1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-25 20:33:34

価値基準Ⅲ

テーマ:ブログ
人間の価値と貢献度を分けて考える。
そして、人間の価値とは『存在そのもの』



そんなことを前回書きました。



えっ、存在そのもの?
どういうこと?



あなたにも肉親がいると思います。



私の父は勉強家で、様々な資格を持っています。
50歳を過ぎたとき定年を迎えたのですが、そのころ私は小学校6年生。
5つ上の姉は高校2年生で大学へ行きたいという希望を持っていました。
(姉は脳性麻痺で、身体障がい者です)



仕事をしながら医療の専門学校に行き、優秀な成績を収め、
それなりの地位を得ることにより、姉や私を大学まで行かせてくれました。



尊敬すべき父です。



母も頑張り屋で、勤勉家の父とは違い社交性で、人間関係を
形成し、それなりの地位を獲得した人でした。



そして、姉。
身障者で手足や言葉が不自由です。



それでも、大学へいき、そして、27歳で家を出てひとり暮らし
(自立した生活)をしました。



私が姉のように身障者だったら、こんなことが出来ただろうか?



凄い姉です。



ただ、そのような頑張り屋さんの3人ですが、加齢とともに、
父はほぼ1日何もせず寝ています。



母も、以前のように活動的ではありません。



姉も、ひとりでは何もできず、支援者がいなければ何もできません。



この3人に共通しているのは、一人では何もできなくなっているのです。



さてさて、人間としての価値がないのでしょうか?



違いますよね。



私にとっては、父であり、母であり、姉です。



存在してくれているだけで、うれしい存在です。



よって、人間の価値とは、存在していること。



自分の存在そのものに価値がある。



その原点を忘れてはいけないのです。



貢献しなければ、と思ってしまうのは、存在そのものに
価値を感じていないからそう思うのです。



貢献は、存在そのものに価値を感じたら、本能から自然に出来るもの。



人間の存在価値というものは、再度、じっくりと
見つめてみることをお勧めしたいと思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-23 19:54:03

価値基準Ⅱ

テーマ:ブログ
私の自分に対しての価値基準は3高。
その他、すべて見栄えや表面的な人からの評価により、
自分の価値を測っていた。



そんなことを前回書きました。



人間の価値なんて、見栄えや表面的な評価だけで決まるわけではありません。
(それも魅力の一つであるとは思いますが)



多くの劣等感に苦しむ人たちは、そのようなことで自分の価値を決めているのです。



そういう基準で価値を決めていることに気付けたのなら、
まず、価値基準の見直す必要があります。



その場合、人の価値と貢献度を分けて考えることをお勧めしたいのです。



人の価値は、人への貢献で決まるわけではないからです。



人への貢献が自分の価値という観念が、自分の価値を見いだせない理由に思えるからです。



もっと言えば、人への貢献は、自分が自分の価値を認めれば、
人間の本能ですから、自然に出来るのです。



よって、まずは自分の価値を見出すこと。



そして、人間の価値とは、・・・・。



『存在そのもの』



えっ、どういうこと?



長くなりそうですので、この続きは次回にて。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-21 19:59:34

価値基準

テーマ:ブログ
私の若いころ、3高という言葉が流行っていました。



高学歴・高収入・高身長の3つの高をもじって3高です。



これは、彼氏にする男性の条件。
要は、3高の男性と付き合い、そして結婚することが幸せに
なる道とされていたのです。



よって、3高とされる人はもてはやされていました。



私はといえば、



低身長・3流大学。
3つの条件のうち2つは既に条件を充たしていません。



残りは、高収入。



私は求人広告代理店に勤務しておりました。



同年代の人と比べれば、当時、収入は高かったと思います。



今では、その会社は上場企業になっっていますが、私がいた
ころはまだ、非上場。しかも、世間的には無名な会社。



3高の高収入とは、上場企業で勤務していることを指し、
生涯にわたって安定した生活ができるという意味合いが強いものでした。



よって、私は3高のどれも手に入れていない。



自分は、男としての魅力がない。



そういう捉え方をして、自分に自信が持てませんでした。



さてさて、ここで気付いたことはないですか?



人間の価値という基準がどこにあるのか、ということに。



私の場合の、価値基準!



そうです。



女性から見た、しかも3高という基準から、人間の価値を決めていたのです。



わかりやすく3高を事例に書いてみましたが、私の中で、
その他にも、様々な価値基準がありました。



いずれの価値基準は、人からの評価。
それも、見栄えや表面的な評価のみで。



人からの評価も確かに大切です。
ビジネスにおいては、顧客からの評価や、社内評価。
そういうものをしっかり認識することにより、反省改善を繰り返す。



こうして、成長していくものです。



しかし、3高の事例から見てわかるように、見栄えや
表面的な評価基準で、自分の価値を決め、そして、自己卑下に陥る。



今から思えば、・・・・。



そんなことだけで人の価値は決まらないはずなのに、
そんなことだけで自分の価値を決めていたのです。



バカげています。



しかし、私同様、そんな基準で自分の価値を決めってしまっている場合があるのです。



よって、その基準を見直していく必要があります。



そもそも、なぜ、そのような基準で自分の価値を決めてしまうのか?



その辺りは、また次回にて。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。