これまたご大層な書き出しかと思われるかもしれませんがマジです。


― Sleeping Workers ―-kimonos

KIMONOS 『KIMONOS』

ちょっと真面目に考察しつつ大絶賛してみようと思います。

まず、衝撃だったのが"Soundtrack to murder"のPVの完成度。
一見した時に"Zegen vs Undercover"の時みたいな撮り方が相変わらず好きなんだなあ、と
思ったのも束の間、ナンバガの頃と全く異なる事に気がつきました。
ナンバガのPVって向井秀徳のベクトルをそのまま体現したような印象をずっと受けていて
それはつまり「向井秀徳はこんなことがしたい(目指すべき方向性はコッチ)」という矢印そのものだった。
ところがどっこい、KIMONOSはいわばスカラーというか現象そのもので、
それは、受け手に全てを委ね、説明というものをしてはならない芸術という分野において
最も基本、かつ最も純粋な表現です。
そしてそれが、ものすごく雄弁なのに寡黙なわけです。
「研ぎすました」「削ぎ落とした」「緊張」「クール」「和洋折衷」「陰影」という
おそらく表現者(KIMONOS)が表現したことと
受け手(視聴者)が感じることに、寸分の狂いも生じていないのではと思うのです。

五分五分の凄み。
向井秀徳という唯一無二の巨人がLEO今井という知名度の低い若いシンガーに歌わせた
という類いのプロジェクトでは断じてなく、
同じベクトルを持つ優れた音楽家2人が、
共闘しているような、
居合の仕合をしているような、
抜き身で斬り結んでいるような、
もの凄く質の高い緊張感を体験させられる新たなデュオ。

言葉の凄み。
"Soundtrack to murder"の「Warning head to head」という
日本語ではない言語で歌われる日本の場面。
"Miss"の「エコーするせせら笑い」「聖歌隊がうるさい」なんて言葉はどこから出てくるんですか!!
"Almost Human"のメッセージなんて、ずっと歌われてきたことのハズなのに
どうしてこんなに身に沁みるんですか。。

この2日間、インタビューやレビューを読み漁っていて、
何とかKIMONOSを読み解こう読み解こうとしているのですが
聴けば聴くほど、それらで語られた情報が尽きる事無く溢れ出してくることへの驚き。
極めてシンプルな楽曲だからこそ、尚更驚きが大きいのです。

10年に1枚有るか無いか(そして有った)の大傑作だと思います。

「鼻血ブー」の続きを書こう書こうと思っていた矢先に、その意思が霞んでしまいました。


追記)
初めてPVを観た際に感じた違和感は、「LEO今井=照英(もしくは田口トモロヲ)」ということで片が付きました。
AD
前言撤回。
このところ、ずっとdynamo(とstrikes back)です。


11/13(Sat) avengers in sci-fi "Delight Slight Flight Tour" 初日 @ f.a.d yokohama


私の中で、avengersの曲のイメージはずっと弐瓶勉の『BLAME!』というか、
まあハードS.F.アクションに類するものだったんですが、
"Space Station Styx"の見事なダイナミズムで

飛浩隆 『グラン・ヴァカンス』の風景が視えました。

これは、今の私にとって最大級の賛辞です。


後半、爆発するところなんか、鉱泉ホテルで迎撃の準備をしている静けさから
ランゴーニの率いる蜘蛛が一気に侵攻してくる様子が。
ぐわーっ!!てぐわーっ!!て。

でも、この曲、油断するとターミネーターに聴こえてしまうから、注意が必要やねん。

そうやねん、Cydonia、シドニア、言うてたのも
今いっちゃん楽しみなマンガの一つは弐瓶の『シドニアの騎士』やねん。
最初、読んだ時は「にへい、どないしてん!?」て本気で心配になったけどな。
でも、星白さんにはちょっと萌えてしもてん、正直なとこ。

でも、やっぱり今続編が読みたいのは「廃園の天使」シリーズですかね。
これ、はっきり言ってグロいし、エロい、というか艶かしい、いわばグランギニョルです。
『ラギッド・ガール』の中編もどれも面白かったし、むしろ話の好みは『グラン・ヴァカンス』の世界を
外側から暴いていって腑に落ちる感覚満載のこっちだったんですが、
それでも『グラン・ヴァカンス』の持つ抗えないパワーは唯一無二なんです。
文庫版はカバーイラストがまた素晴らしい。。。


と、まあ、何話して良いか分からず、全然関係ない事話してまうくらい楽しいライブでした。
今週末の下北は、、多分無理やが、ツアーファイナルのワンマンは行こうと決心。
その前に、DE DEと対バンかよ!
"my favorite swing"だけでも・・・
AD
観る前から、傑作の匂いしかしない作品は久しぶだぜッーーーーーー!!!!

http://www.kaitanshi.com/index.php


― Sleeping Workers ―-kaitanshi

原作も買った。

読む前から、ワクワクしてるぜッーーーーーー!!!!


AD
寒くなってきたので、堕落装置が発動しました。
かといって引きこもっていては去年と同じ轍を踏む事になるので
積極的に外に出る理由を立てないかんなと思った矢先toe & mouse on the keysのライブのお誘いが。


11/6(Sat) 変わるものと変わらぬもの volume.04 @ club Lizard

友人のtwitter情報によれば土岐麻子が来るかもと。
ガセでしたー。

久しぶりに聴くtoeも良かったけど
mouse on the keysが心底良かったばい。
KAIKOOで聴こえたアブストラクトな音は何だったんだと思うくらいバカスカ叩きまくり弾きまくり。
ハコが小さい上に、最前列にでかい客が立ち並んでいて演奏と映像はさっぱり見えなかったんだけど
だからまあいいかと思って目を瞑って聴いてました。
まさかのアンコールが一番盛り上がっていたのは、前列の客が引いて
こんな鬼気迫るおっさんが叩いていたのか、と後列の客が気づいたからじゃないだろうか。

「ヨーロッパツアー帰りのテンションでどんなことができるかお見せしよう」

このMCがかっこよかった、BOSSみたいで。
それで演るのが、BPM1.5倍にした本編の繰り返しなのだから、やはり演奏が見えなかったのは惜しい気がした。

それにしても、club Lizardってハコが、狭くて!
これまたKiethの1.5倍くらいで、ここでmonoが演ったのかと思い出すと、これまた惜しい気がした。
envyが対バンだったから、スルーしてしまったんだよなあ。。あーあ。。

鼻血ブー

最近「鼻血が出た」という表現を最上の評価のための表現として好んで使用しています。
そんな鼻血ブーな4枚と4冊ばかり。


― Sleeping Workers ―-leche

Gregory And The Hawk 『Leche』

待望の3枚目。
Jen Woodでしか埋められない胸の穴を埋めるために
Joanna Newsome、Judee Sill、Julie Doiron、、、と
なぜか「J」がつく女性シンガーばかり聴き漁ってきましたが
天上に一番近いのはどうもこの人のギターと声のようです。
そしてJenとは別の埋めるべき穴が空いてしまったようです。

"Over and Over"の高いホーミーのようなバックボーカルで撃沈。
打って変わって、"Soulgazing"のぱっぱぱっぱぱーぱコーラスで昇天。
"Leaves"でリズムどころかメロディーにすらアダム・ピアース節が染み付いていることに気づき
嫉妬のあまり地上に戻ってくる。

年明けのライブが余りに楽しみで堪りません。
もしかしたらメレディス嬢に萌え悶えて(さらにはアダムに嫉妬して)帰ってくるだけかもしれん。


― Sleeping Workers ―-baby 81

Black Revel Motorcycle Club 『Baby 81』

夏の来日で既に鼻血ブーで、
その後に急いで聴いた最新作『Beat the Devil's Tattoo』でも鼻血ブーで、
その前作を聴いてみればはやり鼻血ブー。
友人によれば「ロック度が高いアルバム」とのこと。
・・・なるほどね!!


― Sleeping Workers ―-2_weeks_vacation

フジモトマサル 『二週間の休暇』

最近、マンガを読むのは
仕事のことを考えたり
仕事へのモチベーションを高めたり
仕事から逃避したり
とにかく自分が仕事人として云々、、のためなんですが
そしてこの日も仕事人として云々のために『大東京トイボックス』を買いに本屋へ行って
目的通り、2巻と3巻を買って、、ふと小説宝石で連載されている
長嶋有漫画化計画のことを思い出したわけです。
今月はフジモトマサル『寝たあとに』。

ページめくった瞬間に、鼻血ブーですよ。
いや、鼻血ブーというよりは、先のJen Woodに求めているようなピースがまた一つカチリとはまった感覚。
そのまま再度コミックスコーナーに回れ右。

穏やかなのに、不穏な感覚が拭えない三色刷りの世界での流れるゆっくりとした時間。
ニライカナイ。
鳥が人間と同じ言葉で会話をし、住居に住み、お茶を飲む。
不自然さに気づかないふりをするフィクションの読み手が頭の片隅に感じる不気味さと心地よさ。

ああ、これ、ますむらひろしが描いた猫たちに抱いた感覚とおんなじだ。


― Sleeping Workers ―-dynamo

avengers in sci-fi 『dynamo』

あれれ?パワー落ちてない?
鼻血出すの期待していたんだけど、、と一周目は心配になったんですが
二周目じっくり聴いていくならば、"Cydonia Twin"、、良い名前つけてるじゃないか。
シドニア(どうもサイドニアと呼ばせているみたいだけど、あえてシドニア)
名前だけじゃなくて。
やっぱヘッドホン、もしくは爆音じゃないと意味が無い。

あー、でもやっぱバランスとれ過ぎかも。
ライブで確かめます。

続く。