続きは、CMのあとすぐ!

インターネットの企業サイトや、動画サイトにあるテレビCM動画を中心にご紹介しながら、CMや動画、CMソングについて、私独自の視点でいろいろと感想を述べているブログです。


テーマ:

この記事は、2016年4月15日に更新の、九州地方で初めてとなる震度7を観測! 「平成28年(2016年)熊本地震」 の続きではありますが、主に熊本地震関連のCMの内容となります。
 

4月14日に発生した「平成28年(2016年)熊本地震」について、私のブログの記事では「本震」と表現しました。

 

しかし、後日気象庁が発表したところによると、14日の熊本地震はなんと「前震」であったこと!

 

 

16日の深夜1時25分ごろに発生した震度6弱(マグニチュード7.3)の地震が「本震」であったとの見解を示したということです。

 

 

熊本地震については、これまで地震発生をいち早く察知し、テレビの「地震速報」、ならびに、強い揺れに注意すべき地震であった場合は、テレビだけでなくスマートフォンでもアラームとともにメッセージが伝えられる「緊急地震速報」など、的確に地震情報を伝えている気象庁であっても、今回の地震については、今後どうなるか予測できないと説明したとのこと。

 

 

なにしろ、国土地理院によりますと、熊本地震「本震」のエネルギーが、1995年に発生の阪神・淡路大震災のときの、なんと1.4倍にあたると分析!

 

 

震源地も、4月14日に熊本県熊本地方で震度7が発生したと思ったら、阿蘇地方に、大分県の中部地方を震源とした震度6弱の強い地震が発生することに。

 

 

熊本地震は、「これまで経験したことのない大雨」ならぬ、「これまでに経験したことがない地震」でもあったのでした!

 

 

もっと言うなら、気象庁でも今後の動きが予測不可能な、観測史上初の地震が起きているのが熊本地震であると言えそうです!

 

では、次の項目より、記事のタイトルにもあったACジャパンについての記事を書いてみたいと思います。

 

◆東北・関東大震災以来となる 熊本地震でテレビ局がACジャパンのCMだらけに!


かつて、2011年3月11日に発生した東北・関東大震災(マスコミ、日本政府の表記では「東日本大震災」)の際、3日間のノーCMだった時期をのぞき、報道特別番組では「ACジャパン」(以下、AC)一色だったころがありました。

 

これについては、私のブログで、以下の日付とタイトルで記事を更新したことがあります。

 


2011年3月30日

東北・関東大震災後、テレビで大量に流れ始めたACジャパンのCM 一般CMは福島第一原発の状態次第

 

2011年4月10日

 

視聴者からの抗議や苦情を受けて、ACジャパンが震災臨時キャンペーンのCMを緊急制作しました

 

それが、このたび発生した熊本地震でも同じことが起きているみたいなんです。

 


いわゆる、テレビ局やスポンサーが「自粛」という意味合いで、CMをACジャパンに切り替えるということです。

 

東北・関東大震災発生時では、大震災の影響で予定されたCMを自粛するスポンサーが相次ぎ、その空白を埋めるため、テレビ局がACのCMを大量に使用していたことがありました。

 

 

そのときに初めてわかったんですが、ACは広告を通じて社会貢献を行なう団体で、CMは無料で放送されるのだそうです。

 


ただし、先ほども書いたように、熊本地震もCMがACジャパン一色だったというわけではなく、あくまでも他の企業やメーカーの新CMを始めとした一般CMも含めてですからね。


とはいえ、テレビ朝日の報道特別番組の生放送と連動していた、BS朝日における熊本地震に関する報道特別番組で流れたCMは、それこそACジャパン一色のような感じがしましたが…。

 

◆ACジャパンのCMが頻繁に流れていることで、ネットのユーザーさんからは「5年前を思い出し、つらい」という声も

 

 

熊本地震発生後、ACのCMが頻繁に流れていることで、ネットのユーザーさんの中には、「5年前を思い出し、つらい」という声も出ていました。

 

またツイッサーでも、

 

 

「マジでAC増えてきたのつらい」

 


「ACのCM、震災を思い出すからやめてほしい」

 

といったツイートがあり、東北・関東大震災以来となるACのCMが増えていることにいたたまれない思いをしているようなユーザーさんもいたのでした。

 

それは、東北・関東大震災を経験された方だけでなく、大震災の特別報道番組を見ていた方も同じように感じている方が多いことでしょうね。

 

 

◆熊本地震発生後に流れているACジャパンのCM 「セトモノ」は地震を強くイメージさせるCMに!

 

 

そのテレビで頻繁に流れているACジャパンのCMについて、私としては、東北・関東大震災以降久しぶりに訪問した「ACジャパン」のホームページを見てみると、主に2つに分かれていました。

 

 

まずひとつめは「2015年度全国キャンペーン」です。

 

 

【2015年度全国キャンペーン】
2015年 やさしさは想像力でひろがる
やわらかいこころをもちましょう

 

 

この中で、「やわらかいこころをもちましょう」は、熊本地震発生後、ACでいちばん多く流れているCMの1本。

 


相田みつをさんの「セトモノ」の詩を引用し、映像を通じて朗読したCMでもあります。

 

セトモノとセトモノと
ぶつかりっこするとすぐこわれちゃう

 

 

どっちかやわらかければだいじょうぶ

 

やわらかいこころをもちましょう

 

そういうわたしはいつもセトモノ

 

このCMでは、相田みつをさんの詩であるとともに、「セトモノ」のワードがネット上で話題となっていました。

 


セトモノは、漢字で表現すると「瀬戸物」。


もともと瀬戸の地域(いまの愛知県瀬戸市周辺)で作られた焼き物を指す言葉でもあります。

 

たしかに瀬戸物は、何かの拍子で割れやすい物であることから、すぐに壊れてしまうと言えますね。

 

 

★チョコっと一言!
しかし、瀬戸が焼きものの生産地として有名であったために、いつの間にか、瀬戸物は必ずしも瀬戸で作られたものに限らないで、広く焼きものを指す言葉として使われるようになっているそうです。

 

 

ちなみに、歌手の小柳ルミ子さんの4枚目のシングルとしてヒットした「瀬戸の花嫁」の曲については、愛知県の瀬戸ではなく、瀬戸内海をテーマにした、瀬戸内海を代表するご当地ソングでもあります。

 

 

熊本地震発生後に頻繁に流れているACジャパンのCMということで、どうしても東北・関東大震災を思い出す「セトモノ」のCM。

 


ですから、ネット上で話題とはなっていても、CMとしては、どちらかというと印象が良くないものとなっています。


それは、「セトモノ」のCMでナレーションを務めていた女優の吹石一恵さんも同様です。

 

いずれにしても、東北・関東大震災を強くイメージさせるACのCMは、フレーズで言うと「ぽぽぽぼーん」と、金子みすゞさんの「こだまですか」でしたが、今回は「やわらかいこころをもちましょう」。

 

 

いわゆる「セトモノ」のCMは、熊本地震を強くイメージさせる、ACの代表的なCMとなったのでした。

 

 

◆タイトルを見ただけで頭の中に映像や場面が浮かぶまでに! 2015年度支援キャンペーンCM

 

そしてもうひとつ、ACジャパンには「2015年度支援キャンペーン」というCMがあります。

 

 

実は、この2015年度支援キャンペーンのCMこそ、熊本地震発生後、みなさんがテレビで頻繁に目にしている、ACジャパンにおけるCMのオンパレードとも言えるものとなっていました!

 

 

タイトルを挙げてみると次のようになります。

 


【2015年度支援キャンペーン】
日本脳卒中協会 写楽
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン Save 2015年
日本盲導犬協会 削り絵
認知症サポーターキャラバン 地域の支えで輝ける
日本骨髄バンク 上原浩治 登板
子供の読書推進会議 やさしい声
結核予防会 JOYと偉人
AAR Japan MADE IN JAPAN
交通遺児育英会 笑顔に変わる時

 

こうやって挙げただけでも、もう支援団体や協会、CMのタイトルだけでどんな内容のCMなのか、みなさんも頭の中にすぐ映像、あるいは印象的な場面が思い浮かぶことでしょう。

 

 

少なくとも私はそうです。

 


それだけACのCMが頻繁に流れていることにもなるでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

commercialさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。