1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年09月05日

2014アイアンマンJAPAN(洞爺湖) 参戦記5(完)

テーマ:トライアスロン

バイクフィニッシュをし、
トランジションエリアで
ランバックを受け取り、
更衣テントで最後の着替え。

今回、私は「トライスーツ」
(トライアスロン専用のユニホーム)
で、レースを戦いました。
(これは、前回の五島長崎での教訓です)
(詳細は こちら から、笑)


ランは21キロのコースを2周回。
一部分を除き、ほとんど平坦の
余裕(目論見)コース。
五島長崎の福江島(全部坂、涙)
で揉まれた今の私には、
余裕のよっちゃん(古っ!)

なんとかなりそうです。

ラン2




「が」、ですね~。
そう簡単にはいかないのが、

この「フル」トライアスロン、

だったのでした。。

まずはマインド(気持ち)のセットから。

いきなり42キロは、さすがにど笑むちゃんでも
イヤになります。

まずは半分(1周:21キロ)を目指そう、と。
その先は後から考えれば良し、
の軽いのりでスタート。
てくてく走り出すのでした。

時間制限は問題なし。
なにせアイアンマンのロングは制限時間が17時間。

6月に体験した五島長崎は15時間。
(なんと、同じ距離で2時間も短いのです!)

私のここまでの所要時間、9時間40分ほど。
時刻にして、15時50分(朝6時13分のスタート)。

23時までにゴールすれば完走なので、
この時点でタイムの計算はしておりません。

腕時計のガーミン(買うと高い・・・)は、
もはやG-SHOCKの機能しか必要としていない(笑)

ランスタートから応援ゾーンを1キロほど走るのですが、
そこの石畳が足に堪える程度。でも楽勝です。

ランコースは対面での周回なので、スタート時点で
よねちゃんに遭遇。僕の1~2キロくらい先を走ってました。

応援ゾーンを戻ってくると、今度はてつまさん、
ジャッキーさんに遭遇。
今からランスタートでした。
(この時点で、強いジャッキーさんが
なぜこの位置にいるのか、意味が不明でした、、)

「みんな頑張ってるな!」
「よし、全員でゴールだ!」と、ひとり盛り上がる。

今回の、苦しくなった時の妄想作戦。
(※ここ、今回のポイントです、笑)

前回、五島では「自分のゴールシーン」を想像し、
それにわくわくし、萌えながらニヤついて、
実現する前から「実現した人」として、
それを引き寄せられた成功体験があったのでした。

が、今回は・・・・


この妄想に、「燃えない」のです。

加えて、「萌え」もしないのです!(重症)

自分のゴールシーン、、
い~っくらイメージしても、
燃えないのです!

もう既に、

「完走できて当たり前」

の自分なのです!
ワクワクできないのです!!

私は、今回のメインテーマ、
(参加の)サドマゾメンバー

「全員のゴール!」

とおいて、これだけのために取り組んできました。
『これができちゃったら、すげーな!』と、
心から燃えました!


よって、妄想を

『全員での完走!』
『達成し、皆で健闘を讃え合っている姿』

と切り替え、レース中もバイク漕ぎながらニヤニヤと、
自分を鼓舞してきました。


でもこれ、考えてみると実生活でも
一緒なんですよね。


・今の仕事にワクワクできているか?
達成イメージ(妄想)は明確か?
(色のついた状態でイメージできてるか?)
・達成する前から、「達成した人物」として
 振る舞えているのか?

これは、本当に「超」重要です。


スポーツ、特にトライアスロンは、
3種目あって時間も長く、

「ふっ」

と、いろんな事を考えさせられます。
(競技しながら、天から声が降ってくるのです!)
(↑※ここ、テストに出ます、笑)

(中略)

話しがそれましたが、レースはつづく。

2周回目に入ると、あたりは徐々に暗くなる。

五島長崎では投光器が200メートル毎くらいに
設置され、闇夜の中に「コース」だけが
すごく明るく
浮き出ている様でした。

ですから、どこまで進めば良いのか、どこでカーブするのか、
前の選手までどのくらいの距離なのか、

また、(対面コースでしたので)向こうからくる
選手の様子までもが、はっきりしていました。

が、この洞爺湖コース。湖畔に薄暗い提灯が設置されるだけ、、

うっすらと、コースに提灯(のような光り)が漂っている。

20時近くなりあたりが一層暗くなると・・・・


なんと、、、、


「何も見えないのです!!!(涙)」

エイドステーションで、ペンライトのようなものを手渡され、
それを握りしめて走る。

ももクロのコンサートか!(笑)


しかしこれは照明用、というよりもむしろ、

「回りの選手に自分の存在を知らしめる」ための道具。
(まさに接触の危険回避用、にすぎない、涙)

足元も真っ暗、路面は多少の段差もあり、
ところどころ不安です。

もはや、タイムどころではありません。


ゆっくり、着実に、

「人と接触しないように」、

前進するだけ。

私、ここでまた、「天から御声」が降ってきました。。
(ちょっと待った~~!)
(↑ねるとん風♪)

これ、「リーダー」たる人物の仕事も

「同じ」なのでないか?

暗闇の中で、

メンバーの行く先を明確に示し、

部分を照らす。


「行く先」とは、まさに「ビジョン」。


リーダーの示す「あそこ(目的地)」に向かうんだ!
そのためには、こんな危険が想定されるから、こうして対処するんだ。
どこまで行けば、次は曲がり角がありそうだ。


エイドステーションまであと○キロだから、
このペースで行こう!

などなど。


行く先が「明確」だからこそ、
いまの足元に暗闇があろうとも、安心して走れるんだ!


こんな事を考えながら、走り続けたのでした。
(そんなリーダーでありたいな、、)


最後はバイクで痛めた膝の痛みもぶり返しつつ、
なんとか最後の直線へ。



ラスト、ゴール花道。

ゴール沿道


応援の人だかりと大歓声
ナレーションからの紹介


『ゴ~~~ル!!!!』

うれしい


ゴールラインの向こう側には、応援のえのさん、ゆみさんはじめ
仲間のお出迎えが。
(えのさんは2週間後の佐渡にも出場のため、
予定通りの途中切り上げ)

「15時間24分05秒」

こうして226キロの旅路は無事に閉幕となったので
ありました。



最後に、今回のこのレースに参加した

てつまさん
ジャッキーさん
けんけん(モノノフ)
よねちゃん
まーぼー

とも無事に完走!

モノノフのゴール
(↑一番速かったモノノフ)

よねちゃんゴール
(よねちゃん)


てつまさん
(てつまさん)


じゃっきーさん
(ジャッキーさん)



まーぼ
(そして、まーぼー)
(なんと、全参加者中、ゴールした人で、
「大トリ」を飾った!)


えのさんは、上記の通り佐渡が本番のため予定通りバイクで終了。


かねまつさん



(兼松さんも、元気にゴール、ゴール写真が、なかった、、涙)



意図した通りの結果で、ここが一番の収穫です。
ああ、チャレンジしてきて本当によかった!

予定通り切り上げのえのさんは、
2週後(9/7)開催の佐渡トライアスロン大会
に出場!

これこそが、本番です。

わが、チームサドマゾ(佐渡を目指すマゾ軍団)。
活動はまだまだ続きそうです。

来シーズン、個人としては、

4月 宮古島(ストロングマン)
6月 五島長崎(バラモンキング)
9月 佐渡(アストロマン)

に出場したく、妄想を拡げております!

まだまだ進化します!
(長文、連載、最後までお読みいただき、
ありがとうございました!)


全員
(レース翌日、全員でパチリ!)

AD
いいね!(13)  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。