ジョージ・A・ロメロ(1978)『ゾンビ』



ゾンビ映画の代表格、その名も「ゾンビ」そのまんま!ゾンビ化現象が広がりを見せる世界、機能を失いつつあるテレビ局や警察機構。テレビ局のスタッフとSWATの隊員がたどりついたのは大型ショッピングセンター。4人はショッピングセンターで消費を謳歌するが、平和は長く続かなかった…。世界中の多くのコンテンツクリエイターに大きな影響を与えたゾンビ映画。この映画が無かったら現在のゾンビコンテンツの隆盛は無かっただろう。本当はみんなにゾンビ映画をたんまり見て欲しいけど、もし「一本だけ」というのなら、とりあえずこれを観よう。本当に怖いのは、ゾンビなのか、それとも、人間の欲望なのか。(岡本健)

AD