改めて、「Mr Beast」。

mr beast


ええ、何と言いましょうか、濃い。

そしてお気に入りは前作と同じく④曲目(ちなみに前作では"killing all the flies"でした)


巷では、原点回帰、ここ数作では鳴りを潜めていた轟音ギター、そして(いつも通りの)最高傑作、

伝家の宝刀である静寂~轟音を封印しうんたらかんたら。


アラン・マッギーが帯に「マスター・ピース!」などとコメント書いてますが、

フタを開けてみれば、

あんたマネージャーやんけ。


と、いつものように自分の好きなものには殊更に慎重になるアタクシですが

良いですよ。

当たり前です。


タイトルの「Mr Beast」ですが、

獣性という言葉が野生の動物における凶暴性という解釈で、それをモグワイの轟音に結びつけるのならば

それはマチガイだと思います。

そもそも本能というのは危険に対しては回避、飢餓に対しては行動、

集団に対しては迎合若しくは支配、満腹に対しては静止、

というような「理由が存在する」プログラムの性質があると思うのです。

では、人間の中の獣性とは何か。

これは本能を理性の下位と見做す、すなわち人間を自然界における最高位と位置づけている

言ってしまえば人間の自信と傲慢に裏打ちされた言葉じゃないでしょうか。

そして、理性では抑えられない人間の「理由の無い」暴力、凶暴。

これらに対して理性至上主義は「本能」「獣性」という言葉をもって説明をつけようとしてるワケで。

人間の中で引き起こっていることなんだから、その他の動物は関係ないのに。


で、モグワイの話に戻りまして

今回の「Mr Beast」、上の名前の論理(と呼べるのか?)に従えば

「Ten Rapid」「Young Team」の対極にあると思います。

原点回帰なんて言葉はウソです。

獣性がプログラムと言いましたが、その通りで計算しつくされた音作りです。

初期衝動、という言葉は最もロジカルではない表現ですが

最初期の2枚が初期衝動、論理的に説明がつけられない人間が持つ凶暴。

今最新作が獣性、つまりプログラムに従った本能。


こんな感じ。

アルバム全曲が3分から5分に抑えられていることがこんな印象を引き起こしました。


と、ここまで喋っといてareですが

付録のレコーディング風景を撮影したDVDの中でメンバー全員が


「俺らの曲名に意味なんてないよ」

「"2 rights make 1 wrong"もね」


いやん。


ますますそのガテン系の風貌に磨きをかけて、見事に文系頭デッカチ君を粉砕してくれました。ははは。


今日チクに来月12日のライブを

「結局、自己マンやろ?」と一蹴されてしまいましたが


そのとおり。

アタシはただのイチ音楽ファンなんです。

できるだけ早く、516に提供したいものです。

曲の3分から5分、という時間の括りって個人的にこの1年間で拘っているところで。

静→動に傾倒しない盛り上がりに拘っているところも同じく。

なんて書いているとモグワイフォロワー丸出しな感がしますが、

違います、僕個人はあくまでスリントフォロワーのつもりです。

AD

もぐわい。

mr beast


ほら、areですよ、「Government Comission」の最初のJohn Peelみたいな感じ。

ふふ、ここまで引っ張っといてareですけどね、


まだ買ってないです。


さて、めんどくさいんですけどね、思い出すの。

卒業できそうですよ、たぶんね。

以下、自分に自信が無い、というより世の不条理に身を晒し確定したこと二つです。


「人生、最後は運」

「あとは自分で何とかしろ」


荒川静香さん、おめでとう。

誕生日が同じです。

そんだけで妙な親近感が湧くのだから人間って幸せですな。


話が逸れました。

何が教授の逆鱗に触れたのか、未だによく分からないが(いっぱいありすぎて分からない、とも)


「貴様(ら)を卒業させん」


と宣告されたのが丁度一週間前。


そんで、すったもんだ(学生掛が成績データの処理ミスったりね)あった後、今に至るわけですよ。


~~~~続く (その気があれば)


あんまバカなこと書いてると、人生うまくいかんヨ。

この文脈だと紛らわしいけど

卒業できます。

単位計算にマチガイ無ければ。

そして教授の強権発動(狂権?)が無ければ。


「可」を「不可」にするというのは「不利益変更禁止の原則」に抵触すると思いますよ。

AD

壮絶な「2日間」を経て今を生きております。

と、書いておいてその「2日間」に触れずに普段の日記に進むのはいかがなものかとも思いますが、

今は詳しく書けない、しかしながら思い起こさずにはおれない、というこの心境を汲んでいただきたい。


mew

mewです。

一刻も早くこのバンドのことが書きたくて、ワケ分からん前書きが必要になりました。


1stが出たときに試聴したこともありますが、それきりで2edが出たことも知りませんでした。

16日早朝(「2日間」のはじまりです)前夜にpod野郎によって手に入れた曲を確認しておりました。

「あ、そういえばmewも一応もらってたんだ」と思い出し、寝ているY-jiroとM-kotoを横目にヘッドホン装着。


・・・あれ?何か懐かしいぞ・・・

・・・この心身にシックリくる感じは何だ?

・・・スマパン?

・・・マイブラ?

・・・スマパンmeetsマイブラ?

・・・あれ?この声聴いたことあるぞ・・・

・・・スティーナ・ノルデンスタム?

・・・え?これってまさか、J?


そんなことを考えてましたが、先ほど日本版オフィシャル・ページを見たらシッカリ書いてありました。

「~My Bloody Valentine、そして、Smashing Punpkinsその二つのバンドが持っていた表現性に加え、万人をとらえて離さない、メロディーセンス~」


ははは、こんなバンドいたら向かうところ敵無しやないですか。てかいるわけないし。


って・・・いたよ。


そしてオフィシャル・ページhttp://www.mewsite.com

これは、これは、まさしくスマパン、シガー・ロス並みのゴシックぶり。

特にPV、素晴らしく良いです。

さすがに"Why Are You Looking Grave?"はJバージョンではありませんでしたが。

上に挙げたバンドが好きなら、絶対必見ですよ。

スマパン、シガー・ロスといえばVoが中性的ですが、このmewも勝るとも劣らない美しさです。


デンマーク出身らしいです。

The Low Frequency in Stereoといい、diefenbachといい、良いバンドがいるもんですなー。


そしてまさか、この素晴らしいバンドの発見の後、あんなコトになるなんて思いもしませんでした。

AD

"stayin' alive"

テーマ:

のPVをひたすらリピートリピートリピートリピートリピートしながら


stainalive


絵とか描いてみたり、写真をごちゃごちゃしたりしてっけど

さっぱし進まなねーyo!


今日中に仕上げます、ハイハイハイハイ、

すんませんね、仕事遅くて。

卒業がかかっております。

内定ランプが点灯中です。

やばい。

マジでやばい。

やるだけのこた全てやりました。


『試験が不可だったときの救済措置ってありますか?』


とメールも先生に送りました。

返事はまだです。


もういやじゃ。。。


samaria2

「サマリア」http://www.samaria.jp/


凄まじくローテンションで家路につきました。

BGMはmonoです。

ようやく待望の4th「you are there」も3月15日にお目見えです。

冒頭を飾る"The flames beyond the cold mountain"、何と丸々ダウンロードできるし。


i podを使い始めて10分を超える曲は滅多に聴かなくなりましたが

「Palmless Prayer / Mass Murder Refrain」は聴きますね。

特に"track 3"。


「閉じるノイズ」
というイメージでこの曲を聴きます。

どーいうことかというと、

轟音ギターバンドのステージではバンドの動きがスローモーションに見えるくらいの

照明のフラッシュを焚く演出がよく見られるんですが、

これを「開いたノイズ」と呼ぶならば

その逆を想起させるんですよ。


ライブで"track 3"を聴くなら、

最高潮の盛り上がりになる8分過ぎにスッと照明を消して頂きたいなあ、と。

でもって、ピアノの音の部分だけ瞬間的にライトを当てて。

終盤にはまたじわーっと明かりを強めていって欲しいです。


mono 4

相変わらずいい写真撮りますね、この人たちは。

渋い。http://www.age.fm/~sound/mono/j_index.html


samaria

再び「サマリア」。


大好きです。

この映画。

インタビューを読むとキム・ギドクって凄く饒舌な印象を受けますが、

その対極を行く作品の静謐さ。


韓国の北野武と評されているのを目にしますが

観始めて最初に浮かんだ言葉は


「ジブリ」


もちろんR指定のジブリなんて存在しませんけど。

でも「ジブリ」って言葉は最後まで付き纏いました。何ででしょう。


話は三部構成で、

1章「バスミルダ」(少女チェヨン)

2章「サマリア」(少女ヨジン)

3章「ソナタ」(ヨジンの父ヨンギ)

と。


「悪い男」の時もそうだったけど、感想が言葉にできません。

自分の好きなもの、満足したものほど伝えられないのはレビューとして致命的ですね。


日本人役者で演じるなら誰かな、くらいしか。。。

どうしても「花とアリス」のイメージもあるので

蒼井優が頭に浮かびます。

父親は香川照之・・・かな。


秋の色彩が、枯れているというよりは寧ろ猥雑なまでに明るくて

ソウルの町並みより頭が痛かったです。


限界かな、、、観てください。

是非。