コンペブログ

おもにタブレット、電化製品、ラーメン、コンビニにある新商品を中心に書いていこうと思ってます。

ど素人ですがよろしくお願いします。


テーマ:


少し書き変えました(12/23)


今回はroot化の手順を書いていこうと思います。



自分のパソコン環境はWindows Vista Home Premium 32bitです。(追記12/23)



※これからの作業はすべて自己責任でお願いします。

またAmazonの保証が一切受けられなくなる可能性があるので注意してください。

root化って何?

root化してどうするの?

などと思っている人はあまりやらないほうがいいと思います。




root化する際に参考にさせて頂いたサイト


http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2035334&page=15



http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2045999&page=4





まずはじめにKindleのドライバをダウンロードするためにAndroid SDKを以下のサイトからインストールしてください。


インストール版ではうまくいかない様なので下記のサイトから


http://developer.android.com/sdk/index.html



DOWNLOAD FOR OTHER PLATFORMS

SDK Tools Only

Windows

と進んでいただき

android-sdk_r21.0.1-windows.zip

をダウンロードしてください。(追記12/22)


※自分のパソコンにあったものをダウンロードしてください(追記12/23)

※ドライバやAndroid SDKをインストールされている方は飛ばしてください。


http://developer.android.com/sdk/index.html


Androidのアプリを軽く作っていたことがあるので自分は元からインストールが終わっているので

インストール方法は以下のサイトを参考にしてください。


http://www.javadrive.jp/android/install/index1.html


無事インストールが終わりましたら


ダウンロードが終わりましたら適当な場所に解凍してください。

android-sdksのファイルの中にある



コンペブログ



SDK Manager.exeを起動してください


コンペブログ


起動したら、左上のToolsを押してください



コンペブログ


Manage Add-on Sites...を押して

User Defined Sitesというのを押し

Newというボタンを押してください


コンペブログ


http://kindle-sdk.s3.amazonaws.com/addon.xml


画像のように上のURLを打ち込んでOKを押してください。


コンペブログ


次に左上のPackageを押してその中にあるReloadを押してください。



コンペブログ


すると画像のように

Kindle Fire Device Definitions

Kindle Fire USB Driver

Android Support Library

が増えていると思います。

この3つをチェックし


コンペブログ


このときついでに画像のように

Android SDK Tools

Android SDK Platform-tools

もチェックしておきます。(追記12/22)


コンペブログ


この3つにチェックし右下のインストールボタンを押します


この5つにチェックし右下のインストールボタンを押します



コンペブログ


画像のようにAccept Allにチェックをいれてインストールします。



コンペブログ



インストールが終わったらUSBでKindleを接続してください。


※USB接続する前に

Kindleで

設定

セキュリティ

ADBを有効にするをオンにしてからパソコンに接続してください。



android-sdksファルダ

extrasフォルダ

amazonフォルダ

kindle_fire_usb_driverフォルダ

の順に開いていくと

KindleDrivers.exe

があると思うので実行しインストールしてください。


これでKindleのドライバのインストールが完了です。



インストールが完了したら今度はデバイスマネージャを開きます。

自分はVistaなので、スタートメニューを押しコンピュータを右クリックし管理を押します。

そしたらそのなかにデバイスマネージャがあります。


デバイスマネージャを開いたら

Kindle Fireというのがありそれをおすと

Android Composite ADB Interfaceというのがあればドライバのインストールがちゃんとできています。



コンペブログ







ここからが本題のrootの取得です。



https://dl.dropbox.com/u/54456659/Qmenu.zip


https://dl.dropbox.com/u/54456659/Ro...Bin4ry_v17.zip


Root_with_Restore_by_Bin4ryの最新版は下記のサイトからダウンロードできます。


http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1886460


上の2つを先ほど使っていた


上の1つを先ほど使っていた


android-sdksフォルダの中のplatform-toolsフォルダ


にダウンロードして解凍してください。



コンペブログ



kindle Fire HDをUSBでパソコンに接続した状態にしてください。

※USB接続する前に

Kindleで

設定

セキュリティ

ADBを有効にするをオンにしてからパソコンに接続してください。


Root_with_Restore_by_Bin4ry_v17の中のstuffフォルダを開き
ここにあるadb.exeを削除してください。

削除が終わりましたら

android-sdksフォルダの

platform-toolsフォルダの中にある

adb.exeをコピーして先ほど削除した場所に貼り付けてください


adb.exeを最新のものに変えましたら(追記12/22)

Root_with_Restore_by_Bin4ry_v17フォルダを開きRunMe.batを起動してください。


cmd.exeというのが開き以下の様なものが出るともうので(追記12/29)


Device type:

1)Normal

2)Special


x)Unroot


Make a choice:


Make a choice:1と入力しEnterを押してください。



するとKindleで復元しますみたいなことが出てくるので、自分のAmazonパスワード?をいれて復元しますを押してください。

復元を押すとKindleが再起動します。

アプリを開いてSuperSUが入っていればroot化完了です。


※復元の場面まで行けない場合は一回Kindleとパソコンを再起動してみてください。

それでもうまくいかない場合はどこかで間違っている可能性があります。(追記12/22)







下の作業はやらなくてもroot化できているみたいです。(追記1/22)

RootQemu.batのダウンロード元が開けないので今は使えない?


復元が終わりましたら、今度は

Qmenuフォルダの中の

RootQemu.bat

を押して起動してください


まずはじめに1を押してエンターを押します。

それからは何か押してくださいと出るたびにエンターを押して進んでください。

この時、kindleが再起動を何回も行いますが心配しないでください。


ちゃんとroot化が完了したら次のような画面が現れると思います。


コンペブログ


この画面が出たらエンターを押し終了したらUSB接続を解除してください。



Kindleのほうでアプリを押しsuperuserが入っていればroot化完了です。


コンペブログ


root化お疲れ様でした。



あとはGoogleマーケットを入れるなりシステムを書き換えるなり好きにしましょうw



次回はGoogleマーケットの導入方法を説明したいと思います。




PR
いいね!した人  |  コメント(42)

[PR]気になるキーワード