続きは、CMのあとすぐ!

インターネットの企業サイトや、動画サイトにあるテレビCM動画を中心にご紹介しながら、CMや動画、CMソングについて、私独自の視点でいろいろと感想を述べているブログです。


テーマ:

歴史的な猛暑だった、今年2010年の夏。


毎日35度以上を超える異常ともいえる猛暑日が続いたということで、不況の最中でありながらも、かき氷やアイス(特に「ガリガリ君」)、ノンアルコールビール、エアコンなどが売れに売れたそうです。


そのノンアルコールビールのうち、あまりにも売れすぎて、一時販売休止となり、9月になってから販売を再開したということで話題となった商品がありました。


それは、サントリーのノンアルコールビールテイスト飲料で、アルコール0.00%、糖質ゼロ、カロリーゼロという“3つのゼロで世界初”が特徴の「ALL-FREE(オールフリー)」 です。


2ケース以上【送料無料】サントリー オールフリー(ALL-FREE) 350ml缶 24本入

オールフリーというと、現在オンエア中の、俳優の三浦友和さんと女優の榮倉奈々さんが親子役で出演していたCMが思い浮かびますよね。


最初オールフリーのCMを見たとき、「あぁ~、俳優の三浦友和さんと女優の榮倉奈々さんが、故・赤塚不二夫さん原作のギャグ漫画で代表作でもあり、4度のテレビアニメ化もされたという『天才バカボン』のバカボンのように、ほっぺに赤い渦巻きが付いていた状態でオールフリーを飲んでいるCMなんだな~」という程度の印象で、そんなに興味を感じませんでした。


ところが、CMソングとして歌われていた第1作の「天才バカボン」の主題歌を、あのフランスの女性歌手が歌っていたことを知って、急に興味を抱くようになったんです。


そこで今回は、オールフリーのCMとともに、CMで使用されていたCMソングについての記事も書いてみることにしましょう。


まずは下のリンクをクリックして、俳優の三浦友和さんと女優の榮倉奈々さんが出演のオールフリーのCMを視聴してみてくださいね。


広告紹介|ノンアルコールビールテイスト飲料 オールフリー サントリー

「これがいいのだ」篇 15秒・30秒

(視聴プレーヤー:Frash)

(視聴形式:サイト内)


視聴後の感想


◆三浦友和はバカボンのパパの鼻毛のほうがよかったようにも思えました


海が見える、そんなに高くはない崖の近くに敷いたレジャーシートに座っていた、父親(三浦友和)とその娘(榮倉奈々)。


海を見ながら、娘が、「ねぇ、パパ…なんでもない」というのどかな会話をしつつ、親子でオールフリーを飲んでいたCMでしたが、上空には、昔あったわかりやすい形のUFOUFOが飛んでいたという、ちょっとオカルトな場面がありながらも、全体的にはのどかなCMとなっていました。


このCMの特徴といえば、三浦さんと榮倉さんのほっぺにあった、まさに天才バカボンのバカボンをイメージさせる赤い渦巻きですよね。


オールフリーのブランドサイトで公開されていた三浦さんと榮倉さんのメッセージムービーを見てみたところ、どうやらあの赤い渦巻きは、記事の最初でも書いた「3つのゼロで世界一」のうち「の」の文字を表現していたものでもあったようです。


また、榮倉さんのほっぺにあった赤い渦巻きは、バカボンぽくてよく似合っていたものの、三浦さんの赤い渦巻きについては、どうも似合っていない感じが。


私としては、鼻の下に5本の鼻毛を描くことで、できれば三浦さんがバカボンのパパのようにしたほうがよかったようにも思えました。


◆CMソングの天才バカボンはクレモンティーヌが歌っていた!


次に、私がオールフリーのCMでもっとも興味を抱いたCMソングについて。


最初、天才バカボンの主題歌でありながら、曲はボサノバだったことで、私の予想では、ブラジル生まれの日本人のボサノバ歌手として有名な小野リサさんではないかと思っていました。


ところが、数日前に表示された、オールフリーのCMクレジットに「♪クレモンティーヌ」という文字が。


そう、実際に歌っていたのは、フランスの歌手で、フレンチポップスの歌姫とも言われているクレモンティーヌ(Clementine)だったんです!


◆タモリ倶楽部の空耳アワーできっかけとなって知ったクレモンティーヌ


クレモンティーヌのことについては、曲よりも先に、私も毎週楽しみにしている、テレビ朝日の、毎度おなじみ流浪の番組「タモリ倶楽部」の人気コーナーである空耳アワーで知りました。


いまでも覚えていますが、7年前の1993年12月24日に放送されたという空耳アワーで、クレモンティーヌの「ハッピーアワー」という曲が紹介されたとき、なんとその空耳は、


「でっかくて 人並みじゃない」


というものだったんです!


しかも、この空耳をクレモンティーヌはささやくような感じで歌っていたんですからね(苦笑)。


これが、私がクレモンティーヌという歌手を知った最初のきっかけとなりました。


なお、「ハッピーアワー」の曲の原詩は以下の通りとなります。


原詩:DES COCKTAILS DANS LA CHALEUR


ほかにも、空耳アワーのデータを紹介しているサイトで、過去の作品をさかのぼってみたところ、クレモンティーヌに関する空耳は次のような曲があったことがわかりました。


耳「チェガ・デ・サンバ」 2010年5月7日放送

空耳:店にバレて 召されるラーメン屋
原詩:MAIS JE N'AIME PAS LETE LE SOLEIL NI LA MER


耳「ジェレミー」  2004年3月26日放送
空耳:ダメおやじ 見てるわ
原詞 UN ELFE, OUI, GENIE DES BOIS


耳「アンデシジオン」 1994年4月29日放送
空耳:ん…好き? ん…すきっ歯
原詞 ONN S'QUITTE ON S'QUITTE PAS


耳「ねえ、ラモン」 1993年1月22日放送
空耳:酔って ゲーロ!
原詞 YO TE QVIERO


◆クレモンティーヌが歌う天才バカボンの主題歌のCMソングは「アニメンティーヌ」というタイトルのCDに収録されていた!


ところで、クレモンティーヌが歌っていた天才バカボンの主題歌は、私ははじめ、オールフリーのCMのために歌われたもので、まだCD化はされていないと思っていたんです。


ところが! 2010年7月21日に発売されたクレモンティーヌのニューアルバム

「アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~」 というCDの2曲目である「バカボン・メドレー」という曲に収録されていたことがわかりました!


アニメンティーヌは、親子で楽しめる楽曲をテーマに、子供から大人まで性別年齢の隔てなく認知度の高いアニメのオープニング、エンディングテーマを、クレモンティーヌがオシャレにボサノバのリズムでカバー。


収録曲にもある、「天才バカボン」「サザエさん」、「ドラえもん」、「ちびまる子ちゃん」をはじめ、子供から大人まで性別年齢の隔てなく認知度の高いアニメのオープニング、エンディングテーマをコンパイルしたカバーアルバムでもあるということでした。


【送料無料選択可!】【試聴できます!】アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~ / クレモンティーヌ

【収録曲】

1. ラムのラブソング(アニメ「うる星やつら」OP)

2. バカボン・メドレー

3. 崖の上のポニョ (アニメ映画「崖の上のポニョ」主題歌)

4. おどるポンポコリン (アニメ「ちびまる子ちゃん」OP)

5. 風の谷のナウシカ (アニメ映画「風の谷のナウシカ」シンボルテーマソング)

6. はじめてのチュウ (アニメ「キテレツ大百科」ED)

7. ロマンティックあげるよ (アニメ「ドラゴンボール」ED)

8. サザエさん・メドレー

9. ドラえもんのうた (アニメ「ドラえもん」OP)

10. とんちんかんちん一休さん (アニメ「一休さん」OP)

11. タッチ (アニメ「タッチ」OP)

12. CAT’S EYE (アニメ「キャッツ・アイ」OP)


私も試聴してみたところ、ベーシックなボサノバの曲がほとんどだったものの、4曲目に収録のちびまる子ちゃんの「おどるポンポリン」のように、少し弾んだリズムのボサノバの曲もあったりして、全体的にはなかなかよかったと思います。


もし天才バカボンのパパが、クレモンティーヌのアニメンティーヌのCD2曲目の「バカボン・メドレー」を聴いたら、


「これはこれで、なかなかいいのだ」


と評価するかもしれないでしょうね。


あと、みなさんは天才バカボンの主題歌はご存じかもしれませんが、一度も聞いたことがない方のために、下にYouTubeからのリンクをご用意しました。


レコードジャケットだけの静止画ですが、よろしければ、この曲をクレモンティーヌがボサノバでカバーしたんだなと思いながら試聴してみてくださいね。


YouTube-天才バカボン OP -Full-  3分20秒

作詞:東京ムービー企画部
作曲:渡辺岳夫
歌:アイドルフォー
(試聴プレーヤー:Frash)
(試聴形式:サイト内)



今回の記事はいかがでしたか?


もしもお読みになって面白いな~と思ってくださいましたら、ぜひ下のバナーをクリックして応援してくださいね。


テレビ・ラジオ 人気ブログランキング


FC2ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード