仕事では成果が重要です。
汗水や努力は関係無いです。
楽していようと成果が出ているなら顧客から支持されます。
どんなに努力しても成果が出せないなら顧客からの支持を失います。

顧客が提供してほしいと思っている価値は、貴方の努力ではありません。
努力は美しいですが、顧客が欲しいるのはサービスや製商品から得られるプロフィット、つまり利益です。
このプロフィットを提供するには、成果が全てです。
成果を出さないとプロフィットも生まれません。

どんなビジネスでも同じです。
どれだけ顧客の為に努力しているかは二の次。
成果です。
成果が全てです。

楽して、殆ど努力せずとも、顧客が求める価値を貴方(貴社)が提供する事が出来るなら、顧客は貴方(貴社)を支持するのです。
欲しているものを提供してくれたという理由で貴方(貴社)を支持します。
もし、死ぬほど努力しても、欲している顧客のウォンツを満たせないでいるなら、貴方(貴社)は顧客からの支持を失います。
そして廃業です。
それがビジネスです。

ビジネスを自分でやっている者は、これを必ず意識しなければなりません。
顧客の為にどれだけ頑張っているか等は、顧客からすればどうでもいいのです。
顧客が欲するウォンツを満たす価値を提供出来ているかどうかが全てです。
ウォンツさえ満たせているなら、楽な方法をとってもOKなのです。
但し楽な方法が社会性に反するものなら、その楽な方法は使わないほうがいいです。
AD
自分でビジネスを興し維持するのに必要なものは勇気と学力です。
自分でビジネスを興すと、面倒な人間関係から事業経営上発生するあらゆるリスクまで全て自分で背負わねばなりません。
自分が企業の代表ですから、それは当たり前の事ですがクレーム等も最終的には全て自分の元にやってきます。

精神的に弱い人には、企業経営は耐えられないでしょう。
耐えられないくらい大きな顧客からの期待と責任を背負う事になります。

ビジネスは誰にでも出来るものでは無いですが、世の中には自分でビジネスが興せるレベルに達していて、なおかつ自分でビジネスをやりたいと思っているにも関わらず、起業しない方が沢山います。
もし、一歩前に踏み出す事が出来れば成功するのにそれが出来ずにいる人が世の中には沢山います。
で、彼らはその後いつか起業するかといえばしません。
一生涯しません。
なぜが?
怖いからです。
恐怖にも色々な種類がありますが、彼らもそれぞれの恐怖に取りつかれて身動きが取れずにいるわけです。

私がなぜ、自分でビジネスを興して多くの顧客を抱える事が出来るようになったかといえば、能力が高かったからではありません。
「勇気」です。
恐怖心に打ち勝つ勇気を持ち合わせていたからです。
別にビジネスに限りませんが、何かで成功しようと思ったら絶対に欠かせないものが一つあります。
それが「勇気」。
ドラゴンクエストというゲームが今から20年ほど前に流行りましたが、その主人公は「勇者」です。
「戦士」でもなく「賢者」でもなく、「勇者」が主人公です。
ドラゴンクエストは、一番重要なものとして勇気を挙げているのです。

そう、成功する為に絶対に欠かせないのが「勇気」なのです。
賢者のように賢く無くてもビジネスで成功する事は可能です。
馬鹿でも成功は可能です。
但し、「勇気」が無いと成功しません。
ビジネスは勇者で無いと成功しないのです。
貴方は今自分ですぐに事業を興して新規顧客開拓のために全く面識のない他人や他企業に飛びこみ営業が出来ますでしょうか?
普通は怖くて出来ないと思います。
それが出来てしまう人には共通点があります。
それが「勇気」です。
批判を恐れつつも飛び込み営業が出来てしまう人は、みな勇者なのです。

多くの方は、学歴が大事だといって学歴を積む事に躍起ですが、自分でビジネスをやる場合、学歴など役には立ちません。
「顧客のニーズやウォンツを満たすために、対応するプロダクトを提供する事」がビジネスだと言えますが、このプロダクトとは何か?
プロダクトは価値です。
顧客にとって価値あるプロダクトです。
これが提供できるかどうかが、ビジネスの全てです。
学歴?
それは全く関係無いです。
ビジネスを興し成功するのに、学歴が必要だなどと言っていたら、ビジネスを実際に興している人達に笑われるでしょう。
ビジネスの生命線を一言でいうと、「顧客に価値が提供できるかどうか」です。
価値が提供できるなら生き残れるし、提供出来ないなら廃業です。
学歴は役に立ちません。
AD
Google Adsenseは、不労所得型Google Adsenseと労働所得型Google Adsenseに分けられると思います。
Google Adsenseというのは、リンクユニットなり広告ユニットを設置したページに多数のユーザーを集客して広告をクリックしてもらってはじめて収益を上げられるアフィリです。

何もせずに寝て待っていて収益が上がるようなものでは無いです。
Google Adsenseで収益を上げる手法にも色々あります。
大きく分けると、不労所得型と労働所得型です。

ページ単位では無くサイト単位でアクセスを増やして1ページでは無く、大量のAdsenseページ全体で収益の嵩上げをしようと考えるなら、記事を大量に量産しなくてはなりません。
それで利益が出たなら、、そのGoogle Adsense報酬はは労働所得です。
もし、6ページだけのGoogle Adsenseサイトを作り、それだけかなりの数の集客を実現し利益を出しているなら、そのGoogle Adsense報酬は不労所得です。

これも見方を変えると、労働所得が不労所得になったりします。
労働所得のいうのは、自分が働いて収益を上げ結果として出た利益の事です。
一方、不労所得というのは、自分が働かずに収益を上げ結果として出た利益の事です。
もっと分かりやすくいうと、「自分の時間」を使って上げた所得が労働所得です。
「自分の時間」を使わずに上げた所得なら不労所得です。

サイト単位で記事を大量に作成してアクセスを増やし、サイト全体でGoogle Adsenseクリックを稼ぐいうやり方を全て自分でやり利益を上げたなら、それは完全な労働所得です。
自分の人生、つまり自分の時間を消費して生み出した所得です。

このAdsenseサイト構築を人にやってもらい利益を上がているなら、その利益は不労所得です。

所得を上げるにしても、労働型を目指すのか不労型を目指すのかで人生は大きく変わっていきます。
AD