はじまりましたな。
栗山千明のデコの左が気になってしょうがないです。
AD

三連休は

暑かったですね。
今も暑いです。

あまりにやることがなくて、
昨日は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を観に行ってみました。
特に楽しくもなくあまり言いたいことが無い映画。くは。
すみません。出来の悪い『モーターサイクルダイアリーズ』ですか。
俳優たちはみんな凄みがあるんですが、誰一人として好きになれない希有な映画。
『私は猫ストーカー』でも思ったけど
宮崎将は、怪優になってきましたね。観ててこえーもん。

連続して『+1 vol.3』を観たら、これが大満足。
冨樫森、篠原哲雄、山川直人、って監督たちのネームバリューに惹かれたのは確かですが
短編オムニバスって良いですね。
気負いもなく、良い手品で騙される心地よさというか。
そんな中でも、↓これは一際というか次元が違うくらい素晴らしかった。ノックダウン。

― Sleeping Workers ―-tsuruzono
熊切和嘉 『鶴園家のめまい』

現時点でジム・ジャームッシュの100倍かっこいいと言ってもいいや、と思った。
こんな美しいモノクロームと鮮烈なラストのカラーを現代映画では『ユリイカ』以外に私は知りません。

思い返してみればこの映画と同じかっこよさを、僕は既に8年前に友人たちから思い知らされています。
"Petty"のことです。

あまりに暑いのと、そろそろ長嶋有の新作が読みたくてしょうがないのと色々あって

― Sleeping Workers ―-jaji

『ジャージの二人』のDVDを買ってしまった。
あー、もっぺん山行きたい。
AD
来週からしばらく勤務地が変わります。不安じゃ。

また見つけてしまった。
― Sleeping Workers ―-accidental tourist  ― Sleeping Workers ―-vent
Serph "Accidental Tourist"
Serph "vent"

http://www.myspace.com/serphinjapan
どうぞどうぞ聴いてみてください。
ジャケも良いね。

近頃さっぱりチェックしてなかったnobleから、こんな人が出ているなんて。
びっくりだよ!

昨日今日と研修で久々に朝のJRでしたが
20分ほどの間に本が読める読める。

なので、先日先輩にブクログを勧められ
「現実の本棚が溢れてるのにそんなんできませんよ」
と答えておきながら、やってみる。うらはら。
IDは敬愛するドイツの日本人から。

すんません、頂きました。

ドイツ代表よかったですね。

「敬愛」ってかっこいい言葉やな。
AD
仕事が転換期を迎えるので毎日が不安と焦燥でいっぱいです。
なんちゃってな。

フェス部を作ると宣言しておきながら
フジの3日目とサマソニ通しを買っておきながら
参加者自分一人の予感および確定。
誰かいませんか。
フジ3日目行きませんか。
サマソニ行きませんか。

相変わらず、THA BLUE HERB、blood red shoes、group_inou、Avengers in Sci-Fi、SCLLのローテ。
『_』の"HALF"がもの凄くメランコリックな名曲です。泣けるよ。

そういえば、Legend of POP in Japan:ヲザケンを観に帰福してもう2週間以上も経ってしまったのですが
まさかの小中高大を通して他人が敷居を跨いだことの無い家で
実弟がセクハラに遭うのを黙認することと引き換えに
Ron Zacapa Centenarioを飲み干すことに端を発し
やはりアル漬けになっているのは非常にまずいです。

あれからというもの"この夜だけは"と繰り返し繰り返し、どうかしてるよ。

あー、不安だ不安だ。