積丹半島の海(2005)

夏なので、海に行きたい!!

ということで、たまに北海道でもダイビングをします。


水温も海の透明度も及ばないけれど、

サンゴもなくて、熱帯魚もいないけれど、



形だけなら、北海道でも楽しめます!

55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life




そして、お魚もいます!!
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


夏なら、南のお魚のハコフグだって
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life



海中から太陽を見上げれば、不思議な光景が・・・。
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life
(プランクトンが多すぎる栄養のある海なので緑色になっちゃうけど(;^ω^))



海からあがれば夕方には、こんな積丹の景色が!!

55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life



夕陽だって!!
55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat's My Life


と、いうことで、北海道でのダイビングも楽しいんですよ!





AD

少し前になりますが、

大丸札幌で

中村征夫写真展. 「命めぐる海」

という写真展がありました。


63歳になる、海の写真家で、世界中の海を撮影している世界的に有名な写真家です。

自然・環境問題にも積極的に取り組み、たとえば東京湾の写真を30年以上撮影し続けていたりします。



興味のある方は

公式ページ http://www.squall.co.jp/

をご覧いただきたいのですが、(特にGALLELYのページ)


素敵な写真や、考えさせられる写真を撮影し続けています。



興味があって、大丸に見に行ったのですが、意図せず

本人のトークショー&サイン会があり、

サインと(ミーハーに)記念撮影も!!

55歳までにライフスタイルの変更を計画する、越後屋のThat’s My Life



2時間近くも楽しく海の中の世界を見ることができました。

ラッキーでした。



写真集を見返して、また海に潜りたくなります。

できれば、南の方で・・・。

誰かタヒチ・モルディブ・石垣島あたりに一緒に行きませんか?



AD

まだまだ、ダイビングは続きます。


クロソイなんかも泳いでます。目が個人的には好きです。


クネクネとオキカズナギも泳ぎます。


アイナメも悠々と泳いでいきます。


気がつくとあっという間に80分ももぐっていたのでした。


水面近くは水温が25度ぐらいあって、南の海とあまり変わりありません。

ぬくぬくと海から上がりましたが、この日、もぐった方のお一人が岩場をのぼるときに転倒し、目を岩にぶつけて出血されました。


油断すると、自然が牙をむくことがあるレジャースポーツであることを改めて知りました。

大きな怪我にはなりませんでしたが、今日はこの1本で終了することになります。


安全第一です。


ということで、休憩を長めに、早めに片付けました。時間は午後2時過ぎ。

遅めの昼食に向かいます。


次の記事:http://ameblo.jp/consa/day-20081126.html
前の記事:http://ameblo.jp/consa/day-20081122.html

AD

水深は8mぐらいと浅いところを進みます。


クロヘリアメフラシがいます。

海の中でピカチュウのようなデザインです。(沖縄のほうに、本当にピカチュウのような模様のやつもいます)


ちょっと、岩場の穴を見るとコケギンポが穴から顔を出してエサを探したり、威嚇したりてきます。

でも、この表情がかわいかったりして、私は好きです。


こちらは、コモンウミウシという、殻のない貝の一種。

どうして、こんな模様なのかわかりませんが、きれいです。


夏の北海道の海では、イソギンチャクも元気に育っています。(ただ、冬の水温には耐えられず、死んでしまうのですが・・・。(涙))


続いて、シロウミウシというウミウシもいました。って、このウミウシも東北から南にしかいないはずなんだけど、温暖化でしょうか・・・。

ウミウシというのは2本ツノが生えていて海の牛のように見えるからだそうです。

牛のように模様もついていて不思議です。


こちらもコケギンポですが、体色や頭の突起がみんな違うので個性があります。


北海道なのに、南のほうに生息する、イソバナというサンゴの一種まで、積丹にありました。



やっぱり温暖化が進んでいるようです。純粋にもぐることだけ考えていれば、南の生き物も見られるようになって楽しいのですが、地球環境を考えると、問題なのかも・・・。



次の記事:http://ameblo.jp/consa/day-20081124.html
前の記事:http://ameblo.jp/consa/day-20081120.html

久しぶりにダイビングの話を書いていこうかと思います。

今年9月に積丹半島でもぐった記録になります。


この日は、50~60分2ダイブの予定。


気温は25度を超え、この写真だけならば、

沖縄でもぐってきましたー!!って、言ってもおかしくないぐらい!

(あぁ、何で今年もぐれていないんだろう・・・。)



この日は、いつものe-diveさんを利用しました。お客さんは私含めて4人でした。

すごいのは、4人で満員御礼というところ。


それだけ、ここのお客さんに気配りをしてくれるし、そもそも、札幌駅から北西方面ならば自宅送迎してくれるのでとても楽です。



積丹半島のポイントに着き、ビーチからエントリーしましたが、魚影も濃く、海も青いです。


最初は岩場を。通ります。

左にアイナメ、右にムラサキウニ。



ムラサキウニはごろごろいます。北海道の海ですねー。

油断すると、ウェットスーツの上からでも刺さって痛いです(笑




スジアイナメなんかもいます。近寄ってもなかなか逃げません。


海面を見上げると、太陽の光とブルーのコントラストが夏っぽいです。

個人的には、もう少し青白ければ、南国になっていいのですが(ぜいたく)


次の記事:http://ameblo.jp/consa/day-20081122.html

簡単に報告しておきます。詳細には、後日改めて。


天気もよく、海の中も場所を言わなければ、沖縄な感じの写真も撮影できています。



ギンポは表情がかわいいです。

白ウミウシなんかも普通にいますし


イソバナ系のものもいたりしました。


この日は2ダイブの予定でしたが、1ダイブ終了後、岩場で転倒し、流血・目を傷めた方がいたため、1ダイブで終了。自分も気をつけなければと思いました。


北海道新聞の記事で、積丹の海の様子が映像で紹介されたので、ちょっと明日積丹にもぐってきます

http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video_feature/37808.html?vsum1



でも、ポニョの映画を見ていないので、何がどうポニョなのかわかりません。


と、いうことで、天気がよくなったのでダイビング決行です。



ポイントは

さいのかわら

と言うポイントです。聞く人が聞くと、びっくりしそうなネーミングです。



ビーチエントリーです。


なお、このポイントの前にバス停がありますが、1日2回しかバス来ません。

っていうか、トンネルの間にこの場所はあって、駐車場以外何もありません。



駐車場から坂を下り、機材セッティングをして海に入ると、


意外なまでの透明度のよさ。海草類が美しいです。


ブルーがなんだか沖縄を思い出す青さ。(プランクトンでにごりはあるけど)


でも、生き物は北の海なので、クダヤガラとか

カニ(凶暴で襲ってきた)


カニ。(生きてます)


ハナジロガジ?


巨大クロソイ(巨大に見えない・・・。写真下手だ・・・。)

などなどいました。

今回、正月に買ったカメラを初めて海に持ち込んだのですが、途中でセッティングミスでレンズに影が入るようになってしまい、いい写真がほとんどとれませんでした。くやしい。


で、この日は1時間×2本のダイビング予定だったのですが、

海のうねりがひどいのと、ここ数日の疲労から、海中で酔って、具合が悪くなってしまい。

大事を取って、45分1本でとりやめました。

お金的はもったいないのですが、安全第一・楽しく潜るのが目的なので・・・。



俺の疲れっぷりひどいのかも。体調第一のダイビングなので無理はしません。


次の記事:http://ameblo.jp/consa/entry-10118124411.html
前の記事:http://ameblo.jp/consa/entry-10117944223.html


積丹半島にダイビングをしに行きました。


いつもの、北海道スクーバダイビングにお願いしてダイビングです。

http://www.e-dive.jp/ezo/

一人からでも気軽に楽しめて、札幌近郊のダイビングスポットの多くを網羅している上に、自宅まで送迎に来てくれて(範囲指定あり)、価格も他店よりも手ごろという、私にとってぴったりのショップです。



で、この日予定していた積丹町のダイビングポイントについたのですが・・・。


波が高くて断念・・・。



そこで、泊村盃温泉横のビーチに変更になったのですが・・・

お祭りワショーイ状態で、使用不能_| ̄|○ il||li



と、いうことで、なぜか積丹半島観光に・・・。

雲が低く、かすみがかっています。



でも奇岩の数々と伝説を楽しみました。


曇っていても風光明媚だなぁとおもっていたら、晴れてきました。

遠くのカムイ岬の奇岩も見えてきます。



次の記事:http://ameblo.jp/consa/entry-10117946957.html

で、2本目は、竹富島サブマリンというポイントへ。


やっぱりにごってた・・・。

このポイントは地形が面白いポイントです。

海がつくる不思議な地形があちこちに。


そんな中に、クマノミもいます。白化現象でイソギンチャクが死んでるのがかわいそうですが・・。



にごっていなかったらこういう光がもっときれいなんだろうなー。


トンネルやアーチもあちこちに。



サンゴが白いです。今年は大丈夫でしょうか?不安です。


クマノミはかわいいんだけどね。


そんなダイビングを終えて水中で安全停止をしていると、ボートと海底をつなぐロープの上で綱渡り遊ぶ人が!!

びっくりっす。


そんなこんなで、4本だけのダイビングですが、終わってしまいました。

次にこの舟に乗れるのはいつになるのか・・・。


いろいろあったけれど楽しかったです。

つぎは、透明度のいいときに潜りたいです。

(でも、この3日後から台風が再び直撃したので、その間に滞在して潜れた私はラッキーなのですが)




次の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20080426.html
前の記事: http://ameblo.jp/consa/day-20080422.html