『硫黄島からの手紙』

テーマ:
今日の日記は長文なうえに興奮気味で内容が重いです。重いの嫌な人は読まないことをおすすめします。

えーと、昨日、毋と二人で「硫黄島からの手紙」を見てきました。
辛かった……。すごくいい映画だけど辛かった……。

伊原剛志さんが出てるので、もう、すごーく楽しみにしてたんだけどさ。 「かっこいいといいなー」とかわくわくして見に行ったんだけどさ。

かっこよかった。かっこよかったけど、ミーハーして喜んでられる映画では無かった orz すげーかっこよかったけど! っていうかもう、かっこいいな伊原さんは! 辛かったけど!(なんかもうよくわからなくなってきた)

渡辺謙も相変わらず上手かったです。私、あの人が喋るだけでもう泣けてくるんですが……(笑)

あと、二宮くんという嵐の人。見る前は、ジャニーズだなんて知らなかったので、後から嵐の子だと知ってびっくりしました。演技上手いよあの人。


でもホントに辛かった。見た後へこみました。たんたんとして、それだけにかえって怖い映画だった。

戦争ものだけど、戦術とか政治的な要素は抑えられていて、ヒューマンドラマなんだけど、でも観客を泣かせようっていう意図がない。観客を泣かせたければ、もっと撮影方法とか描き方でいくらでも小細工できるんだろうけど。

戦争ものらしく、残酷なシーンもある。でも、他の映画にありがちな、映像美にこだわってやたら血が飛び散ったり、「実は監督楽しんで作ってるだろ……サドめ……」みたいな嗜虐趣味に走った感じはなかった。

戦争が人間に与えたものを、真摯に描こうとした映画だと思った。すごいよ。クリント・イーストウッド。


見ていて、私たちは戦争がどんなものだか知っているんだな、と思った。実際に体験したのとは全然違うけど、それでも、戦争がどんなに酷いものか、映画とか、小説とか、色々な方法で表現されてきて、私たちはそれを知っている。

それは、世界大戦の時に人類は初めて国家総動員の戦争というものを体験して、その恐ろしさに初めて気がついて、やってはいけないことだったと、一生懸命、伝えて来たからだ。

でも、それにも関わらず、実際には人間はまだ戦争をしている。国連を作って、国際法を作って、一見進歩したように見えるけど、実際には戦争のやり方が狡猾になっただけだ。どうすれば自国を危険にさらさずに戦争できるか、っていう。

それって恐ろしいことだと思う。人間は救いようがなく馬鹿だなぁと思った。クリント・イーストウッドみたいな表現者がいるうちにどうにかしないと、いつか戦争映画も本当にただの娯楽になって、人間は戦争がどんなものかさえ忘れて、同じ過ちを犯すんだろう。

日本でも、ベトナム戦争の時には大きな反対運動が起こったのに、イラク戦争の時には知らんぷりだったし。自衛隊まで派遣して。


……と、いうような事を考えて、たいへんへこみました。いろいろね……難しいですよね……。だったら自分に何ができるのかって言われてもわかんないしさ……。

硫黄島二部作ってことで、アメリカサイドから描いた「父親たちの星条旗」っていう作品もあるそうなので、そちらも見たいです。でももう一作スクリーンで見る元気はないので(笑)、DVDになったら借りて見ようと思います。

ほんとは、「父親たちの星条旗」だけ作る予定だったんだけど、調べものをするうちに日本サイドも描かなきゃだめだー、と思って「硫黄島からの手紙」を作ることになったらしいですね。

外国人なのに日本サイドもすごくしっかり描けていて、ほんとにすごいと思いました。クリント・イーストウッド。日本人の私が見てもぜんぜん違和感がない。


へこみますが、とてもいい作品なので、ご興味がおありの方はぜひ見てください。すごいです。
AD

『當世流小栗判官』

テーマ:
昨日はファーストガンダム映画三部作の上映会をやったわけですが、今日は今日で歌舞伎を見に行ってきました。世界観にかなりのギャップが……(笑)

今日のは當世流小栗判官というやつ。すごかったです。あのねえ、馬が小栗判官と姫を乗せて飛んでたよ!

歌舞伎ってのは、ヒーローものの元祖と言ってもいいと思うのですが……見栄をきったりとか、ヒーローの必殺技とか決め台詞に通じるものがあると思うので。

……でも今日の小栗判官は、すげえダメ男だった。病気になったからってソリみたいなのに乗って姫に引っ張ってもらうってどうなのおまえ。車を雇え! あと最後の悪者との戦いで、主に総大将と戦ってるのが姫だったりな。……あれ? 姫がヒーロー?

でも派手だったので面白かったです。

歌舞伎は見ながらご飯を食べてもいいので、うきうきと弁当を買い、食べる気まんまんだったのですが……まわりはぜんぜん食べてなかったので微妙に肩身が狭かった(笑) 前に二階席で見た時は後ろのおばさんたちとか食べてたんだけど、今日はかなり前の席だったから、みんな遠慮してたのかな?
AD

『ナルニア国物語』

テーマ:
今日は、ナルニア国物語を見て参りました。

動物がすごかった。すっごいリアルなんだけど、すっごいイイ動きしてました。
個人的に、キツネがもっと出てほしかったなあ。かわいいしかっこ良かったのです、キツネ。

えー、まあ、登場人物の行動にはいろいろと……物申したいところもあるわけですが。「なんでそこでこうしない!」とか。ねえ。

でもまあ、そのへんはね。多少、大目に見ていいかな、と。やっぱり古い作品だから、現代とは感覚が違うと思うので、仕方ないかなーと思います。大幅に端折っちゃった弊害かもしれないし。

うーん、でも……やっぱり素直に褒める気にはならないので、微妙、かな。ただ映像はすごかったので、映画としてはいいのでしょう。

たぶん、あれだ。ノリが足りなかったんだ、ヒーロー好きの私が好きになるには(笑)
AD

レジェンドオブゾロ

テーマ:
母と二人で、レジェンドオブゾロを見に行ってきました。

父からは「えー、あんなの見に行ったの?」と言われ、
叔母からは「ああ、おじさんとおばさんのやつね」と言われ……

親類からはひどい言われようですが、……なんだよなんだよ! 面白かったよ!? アントニオかっこ良かったよ!? ……そりゃあ、ちょっと……おじさんなのは否定できない、けど……けど……いいじゃない渋くて!

ヒロインだってちゃんと美人だったもん。


「見て良かった☆」とほくほくで帰ってきたのにちょっとショック(笑)
あれかなあ、みんなヒーローものってあんまり好きじゃないのかしら。楽しいのに。アメコミ系は無理だけど。

えー、肝心のゾロの感想は、

・やっぱりヒーローは秘してこそ華よね! 
・神父! 神父がツボ!
・がんばれ息子。でもちょっと自重しろ。
・トルネード(馬)が欲しいっ。

……てかんじ。楽しかったよー。やっぱりヒーローはねえ、一生懸命、正体を隠さないと。そしてバレる瞬間が楽しみなのだ。


実はマスクオブゾロのほうは見てないので、今夜の放映で見ます。楽しみー。

『宇宙戦争』

テーマ:
『宇宙戦争』を見てきました……。つ、疲れた……。もうさあ、辛すぎるよう……。私、ああいうパニックものはダメみたいです。プレッシャーに耐えられねェ。

ストーリーは、皆さんだいたいご存知だと思うので、多くは語りませんが。ていうか、宇宙人がやってきて大変なことになった、という以外に……特にないですからね。

スピルバーグ作品は、ET以来だったのですが……同じ人間からああいうものが出てくるんだー……、と多少ショック。まあ、宇宙人がいたとして、それが人類に有害か無害かなんてわからないんだし、見事に両極端を描き分けた、というかんじですかね。

極限状態におかれた人間の醜さもねー……見てる間、「極限状態で、人間はこういう行動をとるだろうか?」というのが気になって仕方がなかったんですが……どうなんだろう。よく描けていたという気もするし、あんなもんじゃない、という気もするかなあ……。でも、どのみち、見ててへこみます。

……困ったな、あんまり褒めてないぞ。でも、映像はほんとにすごい。いったいどんだけ金かかってるの……!? これは、見て損は無いんじゃないですかね。

んー、あとは……ちょっと気になる矛盾点とか、思わず笑いそうになったポイントとか、ネタバレ用のブログのほうに格納しておきます。ちょいと愚痴っぽくなることが予想されるので、「すげえ名作!」と感動中の方は見ないほうが良いかもです。

だってさあ……私みたいに安穏と生きてる奴には……これはヘヴィすぎるんだよ……!


ネタバレ格納庫へ

『WE WILL ROCK YOU』

テーマ:
フレディ像


見に行ってきましたー! QUEENプロデュースのミュージカル!

いやもう。楽しかった……!


ストーリーは、音楽が禁止された未来世界で、ボヘミアンというレジスタンス達がロックを復活させる、というもの。主人公・ガリレオとスカラムーシュは、楽器はすべて壊されてしまったけれど、チャンピオンの地のリヴィング・ロックには、まだ楽器が隠されているという伝説を信じて、キラー・クイーンの支配するガ・ガ・ワールドに反逆するのです。

もう、このあらすじだけで、いかにQUEENづくしか理解していただけるでしょう(笑)

楽曲はもちろんすべてQUEEN。多少歌詞を変更したとはいえ、よくもまあストーリーにあてはまったものだと感心してしまいます。脚本のひと、大変じゃなかったかなあ……。

私はあまり演奏の善し悪しがわかるほうではありませんが、私が聞いたかぎり演奏もすごく良かったです。一緒に行った母もそう言っていたので、保証できると思います。ヒロインのスカラムーシュがすごく良かった! あと、個人的にはガ・ガ警察のカショーギとか(笑)

そしてなんといっても、ボヘミアン・ラプソディが生コーラスですよ!

QUEENだけでなく、いろいろなロックスターが過去のキングたち、ヒーローたちとして名前をあげられています。私程度の知識ではわからない部分も多かったですが。さらに、日本公演にあたってサービスしてくれたらしく、日本の歌手の名前が出てくるところも。

ほんっとに楽しいミュージカルでした。もう、半分ライブみたいな。最後は総立ちだし。

使用曲は、

INNUENDO
RADIO GA GA
I WANT TO BREAK FREE
SOMEBODY TO LOVE
KILLER QUEEN
UNDER PRESSURE
I WANT IT ALL
HEADLONG
NO-ONE BUT YOU
OGRE BATTLE
ONE VISION
FLASH
SEVEN SEAS OF RHYE
DON'T STOP ME NOW
ANOTHER ONE BITES THE DUST
HAMMER TO FALL
THESE ARE THE DAYS OF OUR LIVES
WE WILL ROCK YOU
WE ARE THE CHAMPIONS
BOHEMIAN RHAPSODY
I WAS BORN TO LOVE YOU

……などなど。

QUEENはもちろん、フレディが恐ろしく魅力的なのですが、こうして全く違う人たちの演奏、ボーカルで聞いても、すごくいい。「ああ、QUEENって、曲自体がそもそもすごくいいんだなあ」と感じました。

QUEEN好きな方、必見ですよ! まだチケットもあると思うので、ぜひ見に行ってください!

あ、ちなみに、ちゃんと電光掲示板で字幕が出ます。ご心配なく。


QUEEN公式サイト(in Japan)

『Shall We Dance?』

テーマ:
『Shall We Dance?』を見て来ました。昨日。……ブログの更新をするのがたいてい12時過ぎなので、いつもいつも「昨日」と書いている……。もう、ブログ内条例を作って、日付変更は28時にしたい。

さて、『Shall We Dance?』ですが……ごめんなさい私なめてました。「あの映画は、日本の冴えないサラリーマン像が下敷きにあってこそなのよ! 毎日すし詰めになって電車通勤し! 会社のために必至に働き! 奥さんに相手にしてもらえない冴えないサラリーマンでなきゃ!」……とか力説していたのですが。

……ごめんなさい、私が間違ってました……!

とても面白かったです。最後はちょっと……泣いてしまいましたよ……。

一応、日本版は見たことがあるのですが、昔のことなのでちょっと曖昧で。でも親に確認したら、シナリオはほとんど同じみたいですね。かなり見覚えのあるシーンばかりでしたし。

だったらわざわざリメイクしなくても……というのも私の持論だったのですが、実際見てみると、やはり場所が違うと違いますね。文化というか。欧米人が楽しむためには、やはりリメイクの必要があったのだろうと納得してしまいました。特に、ダンスはあっちが本場ですからね。「ダンスをする」ということの意味合いが、こちらとあちらでは変わってくる気がします。

そして、場所が違ってもあれだけいいものになる、というのがわかって、シナリオの素晴らしさゆえだなー、とちょっと感動。日本版を見たときには年齢が低かったのもあって、夫婦関係を描いた部分よりもダンスにのめりこんでいく過程に重きを置いて見ていたのですが……でもこうして改めて見ると、世界中の人が楽しめる作品だし、見てほしい作品だなと思います。

……なんだか今日は、読書感想文のようだわ。でもほんとに良かったので。私のようにアンチリメイクを標榜する方も、行ってみてはいかがかと思います。

あ、エンディングでDavid BowieのLet's Danceのカバー曲が流れて嬉しかったです。 

『シャッフル Shuffle』

テーマ:
昨日、私の好きな俳優さん、伊原剛志さんが主役をしている劇、『シャッフル Shuffle』を見て来ました。

女ったらしの刑事・通称シャッフルが、宝石泥棒を追っている途中、高いところから落ちた拍子に、ショックで人物の顔と名前の記憶がバラバラになってしまうという、コメディ調の物語。

シャッフルの記憶がバラバラになって、上司が同僚に、知り合いの情報屋が昔の彼女や宝石泥棒に、ぶさいくなはずのヒロインが彼の大好きなアイドル・まこちゃんに見えたりするので、役者さんたちはいろいろな役を演じなければならず、さぞかし大変だったことと思います。が、登場人物ひとりひとりに特有のしぐさやくせがあったりして、「あ、あの人だ!」とわかるようになっていて、秀逸だし、楽しかったです。

伊原剛志さんは、俳優だけでなく、お好み焼き屋さんをやっています。なんでも、俳優以外に収入源があれば、不本意な仕事を受けなくてすむからだとか。一度、食べに行きたいです。

伊原さんのブログ
お好み焼 ぼちぼち