みなさん、やっと最終回です。

4ヶ月半の連載。ちょっと長いかもしれないですね(;・∀・)



成田から札幌行きの便まで3時間ありまして、

成田の国内線ラウンジが満杯なので、500円の喫茶券をもらってうろうろしていました。


喫茶券をもらって、何を買おうか考えていて気がつきました。


この喫茶券に足す現金がない


いや、もっと重要なことに気がつきました。


新千歳空港からどうやって札幌に帰るんだ?



空港でビール代に使ってしまった、自分に焦りましたが、出発時に札幌駅-新千歳空港駅間のエアポートを「往復」で買っていたことを思い出しました。


そして、それは落としていなかったので問題なく札幌駅に行けることに気がつきました。

しかも、なぜか地下鉄のカードも一緒にしていたので、札幌駅からの地下鉄も問題なし。


危ない危ない・・・。



人間どうにかなる!



そんな教訓を、この旅から5年経った今改めて感じつつ、

「計画的にお金を使おう」

ということも教訓だなとも思っております。




この旅のまとめ(起こった事件)

・財布をエジンバラで紛失し、クレジットカードと現金をなくす

・旅の途中で靴が裂ける

・エジンバラ発の飛行機が遅れてミュージカルが見られない

・成田空港で再び無一文状態


何が起こるかわからないから旅ですが、おこりすぎました。



さて、次回から、どの旅を紹介しましょうか・・・。


前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100529.html

AD

食後、機内では映画見て、寝ていたらあっという間に時間が過ぎていってしまいました。

羽毛布団とまくらにくるまって寝ると、時間のk以下が早いので危険です(?!)


起きると、フルーツ・アイス・シャーベットを勧められたのでシャーベットを。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


そして2食目は、鹿児島黒豚ラーメンとウナギ丼。

なんだ、この重たい食事の連続は?俺。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


12時間の搭乗は思ったよりも早く終わってしまいました。

日本に帰国です。

55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


成田空港はこれから海外に出かける人でいっぱいでびっくりでした。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

あぁ日本だー!!

次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100531.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100527.html


AD

さて、機内食です。


今回は、和食がお寿司で、ラウンジ軽くつまんだし、何となく洋食を。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


前菜は

ロブスターそして、右下にはキャビアでした。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life



ほうれん草のスープ
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

パンは暖められていておいしかったです。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

季節の野菜サラダ。

55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

野菜がうまい。



合わせて、鹿児島和牛のステーキ。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life
しかし残念なことに、赤身のこのステーキはゴムのように堅かった・・・。

赤ワインソースも煮詰めすぎて塩味が強く、楽しめませんでした・・・。




食後はワゴンサービスから、チーズ盛り合わせを。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


さらに、デザートもいかがですかと言われると断れないので(?)

デザートを。

ブルーマウンテンコーヒーとともにいただきました。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


搭乗前と合わせてもうおなかいっぱいです。

この日は朝、夕方、夜という変則的3食でした(笑)


次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100529.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100525.html


AD

搭乗前に再度セキュリティチェックを受けて搭乗です。



ちなみに、これが座席。

スカイスリーパーソロというJALで一昨年まで最新だった座席です)

55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life



一人座席で

横にはサイドテーブルがあったり、座席のリクライニングを微調整できます。

マッサージ機能もついています。

リモコンでTVやオーディオなども操作できます。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


足を伸ばすとこんな感じ。

やっと、裂けた靴ともしばしお別れです。

55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life
全所持金40セント。


身なり・所持金・本人の資質的には、乗るべき人ではないですねσ(゚∀゚ )オレ


この日のファーストクラスは満席。

すぐ前の席の人は、最後までJALスタッフが席まで荷物を運んだり声をかけたりと、VIPな扱い。

その他の人たちは、ビジネスクラスからアップグレードした、出張族のような感じでした。



まずはシャンパンを飲みながら、無事ロンドンを出発した自分に乾杯です。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


その後、食前のアミューズが出てきました。

森伊蔵がドリンクメニューにあったので、森伊蔵と頂きました。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100527.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100523.html


ラウンジで2時間のんびりしていても良かったのですが、


JALが発着していた、ヒースロー3番ターミナルの制限区域には、

o'neiLL’sという英国パブがあります。


手元に約20ポンドの現金が残っています。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life
思えば、ロンドンに戻ってから、お金の節約で飲みに行っていません。


お土産も買ったし、

最後の英国ビールを楽しむことにしました。


いつも私が札幌でお世話になっているJERSEY CAFEのオーナーが、絶対飲んでこいと言った

「キャフリーズ」

という、エールビール。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life
これは、何杯もおかわりしたいおいしさでした。

キャフリーズうまいよ。誰か日本に樽生仕入れないかな・・・。


お店は出発前の英国人でいっぱい。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


もうひとつ。

牛肉のシチューギネスビール煮込みも注文しました。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

そんなパブで飲んでいると、日本人に声をかけられました。

当時、京都大学の情報工学の大学院生でした。


学会があって、帰りに暇でパブで飲んでいた。良かったら一緒に飲みませんか?

とのことなので、久しぶりの日本語もうれしくて、ついつい話し込みました。

さらに、偶然鹿児島大学の心理学の先生も学会帰りで偶然横で飲んでいて、3人でいろいろお話をしました。


こういう出会いはおもしろいですね。(でも、これを書いていて連絡していないことに気がつきました・・・。)


ビールをもう1杯注文。

残り40セント。

現金を使い切りました(笑)



話しているとあっという間に、出発ですね。

楽しい時間は過ぎていきました。



さて、帰国便に搭乗です。


次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100525.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100521.html


お金がほとんどありませんが、

ここからは無料航空券の威力が発揮されるところ。


JCBさんから、JALにも連絡がちゃんと行っていて、電子チケットのメモなしに、

ここでもパスポートのみでチェックインができました。


何度も言いますが

JCBさんありがとう!!


ちなみに、今回の旅。

成田-ロンドン間は、JALファーストクラスの無料航空券。


ここからはファーストクラスの威力を思い知ります。

チェックインは専用カウンターで、待ち時間ゼロでチェックインできました。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

そして、出国審査用に

「ファーストトラック」

というチケットが再び渡されました。


ビジネスクラス・ファーストクラス搭乗者にのみ配布されるチケットで、

これを持っている人専用の出国審査場・荷物検査があるのです。


初めて私が英国に行ったときは、エコノミー。

1時間ぐらい並んだ記憶がありますが、今回は7分ぐらいであっという間に審査と検査。

入国審査に厳しい英国ですが、出国審査は質問もなく、スタンプが押されてあっさり終了。


こんな優遇があるのか!!


そして、カウンターでもらった地図と頼りに、

JALサクララウンジへ。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


ラウンジ受付のお姉さんが、英国人で焦りましたが。

日本語を話してくれたので、安心。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


チケットを見せて入ります。

右がビジネスクラス、左がファーストクラス用ラウンジ。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life
左に通されました。


次回は、ロンドンのJALファーストクラスラウンジの内部(というか、食べ物)を紹介。



※このラウンジは現在は閉鎖されていてありません。 

 代わりにブリティッシュエアのラウンジを案内されます。



次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100521.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100517.html


しかし、これだけ目立つ地下鉄駅はそうないのでは?
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


いろいろ楽しんだ、アーセナル駅を出て、ピカデリーサーカス駅まで移動します。

そして、

そこで残った現金を使ってお土産を買うことにします。


ちなみにこの段階で、約60ポンドの現金が残っていました。

しかし、空港のお土産屋ではあっという間にお金がなくります。



そこで、ピカデリーサーカス駅横のスーパーマーケットでお買い物。

40ポンドほど使って、英国のお菓子や調味料、珍しいものかつ、特価品をチョイス。

両手に袋を下げる。ぐらいたくさん買えました!!


残り現金20ポンドとちょっと。

でも、もう宿代も払ったし、空港直結の地下鉄も1日券。


何とか英国を脱出できそうです。



このあと、いったん宿に戻り、荷物を引き取り、空港に向かうのでした。

午後7時45分発の飛行機ですが、空港に向かったのは午後4時頃。

地下鉄で50分ほど揺られて、午後5時前には空港に着くのでした。



英国を去るまであと3時間か・・・。



次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100519.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100515.html


あて、ミュージアムを出て外に出ようと歩いていると、




前を歩いていた長身の若者が突然右に曲がって消えていきました。


ふと見ると、1カ所だけスタジアム内部に行く道が空いている!
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


怒られたら戻ろうと言うことで、その若者の後をついて上がっていくと・・・



なんとスタジアムの中に入ってしまいました
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


ここでヨーロッパ最高峰の試合が行われていると思うと、感慨もひとしおでした。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life
が、やはり、


スタジアムの座席補修の工事の関係で空いていただけで、

すぐに、工事関係者の一人の目にとまり

「スタジアム見て満足したら、戻ってくれな。本当は立ち入り禁止なんだからね。試合の日にチケットを買ってまた来てくれよ」

と。

 やんわり笑顔での対応。


 スタジアムの中を見られただけでも満足です。


 その若者とともに、出るのでした。



ちなみに、その若者はマルコ君というオランダ在住のアーセナルファン。

オランダのサッカーはつまらないそうで、夏休みで1週間ロンドンに滞在して、アーセナルの試合を2試合観戦するそうで・・・。


若者:「君は、このすばらしいスタジアムを目にして、試合を見ずになんで日本に帰ってしまうんだい?もったいないよ。でも、君の分も僕が応援してあげるよ」

俺:「あ、ありがとう・・・。」 (内心)ウルサイ・・・。イイナ・・・。(ノД`)シクシク・・・。



握手して別れましたが、せっかくの出会い。住所交換でもすればよかった・・・。



次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100517.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100513.html


正面入り口の横に

「ARSENAL MUSEUM」(博物館)

の表記を見つけました。


そして、スタジアムへの入り口が一つだけ開いている!!



中に入ることがでました。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


アーセナルのスタジアム。試合があるときに来てみたいです。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


その奥の方にミュージアムがありました。

入場料を払ってはいると、


優勝記念の展示や
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


名選手の紹介
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


昔のボールや
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

ユニフォームなどたくさんの展示がされていました。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

ミュージアムは夏休み中の子供達や家族連れも結構いて賑やか。

試合が見られないけれど、何となくサッカーを堪能しました。


さて、戻りましょうか・・・。


次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100515.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100511.html


さて、この日の夕方日本へ向けて帰国します。


しかし、手持ちのお金が少なく、大きな観光や買い物ができません。



(本当はこのフォートナムメイソンという百貨店の紅茶や雑貨がほしかった・・・。)

55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life



考えた末に、地下鉄1日乗車券を買って、遠出してみることにしました。


今回訪れたのは、

アーセナル駅

という、イングランド サッカー プレミアリーグの強豪 アーセナルというチームの本拠地(スタジアム)が近くにある駅。


地下鉄を降りると、既にフットボールスタジアムの表示。

サッカー好きの私にとって、これだけでもわくわくします。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

歩く(ゲーム実況プレイヤー)とすぐに、入場ゲートの一つが!
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


スタジアムのすぐ横が住宅街ということにびっくりしました。55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


平日昼間なので、チケット売り場はもちろん空いていません。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


やってきましたスタジアム入り口。

このチームは、大砲がロゴで、ガナーズ(大砲軍団)とも呼ばれています。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life

現在の監督は、昔日本の名古屋グランパスでも監督をしたベンゲル氏。

いいスタジアムだなぁ。どこか開いていないかなぁ・・・。中に入りたいなぁ・・・。




次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100513.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20100509.html