メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005-12-28 12:31:28

川崎Fから山根巌が柏レイソルへ移籍!etc.

テーマ:柏レイソル 04-05
 さて、ちょびちょびと選手の去就が発表されはじめました。

 まずは、水戸ホーリーホックへレンタル移籍をしていた、永井俊太選手が帰ってきます。おかえりっ!
 水戸では42/44試合出場と主力として頑張っていたようです。きっとJ2での良い経験でチームに貢献してくれると期待しましょう!

 そして、解雇された田ノ上信也選手が、なんと!横浜Fマリノス入り! 正直ビックリです。どうやら、Jのトライアウトで良い動きをしていたのが目に止まったようです。んー、活躍して欲しいっすな!

 そして、川崎フロンターレから、山根巌選手のレイソルへ移籍が決定しました! 大分トリニータ時代にJ1昇格後、石崎監督を慕って川崎へ来たくらいの、”ノブリンっ子”です! J2経験と監督と共鳴できる選手として、良い補強と言えるでしょう。
 肝心のプレースタイルはというと……
 ポジションはボランチ。あらゆるところに顔を出す運動量と、ボール奪取能力に優れ、ミドルシュートも得意なようです。今年は、日立台での第1節で、出場しています。でも、あんまり印象がないです…スンマセン。でも、これからはレイソルの選手として新しいカンフル剤となってくれるよう応援します! コールはやっぱり『イワオ』かな? 川崎サポの方、どんなコールしてたか教えて!

 こうしてみると、俊太も山根もボランチの選手。クラブは、まずボランチの補強を考えているのかな? 明神、大谷、祐三、亮、俊太、山根。ボランチ陣充実していますね。この補強で、明神の去就がどうのってのは関係ない気がします。
 明神が残ったとしても、ボランチの補強はするべきだしね。

 また、来年は柳澤、桐畑、両ユースからの昇格組の活躍も期待したい。

 と、まぁ新戦力が続々と加入してくれるのは嬉しいニュースですが、今年主力でがんばってくれた選手たちの去就が一番気になります。

 年内に(営業日は多分明日までなんだよね……!?)発表してくれるといいんだけど。

 ちなみに今回の玉田が代表選考から外れたことは、『怪我リハビリ中』と『J2降格とは関係ない』というJFA側(?)からのコメントから、もしかしたら残ってくれるかも…と淡い期待を抱いています。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-12-25 12:39:23

今日は柏サポ、玉ギャル、代表玉サポは『Get Sports』を観よう!

テーマ:柏レイソル 04-05
 今日、25日深夜1:15~3:05(26日)にテレビ朝日のGet Sportsの『大和猛蹴(ヤマトタケル)』は玉田密着ドキュメントです!

 テレ朝のサッカー中継は、サッカーしらなそうなプチデブアイドルを使ったり、騒ぐだけの解説者がいたりと、嫌なところしかないわけだけれど、この番組は、スポーツドキュメントとしてなかなか良く出来ていて、たまに観ている。

 で、今回、日本代表と柏レイソル両方の面から見た玉田圭司のドキュメント。
 柏サポーターとしては、玉田が来年からどうするのか? どういう身の振り方をするか心配している人もいるだろう。
「できれば、残って欲しい」「1年レンタルでJ1チームに出して、W杯で成長して帰って来い」「レイソル出ていきたいなら出ていけ!クラブに愛情がない選手は応援したくない」「玉田なんてどーでもいい」
 いろいろな思いがあると思う。でも、これ観たらもしかしたら彼が今、何を考えているのか? 柏レイソルについてどう考えているのか? 分かるかもしれない。 あくまでも、憶測の範囲を越えないけれども、クラブ側から選手の移籍問題に関して、何の情報も公開されない現状においては、唯一メディアからの情報(操作されていたとしても)が頼り。

 玉田の言動等を観れば、他の選手達の考えなんかも想像できたりするかもしれない。

 ちなみに、この番組下記の5局でしか放送されないらしい…再放送とかは知らないデス。
HB 東日本放送・テレビ朝日・NBN メーテレ・HOME 広島ホームテレビ・KBC 九州朝日放送

 ん~、少なっ……!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-22 13:27:48

柏レイソル 石崎信弘新監督就任!

テーマ:柏レイソル 04-05
 なんだかんだ言ってるウチに、あっさりと決まりましたね。

 一時、報道では副島氏の名前が上がっていましたが、フェイクだったのかなぁ…あんまフェイクの意味ないけれど。
 公式にもあるように、J2経験は豊富です。しかし、「あと一歩で昇格」での評価。でも、まあ、考えうる中では落ち着くところに落ち着いたというべきか…いや、この状況で引き受けてくれただけアリガタイのかもしれない。
以下、詳しいプロフィールなど。


石崎 信弘(いしざき のぶひろ)
1958年3月14日生まれ
広島県広島市出身
元サッカー選手(DF) サッカー指導者。

●選手時代
県立広島工業(通称・県工)時代は金田喜稔、木村和司、猿沢らとスペクタクルなサッカーを展開し高校選手権でベスト4。かつて御三家と言われながら、永らく低迷が続く広島高校サッカーが最後に輝いた瞬間だった。その後東京農業大学を経て1980年に東芝サッカー部(コンサドーレ札幌の前身)に加入。1993年に現役引退した。

●指導歴
1995年に当時JFLであったモンテディオ山形の監督に就任。4シーズンの指揮・指導の結果、1998年には優勝争いを繰り広げ、山形をJFL3位にまで押し上げる結果を残した。

1999年、発足したばかりのJ2に加盟した大分トリニータに招聘され、監督として就任。同年の最終節を前に2位に浮上し、勝てば自力で昇格を決めることが出来たが、最終節で奇しくも古巣の山形に引き分けという形で行く手を阻まれ、勝ち点1の差で惜しくも3位にとどまった。翌年2000年も再び勝ち点1差で3位に終わり、2001年シーズンはスタートダッシュに失敗したためシーズン途中で解任される。

しかし、その直後の同年7月、J2に降格し低迷する川崎フロンターレの監督に就任。2002年には川崎を4位に押し上げ、2003年には最終節まで昇格争いに絡みながら、またしても勝ち点1差に泣き3位に終わる。同年の天皇杯を最後に辞任。

2004年、清水エスパルスのヘッドコーチとして初めてJ1に関わることとなった。同年7月にはアントニーニョ監督の辞任に伴って監督に昇任、J1で初采配を振るうことになったが、セカンドステージは16位中14位に終わり、チームを立て直すことができず辞任。

2005年には東京ヴェルディ1969のヘッドコーチに就任したが、7月19日、オズワルド・アルディレス監督が成績不振(前半戦終了次点で17位と低迷)の責任を取って解任されたことを受け、急遽監督代行に就任した。

2006年からはJ2に降格した柏レイソルの監督に就任する。

●評価
J2において勝ち点差1での昇格失敗を3度重ねたことから、悲運の名将とも言われる。しかし、彼の戦術の基本が「相手の良い所を消す」ことにあるとも言われており、それが故に対策された時にもろく、勝負強さという面では問題があるのではと指摘する声もある。

一方で、若いチームを育てて近代的なサッカー戦術を浸透させ、長いリーグ戦を戦い抜くチームを作り上げる能力については評価が高い。また、特にJFLやJ2の貧弱な環境においても工夫と熱意で練習環境を整備する姿勢は、関係者やサポーターからも好意的に受け止められている。

※余談
※サポーターやインターネットコミュニティではノブリンと呼ばれる。これは本人が親戚との会話で、冗談で「ノブリンと呼んで」といったのに由来する。ちなみに「ノブリン」の愛称はフォークソングデュオ「あのねのね」のメンバー・原田伸郎が自らをこう呼んでいたのを借用したとのことである。
※ 2003年に川崎フロンターレのJ1昇格を、わずか勝ち点1差で逃したため辞任したが、その後に行われた天皇杯ではホームグラウンド・等々力陸上競技場で最後の試合となる第2回戦(国見高校戦)終了後にサポーターの前で挨拶をした際、その終了後にグラウンド内に大量に進入したサポーターらによって胴上げをされた。
※アナウンサー渡辺真理の大ファンである。



 ヴェルディとレイソルでコーチを交換した形になったわけですが、早野氏と違うところは、実績もさることながら「戦術を固定する」「選手起用も固定する」傾向があるというところ、悪く言ってしまえば柔軟さに欠けるという見方もできますが、ほんのり期待してもいいんじゃないでしょうか?

 プレッシングサッカーを信条とし、走れない選手は使ってもらえなさそうです。ヤザーとか干されまくられないか心配です。
 大野に関しては、入れ替え戦後の自身のコメントからすると心配はなさそうですが…。

 何はともあれ現段階で決まって良かったです。あとは、コーチ陣(フィジカルコーチも解任されたようだし)と残留してくれる選手達が決まれば、2006年の柏レイソルがどういうサッカーをしていくのか分かるでしょう。

 頑張って欲しいですね!


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-20 12:48:36

柏レイソル次期監督候補は誰? 投票する?

テーマ:柏レイソル 04-05
 さあ、竹本さんGM就任が公式でも発表されたね。
 頑張って欲しいです。

 自分の権限を最大限に活かして、時には権限を越えた事もやる勢いで頑張って欲しい! 「俺がチームを作る」くらいの気持ちで!

 まずは監督選び。必ず竹本GM中心で決めて下さい! 間違っても『汚名挽回 』『J2昇格』という迷言を残した小野寺社長が「この人とか良んじゃない?」とかいって持って来たリストから選ぶとかやめてくださいね!

 ま、実際、今まで誰が次期監督の人選を行ってきたか知らないが、これまで報道などであがってる西野氏(ガンバ大阪監督)、反町氏(元アルビレックス新潟監督)へのオファーの噂は、社長の一存だと思いたい。
 西野氏に関しては、まあ、レイソルから一度追い出してる分けだから、どのツラ下げてお願いにいってるのかと……確かに彼は、今シーズン『J1優勝』という素晴らしい結果を残しました。しかし、今のレイソルでそれができるとは限らないし、なんと言っても、さあこれからって時に切られたんだからね。
 
 正直、失礼!

 彼がレイソルの監督だった1998年~2000年のレイソルの成績(年間最多勝点、ナビスコ杯優勝など)で、翌年2001年にフツーの成績で終わったので解任。
 解任に至った経緯はともかくとして、本人はもう少し続けたかったろうし、このような形で解任になったのだからねぇ…。どうだろう、頼まれても嫌だよなぁ…。

 反町さんに関しては、もう充電期間だっていってるじゃん。W杯のコメンテーターとかやりたいんじゃないのかな? それか、ただ単に観に行きたいだけとか(笑)。彼は監督としてはどうか分からないけど、結果(J1昇格)を残したし、去り際が素晴らしかったね。でも、柏の監督はやらないと思うぞ。多分。

 川勝氏の名前も上がっていたが、この人に余り良い印象ないんだけど。川崎時代のヴェルディも天皇杯のみだった(よね?)し、神戸の時もやばかった印象しかないなぁ。

 個人的にはFC東京を退団した原博実氏なんか良いと思うんだけど。
 先日の天皇杯だけだけれど、竹本GMは裏に抜ける動き、後ろから追い越す動きなどに、攻撃のスタイルを見い出している気がしたのが一緒だと思うのと、若手が多いレイソルは、浦和時代は小野、FC東京時代は加地、石川直宏、茂庭、今野と若手起用にも積極的な原氏はレイソルに合うんじゃないかなと思う。


 みなさんは、次期監督に誰が適任と思います?
 てことで、勝手に次期監督候補希望投票開始! たくさん投票されたら集計します!

 集まんなそ~(汗)
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-19 12:04:52

柏レイソルから意見書への返信がきました!

テーマ:柏レイソル 04-05
 天皇杯、柏レイソル対ガンバ大阪。3点取ってリードしてたのに、最後まで耐えきれなかった。終わってみれば、3—5。

 でも、鈴木達也選手が初得点を含む2得点を決めたのは好材料。来季のJ2での闘いに期待が持てそうだ。
 GKは雄太じゃなく、加藤だったのは何故かな? もちろん、失点の原因の全てはGKじゃないけれど、本人のコメントにもあったように、ミスからの失点があったみたいだ。


 さて、先日レイソルに送った意見書について、レイソル広報の横井さんから返信がありました。横井さんありがとうございました。

 メール本文は、ブログでの掲載はなるべく控えて欲しいとのことでしたので、やめておきます。
 だいたいの内容としては、「社員に回覧をさせる」ということと「新体制については一両日中にお知らせできる」とのことでした。

 ま、当然、具体的なことは何も教えてくれませんでしたが、取りあえず回答はしてくれました。

 天皇杯敗退で今シーズンの日程が全て終わった事で、具体的なことを発表できるようになったのではないかと思われます。

 この返信で注目すべきは「新体制については一両日中にお知らせできる」というところです。

 一両日中とは、『一、ニ日の近いうち』というこですから、このメールは18日(日)に来ているので、早ければ明日、遅くとも今週中には発表されると考えていいのかな?
 それとも、ただの言葉のアヤで、『近いウチ』という意味で使ったのかは定かではありませんが。

 メッセージを寄せていただいた方、ブログの記事を引用させていただいた方、ご協力ありがとうございました。

 あとは、見守るしかないですね………。

ちなみに現時点での、各メディアからの情報をまとめると…
小野寺社長 留任
菅又チーム統括部長・宮本強化部長 解任
竹本新統括部長就任

こんなところかな。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-12-16 17:30:11

明神よ、西野ガンバへいっちゃうのかい…?

テーマ:柏レイソル 04-05

 ガンバ大阪は明神を狙っているみたいだね。

 FC東京から加地を獲得。代表で加地がいない時には、右サイドもやってもらうんだってさ(?だが)。

 ACLも出れるし、明神にとっては良い話だと思う。監督も西野だし。

 でも、こういう話聞くと切なくなるよね…。

 本音を言えば、明神はずっと柏でやってほしい。けど、サッカー選手として、より活躍できる場所で頑張って欲しいとも思う。

 小野寺社長も、もう何事もなかったかのように続投するつもりみたいだし、監督以外の人事は未だ発表されずだし、泣きたくなってきた……。

 正直、もしレイソルが監督以外の人事変更をしないというのであれば、よっぽどすごい監督か選手が来ないかぎり、「1年でJ1復帰」は無いと思ったほうがいいかも。

 仮に明神、玉田や主力が何人か抜けたら、やっぱり若手を育成していく方が堅実だ。
 それを考えると、小野寺社長が「若手を育成できる監督を探している」と言っていたのは、あながち見当はずれではないということになる。
 主力の放出を前提として考え、選手を育てて強いチームにしていくしかないという判断は正しいのかもしれない。
 ただ、「1年でJ1復帰」「監督以外は変えない(未決定)」は全くの見当ハズレだが。

 ラモスが東京Vの監督就任に、かなりやる気になっているようだが、「都並を呼ぶ」とか「カズが欲しい」とか言ってるみたい。
 都並は『監督業』にこだわってるし、カズはシドニーが大金注ぎ込んで完全移籍ねらってるし、彼もまた現実的でない発言が目立つが、「ほんとうに立て直すには2、3年かかる」といっているのは極めて現実的だし、その上で「1年でJ1復帰」を目指すというスタンスが正しいのだと思う。

 考えなしに口からでまかせで「1年で復帰」というのと、「2、3年は覚悟しているが、1年で復帰することを前提に闘う」では、きっと後者の方が1年で復帰できる可能性が高いと思う。

 だからこそ、小野寺社長続投は嫌だし、新しい体制の柏レイソルで昇格を目指して欲しい。

 レイソルからのメールの返事はない。2、3年の覚悟は決めた。


 明日はフットサルの大会に出場します! レイソルの事は一日だけ忘れて(天王杯の結果をみるまで)できるだけ頑張るとしよう。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-12-15 09:30:39

レイソルへ意見書送信完了! &レンタル中選手につい

テーマ:柏レイソル 04-05
昨日午後に、柏レイソルへ意見書を送信しました。

内容は以前ここで書いたものに、若干の修正を加えました。

 reysololeさん、うささん、まさぞうさんの記事の中から、内容が合致している
ものを原文のまま、Calimeroさんのコメントを原文のまま、それぞれ引用させて
いただきました。協力していただいた方、ありがとうございました。

 返事が来るかどうかは、あまり期待していませんが、とりあえず今後の動向を
見守りたいと思います。

 ところで、今季レイソルでプレーしていた選手との契約更新も気になるけれど
、彼等はどうなるだろうか?


DF 根引謙介(仙台)
MF 落合正幸(鳥栖)
MF 永井俊太(水戸)
MF 中井昇吾(水戸 退団)
FW ゼ・ホベルト(ヴィトーリア )
FW 菅沼実(ヴィトーリア)
MF 広庭輝(愛媛FC)
DF 矢野哲也(愛媛FC 退団)
MF 茂原岳人(広島)
GK 清水健太(山形)
MF リカルジーニョ(鹿島)
FW 山下芳輝(大宮)

 そう、レンタル移籍中の選手たち。
 菅沼は帰国して甲府戦を現地で観ていたという情報もあります。

 J2の消耗が激しいであろう戦いのために、また、J2のクラブになるわけで選手
補強も難しくなる状況を考えると、この中から何人か呼び戻す可能性は大いにあ
ると思われる。
 リカは契約更新しないらしいが、個人的には、菅沼、茂原、シミケンに戻って
きて欲しいかな。

 こういうことも含めて早く決めること決めてスタートしないと、監督は代行の
まま、補強も中途半端のままで、シーズンの大事な序盤戦を過ごしてしまうこと
になりかねない。

 とにかく、来シーズンにJ1昇格を狙えるチームになれるかどうかは、迅速かつ
的確で、思い切った準備ができるかにかかっていると思う。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-12-14 12:40:43

柏の小野寺社長へ不信任を表明しよう!~もう、一刻

テーマ:柏レイソル 04-05
 だめだ。この人と日立は、柏レイソルをなんだと思っているのだろう…。
 下の記事を読んで、小野寺社長は柏レイソルの社長を続ける気なのか…!? と愕然とした。

 いったいあなたに何ができるというのだ? 

以下、スポーツ新聞2紙より。

 来季のJ2降格が決まった柏の早野宏史監督(50)の辞任が決定した。13日、クラブが発表した。成績不振の責任を取り、12日に辞任の意思を小野寺社長に伝え、この日受理された。同社長は来季の監督に関して「探しているところ。リストアップはしている。日本人で考えている」と明かす一方で、ラモス・コーチの監督就任については「今は考えてない」と話した。17日にG大阪との天皇杯5回戦は、竹本一彦ヘッドコーチ(50)が監督代行として指揮する。
 練習に監督の姿はなかった。ミーティングで選手、スタッフに伝えた。「こういう結果になって申し訳ない。難しい状況とは思うけどこんな時だからこそ天皇杯に向け頑張ってほしい」。昨年7月の就任から約1年半の監督生活を終えた。
 竹本ヘッドコーチは「サポーターに喜ばれる、内容のあるゲームをやる」と意気込んだ。ラモス・コーチも「起きるべくして起こった。サポーターのためにやらなきゃいけない。ショック受けてる場合じゃない」と切り替えていた。
(日刊スポーツ 2005年12月14日)


 J2降格が決まった柏の早野宏史監督(50)が成績不振と降格の責任を取って辞任した。天皇杯は竹本一彦ヘッドコーチ(50)が監督代行として指揮する。早野監督は95年途中から横浜で指揮を執り、同年にチームを年間王者に導いた。G大阪監督を経て昨年7月に柏の監督に就任したが、2年連続で入れ替え戦に回るなど低迷。12日に辞任を申し出て、13日に受理された。

 小野寺重之社長(58)は12日に親会社の日立製作所本社に出向き、J2降格を謝罪。来季監督に関しては「日本人で考えている」と話し、川勝良一氏(47=元神戸監督)、石崎信弘氏(47=東京Vコーチ)ら若手育成に定評のある人材をリストアップしている。

(スポニチ 2005年12月14日)


 なぜ、大失態の彼が、来季の監督を選ばなくてはならないのか? また失敗するぞ!どうせ。
 手遅れになる前に、もう公式にメール送ります!
 今日の午後には送ります。小野寺社長及び、現スタッフの不信任の表明を出したい方は、それまでにコメントいただくか。
 個人個人それぞれメール出しましょう!
 出そうと思っている人は急いで!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-13 11:58:13

柏レイソルへの意見書

テーマ:柏レイソル 04-05
 レイソル側に意見書として送る内容を考えてみました。

 もし、何か要訂正、要追加などありましたら、コメントお願いします。

 「自分の意見も送って欲しい!」という人があれば、コメント欄に書いていただくか、ブログ記事等のURLを貼っていただければ、原文のまま送ります。

 以下、考えた内容です。↓

●選手との契約更改をする前に、するべき事があるのではないか?
 極力具体的なビジョンと、今後の人事、そしてJ1に1年で戻す為に努力するという情熱を選手達に伝えるべき。その上での契約更改で、それでも離れていく選手には金額で誠意を見せるしかないのでは?
 今回も一部メディアで報道されている、波戸選手に対しての減俸は、本人が納得いかないのが理解できる。たいして試合に出ていない外国人選手に彼の三倍、四倍の金額を払い、なれないポジションでもチームの為に必死でやってきた選手に減俸とはどういう神経をしているのか? 「明確なビジョンを示してくれれば、残ってやりたい」と言ってくれている選手に対しては、できるかぎり現状維持の金額を提示できないのだろうか? それが1年でJ1に戻るということ。そうでなければ、主力選手を手放し、若手の育成に何年もかけてJ1を目指すというプランに変えなくてはいけない。安易に「1年で戻る」と言った分けではないと信じたい。


●J2降格を想定していたか?
 増田、薩川といった、チームに貢献度も高く、降格しても残ってくれる可能性の高そうな選手を解雇したやり方を見ていると、J1に残留できるとタカをくくっていたようにしか考えられない。
 入れ替え戦には突入したものの、チームの状態はずっと悪かったわけであるから、残留してもしなくても対策は考えておくのが当然であるし、まさか何も考えてなかったなんて分けではないでしょうね? もしそうだとしたら、連日徹夜でもなんでもして対策案を絞りだして欲しい。ツケは払わなくてはいけない。


●監督をはじめ、スタッフ、社長の去就について、できる限り早く情報を開示すべき。
 ここの所の、成績不振を改善できず、J2降格に追いやった責任を取ることは「絶対に」避けることはできない。
 得ている情報では、社長以外の4名の解任が決定しているようだが、社長も辞任することを多くのサポーターは強く望んでいる。


●人事に関しての希望
 第一の条件として「サッカーを愛している人間」「サッカーに詳しい人間」を起用すること。
 第二に「プロサッカークラブ経営による興業」の実績がある人間で、かつこれからのクラブのビジョンに伴った、どうしてその人間を起用したのか根拠がはっきりとした人事を行い、サポーターにも理解できるように説明をすること。
 第三に「絶対に俺が柏レイソルをJ1に戻す!」という強い情熱と行動力、(選手達の信頼を得られる)コミュニケーション能力がある人間を起用すること。


●最後に
 サポーターはクラブを愛しています。負けても負けてもお金を払って試合を観に行くし、応援し続けました。私達はクラブを決して見捨てたりしないし、応援し続けます。
 本当はこのようなクラブ経営の根幹にまで口を出すべきではない事は重々承知していますが、このようなメールを出させざるを得ない状況にしてしまったということを、考えてください。
 そして、また「強い柏レイソル」を私達が歓声をもって迎えられる日が来るように日々精進していってくれることと期待しています。


 だいたいこのような内容のモノを送りたいと思っています。
 本当にこんな事を書くのは、心が痛むし、書きたくないです。

 本当なら、いちサッカーファンとして、レイソリスタとしてサッカーを楽しみたいだけです。
 たた、現状はその楽しみさえも奪われかねない状況です。
 今、クラブがよく考え、変わらなければJ1に戻れる日がどんどん遠くなってしまいます。
 だから、俺は俺のできる事をしたいと思います。



 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-12-12 15:13:11

柏レイソルの来季…

テーマ:柏レイソル 04-05
 今、得られる情報として(レイソル公式の発表はまだ)

 ・早野監督→退団
 ・ラモスコーチ→退団
 ・菅又GM→解任
 ・宮本強化担当部長→解任

 という事みたいです。あとは、社長の去就。是非、責任を取り辞任していただきたい。

 この時期契約更改交渉が行われますが、今のレイソルの現状を考えると、まだその段階ではないんじゃないかなぁと思います。
 クラブをどう変えていくか? 誰が変えていくのか? 新監督に誰が就任するのか、そしてどんなサッカーを目指すのか、選手達にそういうものをきちんと示していなければ、柏レイソルというクラブを愛していたとしても、簡単に結論は出せないと思います。プロサッカー選手として、より高いレベルでやりたいという気持ちを汲んであげたいとは思います。
 しかし、選手もJ2へ降格した責任というものは強く感じていて欲しいし、そのことを根底において自分の行く道を決めて欲しいと思う。

 今(今シーズン中ずっとかもしれないが)の選手達の気持ちが、表面にでてきたなという記事を紹介しておきます。↓

 J2降格が決まった柏が、厳しい現実をつきつけられた。入れ替え戦から一夜明けた11日、クラブと所属選手の契約交渉がスタート。元日本代表DF波戸康広(29)が、約25%ダウンの推定年俸3000万円の提示額に難色を示し、態度を保留した。今季リーグ戦は30試合に出場(無得点)。「降格するので仕方ない部分もあるが、もっと評価されると思っていた」と表情を曇らせた。
 この日はDF平山、土屋ら4選手が交渉に臨んだが、目立った進展はなし。成績不振の責任を取り、フロントの人事も一新される可能性があるため「1年でJ1に戻れるような方針をクラブ側が示してくれれば…。来季も柏でやりたい気持ちはあるが、今は詳しい話ができる状態にない」(波戸)という。
 「厳冬」の契約交渉が続けば、主力選手の移籍を食い止められない。クラブ側は今後、親会社の日立製作所に引き続き資金面でのサポートを依頼する考えだが、先行きは不透明。名門再建への道のりは、険しい。 日刊スポーツ(2005年12月12日)


 この短い記事を読んだだけでも、選手達が色々不満を持ちながらも、なんとか勝っていこうと必死にサッカーをやっていた事が伺えます。

 時間は余りないですが、社長を初めクラブ経営に関わる全ての人事を、「プロサッカークラブ経営に精通している人」「明確で分かりやすいビジョンの基に」決めて行く努力を最大限して欲しいということをサポーターからも意思表示を示す必要があると思います。
 クラブはバタバタしているかもしれませんが、今それをやらないと、また手遅れになりかねません。レイソルサポ日記さんのところでもやるかもしれませんが、こちらはこちらで少ないながらも意見を集めて、レイソル側にサポーターの意見書としてメールしたいと思いますので、なるべく沢山の意見をお待ちしています。

            よろしくお願いします!
 
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。