conburi-danのブログ

時々更新中


テーマ:
ジャブジャブサーキット「さよならウィキペディア」東京公演、
下北沢ザ・スズナリにて絶賛上演中でございます。

昨日、初日マチネが終わった後、演出のはせさんから一つダメがでた。
名古屋~大阪~東京と稽古とツアーを重ねてきた中で、
今まで指摘されたことのなかった台詞の意識についてのことだった。
とある一言に対する意識をちょっとだけ変えてみてってダメでした。
あ、ごめんなさいね詳しく書くとネタバレになっちゃいますんで。。。
で、そうしてみたのです、ソワレの舞台で。
はい、その台詞に関しては、問題なく意識を変えて言えたように思います。
(後で演出家からも変わってたねと言われました)
するとですね、その台詞の意識を変えたことで、暗転はさんで、
別のシーンの台詞の意識がぐわって変わったんですね。
いや、当たり前っちゃー当たり前のことなんですけど、
マチネとソワレの間の短い時間の中では、ダメがでた台詞に関しては稽古してますが、
その別のシーンは稽古してない訳で、
舞台上で意識が変わったことに、ちょっとびっくりしてる自分いました。
今までのがダメって訳じゃないんですよ、あぁこういうのもあるなって、
その変化を楽しめた感じです。こういうのが演劇の面白いところだなぁって。
何だか手前味噌で恐縮なんですけどね。
手前味噌ついでに、この波及効果を意識してはせさんはダメをだしたのか、どうなのか?
演出家と言うのはすごいもんだなと思ったりしました。
さて、
東京公演残り3ステージでございます。
スズナリに屋上が出現しております。
劇場でお会いできることを楽しみにしております。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
一ヶ月以上、間が空いてしまいました。
「さよならウィキペディア」大阪公演、無事終わりました。
ご来場いただきました皆様、劇場スタッフ、お手伝いいただいた多くの皆様、
本当にありがとうございました。
仕込み中はどうなることかと思いましたが、
何とか何とか、大阪千穐楽まで走りきりました。
残すところは東京公演。
関東圏の皆様、名古屋~大阪と良い感じでしたので、ご期待下さい。
さて、大阪公演。実は大きな出来事がございました。
まあ、はしぐちの個人的な体験なのですが。。。
何と、生まれて初めて、ウイングフィールドの屋上に上がったのです。
今回の「さよならウィキペディア」が屋上を舞台にした芝居ということで、
はせさんが、一回ぐらい上がっとこうよって言ってくれて、
皆さんでえっちらおっちら、階段を上げていただきました。
四半世紀程、観劇と上演で通っているウイングフィールドですが、
屋上に上がるのは初めてでございました。
そして、屋上好きのまどかリンダが証拠写真を撮ってくれました。

皆々様、ありがとうございました。
世の中にはまだまだ経験してないことがたくさんありますね。
さて、「さよならウィキペディア」は7月東京へ。
皆様、スズナリでお会いできることを楽しみにしております。
そして、もう間もなく、コンブリ団その8「ブラックホールのそこ」のフライヤーが
仕上がってまいります。もう少しだけお待ちください。
webにちょこちょこ情報はアップして行きますね。
こちらもよろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
三日前までジャブジャブサーキット「さよならウィキペディア」で舞台にたっていた、
七ツ寺共同スタジオに燐光群「屋根裏」を観にいった。
ジャブジャブサーキットの公演期間中、毎日マチネソワレの2ステージだったので、
七ツと宿泊先以外にはどこにも行ってなかった。
いつもなら少しは歩く大須の街もまったく歩いてなかった。
そうそう、ういろうも買って帰らずだったのだ。
公演期間中、大須で行ったのはセブンイレブンと王将。。。

前置き長過ぎました。
燐光群である。
「屋根裏」である。刺激的な舞台だった。
もう何年前に観たのか記憶が定かではないが、
戯曲も買って、何度も読んでいるのに、
何度観てもその度に「あぁ燐光群って面白いなぁ」と感じる一本。
坂手さんってすごいなぁと感じる。

開場前、受付まわりで円城寺さんとご挨拶、ふと視線を感じて見上げると、
楽屋のある二階の窓からマリさんと樋尾ちゃんが手をふってくれていた。
車いすのはしぐちは他のお客さまより先に劇場に入れてもらい、
杉山くん、武ちゃん、皆々さんにいつも通り「はし~ぐち~しん」の掛け声で
車いすごと平台の上にあげてもらう。
一度しか共演できていないが、いつも通り素敵なみんなに再会できた。

燐光群との出会いは1988年、京都の西部講堂だった。
作品は「危険な話 OFF-SIDE」。
面白くて面白くて、「乾杯しますんでどうぞ中へ」って言われて、
知り合い一人もいないのに、ノコノコ入って、皆さんと酒を酌み交わした。
車いすになる前、まだ立って歩いていたころのことだ。
坂手さん、猪熊さんは立って歩いていたころのはしぐちを知っている数少ない演劇人だ。
その後、東京に観に行ったり、京都公演の際は手伝ったり、
知人が燐光群に入ったり、やめたり。ずっと一緒に芝居を創りたいと思っていたが、
なかなかかなわず、出会ってから20年以上たった2011年「推進派」で初めて
燐光群の舞台に参加させていただく機会を得た。
震災後の東京、節電で暗かった、エスカレーターが停まっててエレベーターに行列が出来、
ホームから改札に行くのにとっても時間がかかった、余震も何度もあった。
初日が延期になったりもした。それでも、一本作品を創って、東京~伊丹~名古屋と公演をした。
当たり前のことだが、観ているのとは違う刺激的な時間だった。

いつになく、そんな燐光群との関わりを思い返す芝居でもあった「屋根裏」
みなさんの海外ツアーの無事と成功をお祈りしてます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
劇団ジャブジャブサーキット「さよならウィキペディア」名古屋公演、
無事に全ステージ終えることができました。
ご来場いただきました皆様、ほんとうにありがとうございました。
ソールドアウトの回もあり、
去年の名古屋公演より多くのお客さまに観ていただきました。
とてもありがたく、嬉しく思っております。
一ヶ月後には大阪ウイングフィールド、7月には東京下北沢ザ・スズナリでの
公演を予定しております。
大阪、東京公演もどうぞよろしくお願いします。
大阪公演は現在、チケット発売中です。
名古屋公演同様に早割、やってます。
ご予約はこちらから↓
https://www.quartet-online.net/ticket/sayowiki-osaka?om=bbafgcj

さて、この名古屋公演の時期、昨年もそうだったのですが、
F1モナコGPの時期でもあるのです。
モナコGPはモンテカルロ市街地コースで行われる世界三大レースの一つです。(from Wikipedia?)
公道を使ったレースなので、路面が荒く、バンピーなコースの一つなのです。
あ、バンピーというのは車が跳ね上がりやすいことを言います。
そう、先日、書くことを断念したバンピーな名古屋の道はここにつながるのです。
公演期間中、宿泊先から劇場まで、地下鉄で二駅なのですが、時々少し早めに宿泊先を出て、
車いすでの散歩を楽しみながら劇場へ向かうことがあります。
その道々がちょっとバンピーなんですね。
もう少し詳しくいうと、歩道と車道の境目がバンピーな交差点が多いんです。
道ってのは交差点で歩道から車道に出て、また歩道に戻ります。
歩道と車道の間に段差が一つ、車道から歩道に戻る時にもう一つ。
それだけなら、さほどバンピーではないのですが、
そうはいかない交差点がちらほら。



下側が歩道で上側が車道なんですけど、
歩道から車道に出る前に、ここまでが歩道ですよっていう縁石があって
その上が車道の雨水を側溝に流す為の傾斜、
そして車道のアスファルト。
このそれぞれの境目に段差が生じているところがちらほらあるんですね。
歩道と縁石、縁石と傾斜部分、傾斜部分とアスファルト。
これ、バンピーです。
暴走車いすのはしぐちが勢いよく通過しようとすると、
ゴゴゴンとなって、ごくまれに車いすのステップにのせている足が落ちます。
気をつけなければと思います。
名古屋だけの話しではないのですが、
たまたまこの時期、モナコGPがあって、たまたま名古屋で公演していることが
多くて、そんなことを思ったのでございます。
相変わらず、オチのないブログでございました。

そんな訳で(どんな訳だ?)名古屋公演、ご来場いただきました皆様、
ほんとうにありがとうございました。
また、劇場でお会いしたしましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジャブジャブサーキット「さよならウィキペディア」名古屋公演のため、
七ツ寺共同スタジオで仕込みをしております。
おかげさまで、ソールドアウトの回がたくさんです。
チケットをご購入、ご予約いただきました、皆様、ありがとうございます。
劇場でお会いできることを楽しみしております。
ご予約がまだの皆様、21日木曜日19:30の回、24日日曜日15:00の回、
まだお席に余裕がございます。
ご予約はこちらからどうぞ。
ほんとはこの後に書きたいことがあったのですが、
はしぐちの文章力のなさから、今夜は諦めます。
いつか書けるかな、去年も同じ内容で断念したのを思い出した。
「バンピーな名古屋の道」
たぶん、写真がいるな。明日か明後日、写真が上手く撮れたら、書きます。
では。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。