こっち

最近のことです。



11/14(sat)

■クリストファー考■

― Sleeping Workers ―-drop you vivid colours
Luminous Orange at O-Nest


初ルミナス。

は、あのミネアポリスのでっかいドラムセットプレイヤーと共に。

久しぶり。

相変わらず、全てを自分色に染め上げる太鼓で。


アコースティックなBattlesみたいなバンドでこの人の太鼓を観てみたいなあ、

なんて雑念たっぷりに聴いてた。



11/13(fri)

■篭る■

― Sleeping Workers ―-tochka

『TOCHKA』


最終日。

立ち見が出ているユーロスペースを初めて見た。

雰囲気も、音も、荒涼とした風景も、延々と続く標準語の独白も、すごく好きなんですが

ずっとこんな深くて闇いものに魅かれていていいのか。


パンフレットに監督(松村浩行)と批評家(鎌田哲哉)の往復書簡が載っているのですが

監督が自作について「あれはこういう意味、だったのではなかろうか」と応えていて、

自分でも分からないというそんなものなのかな、などと大変面白く読みました。

でも、手紙の中で語られる昨今のエーガ界の背景もよく分からず、

批評家に突っ込まれている監督の個人的な体験も、、、やっぱり個人的なもので、

大半は何を言ってるのかわかりませんでした。



11/18(水)

■こちら側■

― Sleeping Workers ―-4.48 psychosis
『4.48サイコシス』


作:Sarah Kane・演出:飴屋法水


今年は『転校生』に始まり、『4.48サイコシス』に終わる、のかも。

今年はまだありますね。


またも、ピアノの音に脳天から直撃を食らったのはともかく、

ホーメイ(ホーミーではないらしいです)

調べてみれば、AlayaVijanaの山川冬樹。

地の底から這い上がってくる、血の底から湧き上がってくる、ような音。


1人の精神病者の自死に至るまでの数多くの脈絡のある言葉、無い言葉が

老若男女国籍を問わない12人の演者の声によって紡ぎ出される。


ネタバレ(か?)ですが

舞台と客席が反転しており、客席に舞台が、舞台にパイプ椅子が、と

のっけから心臓を鷲掴みにされる演出です。

ある台詞の中で

「私は狂人ではない、病人なんだ。だからあっち側とこっち側の区別は、つく」

というものがあり

観客である自分が赤い溝を隔てたこっち側にいるのか、それともあっち側にいるのか

堂々巡りで考えることになりました。


もう解放してくれ、、、と叫びたくなる瞬間もあったのですが

その男(かサラ・ケイン自身)が赤い溝に足を踏み入れるその瞬間を

刮目して見届けなければならない、と、とにかくそう思いながら

自死を暗示するするそのシーンに至った時、

じわりじわりと境界線へ躙り寄る男を、

「それでも止めるべきではないのか?」


そんな考えが頭を過ぎりました。


AD
スーツなのでやっぱり汗だくでした。

― Sleeping Workers ―-jaga jazzist L

Jaga Jazzist Japan Tour 2009 at O-Nest

スーパー良かった。
グレイトフル良かった。
悶死。

「今年1番」って言葉は水物ね。
まったく尻が軽くてすみません。

「今年1番」の条件、3つくらい。
・気づいたら踊っている
・気づいたら手拍子している
・気づいたら叫んでいる

これらに加えて
・気づいたら目から汗
が揃ったら、フォーカード。
さすがにそれは滅多に無くて、最近だと去年のThe Arcade Fireくらいなものです。近いか。

本編ラストの"Oslo Skyline"が"トーキョー・スカイライン"になっていて
ニッサンめ!
"チューオー・フリーウェイ"か!

ウィル・オールダムみたいなヒゲもじゃドラマー(ラース兄)がとにかく叩く!叩く!叩く!
チューバの紅一点(ラース姉)の声は、何も通してないのにヴォコーダーか!
そしてラース!
テナー、クラリネット、ギターを目まぐるしく持ち替えてニッコニコ!
タオルで顔拭いて髪がボッサボサになったら「Pooka」のジャケそのまんま!
対照的に隣のユアン・マクレガーみたいなビブラフォンがニコリ(≠パズル)ともしない(笑)

ラースの吹く音が独特のかすれ具合で、うわー、CDと一緒だ!と何度も感動してました。
でも、この日一番鳥肌が立ったのはトランペットのロングトーン。
かっちょよかった。。。

$― Sleeping Workers ―-mit Tuba

瀬川深 『チューバはうたう』のクライマックス。

主人公のチューバ吹きが、
脱線しますが、この主人公が村上春樹『1Q84』のクールでタフな青豆さんよりクールで
西島大介『アトモスフィア』の「わたし」より遥かにホットで、かっこいいんですわ。

この主人公のチューバ吹きが、憧れのバンドのライブにて音の渦に巻き込まれていき、
終にはステージ上で「Tanz!(踊ろう!)」「Spiel!(吹いて!)」の声に応えチューバを受け取る。
一つの「音楽体験」を描いた名シーンだと、勝手に思っているのですが、、、

こんな体験してみてえ!
と常日頃思っていることを改めて実感したライブでありました。
来日してくれてありがとう。
AFTERHOURS(雑誌の方ね)ありがとう。
ノルウェー王国大使館ありがとう。

AD
■これまた■
― Sleeping Workers ―-jaga jazzist

少し迷ったてたけど、こんな極東まで遥々来てもらっておるのだから!
明後日のJaga Jazzist@O-Nest
チケとったど。

近頃、めっきりNestめいてる。
そしてナゼだか北欧めいている(だから寒いのも平気)

今日はEastでどんな音を鳴らしてたんだろう。
この写真を探すために「Jaga Jazzist」「来日」で検索してみたら

案の定、素晴らしかったみたいですね!
"Oslo Skyline"とか"Day ~ Another Day"とかチラッと見えて
セットリスト変わるらしいので、やっぱ気になるけど
少しも心配してないさ!

唯一心配なのは、そして楽しみなのは(笑)
あの狭いステージに9人(もしかして10人?)入るのか!?




■そういえば■
学生最後の年に、やけに長い名前のバンドを組みました。
本気でやる、というのが唯一のコンセプトで。
お披露目が即ち散会。

僕は一番下っ端で、そのくせ言いたいこと言いまくって
でも他の3人の兄さんたちも言いたいことは絶対溜め込まなかったので
とってもすっきりしていて、そのくせすっきりしすぎているから三歩進んで三歩下がるようなバンドでした。

我が家で結成キムチナベを囲んだ時に
ミヤモトさんがかけたのがJaga Jazzistの"Animal Chin"で
僕はにんまりしてLars Horntvethをかけました。
ミヤザキさんはCanをかけてました。
ジュンペイさんはTokyo No.1 Soul Setをかけてました。
ナベの湯気と煙草の煙と酔っ払った頭で靄がかかったような
あのアホみたいに楽しい時間は何だったんでしょう。


■首とったる■
今年のトータルネックは遊びに行けません、よよよ。


■ルームスがいい■
だからというわけではないのですが
来春はルームスでやるってのはどうでしょう?

先日、幼馴染の結婚式も終えて
その引き出物のカタログで頼んだ南部鉄の急須も無事届いたので
― Sleeping Workers ―-kyusu

そろそろ本腰入れて働きかけに入ろうかと思ってます。
AD