1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-08-31 20:00:00

ありがとうございます: 曲できた :ありがとうございます

テーマ:音楽

アボカド

こんにちは。複雑系自営業者のコンプレクソロジストです。ごきげんいかが?





皆様から温かい励ましを沢山頂き、なんとか録音を完了することができました。




もしお時間が許す方は是非聞いてやって下さい。


(`Θ´)(`Θ´)(`Θ´)(`Θ´)(`Θ´)←みんなでお願い




本当はギターを弾いて録音したかったのですが、先日包丁で指を怪我していてばり痛いので今回はやめておきました。




ちなみに本日はあまり多くを語るまいと思っています。


ギターの件以外でも本当は言いわけとかしたいけど・・・そこは男らしくぐっと堪えて(笑




それにしても・・・・かなり・・・・


((((;`Θ´)))ガクガクガクブルブルブル




ナプキンの記事に匹敵するレベルです。


ああ・・こんなことになるなら以前音楽で食ってたとか言うんじゃなかった・・(笑






とりあえず曲を聴いて頂く前に「前座のシャベリ」を用意しました(笑


こちら をお聞き下さい。













そんで、次にすかさず曲をお聴き下さい。


こちら






最後に、歌詞を掲載して終わりにいたします。


応援して下さった皆さん、まじで本当にありがとうございます。


(`Θ´)






アボカド


作詞・作曲・歌/ complexologist




些末なことは さておいて

飛行機雲を 探そう

となりの人はいつも ポニーテール


やるべきことを 片づけて

四角い窓を 見下ろせば

異国の人の波と ノスタルジア

あこがれの楽園と



メキシコの 甘い思い出に漂って


明日はもう 旅立つ用意をして




お茶の香りで 目覚めたら

白いソファーに くつろいで

となりの人は今日も 鏡の奥

年上のナルシスト



スコールの夢に 心をときめかせて


おろしたてた ベージュの靴を履いて

AD
いいね!した人  |  コメント(74)  |  リブログ(0)
2005-08-30 11:15:00

8月中のコミットメントとご報告

テーマ:音楽

ギターマイク

こんにちは。複雑系自営業者のコンプレクソロジストです。ごきげんいかが?



前々から申し上げていたとおり、私はこのブログで自分が作った音楽を公開したいと思っています。



素人の遊びに過ぎませんが、皆さんに聞いて頂けると思うと本当にワクワクします。


自分で設定した期限が今月一杯、つまり明日まで(笑



現在の状況はあまり芳しくありませんが、「間に合わないことはない」という微妙な感じ・・・


この鉄火場の感覚・・・とても懐かしいです。




音楽の仕事をしていたときは本当に徹夜続きで、当時付き合っていた女性ともとてもうまくいかない日々が続きました(笑


夜中作業していると、隣で仕事をしていた人が突然床に寝ころんで仮眠を取ることがあります。



当時私たちはこの現象を「電源が切れる」と呼んでいましたが、もちろん私も何度もこの状態に陥りました。




プログラマという仕事も徹夜が多いという印象がありますが、私の経験上コンピュータの仕事は1週間徹夜が続くことなんていうのはそうありません。

現場にもよるでしょうが・・・ゲームのプログラマは過酷だそうです。



音楽の仕事は私が無能だったこともありますが、そうじゃない人もわりと当たり前のように1週間家に帰らないことが多かったように思います。




それと、コンピュータ業界には「怒鳴るやつ」はあんまりいません。


だけど音楽業界には沢山います(笑



(`Θ´) コワイヨ








とにかく明日の記事で歌をアップする予定なのですが、もしかするといつものように昼時に間に合わない場合もあろうかと思います。


だけど明日の23:59までにどうにかして記事をアップします。コミットメント!!(`Θ´)




というわけで今日はご報告のみの記事とさせていただきます。



でも、それだけだとやっぱアレなんで、ちょっと思いついていることをメモしておきたいと思います。
















































妊婦バンド


メンバー全員が妊娠6ヶ月を超えているという3ヶ月期間限定バンド。


一人でも出産したら解散。






自分語


ゼロの状態からたった一人だけで言語を作り出すこと。


文字や発音、文法もすべて自由。当然ながら誰にも通じない。






親指ブログ


親指にマジックで顔を描いて、その写真を毎日掲載するブログ。


「親指ウォーズ」とかのブログ版。ていうかパクリ。


しかし、あくまでもブロガーの顔写真として取り扱い、親指であることを誰にも気づかれてはならない







なんだ・・この記事は・・(笑

AD
いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)
2005-08-29 10:45:00

歌詞が聞こえてこない男

テーマ:音楽

チキンカレー

こんにちは。複雑系自営業者のコンプレクソロジストです。ごきげんいかが?



写真は昨日の晩ご飯、チキンカレーです。


前回作った時に宣言していたとおり、今回は肉にスパイスをワサワサぶっかけてしばらく放置してみました。


そしていつものように丸1日煮込んで


(`Θ´) イタダキマース

(‘Θ‘) イタダキマース



やらないよりはずっとウマイです!!


ただちょっとだけ焦がしてしまったのが悔やまれます・・・





さて、本日は歌詞の話をさせていただきます。




私は音楽が非常に好きではありますが、ちょっとした問題・・というか。


実は歌を聴いていて、ほとんど歌詞が理解できないんです。



なに言ってんのかわからないミュージシャンはもちろんのこと、わりとはっきりと発音してくれている歌手であっても、私は歌詞を言葉として理解するのがとっても苦手です。




ところが歌を覚えるのは非常に早いんですよね。


小さいころからアニメのテーマソングは3回聴けば覚えてしまうという天才ぶりを発揮していました(笑



でも、それでもやっぱり歌詞を言葉としてとらえるというのは苦手・・・というかほとんど出来ません。

歌の意味が分からないんです。


つまり、歌詞とメロディーをひっくるめて「音としてのみ」捉えている・・・自分ではそういう性質を持っていると理解しています。




そのため、ノリノリで歌っているのが非常に悲劇的な歌だったりとか・・・



その歌が何を表現しようとしているのかってことをかなりスルーしているのです(笑




数年前、私は友達の結婚式のためにを一曲作りました。


この曲を披露宴で歌ったあとに式場の方から声をかけられたんです。早い話、用意していた企画が全部終わってシャクが余ったからもう一曲なんか歌ってくれっていう話・・・。



私は人前で歌うの大好きだからまぁいいんですけど、その式場の方が持ってきたカラオケブックがとても貧弱なんですよね。


20年前のスナックに置いてあるくらいのレベルで、私にはほとんど選択の余地がない(笑



しかも式場の方、急いでます(笑



「なんでもいいですから」


「な・・なんでもいいって・・・でも私この本の歌手あんまり知らないですよ・・・あ、郷ひろみ


「じゃあ、郷ひろみで」


「じゃあって・・・哀愁のカサブランカ別れの曲ですよね」


「大丈夫です、大丈夫ですって」



大丈夫か?(`Θ´)



それでは、本当に大丈夫か検証するために哀愁のカサブランカのサビをご覧下さい。



風吹く胸が さがしてる


君のため息 ぬくもり


Please come back to me


もう二度と


あんなに誰かを 愛せない




これ・・・ばり不適切じゃない?(笑


1ミリも大丈夫じゃないと思うとです。




歌詞が聞こえてこないという特質を持った私も、さすがにタイトルに「哀愁」とか入れられるとだいたい分かります。

そして私の音域と近いこともあって郷ひろみの曲はどれも大好きですが、これを結婚式で歌うのをはばかるくらいの分別は持っているのです。



ためらう私・・そして勝手に曲を登録する式場の従業員・・・



ということで熱唱しました(`Θ´)


やるときゃやります。私は開き直るとだいたいのことが出来ます。








ところで私はすごく幼い時から歌が大好きでした。


実家のパーマ屋でレコードをかけて営業時間中に熱唱するという、ほとんど営業妨害的なことを3才のころからやっていたそうです。

わたしはこのことを全く記憶していませんが、未だに古いお客様からその話を持ち出されたりします(笑



い・・いつまで言われるんだ・・・もう四半世紀たっとるよ・・・


とにかく、近所ではわりと有名な変なガキだったようです。





私は全く記憶にありませんが、これまた結婚式にまつわるエピソードをもう一つご紹介いたします。



私の従兄弟の結婚式でのこと、私の両親は選択を誤って三歳の私を披露宴に連れて行ってしまいました



言うまでもなく、結婚式には必ずマイクが存在しています。


それを見た私は強烈にダダをこねたんですね。



歌いたい!!歌いたい!!歌いたい!!(`Θ´)



今みたいにカラオケがどこにでもある時代ではありません。私はおそらく本物のマイクを見たことも触ったこともなかったのだと思います。


憧れのアレが、そこにある。




そして結果的に私は一曲歌わせてもらうことになりました。披露宴で・・・


まぁ我ながら根性が据わっています。たいしたものです。




その時に私が選択した曲は・・・

















































銃爪(ひきがね)


世良政則&ツイスト



Am Em

あいそづかしの言葉が 


Am Em

ダメなあんたに 似合いサと


F G Am

いつもおまえは笑うのさ


Am Em Am Em

男の心の裏側に つばを吐きかけなじる


F G Am

そんなことのできる女(ヤツ)


Dm Am

まるで 素肌をさらしといて


Dm Am

思い出一つものこせない


F G Am F G E

悲しい女になっちまったよ





イトコの兄ちゃん・・・


まじでごめん _| ̄|○




もちろん当時の私はこの歌の意味なんて一つも理解していないのでしょうが、もうちょっと無難な曲を選んでほしかった。




歌詞の意味が分からないという私の問題は、今始まったことではないようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)
2005-08-28 11:15:00

リスクとリターンと用心深さ

テーマ:知の創造

エビチリ

こんにちは。複雑系自営業者のコンプレクソロジストです。ごきげんいかが?


写真は晩ご飯のエビチリ


昨日は料理をしていて、かなり久々に指を切りました


私はあんまり包丁が得意じゃありませんが、それでも生来の用心深さから怪我をすることはそんなにありません。



ところが昨日は人差し指のツメが3ミリ四方くらい完全に剥がれてしまうほど豪快にヤってしまいました・・



もしツメがなかったら完全に救急車呼ぶ程度の怪我になっていたと思います。


ああ・・・気をつけないとなぁ。


ありがとう・・・ツメ (`Θ´)




怪我をしたくせにこれから「用心深さ」について書こうとしている私。


この矛盾っぷりが複雑系です。




私は時としてダイナミックな行動を取る場合もある人間ですが、特に物理的な危険が伴う行動なるべくなるべく避ける性質を持っています。


長距離運転海水浴など、生命の危険に直結するレジャーはかなり気が進まなかったり、行ったとしても相当臆病だったり。

横断歩道を渡るときは小学生レベルの左右確認を行ったり、とにかく物理的に痛いのやら苦しいのが恐いんです



おかげさまで私はこれまで事故にあったことがなく、入院をしたこともありません。




これは用心深いということと関係あるかどうか分かりませんが、大きな病気も経験がない。



病院に行ったのがどのくらい前なのかはっきりと記憶にないのですが、少なくともブログをはじめた去年の12月から一度も病気していないんですよね。風邪さえひいていない・・・(`Θ´)←バカ?



ただ一方で人がとっても楽しんでいる様子を見るとうらやましさを感じることも事実です。


リスクを取って、それに相応しいリターンを得ている・・・勝手にそんな風に分析する引きこもり(笑




私のような生き方は、平らかで穏やかで流れるような人生だと思います。


しかしその分大きな波が来ることはありません。


だから、サーフボードに乗っていてもおもしろくもなんともない。



波に乗りたい!!そう思ったら危険な海に出て行くしかありません。


つまり人生を面白くしようとするとリスクを取る必要があると思うんです。




これは善し悪しの話ではなくて、どちらを選択するかという話であろうと思います。


どっちも長所と短所があるでしょう。



私の友人は小学生のときにバイクにはねられて怪我をしました。


事故現場には横断歩道がなく、つまりそいつはいきなりなにもない車道を渡ろうとしたわけですが、事故の数週間後にはその場所に横断歩道と信号機が設置されたのだそうです



今でもその道を通るたびに


「おいおい、おまえら見ろ!この信号俺が作ったんばい!」


と自慢げに言います。


「おまえそれ何回も聞いたちゃ知っとるちゃ」




この友人はこの事故だけではなく、これまで何度も何度も交通事故にあっています。



彼曰く、トラックに足をふまれたら人間は吹き飛ぶらしい(笑


「足踏まれたら足が痛いだけやと思うやろ!!違うんぞ、ふっとぶんやけん!」



目を輝かせて語る彼の姿に先駆者のオーラをかいま見ることが出来ます。




彼が何度も事故にあっている原因は明確だと思います。


それはやっぱりリスクを伴う行動を取っているから。




もちろん私のように用心深く行動しているからといって事故に遭わないという保証はどこにもありません。





先ほど私は「選択の問題である」と申し上げましたが、この選択というのは能動的に自分から選んだという意味合いだけではなくて、生まれつき備わった「性分」「環境」に左右される場合もあると思います。



この友人の例は非常に極端ですが、それでもやっぱりサーフィンをしたいのならば寄せては返す危険な波が存在しなくてはなりませんし、それがイヤなら用水路でタニシを拾って満足している必要があると思います。



サーフィンをしている人だけが見ることを許される光景・・・安全な場所でタニシを拾いながらそうしたまだ見ぬ世界に思いを寄せ、憧れを抱きます。


いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2005-08-27 13:40:00

先天的な表情とイメージ

テーマ:知の創造

ペンギン2

こんにちは。から送られてきた巨大なシャコの画像にびっくりしている複雑系自営業者のコンプレクソロジストです。ごきげんいかが?


オウム・・・森へお帰り・・(`Θ´)



私は動物が大好きです。正直言って、人間よりも動物のほうが好きかもしれません。


ここのところ動物中枢への刺激が少なくて、あーーー猫なでくりまわしてぇーーとか思っている矢先に妹から送られてきたグロい画像。


あ、待って、お待ちになって。大丈夫です、載せたりしませんから(笑



私の妹、ときどきこうして変なものを送ってくるクセみたいなものを持っています。


でかいイカの写真とかでかいカブトガニの写真とか。



まぁね、シャコもイカもカブトガニも全部確かに動物です。


でも・・・なんか違う・・・(`Θ´)



大喜びでその写真を見ている私もアレですが・・・




プロフィール欄に「好きな物:動物」と書いてはいるものの、どうやら私が情熱を燃やす対象は動物というくくりではあまりにも広すぎるようです。



できたら脊椎動物がいいな・・・ほんで、もし可能ならほ乳類がいい。



私は、ほ乳類ならだいたいの動物は愛せると思います。




犬や猫の顔を見ていると彼らがその時にどんなことを感じているかだいたい分かるもので、少なくとも喜怒哀楽くらいは過たずに判断できます




特に猫の迷惑そうな顔なんていうのはサドっ気をくすぐられる対象(笑





私が小学生のときに実家で飼っていたオスのシャム猫の名前はマタンキでした。


念のため申し上げますが、この名前は私がつけたわけではありません。母がつけました



母の感性はすばらしいです。

マタンキは小さいころからわりと立派にぶら下げていましたので「体を表す名」としてはかなり秀逸だと思います。



そして背後からそれをいじくるのが家族の楽しみでした。



そのときにマタンキが振り返って見せる迷惑そうな顔・・・・片時も忘れることがありません。





では、私がマタンキの顔を見て「迷惑そうだ」と感じることができるのは何故でしょうか



やっぱ表情ですよね。とりあえずそのまんま迷惑そうな顔してますから(`Θ´)



つまり私たち自身が迷惑そうなときにする表情似ているから判断できるわけで、自分が同じような表情をする状況をイメージすることによって推察出来ているのだと思います。





人間は社会的に身につけた表情を使ってコミュニケーションすることがあります。


例えばウィンクとかアイーンとか。


これらの表情は社会で生きていく上で後天的に学習されたものであって、もともとアイーンの機能を持って生まれた人は志村けん以外にはいないと思います。



【後天的 こうてんてき】

(1)生まれ付きでなく、あとから身についたさま。



それに対して猫の迷惑そうな顔や鼻をふくらませて怒っている顔、犬が時折見せる目を輝かせた嬉しそうな顔は、私たち人間が持つ先天的な表情と共通しているのだと思うのです。



【先天的 せんてんてき】

(1)生まれつきそなわっているさま。生得的。




先天的に備わった表情に共通点があるからこそ、私は猫が感じていることを理解できるのだと考えます。



それでも相手の気持ちをよく理解しようと思ったら、イメージすることがとても重要でしょう。


つまり「もし自分がこんな表情するとしたら、どんな気持ちのときだろう」ということを想像しながら観察して初めて相手に一歩近づけるものだと思います。




これは個人的な洞察ですが、ペットの存在が飼い主の人格形成に及ぼす影響は相当でかいと思います。


特に子どもにとっては、ペットの細かな表情が人間の心のひだを読み取る訓練になると思う。



まぁペットがいないからといってその訓練ができないというわけでは、もちろんありません。


それにやっぱりペットっていうのは豊かな証拠、有り難いものだと思いますし。






とにかく、相手がちょっとしたときに見せる嫌そうな顔やためらっている表情を見逃してしまうと、なかなか円滑なコミュニケーションは難しいと思うんです。


そして「もし自分だったら」イメージすることによってのみ近づくことができる両者の距離。




私はコミュニケーションに不可欠なのは想像力だと考えていますが、そうした必要な能力をマタンキに教わったんじゃないかと思う次第。






一方で共通した表情を持たないシャコとかカブトガニとか魚なんかが、なにを感じているのか知ることは不可能に近いですよね


オウムみたいに目が赤くなったりすればまだ分かるかもしれないけど・・・







ところで今日ニュースサイトで変なものを発見したのでご紹介します。


「人間」観察しませんか?8人が元クマ山に 英の動物園



すごい発想や・・・・(`Θ´)


私はちょっとだけ観察されるほうになってみたいと思いました。




9/3追記


数名の方のご要望により妹から送信されたシャコの写真を公開いたします。


言うときますけど、まじでグロいんで・・・・ある程度覚悟してください。


こちら

いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。