メモだ。

ポイント3倍の時以外で久々に音盤買ったメモ。

― Sleeping Workers ―-telepathic

L'altra 『TELEPATHIC』

"Big Air Kiss"でガツン。
タイトルトラックの"Telepathic"でガツン。
前作よりこれまたどぎついジャケなので、そこからして期待度が急上昇。
もしかして「蒼ざめたる馬」ですか?
こえー!!


― Sleeping Workers ―-ranbou
大谷能生と相対性理論 『乱暴と待機』

冨永昌敬の周辺はホント良い人が集まりますよね。
思い返してみたら『シャーリー・テンプル・ジャポン』のコメンタリーのトリプルタッグに
合わせて現在、日本最高の大衆バンドじゃないか。
しまった、この三連休に観に行くべきだった。


― Sleeping Workers ―-d.e.f

DJ BAKU HYBRID DHARMA BAND 『D.E.F』

誤解を招くことを恐れずに言ってしまえば、
「旬の音」
多分、もう半年もせずにこの「旬」は過ぎます。
KAIKOOのクラウドの中でclammbon(とBOSS)を待ちながら横目で聴いていた音は
思わずそっちに駆けつけたくなるほどかっこ良かったんですが
音源にすると、こうなるのかー。
かっこ良いのですが、悲しいかなこれが普遍の音とは思えない。
だけれども、あれだけのフェスを作りあげた人なので次作以降もcheck it。
#タワレコで付いてきた"Nada Break"のPVは信じられないくらいダサかったです。
#思わず心配になるダサさです。


― Sleeping Workers ―-devil's hands

ACO 『devil's hands』

待ちに待った新作。
importしてジャンル欄に「Pop」と出ると嬉しくなる。
安藤優子に惹かれるのと、この人に惹かれる理由は多分一緒。
ベタなポップが、ACOの手と声にかかるとベタじゃなくなる。
こういうマジックを「良い毒」と勝手に呼んでおります。
この人の日記が好きで(Jen Woodで検索しても上位に出るのが良い)
たまに読むのですが、良いです。
何か軽くなる。

AD

秋霜烈日犯人隠避

テーマ:
真実に近づかないことが罪なのか。
人の人生狂わせようとしたことが罪なのか。

ミクロな視点かもしれんが、どうしても後者の方が
異常なまでに恐ろしいとしか思えない。
AD