この一年も毎年の如く色々ありましたが

みなさん、大変お世話になりました。

ありがとうございます。

そして来年からも

遠慮なく、みなさんに大変お世話になる所存です。


最近頓に指摘されている通り、私的なことを極力排除して

この日記が「日記」、と呼べるシロモノなのか甚だ疑問ですが。

ともかく、昨日はケン君に会えて、とても嬉しかったワケでさ。


今年の締めくくりを

angelic

SPANK HAPPY "Angelic"としようかと思っていたところに


素晴らしい一枚が手元にやってきました。

wondering yeah!

黒沢健一 "wondering"


最後までマコトにはやられっぱなしです。


それでは私は行ってきます(バイトに)。

どうぞ良いお年を。

Happy Holidays!

AD

身近なこと

何かと言うと

友達から返してもらった1万6千円。

6千円が3枚とも2000円札。


先日ローソンATMで5千円下ろしたら

2000円札2枚含んで出てきました。


ATMの横には

「このATMは2000円札優先機です」

とな。


現在、伊坂幸太郎「魔王」を読んでます。

maou

まだ、読了してないですが。

ちなみに1300円ちょうどでした。

1000円のお釣りを、店員さんも俺も

「アレ?」という顔で、渡して受け取る。


blackband

39の「静電気防止」という件(クダリ)に感化されて

ホワイトバンドならぬブラックバンド。

を引っ張り出して来る。

フジでTシャツ買ったら付いてきました。


で肝心の「防止効果」ですが

セーター脱ぐ時のバチバチ、とした音が少なくなった気がするんだけど。

多分「ある」で。

AD

そういうことに決めて

一日を潰すワケさ。

一昨日の話。

体重、体脂肪、翌日の体調、「ああ、今日もしっかり生きたー」感覚、そしてサイフの中身

全部無視して

ドカドカとコンビニで買い込んだ弁当、ジャンクフード、アルコール。

これらを手元に

マンガ(もちろん464で)、ビデオ、DVDを貪るように

摂取。


マンガ:

「冒険王ビィト」

boukenou

「ダイの大冒険」ですな。まるっきり。

こういうジャンプのノリ、読んでて全く脳みそ使ってねー(俺が)、すげえ楽。

見開き多し、大ゴマ多し。


「BLEACH」

bleach

上に同じ。

ただしこちらは変なポエムも楽しめます。


「行け!稲中卓球部」

説明も表紙も不要でしょう。

実は読んだこと無かったです。

そしてまだ1巻しか読んでないけど、続きは暇な時にでもこれから。


「NANA」

nana

あえて表紙を出しますが

これってそんなに面白いですか??

まだ3巻ですが、続きを読むかは未定デス。


「おおきく振りかぶって」

ookikufurikabutte

これは面白い。

野球マンガとしても、ギャグとしても「ペナントレース やまだたいちの奇蹟」くらい面白い。

これは金出して読んでもいい。

絵柄はあまり好きではないんですが、気にしなければ問題無いと。


映画:

「贅沢な骨」

zeitakunahone

あのですね、

麻生久美子とつぐみが観れて、すごく嬉しいですよ。

「青い車」の時と同じでね。


でもね

あんまし

面白くなかった。


これ本腰入れて観るなら、今TNCでやってる「MUSA/武士」観る方が

何ぼか楽しめますよ。

「MUSA」に関しては以前ぐだぐだと書いたので、割愛。


将来、「麻生コレクション」でも買う余裕が出れば

真っ先に買いますが。

惜しむらくはこの作品ではつぐみの方が、

(色んなイミで)良かったんですよ。


「茄子 アンダルシアの夏」

nasu

いやあ、あんまし期待してなかったんですけど

これはイイ!

47分って時間かけて映画にしたらどうなるのか?ダレないか?逆に詰め込みすぎじゃないか?

と心配しておりました。


黒田硫黄に関しては語ってもキリが無いので

原作との比較を一点だけ。


nasu scean1

「兄貴のためにアタックか?」

「いや あいつはそんな事しないよ」

「しないよねえ」

「しない」


もっとも好きなシーンでしてココがどうなってるか、が一番気になってたんですが

問題なし!

そして凄いなあ、と思ったのは原作知ってるのに

映画観てて、全く目を画面から離せなかったことです。

凄く面白い映画でも、時計が気になる、ビデオのカウンターが気になってしまうことは

間々あるんですが

これはそれすら無かった。


いい作品です。


映画ではないですが:

「サムライチャンプルー」

samurai champloo

面白いアニメーション続きで幸せです。

カウボーイビバップの監督で、音楽がnujabesなら当たり前ですが。

オープニングからしてshing02ですよ。

まだ最初なので感想はこのくらい。


てか、ジャンクと決めたらレビューもこんなにジャンクでどうにも。

本日(27日)はジャンクには過ごしませんでした。

AD

7000円出して

ケータイを買いました。

ナベとアルコールが最近の栄養源でした。

現在、516に焼いて貰った自分たちの1ヶ月前の学祭の音源を聴いています。


本当に凄いのは青木君が担当してくれたPA(public address)。

よくもまあ、ここまで綺麗に音を出してくれました。

今、客観的に聴ける機会を得て、彼に感謝感激感動デス。


自分がもっと精進するだけです。

とにかくヘタ。

感情に流されすぎてる。

やっぱ屋台骨はゆるぎないものでなければいかんです。

サケを大量に摂取した次の日は。

水分足りない。

ただ今、とてもどうでもいいことで迷っております。

mixiにゼミの友達から誘われ、バイトの友達から誘われ、


あんまし、やりたくないんだよ。


しかしながら、sunny day real estateなどの情報が欲しい、ということもありつつ

情報を手に入れるにはソレ相応の対価も必要ということですな。

とはいえ、今んトコやる気は無い。


さて、発表のレジュメなどを作らなければならないところですがね。

先日の音会の話が、やはり先延ばしできないところですね。


記憶がほとんど、不確実なもので

覚えていることは


↓①乗車拒否されたタクシーの運ちゃんに悪態を吐く

↓②一年生の女の子たちに、何かを、一所懸命に説明する

↓③飲み屋に着くなり、持っていた缶ビールを「処分しといて」と店員さんに渡す

↓④困ったらやっぱりDJ Shadowの"high noon"をかける

↓⑤順番無視してoasisの"supersonic"をかける

↓⑥踊らない一年生の男たちに怒ったフリをする

↓⑦ワインを空ける


振り返ってみてやっぱ一番酷いのは③ですね。


今から勝手に宣言しておきます。

次回、DJやる機会がもしあれば


「会話の邪魔にならない音楽を」

「一人で」

「絡まず」

「"high noon"はかけない」

「お酒はホドホドに」


これらを守っていきたいです。

で、楽しい会話を楽しく楽しむ。

コレ!


kings of convenienceとか、teenage fanclubとか、竹村延和とか、willy masonとか、cat powerとか


そんな感じで。


続く。