http://www.youtube.com/watch?v=p1SfFomVcoM


モーサム。

クール!

かなりクール!

Kooooooooooooooooooooooooooooooooool!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

AD

書き散らす

DVDドライブを修理しまして(だいぶ前に)CDをimportしても変なグリッチノイズが入らなくなりました。

おまけにCCCDもimport可能に。

先ごろ帰省した際にCDをいくつか持って帰りました。

良い曲は、まだまだあるある。


Acrobatic Tenement

最もかっこ良かったバンド(one of them)

「Relationship of Command」の1曲目から5曲目の流れは言うに及ばず、

このアルバムの8曲目"ticklish"のかっこ良さは半端ナイ。

オマー(多分)の東洋風フレーズ。

起伏付け過ぎのセドリック。

そして、鬼ハイハット。

もう、中毒です。


spartaも応援してます。


funeral

四つ打ちってのはコレだよ!

ライブの最終曲定番(らしい)、9曲目"Rebellion(Lies)"

ドラム、ベース、ピアノ、ギター、ボーカル、バイオリンのフレーズが重なっていくこの高揚感といったら。

心なしか後半になるにつれてBPMが疾走る、疾走る。


絶対ライブで聴きたい。

特にyoutube(便利ね)で

http://www.youtube.com/watch?v=-x0DnquTnC0&mode=related&search =

http://www.youtube.com/watch?v=D1E-cl3SPaU

こんな映像を観てしまったからには。


去年のサマソニのレポ(言わずもがな長野嬢の)を思い返す今。

メンバーが全員、ジャック・ホワイト(もしくはメグ・ホワイト)に見える。

踊り狂え、と。


mer de noms

またもyoutube(http://www.youtube.com/watch?v=23eZMdixAuk )にて熱再燃。

何度も言いますが、toolより断然a.p.c.です。

このPV観た時、私はsmashing pumpkins解散のショック直後で。


「あれ、長身のスキンヘッドが叫んでる...」

「お、女性ベーシスト...」

「そして雰囲気、もろゴス」


元気になったのを覚えています。

母ちゃんが「あんたの好きそうなバンド出てきたよ」と高校生のオレに声をかけてきたのも覚えています。

リードギターの名前、Billyだしね。


そんな思い入れたっぷり、a perfect circleの1st(Pazが参加してるのはこれだけらしいし)からは

6曲目"3 Libras"(PVはかなりエロいです、そして当たり前なんですが・・・チョイグロ)

グロくないライブ映像はhttp://www.youtube.com/watch?v=BxpmtaMakIg こちら。

メイナードはまだマトモな状態だと思います。

Pazのバイオリンの軋み(とでも言えばいいのか)と、クローズのリムがはまり過ぎるほどツボ。


私がアルペジオに執着する性質は、ここらへんから来てるのかもと思い直しました。

あと、placeboね。


「書き散らす」と書いたので、もうこの際思いの丈をブチまけます。

オレ、placebo大好き。

あのゴス感、最高。

idlewildも大好き。

あの不条理感(主に2ndの歌詞)、最高。

hoodも大好き。

「cold house」の最終曲"You're Worth The Whole World"はACOの「irony」最終曲"kitchen"からつなげて聴いて効果倍増。


ここに挙げた三バンドはONKAN(そしてafter)にて、一度も話題に出すことが無かったバンドです。

ウソ、松ちゃんと青木君とは少し話した気がする(多分placeboについて)


ストリングスについて。

the streetsの1stにはまっていたころ、"it's too late"という曲にて

ストリングスの起用が好きになれない、という友人(マコトなんだけどさ)と話して

「ああ、やっぱオレはゴス好きだわ」と再認識したことがあり。


cop and speeder

最もかっこ良かったバンド(one of them)

このアルバムは、ノイズ入ってても聴きまくっておったのですがこの度まともになって、いやー嬉しい。

heatmiserは全部!アルバムも。

敢えて挙げるなら、2曲目"Bastard John"です。

スネアの連打が一番かっこいい。

何においてもかっこいい。


これは哲学に近い。

AD

何でまた。

songs of instruments

sakerock、3分で完売だって。

だから売れすぎは良くないって!

行けなくなるやろ!


星野源はマクドだし。

http://www.mcdonalds.co.jp/sales/index.html#AncCmLibrary

こんなCM、sakerockの人気へのダメ押しやないか!

おそらく巷の掲示板では

「あのマクドのCMに出ている後輩役の人誰ですか?」

なんて書き込みがなされているのだろう。


レス「大人計画の星野源さんです。彼はSAKEROCKというバンドのギターでもあります」


レスレス「Sakerock、今まで知らなかったけど、スペースシャワーTVで初めて見ました。星野さんもかっこいいけど、ハマケンさんも面白くていいですね」←(語彙少ない)


なんてやり取りでsakerockの人気はうなぎ上り。

TV Brosでも星野源は取り上げられる(もしかしたらもう取り上げられてるかも)

ますます、チケットがとり難くなる。
ライブの帰りに偶然入った居酒屋でsakerockと遭遇できる確率は低くなっていく。


くそう。


お知らせ。

11月22日(オレじゃない誰かのバースデイ)にTracer AMC来るよ。

福岡に。

ROOMSに。


あれ、ちょい待ち。

ってことは、学祭遊びに行ってたらオレは25、26日の渋谷に行けないやん。

あれあれ、おかしいおかしい。

ちょっと考えよう。

AD

少し悩んでおりました。

要はテメーの頭で物事考えろ、観ろ、聴け、咀嚼しろ、発信しろ、受け止めろ。

責任を持て。


が出来てない。

いかんいかん。

いかんなあ。


そんな感じで落ち込み気味だったんですが、

「インデペンデントであること」の最たるバンド、ロレッタセコハン。


再始動。

HPリニューアル。

東京でライブ。

新譜レコーディング。


凄く上向きな気分になってきた。