メロメロパーク
2006-02-06 12:41:08

ちばぎんカップが楽しみだ!

テーマ:柏レイソル 2006
 新生ノブリン柏レイソルになって初めての試合。

 キャンプ中に行われた、昨年J2・1位の京都パープルサンガとの練習試合。柏レイソルは45分×2本のゲームを両方とも勝利で終えた!

 練習試合なので、結果については色々あるだろうが、勝つにこしたことはない! 内容も公式の広報日記を読む限りでは、今キャンプの課題である守備面の強化がまずまず出来ている模様。

練習試合 柏レイソル 3-1 京都パープルサンガ
45分×2本

1本目 柏レイソル 1-0 京都パープルサンガ
柏レイソルメンバー:
南、石川、根引、中澤、小林亮、山根、大谷、平山、谷澤、ディエゴ、北嶋
得点:大谷

2本目 柏レイソル 2-1 京都パープルサンガ
柏レイソルメンバー:
加藤、鈴木将太、小林祐三、岡山、藏川、永井、瀬戸、石舘、鈴木達也、李、長谷川
得点:石舘、鈴木達也

 地元(鹿児島)の方からの情報によると、石館選手の25M(くらい)ロングシュートは綺麗なゴールだったみたいだ。

 毎年この時期は、調子の良いレイソル。だから、あんまり期待するなという声もあるが、キャンプの内容と試合内容&結果が同じ方向を向いて進んでいるのを考えると、どうしても気持ちは前向きになってしまう。でも、今はそれでいいじゃないか!
 それよりも、気になったのは、練習試合のメンバーにフランサの名前がないところ。まだ、怪我が残っているのか? 練習もリカルジーニョや落合達と別メニュー組みたいだし。
 去年は出場機会も少なく、活躍がみられなかったが、一瞬のプレーに素晴らしさを見たフランサ。早くスーパープレーを魅せておくれ!

 もうすぐ毎年恒例の『ちばぎんカップ』が開催される。

 どんなレイソルが観られるのか、今から楽しみだ!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-02-01 16:42:53

リーガの新イケメン、みーっけた!

テーマ:Liga Espanola 05-06
 久々にリーガ・エスパニョーラネタです。

 リーガには数々のイケメン達がピッチを駆け巡っています! 言わずと知れたレアルのベッカム、グティ、バレンシアのアイマール、ベティスのリカルド・オリベイラはハルベリー似の美形(今怪我中ですが)。と有名どころは色々いるわけですが、「もうあの人達の顔は見飽きたわ!」なんて我がままなリーガ好き婦女子の為に、ご紹介しましょう!

 アスレティック・ビルバオのアモレビエタ(21歳)君です!

 残念ながら画像は見つからず、ビデオのキヤプチャーも間に合わず、お見せ出来ませんが、どこかで見かけたらチェックしてみて下さい! ビルバオなのでバスク人ですが、俺の愛する『バスクの魂』エチェベリア系ではないです。赤毛の巻き毛でジョレンテとかそっ系です。
 ちなみにビルバオ公式サイトの選手紹介ページの写真はしかめっ面でちっとも可愛くないです。

 で、肝心のプレーですが、彼を発見したのは第19節のバルサ戦のビデオを昨日観ていた時ですが、

          プレーはよく解りません……スイマセン。

 ただ、バルサのクロスが運悪く手に当たりPK献上してました…。がんばれ!アモレビエタ君!
 それにしても、舌噛みそうな名前ですな……。

 久しぶりのリーガネタなのにこんなんでスイマセン。それと、こんなことたまに書いてますが、俺はゲイじゃないっすよ!念のため。

 本当に試合を観れてないのでネタがないんです。上記の通り今19節を観ています。俺の中ではリーガは今19節なんです!

 「こんなんやったら、レイソルブログにしろや!ボケがぁ!」と言われていしまいますね。
 数少ない読者の中にも、リーガで見に来てくれている人もいますので、1日にレイソルネタとリーガネタを二つアップできるように、なるべく、できるだけ、疲れない程度に、がんばります!!!



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-31 16:05:35

準備は整った。後は闘うだけだ!

テーマ:柏レイソル 2006
 まず、もう去年の事になりますが、05/12/28の山根選手移籍の記事にコメントで山根選手の情報を提供してくれたC.ロナウドさん、まっちゃんさん、ブログをしばらく放っておいたので気が付かず、今年になって気が付いた次第であります。
 もう観てくれていないかも知れませんが、今日の記事をかりてお詫び&お礼申し上げます。申し訳ありませんでした。そして、有り難うございました!

 さて、キャンプ前に、フランサ、リカルジーニョ、ディエゴ・ソウザと外国籍選手3人も決まり、サポーターズカンファレンス(以下サポカン)、ふれあいフェスタも無事終了。先週はかなり有意義な時間を過ごした柏レイソル。薩川の引退は寂しいけれど、フロント入りは素直に嬉しい!
 スタッフの方々は、イヤーブックの制作も重なり大変だったと思います。お疲れ様でした! 新シーズンに向けてしっかり準備できた感じで、あとは監督、選手がキャンプを成功させ、着実に勝ちを取っていくことと我々サポーターがその後押しをするだけ!

 サポカンに関して。全文はレイソル公式Webサイトに議事録もありますが、どうやら『サポーターとの交流を専門にする部署を作る』らしいね。一番ココが気になった。今までの「一部のサポーターからの意見の吸い上げ」はサポーターの間にも閉鎖間を生むので、『レイソルサポーター』としての一体感が得られない部分っていうのはあったと思う。応援のスタイルは人それぞれで構わないが、こういう部署ができて今よりも少しだけクラブに対して親近感が生まれれば(ある程度の距離はあった方が良いと考えるが)『クラブと一緒に闘っていく』という意識が根付いてくると思う。
 今まで、特にメインスタンドの方とかは『一観客』という感覚が強かったんじゃないかなぁと思う。

 何はともあれ、まずは千葉銀カップに行くぜ! ノブリンレイソル初お披露目に相応しいダービー。できれば日立台でやって欲しかったけど、こっちはJ2だ。贅沢は言うまい。ジェフをけちょんけちょんにしちゃってね。ノブリン!

 個人的には、今回のサポカンで、「20チームのオファーを蹴って柏に残った」というフランサに期待! この話を鵜呑みにした俺はフルコンディションの彼のプレー(柏での)をまだ観ていないにも関わらず惚れちゃいました。新ユニは10番に決めております!
 どんな布陣で来るのか? どういうサッカーをしてくれるのか? 今からめちゃくちゃ楽しみです。

 J2は厳しいリーグ。きっと、苦しいこともあるだろうけれど、我々サポーターも一緒に耐え乗り越えて、J1昇格を目指そう!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-26 13:27:47

やっと落ち着いた…。新生レイソル誕生!

テーマ:柏レイソル 2006
 しばらく、更新せずに沈黙していたが、これでやっと今季の柏レイソルが完成です。

 悲しい出来事もありました。
 出ていった選手達は、頑張って欲しい人もいれば、どーでもいい人、ムカついてるので豚の頭を投げつけたい人、色々……。
 でも、まずは柏に残ってくれた選手達、新たに加入して共に昇格の為にやってくれようとしている選手達を応援しよう!

以下、今季の柏レイソルのメンバーまとめ。


1 南 雄太   GK     20 李 忠成   FW

2 小林 亮   DF     21 桐畑 和繁  GK

3 近藤 直也  DF     22 鈴木 達也  MF

4 根引 謙介  DF     23 藏川 洋平  DF

5 中澤 聡太  DF     24 平山 智規  MF

6 中谷 勇介  DF     25 北嶋 秀朗  FW

7 大谷 秀和  MF     26 石川 直樹  DF

9 山下 芳輝  FW     27 柳澤 隼   MF

13 小林 祐三  DF     28 谷澤 達也  MF

14 落合 正幸  MF     29 長谷川 悠  FW

15 瀬戸 春樹  MF     30 石舘 靖樹  MF

16 ノグチピント   GK     31 加藤 慎也  GK

17 永井 俊太  MF     32 岡山 一成  DF

18 山根 巌   MF     33 鈴木 将太  MF

19 宇野沢 祐次 FW     34 大河原 亮  DF



 さて、今年は誰のユニを買おうか? 谷澤が玉田の28を受け継いだし、28も良いけど使い回しと思われるのもなぁ……。大谷も大好きだけど、これも同じ理由で……。 やっぱり24の平山かな!

 ともかく、この一覧を見て気が付いただろうとは思うけど、いくつかの番号が抜けている。
 増田(大分へ移籍良かったね!がんばれよ!)の付けていた12番はサポーターの背番号らしいので(俺はあんまりこのサポーター番号っての、予定調和感があって好きじゃないが)考えないとして。
 11,10,8の3つです。
 そう、何の発表もないフランサ、クレーベル、レイナウド外国人3人組がつけていた番号。クレーベルとレイナウドは移籍先(サントスだっけ?)決定が濃厚との情報。
 フランサは、「柏でやりたい」と本人が言っているという噂が……。

 恐らく外人枠にとってある番号と思われるが、目処は立っているのだろうか?
 最低でも二人はキャンプまでに間に合って欲しい。

 また、夏に加入とかは嫌な予感するなぁ…。

 とりあえず、レイソル公式ページを見る限り石崎新監督の練習は、H.Hさんよりは格段に良さげなので、「ちばぎんカップ」に期待して、新生レイソルの勇姿が観られる時を待つとしよう。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-07 18:25:41

【かんべんしてくれ】柏レイソル絶望的展望!?【ごむたいな】

テーマ:柏レイソル 2006
 
 皆様、あけましておめでとうございます!

 年明けから高校サッカーネタなどでブログを更新しようと思っていたが、母校が1回戦で敗退してしまったのと、まあ正月だからダラダラと……
 んで、ボチボチ始めようかいなと思っていたところで、柏レイソルの選手の大量放出のニュースが耳に入ってきた。

 覚悟はしていたものの、これだけの人数となると、さすがにヘコむを通り越して怒りが…

 取りあえず、現時点で柏レイソル関係の去就の確定しているもの(公式発表があったもの)とスポーツ各紙の報道を含めて出てきている移籍情報をまとめてみた。
★は公式発表(入退団するどちらかのクラブの公式)されているもの。

●IN
・→竹本GM就任★

・→石崎監督(東京Vコーチから就任)★

・→永井(水戸レンタルから復帰)★

・→山根(川崎から完全移籍)★

・→小見チーフスカウト就任(元FCホリコシ監督)★

・→落合(鳥栖レンタルから復帰)★

・→根引(仙台レンタルから復帰)★

・→山下(大宮レンタルから復帰)★

・交渉中→吉田(大分・古巣J1横浜F・Mが競争相手で勝ち目なしとの報道)


●OUT
・増田→解雇★

・薩川→解雇★

・安永→解雇★

・矢野哲也→解雇★

・中井→解雇★

・波戸→大宮

・土屋→大宮

・大野→東京V

・明神→G大阪

・永田→新潟

・矢野貴章→新潟

・平山→横浜F・Mと交渉中

・玉田→清水と交渉中(レンタルの可能性大)


 いやー最近じゃ、見た事ねえス…。降格して、こんなに主力が出ていくチーム。
 選手の気持ちをつなぎ止めておけなかったんだね、選手も選手だけどね…。

 出ていく選手は仕方がない。本当は柏の為にがんばって欲しいけど、出ていこうとする者を引き止めるだけのモノが柏には無いわけだし、無理矢理残ってもらった所でモチベーション無いだろうし。

 しかし、主力放出の情報に関しては、まだ決定ではない。おそらく今日当たり、柏と最終交渉する選手もいるであろう。この中の1人でも残ってもらえるように祈るしか無い。

 俺達にはもう何もする事ができない。メールも送った。後はフロントが選手の心を繋ぎ止められるよう頑張ってもらうしかない。

 もし、これが全部現実になってしまったら、1年でJ1昇格はかなり厳しいものになるだろう。石崎監督が今回の大量放出の可能性の件について「柏に気持ちのある選手でやっていくのも1つの方法」みたいなコメントをしたという報道を読んだが、立て前だろう。
 本当は主力だった選手は残って欲しいハズ。
 これじゃ、何の為に竹本氏がGMになったのかも半分意味が分からなくなる。

 この状態で1年でJ1昇格などと口が裂けても俺は言えないな。
 

 唯一望みがありそうな話題としては、新しく就任した小見氏。
 竹本GMとは選手時代にチームメイト。昨年12月FCホリコシの監督を退任。V川崎の強化担当時代、確かビスマルクとかを連れてきたんじゃなかったけ?
 クレーベル、レイナウド、フランサ(スペイン行きの噂あり)がどうなるかにもよるが、彼がチーフスカウトととして良い選手を連れて来ることを期待するぐらいしか、今は希望を持てない状態。

 玉田は怪我の事もあって、移籍するにしてもレンタルが濃厚との事だが、どうせ出すなら完全移籍でだせ! フロントよ! 玉田自身が望んでいるならともかく、向こうさんの移行でのレンタル移籍は絶対だめだ!

 とはいえ、今こうしている間にも交渉が着々と進んでいるかと思うと、ぞっとしないな………フロントには確定した時点で逐一発表して欲しい。それが、せめてもの誠意だと思うよ。

 はぁ、日はいつ昇るのか……

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-28 12:31:28

川崎Fから山根巌が柏レイソルへ移籍!etc.

テーマ:柏レイソル 04-05
 さて、ちょびちょびと選手の去就が発表されはじめました。

 まずは、水戸ホーリーホックへレンタル移籍をしていた、永井俊太選手が帰ってきます。おかえりっ!
 水戸では42/44試合出場と主力として頑張っていたようです。きっとJ2での良い経験でチームに貢献してくれると期待しましょう!

 そして、解雇された田ノ上信也選手が、なんと!横浜Fマリノス入り! 正直ビックリです。どうやら、Jのトライアウトで良い動きをしていたのが目に止まったようです。んー、活躍して欲しいっすな!

 そして、川崎フロンターレから、山根巌選手のレイソルへ移籍が決定しました! 大分トリニータ時代にJ1昇格後、石崎監督を慕って川崎へ来たくらいの、”ノブリンっ子”です! J2経験と監督と共鳴できる選手として、良い補強と言えるでしょう。
 肝心のプレースタイルはというと……
 ポジションはボランチ。あらゆるところに顔を出す運動量と、ボール奪取能力に優れ、ミドルシュートも得意なようです。今年は、日立台での第1節で、出場しています。でも、あんまり印象がないです…スンマセン。でも、これからはレイソルの選手として新しいカンフル剤となってくれるよう応援します! コールはやっぱり『イワオ』かな? 川崎サポの方、どんなコールしてたか教えて!

 こうしてみると、俊太も山根もボランチの選手。クラブは、まずボランチの補強を考えているのかな? 明神、大谷、祐三、亮、俊太、山根。ボランチ陣充実していますね。この補強で、明神の去就がどうのってのは関係ない気がします。
 明神が残ったとしても、ボランチの補強はするべきだしね。

 また、来年は柳澤、桐畑、両ユースからの昇格組の活躍も期待したい。

 と、まぁ新戦力が続々と加入してくれるのは嬉しいニュースですが、今年主力でがんばってくれた選手たちの去就が一番気になります。

 年内に(営業日は多分明日までなんだよね……!?)発表してくれるといいんだけど。

 ちなみに今回の玉田が代表選考から外れたことは、『怪我リハビリ中』と『J2降格とは関係ない』というJFA側(?)からのコメントから、もしかしたら残ってくれるかも…と淡い期待を抱いています。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-12-25 12:39:23

今日は柏サポ、玉ギャル、代表玉サポは『Get Sports』を観よう!

テーマ:柏レイソル 04-05
 今日、25日深夜1:15~3:05(26日)にテレビ朝日のGet Sportsの『大和猛蹴(ヤマトタケル)』は玉田密着ドキュメントです!

 テレ朝のサッカー中継は、サッカーしらなそうなプチデブアイドルを使ったり、騒ぐだけの解説者がいたりと、嫌なところしかないわけだけれど、この番組は、スポーツドキュメントとしてなかなか良く出来ていて、たまに観ている。

 で、今回、日本代表と柏レイソル両方の面から見た玉田圭司のドキュメント。
 柏サポーターとしては、玉田が来年からどうするのか? どういう身の振り方をするか心配している人もいるだろう。
「できれば、残って欲しい」「1年レンタルでJ1チームに出して、W杯で成長して帰って来い」「レイソル出ていきたいなら出ていけ!クラブに愛情がない選手は応援したくない」「玉田なんてどーでもいい」
 いろいろな思いがあると思う。でも、これ観たらもしかしたら彼が今、何を考えているのか? 柏レイソルについてどう考えているのか? 分かるかもしれない。 あくまでも、憶測の範囲を越えないけれども、クラブ側から選手の移籍問題に関して、何の情報も公開されない現状においては、唯一メディアからの情報(操作されていたとしても)が頼り。

 玉田の言動等を観れば、他の選手達の考えなんかも想像できたりするかもしれない。

 ちなみに、この番組下記の5局でしか放送されないらしい…再放送とかは知らないデス。
HB 東日本放送・テレビ朝日・NBN メーテレ・HOME 広島ホームテレビ・KBC 九州朝日放送

 ん~、少なっ……!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-22 13:27:48

柏レイソル 石崎信弘新監督就任!

テーマ:柏レイソル 04-05
 なんだかんだ言ってるウチに、あっさりと決まりましたね。

 一時、報道では副島氏の名前が上がっていましたが、フェイクだったのかなぁ…あんまフェイクの意味ないけれど。
 公式にもあるように、J2経験は豊富です。しかし、「あと一歩で昇格」での評価。でも、まあ、考えうる中では落ち着くところに落ち着いたというべきか…いや、この状況で引き受けてくれただけアリガタイのかもしれない。
以下、詳しいプロフィールなど。


石崎 信弘(いしざき のぶひろ)
1958年3月14日生まれ
広島県広島市出身
元サッカー選手(DF) サッカー指導者。

●選手時代
県立広島工業(通称・県工)時代は金田喜稔、木村和司、猿沢らとスペクタクルなサッカーを展開し高校選手権でベスト4。かつて御三家と言われながら、永らく低迷が続く広島高校サッカーが最後に輝いた瞬間だった。その後東京農業大学を経て1980年に東芝サッカー部(コンサドーレ札幌の前身)に加入。1993年に現役引退した。

●指導歴
1995年に当時JFLであったモンテディオ山形の監督に就任。4シーズンの指揮・指導の結果、1998年には優勝争いを繰り広げ、山形をJFL3位にまで押し上げる結果を残した。

1999年、発足したばかりのJ2に加盟した大分トリニータに招聘され、監督として就任。同年の最終節を前に2位に浮上し、勝てば自力で昇格を決めることが出来たが、最終節で奇しくも古巣の山形に引き分けという形で行く手を阻まれ、勝ち点1の差で惜しくも3位にとどまった。翌年2000年も再び勝ち点1差で3位に終わり、2001年シーズンはスタートダッシュに失敗したためシーズン途中で解任される。

しかし、その直後の同年7月、J2に降格し低迷する川崎フロンターレの監督に就任。2002年には川崎を4位に押し上げ、2003年には最終節まで昇格争いに絡みながら、またしても勝ち点1差に泣き3位に終わる。同年の天皇杯を最後に辞任。

2004年、清水エスパルスのヘッドコーチとして初めてJ1に関わることとなった。同年7月にはアントニーニョ監督の辞任に伴って監督に昇任、J1で初采配を振るうことになったが、セカンドステージは16位中14位に終わり、チームを立て直すことができず辞任。

2005年には東京ヴェルディ1969のヘッドコーチに就任したが、7月19日、オズワルド・アルディレス監督が成績不振(前半戦終了次点で17位と低迷)の責任を取って解任されたことを受け、急遽監督代行に就任した。

2006年からはJ2に降格した柏レイソルの監督に就任する。

●評価
J2において勝ち点差1での昇格失敗を3度重ねたことから、悲運の名将とも言われる。しかし、彼の戦術の基本が「相手の良い所を消す」ことにあるとも言われており、それが故に対策された時にもろく、勝負強さという面では問題があるのではと指摘する声もある。

一方で、若いチームを育てて近代的なサッカー戦術を浸透させ、長いリーグ戦を戦い抜くチームを作り上げる能力については評価が高い。また、特にJFLやJ2の貧弱な環境においても工夫と熱意で練習環境を整備する姿勢は、関係者やサポーターからも好意的に受け止められている。

※余談
※サポーターやインターネットコミュニティではノブリンと呼ばれる。これは本人が親戚との会話で、冗談で「ノブリンと呼んで」といったのに由来する。ちなみに「ノブリン」の愛称はフォークソングデュオ「あのねのね」のメンバー・原田伸郎が自らをこう呼んでいたのを借用したとのことである。
※ 2003年に川崎フロンターレのJ1昇格を、わずか勝ち点1差で逃したため辞任したが、その後に行われた天皇杯ではホームグラウンド・等々力陸上競技場で最後の試合となる第2回戦(国見高校戦)終了後にサポーターの前で挨拶をした際、その終了後にグラウンド内に大量に進入したサポーターらによって胴上げをされた。
※アナウンサー渡辺真理の大ファンである。



 ヴェルディとレイソルでコーチを交換した形になったわけですが、早野氏と違うところは、実績もさることながら「戦術を固定する」「選手起用も固定する」傾向があるというところ、悪く言ってしまえば柔軟さに欠けるという見方もできますが、ほんのり期待してもいいんじゃないでしょうか?

 プレッシングサッカーを信条とし、走れない選手は使ってもらえなさそうです。ヤザーとか干されまくられないか心配です。
 大野に関しては、入れ替え戦後の自身のコメントからすると心配はなさそうですが…。

 何はともあれ現段階で決まって良かったです。あとは、コーチ陣(フィジカルコーチも解任されたようだし)と残留してくれる選手達が決まれば、2006年の柏レイソルがどういうサッカーをしていくのか分かるでしょう。

 頑張って欲しいですね!


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-20 12:48:36

柏レイソル次期監督候補は誰? 投票する?

テーマ:柏レイソル 04-05
 さあ、竹本さんGM就任が公式でも発表されたね。
 頑張って欲しいです。

 自分の権限を最大限に活かして、時には権限を越えた事もやる勢いで頑張って欲しい! 「俺がチームを作る」くらいの気持ちで!

 まずは監督選び。必ず竹本GM中心で決めて下さい! 間違っても『汚名挽回 』『J2昇格』という迷言を残した小野寺社長が「この人とか良んじゃない?」とかいって持って来たリストから選ぶとかやめてくださいね!

 ま、実際、今まで誰が次期監督の人選を行ってきたか知らないが、これまで報道などであがってる西野氏(ガンバ大阪監督)、反町氏(元アルビレックス新潟監督)へのオファーの噂は、社長の一存だと思いたい。
 西野氏に関しては、まあ、レイソルから一度追い出してる分けだから、どのツラ下げてお願いにいってるのかと……確かに彼は、今シーズン『J1優勝』という素晴らしい結果を残しました。しかし、今のレイソルでそれができるとは限らないし、なんと言っても、さあこれからって時に切られたんだからね。
 
 正直、失礼!

 彼がレイソルの監督だった1998年~2000年のレイソルの成績(年間最多勝点、ナビスコ杯優勝など)で、翌年2001年にフツーの成績で終わったので解任。
 解任に至った経緯はともかくとして、本人はもう少し続けたかったろうし、このような形で解任になったのだからねぇ…。どうだろう、頼まれても嫌だよなぁ…。

 反町さんに関しては、もう充電期間だっていってるじゃん。W杯のコメンテーターとかやりたいんじゃないのかな? それか、ただ単に観に行きたいだけとか(笑)。彼は監督としてはどうか分からないけど、結果(J1昇格)を残したし、去り際が素晴らしかったね。でも、柏の監督はやらないと思うぞ。多分。

 川勝氏の名前も上がっていたが、この人に余り良い印象ないんだけど。川崎時代のヴェルディも天皇杯のみだった(よね?)し、神戸の時もやばかった印象しかないなぁ。

 個人的にはFC東京を退団した原博実氏なんか良いと思うんだけど。
 先日の天皇杯だけだけれど、竹本GMは裏に抜ける動き、後ろから追い越す動きなどに、攻撃のスタイルを見い出している気がしたのが一緒だと思うのと、若手が多いレイソルは、浦和時代は小野、FC東京時代は加地、石川直宏、茂庭、今野と若手起用にも積極的な原氏はレイソルに合うんじゃないかなと思う。


 みなさんは、次期監督に誰が適任と思います?
 てことで、勝手に次期監督候補希望投票開始! たくさん投票されたら集計します!

 集まんなそ~(汗)
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-19 12:04:52

柏レイソルから意見書への返信がきました!

テーマ:柏レイソル 04-05
 天皇杯、柏レイソル対ガンバ大阪。3点取ってリードしてたのに、最後まで耐えきれなかった。終わってみれば、3—5。

 でも、鈴木達也選手が初得点を含む2得点を決めたのは好材料。来季のJ2での闘いに期待が持てそうだ。
 GKは雄太じゃなく、加藤だったのは何故かな? もちろん、失点の原因の全てはGKじゃないけれど、本人のコメントにもあったように、ミスからの失点があったみたいだ。


 さて、先日レイソルに送った意見書について、レイソル広報の横井さんから返信がありました。横井さんありがとうございました。

 メール本文は、ブログでの掲載はなるべく控えて欲しいとのことでしたので、やめておきます。
 だいたいの内容としては、「社員に回覧をさせる」ということと「新体制については一両日中にお知らせできる」とのことでした。

 ま、当然、具体的なことは何も教えてくれませんでしたが、取りあえず回答はしてくれました。

 天皇杯敗退で今シーズンの日程が全て終わった事で、具体的なことを発表できるようになったのではないかと思われます。

 この返信で注目すべきは「新体制については一両日中にお知らせできる」というところです。

 一両日中とは、『一、ニ日の近いうち』というこですから、このメールは18日(日)に来ているので、早ければ明日、遅くとも今週中には発表されると考えていいのかな?
 それとも、ただの言葉のアヤで、『近いウチ』という意味で使ったのかは定かではありませんが。

 メッセージを寄せていただいた方、ブログの記事を引用させていただいた方、ご協力ありがとうございました。

 あとは、見守るしかないですね………。

ちなみに現時点での、各メディアからの情報をまとめると…
小野寺社長 留任
菅又チーム統括部長・宮本強化部長 解任
竹本新統括部長就任

こんなところかな。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。