再燃焼

catch

小谷美紗子「catch」


この人の声も、私の4年間を思い返させてくれるには十分過ぎるのですが

http://www.odanimisako.com/catch/

"Who"のビデオで観れることのできる玉田豊夢(100s)のドラムが

その熱をさらに煽ります。


ta-taの"ひこうき雲"のかっこよさは抜群でしたね。


先日のSAKEROCKのライブでは小谷美紗子1人だけ、しかも2曲のみのステージでしたが

(実は二階堂和美のように飛び入り参加があるのでは、と期待していた人は私だけでは無いはず)

まさか本当に、本当の「前座」とは。

素晴らしいステージングでしたが、あれだけで満足できるはずもなく。

そういえば横にいた少し背の高い女性がニカさんに似ていた気もしますが、

来ててもおかしくはないですな。


この人たちもRSR参戦らしいですよ。全く。。。

オレは早く福岡に帰りたいんだっつーの。

その前までに、いい加減近くでスタジオ見つけて自主練しときます。

大工(の卵)と経済学者(の卵)とSE(の卵)のバンドですか。

悪くないじゃないですか。

odani trio

AD

Lotus Guitar

lotus guitar

Rock。


「ロック」というRockを聴いてないような私ですが

そもそも何がロックなのかは、まだよく分からないのです。


the white stripesやthe storokesを好きになるには時間がかかりました。


ロックロックロックロック                ロックロックロック

ロック       ロック                ロッ      ッロ

ロック       ロック               ック       クッ

ロック       ロック                       ック

ロック       ロック    ロ  ク  ロ           クロ

ロック       ロック     ッ  ッ             ロッ

ロックロックロックロック      ク             ロック



ゲシュタルト崩壊を起こしそうな「ロ」と「ッ」と「ク」です。


今日は「黒沢清による絶対に成熟しないKUROSAWA映画まつり」@シネマヴェーラ渋谷で

『ニンゲン合格』を観てきました。

実は19時半から黒沢監督と西島秀俊のトークショーがあったのですが

後ろ髪を鷲掴みに引かれつつ(もしかすると麻生久美子が来てもおかしくない状況ではありました)

新宿のタワレコへ行きました。

インストアライブを行うLotus GuitarとはASHというギタリストとクラムボン伊藤大助のバンドです。


到着したらライブは既に終わっていました。


イベントの券は持っているもののライブは観れず。


それでもサインと握手はしてもらって

そんな自分が情けないやら、悔しいやら、もったいないやら、

二人の顔を直視できず、ごめんなさい、と心で謝り逃げるように上の階へ行きました。


first trip

1stアルバム『first trip』


二人なのにとても音が分厚い。

アコギなのにバキバキ。

声は日本人離れしてるハズなのに、個人的には曽我部さんのような郷愁も感じつつ。

曲によっては単純にドラム&ギターというわけでもないんですが(だからこそライブが観たかった、、、)

大助さんのドラムだからこそ、聴くキッカケにはなりましたが

クラムボン云々抜きにしてかっこいいと思います。


冒頭、「ロック」らしいRockを聴いていない(というか敬遠しがち)な私と言いましたが

そんな私が「聴かないと損するよ」と言わんばかりにオススメします。

特にゆうちゃんにオススメします。

そしてみなさんにオススメします。

AD

本気で

RSRに行こうかどうか迷ってる。


Rock In Japanのメンツはあんまり馴染みないからなぁ。。。


とりあえず、フェスに、行きたい。


でも北海道行くと金は飛ぶし、何より福岡に帰れるかどうかが、、、


あーーーーうだうだ考えんのやだやだ。

AD

Blue Monday

今日に限ってはそんなことはなく。(違った意味で青一色になるところもあるのかな)


本日10時からウチのシステムを入れているセンタを見学に行ったのです。

横浜9時出社<<<千葉10時集合。

いつもより90分の惰眠を貪ることができました。


最高じゃー


さて、W杯が始まりましたが、すでに気分は夏フェス。

どこのフェスに行こうかなー、と妄想の中で迷っているうちに

フジの2日目スデに売り切れ。


先週のSAKEROCKですが

ホント何でしょうか、この躍進ぶりは。

メンバー全員、色んなことやってるみたいだし。

交流のハバもタイランドからアフリカと、えらくグローバルめいてきてるし。


フジの初日行けないの見越して、来月23日の『SOUL JERK』ってイベントのチケ買っちゃいました。

YOUR SONG IS GOODとか曽我部恵一バンドも観て来ます。

雨天決行というのが、嫌な予感がしますがまあいーや。


肝心のライブですが、

SAKEROCKも久々のライブだったらしく


「みんなー、ひさしぶりー!!」と

手をふるハマケン。

何てキモかわいいんだ。

しかも衣装が工事現場のおっさん。


"Old Old York"のブレイク。

ひたすらメガネ男子について語る三人の婦女子を演じ分けるハマケン。

ラストは「死にさらせ!!」とamazonにて購入した『メガネ男子』を客席に投げ捨てる。

megane danshi

とここまで


前半戦を寮のロビー、30人くらいでドンチャンしながら見てたんですが


最悪の展開ですね。

三都主。。。最悪。

そんでもって、あんなゴール見たことねーよ。。。


じゃ、とりあえず後半戦観てきます。

先日、数年ぶりにカゼをひいてしまい、

(ポカリ1ℓ×厚着就寝=発汗)治療を施し

翌朝はまた会社だ、イエーイ。


コレ昨日(もしくは今朝)の話なので、イエーイじゃなくて、

今日も早く寝ます。なので


月曜のSAKEROCKのライブの話とかはまとめて週末に。

相も変わらず号泣ソング「信濃街」(i pod再生回数第1位)は演ってくれませんでしたが

新曲「近く」が新たな号泣ソングになる予感。


それと、

monoが

エゾロック参戦だって。


マジで行きてえ。