33歳 カケル思考の独身女 インド リシケシ ヨガの旅

ヨガの本場インドに行ってみたい!!と思い立ち33歳にして初バックパッカーデビュー!英語も喋れずほとんどジェスチャーで会話成立。私は友人いわくプラス思考を通りすぎ「カケル思考」であるらしい・・。そんな女のインド一人旅を綴ったお馬鹿日記・・・。


テーマ:

インド旅行を振り返って・・・

やっと終わった~~~~!!インド日記。
3月に書き始め、数ヶ月お休みし、六月に再開し5ヶ月ちょっと・・。

たった1ヶ月の出来事をよくもまぁ、こんなに引っ張りながら
書いたものだ・・。

そしてよく飽きずに読んでくださったものだ・・。笑
ありがとうございました。

私がインドに行こう!!と思ったのは昨年の年末。
不意に「インドに行きたい!!」と思ってしまったのだ。

ヨガを習っていても周りの人が行こうとも
全く興味のなかったインド。

しかし何故だかわからないがフッと行きたくなってしまったのだ。

そう、インドからの招待状が届いてしまったのだ・・。

行きたくなったらもう止められない。何が何でも行きたいのだ。
いつもは「のんび~り」「ゆっく~り」行動力のない私だが
インドに関してはとっても早かった。

ヨガ教室の代行をお願いし、あらゆるブログや、HP、本をチェックし、ヨガ発祥の地リシケシに行く事に決定。

次は旅行日程を決めなくては・・。
色んな旅行会社に問いあわせても観光地を巡るツアーが多く
それにもピンと来なかった。

なのでツアーを組む事をやめ航空券と一日目の宿泊そしてリシケシまでの電車のチケットだけを予約し、後は
行き当たりバッタリで行動する事にした。
かなりのイメージトレーニングはしたけどね・・。笑


リシケシの情報が欲しくてネットで色々と検索したものの、
あまり多くの情報を得る事が出来なかった。

これだけヨガが流行っているのだからもっと情報を得れるかと
思っていたのだが・・。

数少ない、リシケシについての情報が載っているブログがとても
為になったし、力強い助っ人になってくれた。

そんなわけで私もこれから行かれる方の為に
少しでもお力になれれば・・・。と思い日記を書くことにしたのであった。

・・。しかし・・。ほとんどシモネタ‥.。バカ話・・。笑

なんのお役にも立てないであろうな~。とは想像がつきますが・・。笑


今回インドに行くのはかなりの決断力がいった。
海外に一人で行った事もあるし、英語が喋れなくても
大丈夫!!って変な自信はあった。

でもインドは未知の国。
どんな衛生状態、交通状態、通信状態・・。などなど・・。
全くもって想像できなかった。

そして、行く前に「臓器売買がまだ頻繁に行われている。」
だとか、「行方不明になってかえってこない人が沢山いる」だとかを聞くと、さすがにビビッテしまた。

母の大反対を押し切り、インドに行く事にした。

「何でインドに行かないといけないの?」
「ヨガの勉強」
「他のとこでもできるでしょ?」
「インドがいいの」
「じゃあ、せめてツアーにしなさい」
「ツアーじゃ意味ないの・・。」
「何で意味ないの?」
「色々案内されて見てまわるだけじゃ嫌なの・・。
自分で見たいものを探して見ていきたいの・・。」

「そんなの大丈夫なの?女一人で?」
「たぶん・・。きっと・・。どうだろね・・・?」
「お母さん心配やわ・・。もし、何かあったら
行かせた事を一生後悔するわ・・。お母さんも一緒に行くわ。」

「・・・・・・。すみません・・。遠慮します。(^-^;)
でも今行かなかったら私が一生後悔すると思う・・。」
と説得し、インド行きを決めたのであった。

今思えばおかしな話だが、インドに行く前は
本当に死んでしまうかも・・。と考えたりした。(^-^;)

親に向けて遺書を書いて旅立ったのである。笑

最後まで反対していたけども納得し送り出してくれたこと、
33歳にもなって結婚もせず、ほぼニートの生活でも
やりたい事があれば頑張りなさい。と応援してくれていた事.
などなど・・。いろいろな事に感謝した。

面と向かって渡すのも恥ずかしく、父の仏壇に小額だが今まで貯めたお金、通帳と手紙を置いて出てきたのである。
部屋の片付けもしていった。
これは見られたくない!というような、手紙や日記など。
綺麗さっぱり処分した。笑


何故ココまで決心をして行きたかったのか・・?



20歳の頃足に腫瘍が出来た。
別に痛みもなく、外見が変化しているでもなく。
ただマッサージの仕事をしていたので自分の体を使って
よくレッスンをしていた。
するとスネのあたりが少し腫れているような・・。
ギュ~っと押さえるとズンッとした痛みが・・。
ちょっと気になり、近くの整形外科に。
すると骨に腫瘍が出来ているという。
「腫瘍?」ってガン??

あまりピンとこず紹介されるまま大きな病院へ。
検査の結果、
「悪性腫瘍ではなさそうですね・・。」との事。
よかった~。ガンではなかったんだ・・・。(^-^)

まだ年頃だし結婚もしてないので体にメスを入れるのは・・・。
と先生がいってくれ様子を見ていくことにしましょう。ということになった。

3ヶ月に1回の定期検診。
な~んの変化もなく、ただただ月日は流れていった。

24歳の時先生が

「とりちゃんはまだ結婚の予定はないの?」
「全くありましぇ~~~~ん。トホホ」

でもどうして???

「そろそろ手術をしたほうがよさそうなんだよね・・。」
「手術??」
「そう・・。今までは変化がなかったけどココのところ
形が少し変わってきてるからね・・。少しだけど・・。
結婚を待っていてもまだなさそうだしね・・・。(^-^;)」

「形が変わったらどうなんですか?」
「悪性に変化してる可能性もなきにしもあらず・・」
「悪性ってガンの事?」
「そうだね・・。」

「ガ~~~~~~ン(TдT;)」(ダジャレ・・。笑)

てな訳で手術にはかなり抵抗したが結局他の大きな病院3件で
見てもらっても「悪腫瘍の可能性あり」だった・・。

これだけ若くてガンだったら転移が早いんじゃないの??
私って死ぬの・・?と心底落ち込んだ・・。

その時初めて「まだまだ生きたい!!」
「まだまだ色んな事をしたい!!」と思った。

その頃はまだ若かったし、ブランドのバックや時計などに興味があった。

でもそれらの物を見ながら
「でもこれって一体何になるんだろう・・。」
「これを買うために一生懸命働いて・・。」
「もしこのまま死んでしまうのなら、私には何の思い出が残るのだろう・・。」と虚しさが出てきた。

その時からあまり「物」えの執着がなくなった。
その代わりに「楽しむ事」への執着心が芽生えてきてしまったのだ。


人生は一度っきり。輪廻転生があるとしてもこの肉体、魂、周りの環境であるのはたった一度。

それならば、思い存分人生を楽しみ「あ~楽しかった」と言って
生涯に幕を下ろしたいとおもったのである。


結局手術の結果は「良性腫瘍」であった。

先生たちは「良性でよかったですね。疑いのあるものを置いておくより取ってスッキリした方がよかったでしょ」

との事だった。

確かに悪性ではなく、ホットしたがその代償はかなり大きかった・・・。

今でも残る、大きな手術跡。
骨を削って人工の骨を埋めた為にそれが固まる為に半年間の不自由な松葉杖生活。
神経も傷つけているのでちょっとした衝撃での痛みが数年間
何よりも嫌だったのが体質の変化。
今まではことわざ通り風邪をひくことが本当に少なかった。
風邪をひかないと言ったほうがいいぐらいであった。(^-^;)

しかし全身麻酔を手術をしたせいか 抵抗力、免疫力が驚くぐらい低下してしまったのだ。
ちょっとした事で熱をだし、寝込んでしまうようになった。
手術そし、10年が経とうとしているココ数年でようやく
元のカラダにもどってきたような気がする。

その頃「思う存分人生を楽しもう。やりたい事はやっておこう」
と考えるようになったのだあった・。

今まで大嫌いだった勉強もするようになった。
色々な分野で興味が沸いてくるのだ。

もともとお利口ではない私が物事を理解し、暗記するには
かなりの努力が必要であった。
試験の前は必ずと言って良いほど脳みそが鼻から出てきそうになるのであった。(>ロ<;)


どちらかというと興味旺盛な私であったが病気になり益々
いろんなことにチャレンジしたい!と思い出したのである・・。



そして30歳を目前としたある日定期検診の為に病院を訪れた。

いつものようにレントゲンをとり、血液検査をし

先生と井戸端話に花を咲かせ・・。

「じゃあ、また半年後。」 とすんなり定期検診はすんだので
あった。

数日後病院から電話があり、

「検査の結果少し気になる ところがありますのでもう一度
病院に来てください.」との事であった・・・。

病院に行くと先生が

「血液検査の結果が出てきたのですが腫瘍マーカーの値が少し高いのです・・。」といった。

「腫瘍マーカーって何?」

黒田アーサーなら知っているが腫瘍マーカーは初耳だった。(^-^;)

手短に言うと体内にガンができると特殊な物質が血液中などに異常増加することがあり、これを腫瘍マーカーと呼ぶそうだ。

「へ~!!そうなんだぁ!!」
・・・・って私またまたガンの疑い????(><)??

それから2ヶ月に渡り検査が始まった。

まずは血液検査から。
色々な試験管にタップリと血を抜かれた。涙

その結果を待って、次はMRI。そしてCT、胃カメラ・・・。
等など・・・。

難易度(苦痛じゃない検査から。)の低いものから初めて行き
それでも腫瘍の場所が特定できなかったら次の検査へと
進んでいったのであった。

検査の途中で子宮筋腫であることがわかった。
成人女性の3人に1人の割合であるともいわれているそうだ。

「へ~、筋腫ね・・・。子宮に出来たオデキのようなものだろう。」と軽く考えていた。

そして検査が終盤に入っても一向に腫瘍が見つからない。

先生は、「筋腫が怪しいかもしれませんね・・。」

といった。

「子宮に腫瘍が出来ていたらどうなるんですか?」

「最悪の場合は子宮摘出ですね・・。」

「シキュウテキシュツ・・?????」

「妊娠は出来ませんが、ホルモン剤投与などで
その後の体は大丈夫ですから・・。」

ガ~~~~~~~~~~ン(;へ;)

この私もさすがにヘコみまくった。

どうやって家に帰ってきたか覚えていない。

生まれてきた時に産声を上げた以来こんなに

大泣きをした事はなかったのではないかというぐらい

大声で泣いてしまった。

最悪の場合子宮をとるとは・・。

子宮をとるって事は妊娠が出来ないんだよね?

妊娠できないって事は赤ちゃんが産めないんだよね?

「嫌だ~~~~!!絶対に嫌だ~~!!」

なんの為に女に生まれてきたの?
なんの為に今まであんなにうっとおしい生理を我慢してきたの?

赤ちゃんが産めないなんて私「欠陥品じゃん。」
女として意味ないじゃん!!

大好きな人との子供を授かり母として生きていく事が
当たり前だと思っていた。

ガンで死んだ方がマシだ・・。と真剣に思った。

あまり周りの人に心配させるのも嫌なので平然と振舞っていた。
が夜寝る時や一人になったときは涙が次から次へと溢れ出した。

数日間泣き続けハニワのような目になっていた・・。

母は「子供が出来なくても楽しい人生はおくれるよ。
妊娠が出来ないかも知れないって言われて今凄く辛いのは
判るけど、子宮摘出した方がいいのならそうしなさい。
もし腫瘍を残して子供が出来たとしてもその後悪化したら
どうする?幼い子供を残して死んでいく方が今よりずっと
辛い思いをしないといけないよ・・。」

と言った。

それはそうだがヤッパリ嫌だ!!

軽く1週間は超マイナス思考の暗~いハニワ女であった。笑

毎日毎日泣いていると飽きてくる。何で泣いてるのだか
判らなくなってきた。

泣いて解決するのなら幾らでも泣き続けているだろう。
しかしな~んにもかわらない。
自分自身が大嫌いになってくるだけだった。

そうだ!考え方を変えよう!!

「赤ちゃんが出来ないかもしれない。」それは凄く嫌なことだけど、出来なかったら仕方がない。
子供がいなくても 楽しく過ごせるパートナーを見つけよう。
そして旅行に行ったり、自分の趣味を増やしたり・・。

そう考えていかないと辛くてやってられなくなったのだ・・。

欠陥人間、欠陥女と自分自身が思っていたら自分自身のココロが
かわいそうである・・。
私自身が自分の事をちゃんと受け止めてあげないと・・。

そう気づいた時にとても楽になった。

そしてマイナス思考がどんどん自分を追い込んでいき
周りに対しても自分に対しても辛い思いしか
させないってことも・・。

空元気でも、笑顔でいたらそのうち自然に笑えるように
なってくるのだ。

ハニワ女の期間は本当に死にたいと思った。
生きている意味が見つけられなくたっていた。

限られた人にしか告白せず、平然を装い過ごしていたが
そんな時に友人から電話がかかってきたり
食事の誘いがあったり・・。

そうして他愛もないお喋りをしたり、笑ったりしていると
気分が晴れてくるのである。
そして気づかしてくれたのである。

私、こんなにも多くの人に助けてもらってる・・。
何気にくれたメールや電話からも元気をもらえた。
一人で生きていないって本当だなぁ・・。
親、姉妹、恋人、親戚、同僚、先輩、友人etc・・。

その時から人とのつながりをより重要視するように
なった。そして人間大好き人間になった。(^-^)

傷つけらるのも「人」だが助けてくれるのも「人」だ。
助けられてばかりの人間ではなく少しでも助けて
あげられる人間になれればいいな・・。と思っている。
色んな人と出会い、一緒に笑ってられる時間を過ごせたら
凄く幸せな気持ちになれる。


足の腫瘍の時は「楽しく生きる事」の大切さを
今回の腫瘍の時は「人の温かみ」を感じる事ができた。

この二つの病気はかなりショックな出来事だったけど、
それと引換えに大切なものを気づかせてくれたんだな・・。
と今は感謝している。

この病気がなかったら今でも、「なんか最近楽しい事はない?」
って言ってるだろう。

今は毎日が楽しいのだ。

「当たり前」というものがないと気づいた時から。
全てがありがたく、素直に感謝できるようになったのだ・・。

「健康でいてあたりまえ」
「ご飯を食べれてあたりまえ」
「友達がいてあたりまえ」
「こどもが産めてあたりまえ」・・・・。



インドにいった時も当たり前が本当に通じなかった。

そんなアホな・・。って事が沢山あった。(^-^;)

だからこそ今回の日記のような重~い、暗~い出来事を
思い出させてくれた。笑

未知の世界インドに行き楽しみ、そのついでに「インドで修行しました」みたいなハクをつけようと、ヨガの勉強をしに1ヶ月弱滞在した。笑い
朝晩毎日していたら
今まで出来なかったポーズも出来るようになり、
少し、体は柔らかくなってきたけど、帰国時には
そんな事どうでも良いような事に思えた。

助け合ったり、思いやって生きていたり、
(本当はカースト制でかなりの差別があるようだが、
 短期滞在者の私にはあまり見る事ができなかった。)
そんな生き方、考え方、を肌身で感じる事ができた事が
何よりの収穫であった。

本来有るべき「人間らしさ」を見れたような気がした。

デリーでは踏んだり蹴ったりだったが
やっぱりそこでも色々な人に助けてもらった。
人の温かさを実感できた。

ハワイやタイ、オーストラリア・・。みんないい所だけど

インドは特別楽しく、そしてむかつく濃厚な国である。(^0^)

皆さんも是非一度インドへ・・・。 

アッ、この数ヶ月の日記読んでたら行く気うせるか・・。笑

でも、本当にとても貴重な体験をさせてくれ、素敵な友達にも
めぐり合わせてくれ、凄く、凄く楽しい旅行をする事ができました。


インド万~歳!! また必ず行くからね~(^-^)/


                      END



最後の最後までダラダラと書いた文章力のない
インド紀行を読んでくださってありがとうございました。

これで白目を向きながらパソコンの前に座らなくても良いかと
思うとちょっとホットします。(^3^)笑


そして忍耐強く今日の超ロングバージョンを読んでくださって
ありがとうございました・・・。笑

追伸・・あれだけ検査しまくって泣かされまくった
    腫瘍マーカーは2年後通常値に戻ったのでありました。
    あれは一体なんだったのでしょうか???(^-^;)
    

    私まだまだ生きるみたい!!きゃはは~~~~(^0^)
 


【最安値挑戦!】【レビュー書き込みでさらに専用メッシュケースをプレゼント!】厚さ6mm ヨガマ...
¥630
楽天
【やせて見える魔法ヨガパンツ】ランキング1位受賞【P-1】【最大65%オフ】丈の長さも選べる ...
¥1,800
楽天

【予約販売10月末発送予定】【RCP】ヨガパンツ【メール便限定送料無料】くつろぎカジュアル♪n...
¥1,680
楽天
ヨガ ヨガマット YOGA楽天最安値に挑戦!レビュー特価890円!厚さ8mmヨガマット
¥890
楽天

【ヨガタオル ヨガマット専用タオル】ストレッチ エクササイズ [ヘルス・ビューティー][バラン...
¥890
楽天






人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



天国に一番近い場所にいて、最高の気分になったまま、タイについた。

早朝タイ着、深夜タイ発→日本着の予定だ。

甘いマスクのフランス人男性と別れるときに記念写真をとり

「とりちゃんと出会えて嬉しかったよ。凄く楽しかった。」と
ハグをしてくれ、もうおばちゃん舞い上がり状態。笑

タイに着いたらインドに行く前に控えていたものを全て
食べてやった。(^-^)v

マンゴー、マンゴーシャーベット、マンゴープリン・・・。
マンゴー尽くし。

そして屋台にも手を出しまくった。

インドに行く前はタイの屋台はちょと・・・・。

って具合だったが、行った後はどの屋台も
大丈夫そうに思えた。笑

インドであれだけ凄い下痢に襲われたのだから
少々のものではビクともしない自身もあった。 (^-^;)


そういえばインド空港でお土産買いそびれていたよな・・。
という事でタイでドライフルーツなどを購入し、お土産にした。

何でインドに行ってタイ土産??って感じだったけどね・・・。

最後に私の最愛ののマッサージ師トムさんを訪れた。

一応インドでも毎日シャワーを浴びていたけど
(はじめの二週間はバケツの湯一杯だけだけど・・。)
1ヶ月近い垢を落として日本に帰ろうと思った・・。

しかし残念ながらトムさんおやすみ。(TT)

他の人にお願いし一ヶ月間の垢を落とし、すっきりし

日本に向けての飛行機に乗った。


帰りの飛行機でも、隣の席は・・・。

男前な・・・。


いや・・。フツーーーーーーの日本人。 (;_;)



やっぱりさっきのベン君(甘いマスクのフランス人)が隣だった事が特別ラッキー だったのね。 (>3<)

きっと、インドを嫌いになったらいけないよ~。

っていう神様の計らいだったのね。(^-^)

と勝手にいい解釈をし、日本行きの飛行機の中では
思う存分爆睡した。 笑


そしてあっという間に関空到着。


検疫所(?)体調がどうのこうのって聞かれるところ・・。

あそこで私は恥ずかしい告白をしようと決めていた。

あれだけ凄い、嘔吐と下痢に見舞われたのだ。

何か重大な病気(コレラやチフス)にかかっていてもおかしくないだろう・・。

体調もすっかり治ったし、このまま帰宅しても良かったが

体調が悪いのに申告せず、帰国し、菌を撒き散らし、
会社や自分が立ち寄った所全てを消毒をしなくてはいけなくなり、会社が休業になって迷惑をかけた。

という話を耳にしていたので、それだけは避けたかった。

私も翌日からヨガの指導が待っていた。
早く行きたいのは山々だが、もし行って変な菌を巻き散らかしてしまったら・・・。

そう思うと、恥ずかしいがこの検疫所で申告をし、検査をしてもらい、一安心し、家路に着こうと考えていたのであった。

聞いた話によると、ガラス棒をお尻に突っ込まれるとか・・・。

「・・・・・。涙。」

でも周りの人に迷惑をかけるわけにはいかない・・。

仕方ない!!

と決心をして、検疫所の男の人に、

「激しい下痢をしました。」

「激しい、嘔吐がありました。」

「高熱が出ました」etc・・・。

というところに○をしたアンケート用紙を渡した。


「これはいつですか?」

「3日前です。嘔吐は昨日です。」

「インドからの帰りですよね。」

「はい・・。」

「今は?」

「今は大丈夫です。」

「熱は?」

「熱も下がりました。」

「そうですか・・。では結構です。」

「けっ、結構なんですか?????」

「はい、結構です。」

「え~~~~。でも凄い水下痢だったんですよ! それに加え嘔吐も!!」

「でも今は大丈夫でしょ?」

「今は大丈夫ですけど、ホント尋常じゃないぐらいの 水下痢だったんです。本当すごかったんです!!検査を・・・。」

「はぁ・・・。(-ロ-;)では・・。もし高熱が出てきたらこれをもって病院にいってください。」

と呆れられた口調であいづちを打たれ、黄色い紙を渡された。

黄色い紙には「この者は伝染病が多発している国からの帰国者です。もし、この紙を 持ってそちらの病院に行ったら注意し、とことん検査してください」

みたいなことを書いていた。

「・・・・。」

まるで私が要注意人物のようじゃんかよ~・・。

そりゃ~、公共の場所で、私のう○こちゃんが

どれだけ凄かったか熱弁したけどさぁ・・・。涙

それにはちゃんとした理由があったからで・・・。

ただの変出者やシモネタマニアじゃないんだけどね・・・。
(TT)

そんな言い訳を聞いてくれるわけでもなくその場を立ち去ることにした・・。トホホ・・。


そして荷物チェックのところでパスポートを見せ荷物を台にのせた。

若いお兄さんが、「どちらに?」

「インドです。」

「何日間?」

「約一ヶ月です。」

「一人でですか?」

「ハイ。」

「何をしに?」

「ヨガです。」

「・・・・。ふ~ん。」って感じでパスポートと私を
交互に見ながら、

「あちらで薬物とか大麻とかしたり、持ち帰ったり
してませんか?」

「ぷぷっ・・。笑(>0<)」

「しましたか?」

「・・・。すみません・・。笑  してません。笑」

笑いを必死にこらえながら返事をした。

だって、もし、もしもだよ・・。していたとしても、

「は~い。私、大麻も覚せい剤もしてきました~。そしてカバンにも入ってま~す。」って言う人いるのかね?

そんな質問は有効なのかい?と思ったら笑ってしまった。
(^-^;)

関空で恥ずかしいカミングアウトをしたにも関わらず
無視されたまま、関空を後にした。(^-^;)


そして空港を出る時に母に電話をした。

とりあえず無事に日本に帰ってきた報告をしたかった。

家の最寄の駅に着くと母が迎えに来てくれていた。

やっぱり、だいぶ心配させてしまってたんだね・・・。涙

ごめんね。そしてありがとう。 (;0;)

私の歩いてくる姿を見つけ、

「どうしたの?」と聞いてきた。

私はかなり前かがみになり、リュックの底を両手で抱えていたのだ。

このリュックはタイで購入した、生地がしっかりしている、
バッタ物。

生地はしっかりしていたが縫製がしっかりしていなかったので
重たい荷物を入れると、肩の紐がちぎれるは、底の縫い目が
開いてくるは・・・。

タイ空港で洋裁セットを取り出しチェックインカウンターに並び
凄い人ごみの中しゃがみこみ
少し縫っては前に進み・・。少し縫っては前に進み・・。
と哀れな 格好をさらし何とか背負える状態にしたのであった。

応急処置で縫ったものの、このまま家までもってくれるかが不安だったのでかなり前かがみになり、寝てしまった子供をおんぶする
ような姿勢になり、帰ってきたのであった。(^-^;)


そして、母は「あんた、真っ黒けに焼けてるね。どうやった?」
と聞いてきた。

「もう最高!!フランス人最高!!(^0^)」

「・・・・。あんたインド行ってたんちゃうの?」

「あっ!!インドも良かったよ。てか、最高だったよ~」

って具合で家路にたどりつく事ができた。(^-^)v

つづく・・。



生活にスパイス足りてる?デビルチキン3食で入1,000円送料無料!初回購入限定!TVで紹介の旨...
¥1,000
楽天

【1位獲得!宅配便 送料無料】たった4時間で4000食完売!懐かしいインドカレー8食セット お...
¥1,280
楽天

【1日50セット限定】函館・五島軒の極上ほぐし肉カレー4食セットで1000円45%OFF【送料無料】
¥1,000
楽天

【お試し/送料無料】レストランユースオンリー 7食セット(全7種×各1食)【1000円ポッキリ...
¥1,000
楽天

【送料込み】サムラートの11種類の本格インドカレーの中よりお好きな3個が選べるお試しセット
¥1,260
楽天

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

超男前の隣に座りかなりテンションUP!!になっての離陸であった。(^3^)

インドともお別れ・・。

上空からオレンジのライトを見ていると、1ヶ月前のインドに着陸した時の気持ちを思い出した。

「ドキドキ、ワクワクしながら来たよな~。」

「色々あったけど楽しかったよな~。」と想い出に浸っていた。

そしてフッと我に返ると
彼も私の後ろから窓の外を覗いていた。

彼も色々と思い出していたのであろう・・。

そしてチラッと目が合い会釈した。

彼は「はじめまして(^-^)」と手を差し出した。

「はじめまして。(^~^)ニヤッ~」

顔の筋肉は完全に溶けてしまっていた。笑 

彼は舟木一夫か西郷輝彦かで言うとすれば・・・。

いや、これは分かりにくい・・・。(^-^;)

ブラピかデカプリオかで分けるならデカプリオ派の

男前である。甘いマスクなのよね~。うぷぷッ。

「名前は?」

「とりちゃんです。」

「とりちゃん?」

「はい。(^-^)」

「タイ人にしては珍しい名前だね。」

「・・・・・。日本人です。(^-^;)」

中国人に引き続きタイ人に見られた。

欧米人が同じように見えるのと一緒で、アジア人が一緒に見えるのね。笑

「インドはどうだった?楽しかった?」

来た!!!!!!

この質問。でもさっきイメージトレーニングした中には

男前のフランス人は登場してこなかった。

「デリー大嫌い!!」(^-^)
と笑いながら話している私がいる。厳禁ね・・。笑

「何で?」

「だってね・・・。」って色々あったことを

かなり上達したジェスチャーで伝えた。

すると、「そうだよね~。デリーってクレイジーだよね。」
「女の子一人だと、余計に大変だったでしょ?」
「こうやって触ってきり、こんなこと言って来たり・・。」

 
「そう!!そう! そしてこんな事もあったの!!」

と二人でクレイジーデリーの話で盛り上がっていた。

彼は流暢な英語。
そして私は流暢なジェスチャーとタドタドシイ英単語・・。

思う存分デリーの悪口をいい、笑い、共感しあい、すっかり
気分は晴れていた。

彼の隣に座った瞬間にすでに気分は晴れていたのだが
彼と笑いながら話せたので心のモヤモヤもすっかりなくなっていたのだった。

「でもね・・・。」と彼が言った。

「ん?」

「でも、デリーもいいとこなんだよ。」

「そう?」

「僕も初めて来たときはクレイジーデリーの事は大嫌いだったんだ。でも何回も来るたびに大好きになっていくんだよ。
(^-^)」と言った。

彼はチベット文学などを学んでいる大学院生であった。何度もインドに来ているそうだ。

「多分、そうなんだろうね・・・。だってリシケシはいい人ばっかりで、大好きだったから、デリーも本当はいい人が多いんだろうね。」

「うん。そうだよ。でも、このクレイジーデリーで
よく一人で頑張ったね。えらいね。」と誉めてくれた。

そうだよね~。私、一人で結構頑張ったよね~・・。
よくも、遥々インドに来たもんだ。
色んな試練を乗り越えてきたなぁ・・。
って言っても、反対する親を説得し自らインドに来たのだが・・笑

そうやって改めて誉めてもらえると凄く嬉しかった。
そして最高のプレゼントだと思った。

インドに来て日本では出来ない体験を沢山させてもらった。

私の前世はインド人ではないかと思うぐらい大好きになったインド。

しかし、最後の最後でインドが大嫌いになってしまった・・・。

でも隣の彼が言うようにデリーに足を運ぶたびに
好きになっていくのかも・・・。

彼の「クレイジーデリー」と言う呼び方にも愛情がこもっていた。

こうして愛嬌たっぷりに笑って話す彼の顔を見ていると
ほんとにデリーはいいとこかもね・・。と思えてきたのであった。

パスポートを見せあって今まで行った国の話や好きなミュージシャンの話等をし、一時間が過ぎた。
彼はゆっくりと、優しくわかり易い単語を使い話してくれた。

言葉を選びながら話してくれる彼、全身を耳にして必死に聞く私。

言葉を伝えようと必死にジェスチャーする私、頭をフル回転させ
単語をみつけていく彼。


これ以上喋れない・・。疲れた・・。(^-^;)笑

機内食も済み寝る人が増えた。

「僕も今日一日、よく動いたから眠たくなってきちゃた。とりちゃんは寝ないの?」

「私もねるよ(^-^)おやすみ・・。」

「じゃあいい夢を・・・・。おやすみ・・。(^-^)」

「!”#$&%%$&%~  ~(*^∀^*)~」

何から何までかっこいい!!
興奮して言葉が出なかったよ。笑

そして眠りについた。ホットしたのか目を閉じたらスグに
寝てしまった。

どれぐらい時間がたったであろうか・・・。

腕をトントンと叩かれ目が覚めた。

彼が「ごめん・・。」と言って窓の外を指さした。

「うわぁ~~。・・・・。」

今まで見たこともない神秘的な光景だった。

夜が明け始める、雲の上。

何度か明け方の雲の上を見たことはある。

でも、こんなのは初めてだった。

白、ブルー、紫、赤、・・・。色んな色が混じりあいとても神秘的なのだ。


神の国から帰る時、

神の存在を見たような・・・。


左を向いたら神秘的な空。

右を向いたら甘いマスクの男前。

天国に一番近い島・・。ニューカレドニア。

そして・・・・


天国に一番近い席。タイ航空の私の席。(^0^) うひょっ。

う~ん・・。どっちを見よう?! 

右も左も・・。

左も右も・・・。

右、右、左、左、右、左、左・・。

やっっほ~~~い!!両方最高~~(>0<)

神様ありがとう!!!

最高の贈り物を貰ったような幸せな気持ちになれた。笑



ヒーリング・ピアノ/デラ
¥1,575
Amazon.co.jp
加湿器 音楽でリラックス♪アロマディフューザー 【加湿器 かしつき 超音波式 アロマ対応 省エ...
¥6,825
楽天


COCORO@mode ブルブルネックスピーカー【枕/まくら/首枕/ネックピロー/pillow...
¥2,480
楽天


東京藝術大学音楽環境創造科/音のサプリメント:: リラックスするための音楽の処方箋(CD)
¥1,575
楽天


[CD] ユニオン・シンフォネット/音楽療法健康CDシリーズ2: 疲れた身体をリラックスさせる...
¥1,624
楽天




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。