Mode du chef

現在はNMB48漫談。Main Contents are review of Japanese and world's fashion leaders, a method(hypothesis)of To Fashion Leaderポスト・コーディネート。ファッションリーダーとファッションについて走り打ちした実験結果(。・・)_且

Ⅰ、ファッションリーダー読みもの


オードリーファッショニスタについて(Exposttion of Fashion leaders)


俳優、歌手、タレント、業界人のファッションスタイルをまとめました。


見る→いいと感じる→アレンジまたはもろパクる→気に入ったら自分にスタイルに取り入れる→さらに発展。おしゃれ泥棒の王道


ヴィヴィアンファッションリーダ15の条件(15conditiones of Fashon Leader)


ファッションリーダーの観察から導き出した15の方法。

とくに12,13,14は個人のコーディネートにも。



Ⅱ.服について考えてみた


惣流・アスカ・ラングレー  「服装補完計画」  


気軽にモードや欧州スタイルを取り入れるための道具の探し方。節約ファッションの基礎(古着、セール、バリュー服の活用)。最近は個人的にはセール品(EVES,ROSEBUDなど)と楽天(エスニック)、ZOZOTONなどのセール品や古着を併用。




そんじぇブルーハート  ファッション書評

デザイナー、スタイリスト、研究者の方が著したファッション書籍をアフォリズム(名言集)形式に編集して所感を述べました。



ハ○?補遺と独白




・こだわりものアンナピアッジ (はげしい) ヨガ&涼宮ハルヒ (挑戦的)。チープシック (大物スタイリスト達は読んでいる)。年齢トーク対策の最終回 (主張したい)。



・アクセス上位もの。オードリーヘップバーンさん 蒼井優さん 梨花さん





バンタンデザイン研究所

テーマ:


140728_174618.jpg




さんまさんの服装チェックをしてみたら・・・




紺のスーツにグレーのスラックス




まるでくさりかけのさんまみたいなファッションなんですよ。ほんとに、秋刀魚(さんま)の色してはるんです。


それも計算してコーディネートしていたのなら、恐るべしだなあって。




銀色のブローチをあしらって光り物であることをアピールして。


ベルトは白で「大根おそし感」をプラス。




完璧。


センスはともかくTPOにはまりにはまってます。


タモリさんがイジれなかったのが悔やまれるぐらいです・・・まあ私も何回か見てから気づいたので偉そうなことは言えないのですが。








ハブとマングースの戦いはまだ続きます。







さんま「あなた今、玄関あがったよね





タモリ「上がってない





さんま「えーまだ、まだ、まだ、まだ、まだ上がってない?」





さんま氏、身を引きながら、首をこくりまくる。


(何回、撮ってもブレて、いいのが撮れませんでした)




タモリ「こういう話芸ある?」





話芸に着目。視点が鋭いなあ。「話芸」という観点がいいっ。




で、僭越ながら、こんな話芸はないんじゃないか。


チャップリンと似ているというかあのあたりの面影があるんですよね。無声時代のコメディアンぐらい動きが大きいです。音声あんのに。


ウェキペディアでも「チャンプリンを勉強されていた」ということは載ってましたし。





この人、100年前の芸を磨きに磨いて芸能界に残っている・・・という面が少なからずあると思います。


ラストサムライならぬラストチャップリンですよ、そんな古い武器を研ぎに研いで後輩の新しい才能や若手の勢いに立ち向かっている。







もうユネスコに登録されたらいいんじゃないか。






無形世界文化遺産として。


もう世界遺産級ですよ。この人の芸。


ユネスコはなにをしているんだ。





日本の文化は、森や城だけじゃないんだぞ!





と言いたい。









やっぱ言い過ぎた。


笑いながら文章、考えてましたしね。










タモリ「(さんまのリアクションを真似つつ)まだ?まだ?まだ?


紙相撲みたい」







140728_180254.jpg



さんま「(十分な間をとって)例えヘタッ





すごい応酬だー。


それぞれの得意技(形態模写とツッコミ)が正面からぶつかたっていう感じ。


がっぷりよつ。





内容は見事に、ない








ちゃんとタモリさんがボケきって観客がウケきってからつっこむという素敵な間。





タモリ「紙相撲はこうやらないよね・・・紙相撲はこうやらない。」





さんま「例えヘタ、例えヘタ





別々の方向の客席に向かいそれぞれソロトーク







141022_151838.jpg






タモリ「勢いなくなったからあっち行って勢いつけて戻ってくるの?」





さんま「は?」





タモリ「今のはあんたがあっち行ったからこっち行ったて。あんたなんで途中で折れてこっち来んねんな。







さんま「誰としゃべってんねん!っていう話、俺がやるから、ここで。





技が外れてもなんらかの形で笑いを取る。「 技説明芸」、もしくはセオリーを題材にした「セオリーボケ」




さんま「どうでもええねんけどはよ上がれ」





ウケても進行を気にするさんま氏 普通に、時間推しているのもあるのでしょうが


油断しないなあ。自らの芸に溺れているようで溺れていない。


剣道でいう残心ですね。










ダメだしするから進まないという指摘。




私もタモリさんに文句というか「おかしい」ってのがあるんですけど、今年2914年の27時間テレビ内で、タモリさんとSMAPが対談したんですよ。


タモリさん行きつけのお蕎麦屋さんが出前でスタジオに来て、そこで食べるっていう企画なんですけど、




タモリさんの皿に一切、お蕎麦、入ってなかったんですよ。




おかしいでしょうと。


自分のオススメの蕎麦屋さん連れて来て「みんな、食べてみよー」とか言っているのに、自分は食べない。


なにもないならないでいいんですけど、なぜか天ぷらだけが2皿も盛ってあるんですよ。確か。




蕎麦屋で天ぷら二人前頼むって。




しかもトーク中、天ぷらにもほとんど、口をつけないっ。




正味な話、一口とかですよ。冷めてるよ!




天ぷらを揚げたて食べるのが基本なのに・・・ちょっと不快なぐらいでした。モッタイナイ。




それで電車に乗って、横にいた子供のほうが詳しくて負けた気がしたとか、下町のお店が面白いという話もあまりふくらまず・・・草薙さんの「いいとも主題歌」歌う歌わないのくだりもグダグダで・・・


これでいいのか?


バラエティのVIG3がこんなレベルのトークでいいのか?




天国におられる師匠筋の赤塚不二夫先生はこれを見てどう思っておられるんでしょう?




赤塚「これでいいのだ」






・・・じゃあ、しょうがないっ!!( ̄▽ ̄)










タモリ「あの時もちつき大会やってたかな」





さんま「やってたよ」





タモリ「やってたかもしれないね・・・」





さんま「もちつき大会もうやってたわ俺が、木で彫ってたか?臼を掘ってたか?彫刻刀で。どうゆう状態?」





発想系のボケだけはあまりうまくないんですよねー。


さんまの数少ない弱点のひとつか。


この人が、うすた京介や増田こうすけなどのギャグマンガを読んでいたら・・・とか考えたことはあります。





タモリ「今、間違えたね?」





さんま「間違えたよ」





すぐ認めた。すぐ切り替えるなあー。




政治家も見習うべき態度ですよ。




ここで拍手が沸き起こったので、タモリさんとしては「チャッ、チャチャチャッ」に持っていく方向もあったのではないかと思います。


ちょっとモッタイナイッ。これは観た当時にも思ったかな。








結局、ダメ出し対決。


脱線上手だなあ。





さんま「はよ行きなはれ


技をやりきったあとも、間延びを避ける、戦闘態勢を堅持。





タモリ「庭でキャーキャー声がしていてそのなかで。


大竹さんが急いで・・・急いで・・・熱い・・・炊き立てご飯・・・お米を蒸して・・・」





2人による大竹しのぶのモノマネSHOW。


タモリ氏は浄瑠璃のように崩します。客席にも「それ誰?」と突っ込まれる。






141022_151125.jpg







さんま「はよ結論ゆって」





タモリ「・・・コタツがあったんです。





さんま「コタツに入ってたってもう15分前に言うたやろ」





タモリ「そんなに経ってないと思うけど」





さんま「そんな経ってないと思う・・・待てよ・・・ほんまや





出ました。十八番のノリツッコミ。


自分のオリジナルパターンを会話の流れにハメていく。まるで黒人が音楽のリズムに自らの身体をハメていくように。




「(他人のおもしろ言葉やいい言葉を)それいただき」「隊長!(→現状報告)」「見っかっちゃった」「ええで、ええで、ええでー!」「Oh ,YES」(※外国のAVのように)、「残念なお知らせです」。


様々なオリジナルの技を開発されましたが、今回もあまりなかったですね。




「それいただき」のアレンジバージョンは最近、観た記憶がありますが。


みんな忘れた今、そろそろ復刻版があってもいいのになあと。





タモリ「忙しいね・・・この話芸についていけます?





さんま「はよう、次のゲストもおんねんから、はよう」





かわした。「時間おしてる芸」でかわした。





タモリ「あんたとしゃべってると足の指がつってくる





ここでは「ルン♪」が成立したと思います・・・足をあげはったので。











人の家に挨拶していない


したけど聞こえなかった。


などのフ再び状況説明。











141022_151700.jpg



そして「大竹しのぶ」のキーワードが出たのをきっかけに、再び似ていない大竹しのぶのモノマネ。


タモリさんが大竹さんは「お米を蒸してました」ってゆうからですね。意図せずのフリ?・・・もうこれは運命でしょう。なぜか最後、かがみますからね。







さんま「大竹しのぶさん、みっちゃん、どうやったっけ?」





清水「大竹しもぶです・・・」





さんま「お前あん時、もちついてたよなー?」





清水「うん、あん時ついてた」


プロ召喚w


なぜかセクシー。


清水ミチコに大竹しのぶのモノマネをふり、ちょっとモノマネしたとこで・・・ダウンタウン登場。








もちつき大会の話で、




最後まで、もちが出てこなかった。

















これ、なんやかんやでさんまさんの弁護士が書いたもんみたいになってます??(笑)





守る気ゼロなんですけどねー。





なので文句のひとうは、書いておきます!(-^□^-)





これを書くにあたって、YouTubeで流れているさんまさんのヤングタウンという昔からやっているラジオ番組を2回、聴いたんですよ。


それがほんとに中途半端なワンマンショーでー。




アイドル的人気があった頃の感じでいまだに続けている感じなんですよね。


まあ当時は生まれてませんが。




さんまさんがどうこうより企画がなさすぎというか、さんま置いといたらいいやろ的な感じなんですよね、。




モー娘。にすらほとんど話させないというか。なんでトークスキルを育ててあげようとしないんだと。


相槌、極めただけで終わっちゃうんじゃないかと。





だったら、モー娘。をさんまさんのプライベートな飲み会やパーティやもちつき大会なんかに参加したりして、そこで録音や隠し撮りして、問題発言を撮って、ラジオ番組で追求していくとか。「あの女ばっか見てた」とか「失礼な表現をした」とか「さんまがさんま食べてた」(写メはブログにアップ)とか色々あるでしょうと。





どうせなら、さんまさんが司会でモー娘。であっぱれさんま大先生と恋のから騒ぎの中間みたいな番組するとか。どんどんモー娘。メンバーのキャラが発掘されていくんじゃないかと。または話題のためにもモー娘。AKB半々とか。鉱山ですよ。小娘相手にてこずってほしい。アシスタントをイマルさんにしてみたり、世界一面白い親子ゲンカになるんじゃないか\(゜o゜;)/







何の話やねん。






AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード