PVをば。

VIBE、スペシャ、MTVにかじりついていた高校時代を思い出して記してみる。


Supergrass "Moving"

このPVを思い出して「高校時代の十傑」と表現したのですが、
そんなに出てくる気がしないのでとりあえず思い出すままに。



Vertical Horizon "Everything You Want"

これはホント思い入れ強いです。
センター試験の勉強を友人宅にて行なうはずが
このPVを録画したVHSを持参し
「これ見てみ」「すげーやろ」「やべーよな」「何だこの青色」「曲もめちゃ良い」と
遊び呆けていて友人にAIBOをけしかけられるシマツ。
その後、そのVHSを紛失しもうこのPVは観られないのかと絶望してましたが、
まさかこんな時代が来るとはね。。
このアルバムはいったん手放しましたが、買い直しました。



Thee Michelle Gun Elephant "アウト・ブルーズ"

モノトーン好きは今も変わらずですが、内容が全く深刻そうじゃないので好きだった。



NUMBER GIRL "DESTRUCTION BABY"

この曲作った人とPV作った人とボーカルの人は絶対に狂ってる。
と思ってたら全部同じ人間だった。



Idlewild "Actually It's Darkness"

3分に満たない曲ながら、この1曲でこのバンドの全てに聞き惚れました。
今聴いても「100 Broken Windows」までの3枚のギターノイズと
Roddy Woombleの絞り出すような絶叫は上記のナンバガに勝るとも劣らないと思います。
このPVでは無いけれど、"Little Discourage"はmogwaiの"Batcat"のPVが醸し出す
不穏なヤバさに影響を与えたんじゃないかと、勝手に想像してみる。



Mansun "Egg Shaped Fred"

音源よりPVの方のバージョンが心惹かれることがある珍しいバンドでした("Six"然り)。
今でもたまに考えるけど、このバンドがよく使っていたMavisとは何者?



Nine Inch Nails "We're In This Together"

今見ても思うけど、これ、モチーフは絶対にホロコーストだな、、(プリズナーNo.6も少し)。



Hybrid "If I Survive"

ストーリーがありそうで無さそうでよく分からない、いわゆるホラーです。何か好きでした。



SUPERCAR "AOHARU YOUTH"

これも好きでした。不気味で切なくて馬鹿っぽくて、でもやっぱ不気味で。ラストが。
同じシュールさの"FAIRWAY"と迷ったけど、本人達が出てないということでコッチに一票。



The Smashing Pumpkins "Try, Try, Try"

正直、このバンドから1つを選ぶのは不可能ですが、再結成前実質のラストであるこの曲を。
気持ちの状態によっては号泣ものです(曲も映像も)。
ですが、PV集に入っているこのショートフィルムはもっとエグくて、さらに救いようが無い。



The Smashing Pumpkins "Thirty Three"

夢見が悪いのでやっぱコレも入れておく。


あ、10本超えてる。
AD