。

アルフォンソ13世2
ロビーでゆっくりした後、ホテルを後にし庶民のホテルに戻ったのでした・・・。 
翌日は、午後のフライトでいよいよバルセロナ。午前中はまだ、観光ができそう。ということで、2箇所の観光をすることにしました。一つはマカレナ教会堂。涙を流すマリア像で名高い教会です。ホテルから地図を見ながらあるくこと15分・・簡単な道順のようだけど、なぜか見つからない・・。途中、市場を発見。しばらく歩くと、どうやら行き過ぎたみたい。元に戻りつつ、人が行列している露店を見つけました。揚げパンのお店です。市民の朝食に重宝されているみたい。パン生地をグルグル巻きに油の中に入れて揚げた物を、はさみでちょきちょきと切りながら、計り売りしてくれるものです。てっきり、甘いものかと思ったら、塩味でした。店のおじさんが裏口から写真を撮らせてくれました(^^Y

揚げパン








目当ての教会はこのお店から大通りを渡った角にありました。

教会の中に入ると、ガイドブックで見かけたマリア像が・・・と思いきや、なんか違う・・。衣装や手の位置が違ってる。どうしたものか??地図で確かめると、教会は合っているみたいだし。だめもとで隣接している売店のおじさんに尋ねてみたけど、英語は通じず・・よくわからないけど、あちらこちらに似たようなマリア像があるらしい?謎のままなのでした。マリア像が着替えるわけはないだろうし・・。どなたか謎が解ける方、いますかあ??

                                                       つづく・・
マリア像

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2007年11月11日(日)

セビリア パート3

カテドラルのすぐそばには素晴らしいアルカーサ(王宮)があります。ウサギ

造りはアルハンブラ宮殿とよく似たところありです。少し色の使い方が多いかもしれません。
王宮1

廻りには様々な趣向をこらした庭が広々と広がっています。この日の天気も快晴!青空に緑が映えます。
王宮4  
王宮3


王宮の庭を散策したのち、近くのカフェでスペインに来て初めてのパエリアを食べました。でも、味の方はいまひとつだった・・。お米にまだ芯が残っていて、ちょっとべったりした感じ。一緒に頼んだサラダはちょっとおしゃれな器に入っていて、おいしくいただきましたが。やはり、おいしいものを食べるには、事前調査は必要かも(^^;
パエリア

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:スペイン旅行記
2007年11月10日(土)

スペイン列車の駅について

今日はスペインの駅について、ちょっとご紹介。ウサギ

今回は、マドリッド-グラナダ、コルドバ-セビリア と電車に乗ったのだけれど、どちらの駅もホームは地上1Fにあるのだけれど、(マドリッドのアチャート駅などは、1Fからもそのままホームにアクセスできそうだったけど。いわゆる改札は2Fにあるのでした。多少の違いはあるけど、電車に乗る人は飛行機と同じように必ず荷物チェックを受けないと電車に乗れないようになってました。2Fから1Fへの移動は動くスロープになってます。スペインは大変な列車爆破テロなどがあったので、きっと、それをきっかけに変わったのかもしれないけれど。


列車の駅

ちょっと画像が暗くてわかりにくいかもしれないけれど、こんな感じ。

列車は我々が乗った列車は少なくとも、どちらも空いてたし、綺麗だった。

でも、列車の車内アナウンスがないのはイタリアと同様(^^;

ほんと、日本の電車にはヨーロッパの人は驚くでしょうねえ・・。

何かあったら、のべつまくなくお断りのアナウンスが流れるのですから・・。

(でも、さすがに、日本も英語などでは流さないから、外国人にはわかりませんね。(^^;;


ついでに運賃も参考までにお知らせします。

マドリッド-グラナダ RENFE(5時間くらい) 2等 59.80ユーロ

コルドバ-セビリア(40分くらい)  AVE   2等 23.60ユーロ


また、グラナダからコルドバへのバスは11.71ユーロ でした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:スペイン旅行記
2007年11月06日(火)

セビリア パート2

さて、セビリアの観光名所は・・ウサギ


セビリアもいい天気! ホテルで一息した後、早速街へ。徒歩15分くらいでカテドラルへ到着。
セビリア

街並みはこんな感じ。狭い路地がやはり多いのだけれど、車は通るので、要注意! ヨーロッパでは小さな車が人気なのがわかります。


カテドラル1


カテドラルの横にある塔から見た”オレンジの庭”。コルドバのメスキータにも”オレンジの庭”はありました。イスラムではオレンジが意味を持つのかな・・


ヒエルダの塔
ヒエルダの塔。この塔は階段ではなく、スロープになっているので、とても昇りやすいです。55回コーナーを廻るとてっぺんです。すべての方角が眺められるので、セビリアの街並みがよくわかりますよ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:スペイン旅行記
2007年11月04日(日)

セビリア

さて、次なる先はセビリアです。ウサギ


この日は少しゆっくりめ。コルドバからセビリアはAVE で40分ほど。11:44発の電車を目指して駅に出かけます。チケットもスムーズにGET。しかし、ここでなぞが一つ・・(いまだに解決してないけど・・) 昨晩、駅のインフォメーションで確認した値段より10ユーロも高いのです・・。なぜ?? よくわからないけれど、どうやら、出発時刻によって、ツーリストは割引値段があるみたい。(どなたか、ご存知の方いますかね?)我々の電車はそれに該当していなかったので、割引になってない・・。でも、次の電車を待つには時間があり過ぎるので、予定通り、11:44分の電車に乗りました。12:30頃に到着。駅からバスに乗り・・と思ったけれど、どうやら市内のバス停はすぐそばには見あたらない・・。今回はタクシーを利用します。ホテルはBestWestin ホテル。こじんまりしたホテルで、観光地まで徒歩で15分くらい。特におすすめ! というわけではないけれど、部屋は広いし、街の中心地なので、安さで決めるなら、利用するのも良いかも。近くの広場までバスがあるようだけれど、バス停から、徒歩で7~8分くらいはあるので、ここはタクシーを利用するのがおすすめです。

さて、次は、いよいよ、セビリアの観光名所をご案内します(^^Y

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:スペイン旅行記
2007年11月02日(金)

コルドバ

今日はコルドバの紹介ですウサギ


コルドバは、マドリッドなどとは違い、観光施設のクローズ時間が早い・・18時~19時くらいにはクローズしてしまいます。日が長いので、どこでも遅くまでやってると思うと大間違い。

我々は昼過ぎにホテルについたのだけれど、ホテルでいつものようにシエスタしてると何も見られなくなってしまうので、慌てて町へ繰り出しました。


コルドバといえば、”メスキータ” イスラムとキリスト教文化が融合?した素晴らしい寺院です。
メスキータ1


メスキータ2  
              
メスキータ3
















とても広くて、この中をゆっくり見るだけでも、時間がかかります。我々、自由旅(^^Y 休みながら、ゆっくり見学しました。これが個人旅行のいいところ。メスキータを出て、観光名所であるユダヤ人街を散策。ガイドブックに必ず登場する”花の小路”を探しましたが、なんか、とっても小さな路地で、肝心の花も枯れ・・(^^;ちょっと期待はずれでした。でも、ユダヤ人街自体は、白い塀の家が続く路地が入り組んだ作りで、なかなか風情があってよかったです。
花の小路
メスキータで十分におなかいっぱいになってしまったので、ここを出た後、近くのカフェでお茶しながら休憩。夕食を・・と思うけど、20時からオープンのレストランが多く、19:30オープンのお店にたまらず入ってしまったのでした。

コルドバレストラン

さて、翌日はセビリアです。食事の後、ホテルに戻る前に駅により、チケットGETを試みましたが、50人ほどの待ち状態・・20分ほど待った後、あきらめてホテルに戻ったのでした。でも、正解!当日でも十分にチケットを買う時間はありました。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。